千葉でまた痛ましい殺人事件が起きてしまった。千葉市に住んでいる私としては
こういった事件が目と鼻の先の場所で起こると、また私に対する脅迫かと思い
憤りを感じてしまう。今回はそんな千葉市で起こった家族4人殺傷事件を見ていきた
いと思う。
この事件は私が見たところ集ストテクノロジー犯罪色が濃いと感じた。犯人は元千葉
市議会議員で民主党に入党していたという。そのような人物がなぜ、殺人事件を起こ
してしまったのだろうか。以下は事件の詳細と容疑者、小田求の略歴である。

  千葉市稲毛区の飲食店で13日夜、家族4人が一緒に食事をしていた男に刃物で
  切りつけられ、女児(6)が死亡、父母ら3人が重軽傷を負った事件で、千葉
  県警は14日、殺人未遂容疑で逮捕された男が母親の兄の小田求(もとむ)
  容疑者(46)=住居不詳=と発表した。小田容疑者は元千葉市議で、調べに対
  し事件への関与を認める供述をしているという。容疑者は個室に入った後、突然
  刃物店で家族4人に切りつけたようだ。
  捜査関係者によると、店内には小田容疑者の物とみられるバッグが落ちていたと
  いう。県警は、小田容疑者が凶器の刃物をバッグに隠して持ち込んだとみて調べ
  ている。死亡したのは同区の幼稚園児、高木彩友美(あゆみ)さん。県警によると
  背中の刺し傷が肺まで達し、死因は出血性ショックの可能性が高いという。とも
  に地方公務員の父親(44)と母親(42)、妹(1)の3人も頭部や太ももに
  重軽傷を負った。小田容疑者の逮捕容疑は13日午後7時ごろ、同区小仲台2丁目
  の居酒屋で彩友美さんの母親に包丁のような刃物で切りつけ、殺害しようとした
  というもの。4人と個室に入った10~20分後に突然怒り、声を上げながら4人
  を刃物で切りつけたという。県警は彩友美さんに対する殺人容疑でも調べる。
  彩友美さんの父親は県警に「義兄が沖縄から出てきたので、ご飯でも行こうという
  話になった。5人で食事をしていた」と説明したという。

 小田求(経歴)

  ・千葉県立幕張西高校卒
  ・桐朋学園大学卒
  ・バリトンオペラ歌手になる
  ・民主党に入党
  ・2009年10月の補選で千葉県市議に初当選
  ・市議の傍らコンサートも多数
  ・2010年11月19日 民主党を離党
  ・2012年頃から精神的なおかしさが増し始める
  ・2013年小田求の精神異常を悩んだ父親が病院の受診を勧める。しかし、
   父親に暴力をふるい行方不明になる。その後横浜市内の路上で発見され逮捕
   家族から被害届が取り下げられたので処分保留で釈放
  ・市議を辞職し療養のため沖縄へ送られる (治療のため)
  ・2018年5月13日
   久々に千葉へ戻って来たため、妹家族と居酒屋へ。(当日は小田求容疑者の
   誕生日のお祝い) 事件発生。

というような経緯であるが、なんとなく集スト、テクノロジー犯罪臭がしないだろうか。
2012年から精神的におかしくなったという事から、その頃に統合失調症のような
症状が現れ始めたという事なのだろう。それまでは順調そのもののような人生であった
ようだが民主党を離党した後に、おかしくなり始めたようだ。民主党(現民進)もネット
では反日の烙印を押されており社会的に、かなりドス黒い闇勢力の一つだという
印象がある。そういった党から離反した容疑者は充分に攻撃の対象になり得たのでは
ないかと思う。民主党を辞めてから、いろいろな現象が起こったに違いない。音声通信
なども受けていたのだろうか。幻聴、幻覚、またアンカリングなどによる周りの人間に
対する不信感そして感情操作による不安や失望感など、相当精神的に不安定になって
いたかもしれない。彼に集ストの自覚があったのかどうかはわからないが、父親に精神
病院に行く事を勧められて激怒したということから、自分自身が精神病だとは思ってい
なかった、あるいは認めたくなかったのだと思う。実際にそれらは人為的な犯罪による
もので精神病にみせかけた罠なのであるが、しかし父親に暴力をふるった事で精神病
だという事を印象づけてしまったようだ。(被害者の皆さんも暴力だけはしないように
注意してほしいと思う。)

私はこの事件のニュースを見た時、小田求容疑者がなぜ集スト被害者に選ばれたの
か疑問に思った。そこで彼の民主党時代の行動を調べてみたのである。まず民主党
を離党した理由であるが、前々から問題だった尖閣諸島の問題で、民主党に国を全力
で守る意志が感じられないという事を挙げていたのだった。また小田求容疑者は2013
年にアメリカのカリフォルニア州グレーデル市所有の公園に韓国系団体によって設置
された慰安婦像の撤去を求めていたようだ。これらのことから小田求容疑者の政治
姿勢というのは保守的であり、民主党の中では、まともな人物であったという事が窺え
るのである。民主党が反日の巣窟であるならば、その中に居た小田容疑者はまったく
の異分子という扱いになってしまっていただろう。きっと民主党の中にいた時は、何か
違う。この党はおかしいと、いつも感じていたに違いない。そして民主党を離党してから
被害が始まったという事だ。民主党という党も創価学会と同等にドス黒い闇をかかえて
いる団体であるならば小田容疑者が持っていた保守思想とも相まって、離党による
報復が実に半端のない酷いものになったという事は想像に難くない。また小田求
容疑者が精神病院を酷く嫌がっていたという事から、彼は自分が精神病ではないと
いう自信があったのだと思う。それなのに父親は精神病だとレッテルを付けてしまい、
また周りの人間も一切信じてくれなかったので、とうとう父親に暴力をふるって進退
ここに窮まるという事になってしまったのだろう。 
ここからは私の勝手な憶測で殺人事件への経緯を推測したい。小田求容疑者は沖縄
の精神病院に送られたわけだが、その手配をメインで行ったのは妹夫婦ではなかった
かという事だ。精神病院に入院する事に嫌悪感があった彼は自分を精神病院送りに
した妹家族を相当恨んででいて退院後に復讐しようと考えていた節がある。その事は
宴会の席に用意されていた包丁の存在からも窺い知る事ができると思う。 この事件は、
そうした怨恨による動機の計画殺人だったと考える事ができるのではないだろうか。
事件後の小田求容疑者の姿を映した画像がネットにあったが、何んともニコニコして
いて満足したような顔をしている。復讐が成功して嬉しいかのようだ。彼の頭の中は
復讐という二文字で満たされていたのかもしれない。その犯行の残忍さから精神病院
で洗脳され復讐を成しとげる事だけに執着する人間に精神改造されたのではないか
とも思ってしまう。もしそれが本当なら恐ろしい事だ。こういった恨みの感情は、この
小田求容疑者でなくとも誰でも湧き上がるものだろう。しかし多くの人は理性が働い
て思い留まるのが普通である。彼は一般の人より情感の激しい人だったのかもしれ
ない。また闇側のマインドコントロールも相当酷くやられていた可能性も否定できない。

この事件は、もっと話題になってもいいはずなのにどういうわけかマスコミの取り上げが
少ない。マスコミが反日加担の輩であるならば、やはり容疑者が在籍していた反日の
民主党に遠慮して、事件をあえて大々的には取り上げなかったのかもしれない。また
この事件が起こった頃は、TOKIOの山口達也のセクシャルハラスメント事件や新潟
女児殺人事件、日大のアメフト傷害事件などの事件がテレビ画面を賑わしており、影
をひそめた形になっていたと思う。そういったいろいろな事件も闇側のお膳立てだと
考えるならば、集団ストーカー色の強い千葉市の家族4人殺傷事件を目立たなくさせ
ようと画策したようにも思える。小狡い闇の勢力のやりそうな事である。闇の勢力は
どういった人間が大きな事件を起こす可能性があるのかわかっているのかもしれない。
そういった人間にアメやら鞭やらを施してどんどん悪い方向に持っていくのだろう。
その間も絶えずマインドコントロールも行っているに違いない。世の中のほとんどの、
おかしな事件は闇の連中の仕業だと言っていいだろう。

あと、これは余談になるが小田求容疑者も席を置いていた千葉市の市議会の話で
ある。千葉市の議会というのも本当に腐っており、気持ちが悪いのだ。伏魔殿と言っ
てもいいのではないだろうか。まず市長の熊谷という人物であるが、この人物のやる
ことが理解できない。朝鮮学校への寄付金問題。また最近では、LGBT(性的少数)
の問題を提起している。LGBTとはどういうものかというと同性愛者に配慮する政策を
するという事である。例を示すと「夫・妻」という呼称は「配偶者・パートナー」という呼称
になり、「お父さん・お母さん」という呼称は「保護者・ご家族」という呼称にするという事
で市役所などではこの呼び方で事務処理を行うようである。また同姓愛者に対する
行政手続きなども改善されるということだ。左派系はこういった同性愛者問題が好きだ
という話を聞いた事があるが、この市長も同じ思考回路らしい。またゴミ処理問題では
家から出されたゴミ袋を清掃局で、すべて開封し中身をあらためるという事も言い出して
おり、本当に気持ちが悪い。ゴミの中から何かの情報でも探したいのだろうか。本当に、
この市長というのは頭がおかしいのではないかと思う。熊谷という市長のバックには
千葉市民ネットワークという左派系の市民団体がいる。この団体は天皇制を廃止したい
と言っている団体である。こういう市長がなぜ長々と市長の座にいるかと言えば、強力
なライバル候補がいないからだ。前回の市長選の立候補者はこの熊谷と共産党の人間
の二人だけだった。これではどちらに投票しても同じではないかという事で結局、私は
馬鹿馬鹿しくて投票所に行かなかったのである。本当に勘弁してほしいと思う。あまり
にも選択肢がないので今度の市長選には候補者を立ててくれるように自民党にメール
して頼んだくらいだ。振り返れば数年前、この熊谷が初当選した時は確か32歳で
あった。なぜこんな無名の、しかも若すぎる人間が当選したのか全く理解できなかった。
しかしその後、胡散臭い左派系の人物だという事がわかったので組織票なるものが
多数の左派団体から流れ込んだのだと納得する事ができたのだった。また不正投票
なども仕掛けられていた可能性もあるのではないかと思う。千葉市政は腐っている
としか思えない。とにかく次期市長は、まともな人物に市長になってほしいと願わざる
をえない。その他にも千葉市議会の議員の中には私を精神病院送りにしようと画策
した女共産党議員が存在する。私の母をそそのかして精神疾患だと吹き込み誘導
した奴である。こういった反社会的な連中がのうのうと議会で政治などをやっている
のだ。千葉市は生活保護費の不正受給者が多いとも言われ、市の借金は莫大だと
言われている。千葉市議会は反社会勢力に乗っ取られてしまったのであろうか。
まったく情けない話だ。

有名人や政治家の奇妙な事件というのは何かしらの団体同士の対立軸が水面下に
あり、抗争が行われているように思えて仕方がない。例をとると、この殺人事件と同時
期に起こった日大のアメフト部の傷害事件の被害者は大阪維新の会の議員の子息
であったようだが、もし被害者が選手として狙われたのではなく、議員の息子だから
狙われたとしたら日大の上層部は得体のしれない勢力に乗っ取られているという事
になる。またこの時期の事件にはTOKIOのメンバー山口達也の猥褻事件があったが、
山口達也には前々から、おかしな事が起こっていた。激やせしたり、負傷したのか目に
眼帯をしたりしてテレビに出ていた。そして近年離婚もしており何だかおかしい。それ
らの原因もどこかから攻撃受けていたと考えられない事もないのである。女子高校生
に対してセクハラをしたと言うが逆にハニートラップを仕掛けられたのだろうか。それ
ともテクノロジー犯罪的なもので衝動的になるように感情操作されて卑猥な行動をとっ
てしまったのだろうか。真実はわからないが所属のジャニーズという事務所はとかく敵
が多いと聞くので敵対する団体のターゲットになっていたと考えられない事もない。
いずれにしても芸能界というのはヤクザ並みの恐い世界と言えるのではないだろ
うか。

こういった具合に世の中の奇妙な事件や殺人、変死などの事件は団体対団体、また
は個人対団体さらに個人対個人の恨み合いから発展していくという事だ。そういった
原因を作ったり、誘導して発展させていくのが闇の人間どもの仕事だという事だろう。
まさに人の心の中に巣食う悪魔そのものなのだと思う。

田○さんへ
メールフォームからメールが届き、お返事も書いて返送済みです。
返送されなかったという事は何かトラブルがあったか、妨害されて
いるのかもしれませんね。今回また違うメールで来ていますが
一応再び返事をそのメール先に送ります。
もし届かなかったら、infoメルアドではないメルアドを教えてい
ただき私がそちらに送ったほうがいいでしょう。
よろしくお願いします。

追伸 
もしそれでもだめなら、そちらのブログを教えてもらえれば
内緒モードでコメントを送りたいと思います。
テクノロジー犯罪被害者は電磁波によっていろいろな身体被害、精神的な被害を受け
ていると思う。頭痛、めまい、睡眠妨害、体の火傷のような跡、筋肉の痙攣、思考介入、
感情操作、行動のコントロールなど様々であるが、すべて電磁波によってつくりださ
れていると言っていいのではないだろうか。これらの電磁波による人体的影響に関する
研究は100年以上前からなされていたのではないかと思われる。
電磁波に関する研究で多大な功績を残したのは二コラ・テスラである。彼は交流電気
の技術、ラジオ、電動モーター、リモコン、X線装置などを発明している。これほど
の実績があるにも関わらず二コラ・テスラという名前を知っている人は少ないのでは
ないだろうか。二コラ・テスラは正統な科学史から消された悲劇の発明家とも言われて
いるのだ。これにはアメリカの闇の権力が関与していてテスラの研究を隠蔽しようと
いう企みがあったとも言われている。
彼が残した研究には、テスラコイルというものがある。これは高周波、高電圧を発生
させる共振型変圧器で、ふたつのコイルを共振させることで、高周波と高電圧を放出
することができたという。この装置により、無線での電気供給を可能にし、200個
もの電球を電線なしで点灯させることに成功したと言われている。
今回はこういった電磁波の共振というものをテーマに電磁波が人体にどのような影響
を及ぼすのか探っていきたい。

人体に影響する電磁波の共振とは何か。これに関して詳しく説明している本がある。
”電磁波はやっぱり危ない”という本の中で電磁波が人体の内部でどのような働きを
するか解説をしているので紹介したい。以下はその抜粋である。

   電磁波が発病に関わるメカニズムですが、電磁波が脳細胞中のカルシウム
   イオンに影響を与えている可能性が指摘され、それに対する「サイクロト
   ロン共鳴理論」という少し複雑な理論があります。ここでは、イオンと
   共鳴について説明しましょう。電子レンジはマグネトロンという電子管から
   、マイクロ波領域の特定の波長を持った強い電磁波を放射します。このマイ
   クロ波が、レンジ内の物質に作用して、電磁波のエネルギーは熱エネルギー
   に変換され、熱を発生させます。電子レンジのマイクロ波の電磁波としての
   波長は12m、振動数は2.45GHz(ギガヘルツ)です。つまり、電子
   レンジのマイクロ波は、対象物質中の水や油を熱する作用があるのです。
   電子レンジの調理はこの原理に基づいています。
   水は電気的に中性のように見えますが、分子レベルで細かく見ると、水素
   原子と酸素原子で構成されています。水素原子はプラスの、酸素原子は
   マイナスの電気を帯びているので、その部分に電磁波のマイクロ波が
   選択的に作用するのです。結論からいうと、共鳴しているのです。
   共鳴のよい例がブランコこぎです。ブランコを大きく揺らすには、ブランコ
   のゆれる周期に合わせ、少しの力でもよいので、何回も押したり、こいだり
   してやります。小さな力でも、何回か押すうちに、ブランコの振幅はだん
   だん大きくなっていきます。
   お寺に吊り下げられている重い鐘も、この要領でやると、それこそ小指で押す
   だけで、最終的には大きく動かせます。押す周期、すなわち外部からの振動と
   ブランコや鐘の周期が共鳴しているからにほかなりません。
   ときどき、窓ガラスが、飛行機や自動車などが発する音と共鳴し、ブーンとか
   ビリビリとか振動することがあります。これはその音波の振動数が、偶然に窓
   の持つ固有振動数と一致して共鳴しているのです。固有振動数とは、その物質
   が構造上持つ、振動しやすい振動数です。大きな声でしゃべると、窓ガラスが
   ビリビリと震えることもあります。これも音と窓ガラスの共鳴現象です。
   音波の振動エネルギーが、窓ガラスの固有振動数と一致して共鳴を起こし、
   窓ガラスに音エネルギーが効率よく吸収されているのです。

水の分子は水素原子と酸素原子で成り立っておりそのプラスのイオンとマイナスの
イオンが共鳴すると言っているようだ。また共鳴の原理も述べており、小さな力の
反復が大きな力になっていくという事も言っている。さらに続けて

   イオンとは、簡単にいえば、プラスやマイナスの電気を帯びた物質や粒子の
   ことです。電離している物質といってもよいでしょう。一般に、水の溶液中の
   化学物質はイオン、もしくはイオンになりやすくなっています。電子を失った
   物質、もしくは粒子はプラスのイオンになり、逆に獲得したものはマイナスの
   イオンになります。このように一見、プラスとマイナスが逆に見えるのは、
   電子はマイナスの電気を帯びているからです。イオンが溶けた水溶液の代表的
   なものとして、食塩水があります。食塩はナトリウムと塩素の化合物であり、
   固体状態では電気的に中性です。通常は結晶をしていますが、水に溶かすと、
   食塩の結晶は溶けてナトリウムイオンと塩素イオンに電離、分解します。
   ナトリウムイオンは電子を失い、電気的にプラス、塩素イオンは逆に電子を
   獲得してマイナスです。このように、人間の体内では血液や細胞中に液体の
   状態で、食塩だけでなく、たくさんの種類のイオンが溶けており、生理的に
   重要な働きをしているのです。
   エネルギーを運ぶものと、それを受け取るものが共鳴を起こすと、一方の
   振動エネルギーが効率よく他方に受け渡されます。このため、少ないエネル
   ギーしか与えていないように見えるのに、選択的に効率よく吸収するので、
   結果として大きな熱エネルギーや運動エネルギーが生じて、破壊につながる
   ことになるのです。イオンは電磁波のエネルギーを受け取りますが、電磁波
   の振動数とイオンの固有振動数が一致して、そこに共鳴が生じ、イオンの
   激しい運動が生じます。
   脳細胞中のカルシウムイオンへの電磁波の影響に疑いがかけられていたの
   ですが、これには電磁波とカルシウムイオンの特別な共鳴メカニズムが働いて
   いることが考えられるのです。電子レンジのマイクロ波と水分子の関係と
   まったく同じです。電子レンジと水の関係のように、ある特定の電磁波によって
   カルシウムイオンが「共鳴して沸騰する」のです。人体におけるカルシウムの
   重要な働きの1つとして、カルシウムイオンによる神経の伝達作用があります。
   細胞膜にはカルシウムチャネルというカルシウムイオンを通す特殊な窓があり、
   このなかをカルシウムイオンが出入りすることによって、細胞の働きを調節して
   いるのです。同じような働きを、ナトリウムイオンやカリウムイオンもしてい
   ます。このようなイオンが不足したりすると、神経細胞や筋肉細胞がうまく働か
   なくなり、重大な疾患を引き起こす可能性があります。カルシウムが不足すると、
   人はイライラしやすく、怒りっぽくなるともいわれていますが、これとも関係
   ありそうです。脳は神経細胞のかたまりですから、もし電磁波がカルシウム
   イオンを通じて神経細胞になんらかの影響を与えるとすれば、それは脳の疾患
   に関係する可能性があるのです。その疾患はアルツハイマー病である可能性も
   あるのです。『クロス・カレント』(ロバート・O・ベッカー著)という本に、
   この問題にヒントを与えるような、電磁波と神経細胞に関する興味深い記述が
   あります。それはアメリカの2名の科学者による研究です。
   その実験では、培養基のなかの生きている神経細胞に16Hzの電磁波を照射
   したところ、細胞から相当数のカルシウムイオンの放出が観察されたというの
   です。16Hzというと、一般家庭にきている50Hzや60Hzよりももっと
   周波数の低い超低周波です。ちょうどこの周波数でカルシウムイオンの放出が
   起こるとされているのです。神経細胞からカルシウムイオンが放出されたという
   ことは、神経細胞の伝達になんらかのマイナスの影響を与えることであり、
   脳の場合には「脳神経細胞に影響を与える」ことになります。『クロス・カレ
   ント』の本の著者であるロバート・O・ベッカー博士は、神経細胞に影響を与
   えるメカニズムとして「サイクロトロン共鳴」の可能性を紹介、指摘しています。

という事であるが簡単に言うとカルシウムも水と同様にイオン化して電磁波に共鳴する
という事のようだ。カルシウムは神経の伝達作用を司っているが、共鳴して活動が活発
化すると,どこかに逃げてしまい人の思考神経や運動神経伝達がうまくいかなくなると
いう事らしい。これを”サイクロトロン共鳴”と呼ぶようである。
これは培養神経細胞でも実験済みのようだ。神経細胞に影響を与えるのは超低周波だ
と言うことである。マイクロ波で水分子は共鳴するが、超低周波だとカルシウムが共鳴
するということだろうか?

  『クロス・カレント』の本の著者であるロバート・O・ベッカー博士は、神経細胞
   に影響を与えるメカニズムとして「サイクロトロン共鳴」の可能性を紹介、指摘
   しています。サイクロトロン共鳴は、電磁波とカルシウムイオンの共鳴現象の一
   つです。「サイクロトロン共鳴」は複雑ですが、簡単にいうと、こうなります。
   イオンなど電気を帯びた粒子が、ある磁場の方向に沿って円運動をしている場合
   その円運動の周期に合った電磁波を照射して、その回転速度を上げていくこと
   です。このサイクロトロン共鳴により、イオンなどは電磁波のエネルギーを効率
   よく吸収して、自らのエネルギーを増やしていくのです。
   ただ、サイクロトロン共鳴には、一定の変化しない定磁場 が必要です。
   サイクロトロン共鳴を起こしたイオンは、この定磁場が向いている方向の線に巻き
   つくような螺旋状の運動をします。地磁気がこの定磁場の役割をしている
   のではないかと、ベッカー博士は推定しています。地磁気の方向に小さな螺旋を
   描いて運動していたカルシウムイオンは、16Hzの電磁波によってだんだん
   加速され、大きな円運動を描くようになります。つまり、運動スピードは徐々に
   上昇していきます。このメカニズムによって、「なぜ16Hzという極端に低い
   周波数の電磁波がカルシウムイオンに共鳴を起こすのか」が説明されます。
   共鳴を起こしたカルシウムイオンは、16Hzの電磁波から効率よく運動エネルギー
   を獲得し、そして激しく運動します。その結果、カルシウムイオンが細胞内にとど
   まれなくなり、細胞から外に放出されるのです。

要するにカルシウムイオンは磁場の方向を中心にして螺旋状の円運動をしているので、
その円運動がどんどん加速していき、遠心力によって細胞外に吹っ飛んでしまうという
事らしい。それでカルシウムイオンの消失ということにになるようである。

    16Hzという超低周波の電磁波は、身近にはあまりないような気もします。
    家庭にきているのは50Hzか60Hzの交流ですから当てはまりません。
    しかし、たとえば、電動モーターや電子機器は、さまざまな周波数の電磁波
    を放出しています。とくに、断続的に電気をON、OFFしている機器が放射
    する電磁波のなかには、16Hzの低い周波数のものも混ざっている可能性が
    大いにあります。このサイクロトロン共鳴は、カルシウムイオンだけに作用
    するのではありません。ほかの生物学的に重要な働きをしているナトリウム
    イオンやカリウムイオンにも、もちろん作用します。
    ベッカー博士は、さらに、超低周波の電磁波と脳神経の機能低下に関する
    アメリカ人科学者による研究を紹介しています。この研究では、ラットが使わ
    れています。ラットの胎仔(たいじ)の発育期と生まれた直後の数日に限って、
    60Hzの電磁波を照射しました。その後、これらのラットは生後90日間まで
    に通常に飼育されました。これら「電磁波を照射したグループ」と「まったく
    照射していないグループ」に、同じ学習の訓練をほどこしました。60Hzの
    電磁波とは、西日本の一般家庭にきている交流と同じ周波数の電磁波です。
    その訓練の結果を比較すると、電磁波を照射されたグループのラットの学習
    効果は、照射されないクループに比べて低かったのです。反応も遅く、間違いも
    多かったのでした。この結果の意味するところは、ラットの場合、少なくとも生
    まれるとき、もしくはその直後に電磁波を浴びると、学習能力が低下するという
    ことです。学習能力ですから、脳に関係していると思われます。電磁波の照射は
    脳神経に影響を与えると考えられるのです。アルツハイマー病に、この研究結果
    がどのように関係するかは、いまのところ不明ですが、これら2つの研究結果は、
    16Hzや60Hzという低周波の電磁波が、なんらかの影響を脳神経に与える
    可能性があることを示しています。先に説明したサイクロトロン理論は、共鳴や
    磁場でのイオンの運動などをうまく組み合わせ、非常によく構築されたもの
    ですが、これがカルシウムイオンの運動を起こす原因として、本当に当たって
    いるかどうかは研究を進める必要があります。
        出典:中原英臣、佐川峻『電磁波はやっぱり危ない』

以上はサイクロトロン共鳴という現象で人体に悪影響が出るという話であった。これは
完全にそうだと断言するには、もっと研究が必要であろう。またサイクロトロン共鳴の
現象かどうかわからないが電磁波で人間のDNAそのものが傷つくという説もある。
後天性の難病は免疫細胞の遺伝子がキズついたものであり、癌も、DNAが傷(いた)
んでくると細胞を正常にコピーできなくなっておかしな細胞になってしまったものだという
説がある。いずれにせよ電磁波による原子の電子の活発化が影響を人体に与えている
のには違いないのだろう。

最後に共鳴の振動音らしきものを収めた動画があるので見ていただきたい。これは
自宅の応接間で撮ったものだが、数年前のものであり、この頃はまだいろいろな被害が
ひどかった頃である。この時期のほうがいろいろな音や画像が撮れていたような気が
する。音が若干小さいのでボリュームを大きくして見ていただきたい。


       

モザイクを大きくかけ過ぎたのでわかりずらいかもしれないが自宅の応接間を写した
カメラの動画である。この動画の中で始終ジジジジジと音を立てているのは電磁波の
音ではないだろうか。こ動画の中に私も写っているが、この撮影している時というのは
何も聴こえず、後で動画を再生した時に音に気付いたのだった。この動画を何回も繰り
返して見てみたが、気になる点があった。私が歩いて部屋を出る様子が最後の方に写っ
ているが、私がカメラから遠ざかって部屋から出て行こうとするとそのジジジという音が
弱まっていくのだ。そして部屋を完全に出て扉を閉めると、もうほとんど音は聴こえなく
なる。その理由としては二通り考えられる。一つは私に対して、ほぼピンポイントに
電磁波を照射しているので対象である私が、録音しているカメラから遠ざかると私の体
に追従して電磁波照射ポイントも移動していくという事で音を拾えなくなるという考え。
もう一つは、私自身の体が電磁波の音を発信しているので、カメラから音源である私
の体を遠ざければ当然音は小さくなっていくという考え方である。私が思うには後者の
ような気がする。また部屋自体も磁場が強くて扉の開け閉めの音も電磁波音として強調
されている感じだ。あとこれは前に私が自身のブログに書いたことであるが、自分の耳
に人さし指をつ突っこんで耳内の壁に押し付けるとドドドドというリズムの音が聴こえる
と書いたことがあるが、この動画のジジジジという音のリズムはそのドドドドというリズム
と全く同じだという事だ。やはりこれは体内の電磁波の共鳴音ではないだろうか。

敵方は被害者の思考や記憶を盗み見するという事であるが、前々から疑問に思う
ことがあった。確かに被害者の脳に音声を送り込むことはできると思うが、被害者の
脳から思考や記憶を抽出することがはたしてできるのかという事だ。なぜなら人間の
神経伝達信号の電気などは非常に微量で検出はむずかしいと思っていたのである。
しかし共鳴といったエネルギー増幅の原理を使えば、できるのではないかという事
を感じさせられた。この犯罪のテクノロジーの鍵となるのは共鳴の原理なのかもしれ
ない。

集団ストーカー被害者はなぜターゲットとして選ばれたのか。被害者の多くの人
は疑問に思っているに違いない。宗教の勧誘を断ったとか近所の人間とトラブル
になったからだと言う人もいるだろう。しかし改めて考えてみると、加害は被害
者が自覚する、ずっと前から始まっているのである。私の場合はよく職場を追わ
れるような目に合うし、また死にそうな目に合った事も2回ほどある。ずっと
さかのぼれば小学校の時から、おかしなことが起こっていた事になるのだ。
という事は昔から監視の対象になっていたという事になる。
こういった事は集団ストーカー被害者を自覚する者だけではなく、被害が現在
進行しているにもかかわらず全く自覚していない一般の人も多く存在している
という事である。故に何かのキッカケで急に被害が激化して、集団ストーカー
の被害者だと自覚させられるというのは、別の何か、闇側が嫌がる地雷を踏んで
しまったと考えることができないだろうか。今回はそういった被害者になる一つの
可能性としての原因を語っていきたい。

私達被害者は、ずっと昔より監視されており、頭の中も見られていたと考えられる。
これは被害者だけでなく、日本の全国民のほとんどが対象ではないかという事だ。
闇側は長い月日をかけて各々の人物の性格やら行動パターンやら志向性などを観察
しているに違いない。そしてずっと観察しているうちに社会のおかしな所に気がつ
いたり、不満をあらわにする人間を見つけ出したという事なのかもしれないのである。
そしてそれらの人間は監視重要人物としてリストに上がり本人が組織的だと気がつ
かない程度の攻撃や全く偶然の事故だと思うような命に関わる謀を仕掛けてくるの
だと思う。その時点では対象になった人間は、まさか自分が狙われている人間など
とは思いもしないであろう。すべては水面下で行われているし、自分がそんな事に
巻き込まれる人間だということも疑わないはずだ。しかし何かがおかしいという事
は、いつも頭の片隅にあったと思われる。
よくネットで被害者を批難する人間が被害者に向かって「お前は狙われるような
重要な人物なのか?」と問いかけるがこれはまったく、お門違いなのだ。狙われ
る対象は、ほとんどの国民であって被害は大なり小なりやられているし、監視も
されていると思うのである。
ではなぜ我々被害者と自覚する者だけが急に被害が激化するようになったのか。
私が思うに公的な場で世の中のおかしな事や矛盾を発言した後に、それは起こる
のではないかと思うのである。これは闇側が一番嫌がる事なのだろう。そして
誰かに狙われているということを認識させるために激化させ、それを被害者が言う
事により世間的に頭のおかしな人間だと思わせることが目的だと思われる。
宗教の勧誘を断ったとか近所の人間とトラブルになったとかいうのは真の目的を
ごまかすための方便に過ぎないのかもしれない。
私はそれらの事を裏うちするような体験をしているので以下はその事について語り
たいと思う。まだ集ストというものを全く自覚していなかった7、8年前の話である。
私は東京の、ある会社に勤めていた。その会社は中小企業で社員数50人ぐらいの
会社であった。極普通の製造会社であったが社風は古めかしく朝礼では社訓の唱和
の他に持ち回りの3分間スピーチというものがあった。私自身は人前で話をするのが
苦手であったが、やらざるを得なかったので会社に在籍中は何回か適当な話題を話
したのだった。その中の一つにその頃話題になっていた地デジ放送に関する話をした
事があった。この地デジというのは私は以前から、おかしなシステムだと思っていた。
全国民がわざわざ大金をかけて受信機やアンテナを買い換えなければならない、こん
なゴリ押しに近い事をなぜ強硬に行わなければならないのか、さっぱりわからなかっ
たのである。実際以前のVHF方式でもそんなに遜色はなかったと思っていた。
私は地デジに不審感を持っていたのでスピーチでこのように話した。「私はただ
テレビが見たいだけなのに、わざわざ大金をかけてテレビを見るというのはおかしい
と思います。」という事を言ったのだった。その場で聞いていた人達はどうという
反応も無かったが数週間過ぎたある日の事である。いつも私に対して何かしらの反発
心を見せる人物に朝のスピーチの当番が回ってきたのだった。その人物が言ったこと
はこんな事であった。「この前、誰かさんは地デジ放送を見るのに金がかかると言った
がそんな事はない○○の安い受信機を買って・・・・・」とこんな事を言い出したの
である。これを聞いていた私は、これでは私の立場がないではないかと思い酷く
嫌悪を感じたのである。今からして思えばその人物は火消し役の工作員だったの
かもしれない。地デジに関して何か触れられてほしくない事があるのだと思う。
そして私はその後、その会社を退職してしまったが集団ストーカーがある日激化した
のがその一年後であった。その間の一年間は隣家との騒音トラブルで争っていたの
である。
以上の事から私の身の上に集団ストーカーというものが本格的に始まった本当の
キッカケは公的な場で世の中の矛盾を指摘したことによるものではないかと考えた。
その後その会社は間もなくどういうわけか倒産してしまい、会社の最寄駅のJR新小岩
は飛び込み自殺で有名になってしまった。どれだけ忌まわしい演出をしたら気がすむ
のであろう。

何かしらの世の中の矛盾を指摘して報復を受けたという話は私の場合の他にもう一つ
ある。それは3年前に一年だけの契約社員で勤務していた会社での出来事であった。
その会社でも、どういうわけか朝礼でスピーチというのがあったのだ。ある日一人の
中堅の社員にスピーチの当番が回ってきた。その社員は普段はやさしい性格であるが
その気質は一本ビシッと線が通っており、おかしいものはおかしいと主張する一本気
な性格が見てとれた。その社員が話したスピーチの内容はこうである。
「先週の休日に船橋のアンデルセン公園に家族で出かけて充実した時間を過ごす事が
できました。子供と○○で遊んだり、○○を食べたり、云々・・・。(中略)
ある雑誌を見たのですが、その雑誌にはアンデルセン公園の利用者数が全国第三位
という事になっていたんですが、そんな事は絶対ないと思います。アンデルセン公園
は確かに規模は大きいですが、本格的なディズニーランドのようなアトラクションは
無く、ただの公園に近いんです。これは本当におかしいと思いました。」
というような事を言ったのだった。私はこの時期にはもう集ストを自覚していたので
その発言に一抹の不安を感じたのであった。彼に何も起こらなければいいと思っていた
のである。しかし案の定、一ヶ月後その社員にちょっとした事故が起こった。
バイクで通勤中に事故に遇ったのである。公道を走っている最中、脇から車が飛び出
してきて、それを避けようとして転倒したようであった。しかし接触はしていなかっ
たようで大事にはいたらなかったようだ。私も敵方の工作で車で運転中に脇から車を
飛び出させられるような事がよくあるが彼も同じ事をされたのだろう。
実際アンデルセン公園というものに何か不穏な影というものがあるのだろうか。私
もネットでいろいろ調べたが、その公園について怪しいという情報は結局発見できな
かった。しかし、そういった事を仕掛ける以上は何かがあると思わざるを得ない。
闇側は、まずいと思う人間はみな潰そうという腹であろう。冷酷非情で人でなしの
輩である。私はその会社を短期間で去ったが、その社員はその後、集ストを自覚
するような被害を受けるようになったのだろうか。今ではそれを知る術もないのだが。

闇側は世の中の、おかしな点や矛盾する事が暴露される事を非常に嫌がるようだ。
それほど有名ではない一般人であるなら、まだ被害は幾分、軽いのかもしれないが
これが有名人であった場合、即座に殺しにかかるようだ。例えばタレントの飯島愛は
サッカーの韓国の審判の異常さを報道しないマスコミを批難して不審死に追い込ま
れたし、また同様にタレントの今井雅之氏はミスユニバース吉松育美の脅迫事件を
全く報道しないマスコミに対して苦言を呈したが、そのためガンにされて命を奪われて
しまったのである。本当に闇の連中は鬼畜である。他にも、こういった有名人は、たく
さんいると思う。寿命でもないのに若くして死ぬ芸能人は何かしらの方法でやられて
しまった可能性が高いのではないだろうか。

私が以上のような事を書いたからといって今後、集ストの事や世の中の矛盾につい
ての情報の拡散行為を恐れる必要はない。情報をふりまいたところで被害の量は
さほど変わらないだろう。少し脅しのようなパフォーマンスを見せられるだけである。
あと余談ではあるが、この記事も大体は車の中で書いた。なぜなら自宅では少し書
きたくない状況になったからである。近くのショッピングモールの駐車場に車を停め
て書いていたのであるが、その最中、どういうわけか警察のパトカーがやってきて、
わざわざ私の車の後ろに駐車したのだった。かなり広い駐車場で余白スペースが
いくらでもあったにもかかわらずである。作為的にしか思えない。どうやら威嚇のようだ。
やはり私の頭を覗いていたのだろうか。ブログ記事の文章を考えていたのが屋外だ
ったので私の頭の中を観察していた敵方はあわてふためいたという事なのかもしれ
ない。私の所在位置と頭の中の情報から判断して外で誰かに集ストの事を話している
と勝手に思い込んだのではないだろうか。連中は鬼畜のくせに妙に馬鹿で臆病なのだ。
そういった所も虫唾の走るところである。
今後もこのような脅迫めいたものを見せられると思うが、屈せずにネットで集スト
や世の中の矛盾を訴えていきたいと思う。被害者の皆さんも恐がらずに訴えていって
ほしいと思うのだ。



最近東京都の迷惑防止条例のストーカー行為の対象が拡大されるようだ。以下は
ネット上にあった記事の抜粋である。

   つきまとい行為などの規制の強化を盛り込んだ、東京都の迷惑防止条例の
   改正案について都議会の委員会で審議され、共産党が「都民の権利を過度
   に制限する可能性が高い」などとして反対したものの、賛成多数で可決さ
   れました。3月29日の本会議で成立する見通しです。
   東京都は、つきまとい行為などの規制強化を盛り込んだ、迷惑防止条例の
   改正案を都議会に提案していて、22日の「警察・消防委員会」で審議され
   ました。この改正案は、「ストーカー規制法」が対象としていない、恋愛
   感情以外のケースを含む「悪意によるつきまとい行為」として、みだりに
   うろつくこと監視していると告げること、名誉を害することを告げること
   などを新たに追加しています。これに対し、一部の市民グループや弁護士
   などからは「規制の対象が拡大され、政権を批判する市民運動や報道機関に
   よる取材活動などが侵害され、警察の介入を容易にしかねない」などといっ
   た批判が出ています。委員会では各会派が意見を表明し、都民ファーストの
   会、自民党、公明党、民進党・立憲民主党の4つの会派は「都民の安全・
   安心を守るためには、前兆段階の取り締まりが必要だ」などと述べて賛成の
   立場を示しました。その上で、警視庁による「政治活動、組合活動、報道の
   自由などは取り締まりの対象にならない」という見解を踏まえ、都民の権利
   を不当に侵害しないよう求めました。
   一方、共産党は「条例にもともと濫用防止規定が盛り込まれているのは、
   都民の権利を過度に制限する可能性が高いからだ。規制の拡大は認められな
   い」と反対しました。このあとの採決で、委員会の傍聴者が反対の声をあげ
   て退場を命じられる場面もありましたが、共産党を除く各会派が賛成し、賛成
   多数で可決されました。また、今回の改正では、スマートフォンの普及や
   カメラの高性能化による盗撮行為が相次いでいることから、盗撮を規制する
   場所として、カラオケボックスなどの個室やタクシーの車内なども加えること
   にしています。条例案は、3月29日の本会議で成立する見通しです。

という事である。今まで恋愛感情のストーカーの対象のみの条例だったものを、
対象枠を拡大し、悪意のあるつきまとい、監視活動も被害の対象として定義される
ようである。集団ストーカー被害者にとっては朗報だということが言えるのではないだ
ろうか。都民ファーストの会、自民党、公明党、民進党・立憲民主党の4つの会派は
賛成のようだ。創価がバックにいる公明党が賛成ということは公明党は創価が集団
ストーカーをやっているという認識がまったく無いという事なのだろうか。 また共産
党だけは反対しているようであるが、何か、やましい事でもあるのか。共産党のほう
が集ストに関しては身に覚えがあるという事なのであろうか。反対の怒号を上げた
というから、余程ヤバイと思ったに違いない。必死だったようである。

また私はユウチュウブにおいて”NHKから国民を守る党くつざわ亮治(しきしま会)”
のチャンネルを登録していつも見ているが、その中でこの条例改正が宗教団体対策
のためであるという事を言っているようである。それが下の動画である。



動画の中で、くつざわ氏は条例改正が創価学会のせいだという事を言っているので
ある。警察に創価学会のつきまといの苦情が増えているという事でこの条例改正が
施行されるようになるという事のようだ。これも集団ストーカー被害者の人達の
通報活動の賜物ではないだろうか。条例の施行は集団ストーカー廃絶のための
大きな一歩かもしれない。期待したいと思う。
この、くつざわ氏の”NHKから国民を守る党”というのは、その名の通りで傲慢不遜な
NHKを潰そうという主旨の党である。この党はもとNHK職員の立花孝志氏がつくった
政党であるが、その政党に、くつざわ氏が入党したということのようだ。くつざわ氏
は元々”しきしま会”という保守団体で街宣活動をしていたのであるが、立花氏の
志に共感しての入党のようである。次回の統一地方選に出馬する予定だそうだ。
NHKは現在その存在価値が問われているところだが、こういった名指しで攻撃される
放送局というのは、いったいどんな放送局なんだと思わざるを得ない。フジテレビも
反日報道として有名であるが、NHKは高額の受信料を国民から徴収している分、さら
に悪どいと言えるのではないだろうか。高い金を払って反日番組など見たくもない。
はっきり言って解体してほしいものだと私は思っている。NHKの職員はつまらない
番組を作っても金は自動的に入ってくるから給与は1000万円クラスだという。まっ
たく庶民はやってられないと思うのが普通であろう。

あと放送関連で話題になっているのが電波オークションというものである。これは
既存のテレビ局の既得権益になっている電波をオークシォンにして利用権を入札制に
しようというものだ。この資本原理に基づく入札制度にすれば、テレビ局ももっと
増えて、番組の質も良くなる事になる。また変な事を言っているテレビ局は人気が
なくなり淘汰されていくということになる。反日報道などやっている局はどんどん
無くなっていくという事なのだ。現在、テレビ局は電波オークションをやられると困るの
で行われないよう必死に世論を誘導しているという。
以下は産経新聞の記事からの転載である。

   政府の規制改革推進会議(議長・大田弘子政策研究大学院大学教授)が、安倍
   晋三内閣の成長戦略に反映するため策定を進めてきた規制改革の答申の原案
   で、 焦点の電波オークション導入は検討を継続するとの表現になっていることが
   27日、分かった。推進会議は早ければ29日にも安倍首相に答申を提出する。
   答申の原案は、特定のテレビ局や通信事業者などに割り当てられている周波数
   帯の一定期間の利用権を競争入札にかける電波オークションについて、導入の
   メリットやデメリット、導入している国での課題を踏まえて「検討を継続する」
   とした。賛否が渦巻く中で事実上、官邸に判断を委ねる格好でもあり、導入に
   向けた動きが本格化しそうだ。電波オークションは、欧米諸国など経済協力
   開発機構(OECD)加盟35カ国のうち導入していないのは日本だけとなっ
   ている。現在は総務省が複数の申請者があった場合、その優劣を比較して優れ
   ている方を選ぶ比較審査方式をとっている。しかし、この方式では総務省の裁量
   で決まってしまうとの批判が出ていた。電波オークションの導入で審査過程の
   透明化や電波利用料の増収などが見込める。平成27年度の電波利用料収入は
   約747億円だが、民主党政権下で導入を検討した際には毎年平均で数千億円
   の収入になると推計されていた。

もし電波オークシォンが採用されたならば、もっとバラエティーに富んだテレビ放送局
ができ、保守的な番組もできるかもしれない。逆に左派的な番組もでき、その選択は
視聴者に委ねられる事になるだろう。
先進国の中でこの電波オークションが導入されていないのは日本だけだというから、
現マスコミの独占体制の闇が根深いものであるということがよくわかる。金勘定の他
にも何か不都合なことがあるとしか思えない。もし電波オークションが導入されれば、
今までの既存のテレビ局が放送しなかったニュースも流れるということである。情報
弱者と言われる、お年寄りもそういったニュースを見る機会が増え、真実に目覚めて
考え方が変わるかもしれない。また集団ストーカーやテクノロジー犯罪を取り上げて
くれるテレビ局だって出てくるかもしれないのだ。集団ストーカーはネットで検索すると
120万件という記事数が出てくるが、テレビでは全くと言っていいほど取り上げられて
いない。これは異常である。もしテレビ局に何かの規制がかかっていなければ、局が
集団ストーカーという言葉に疑念をいだいていたとしても、「こういったおかしな主張を
している人達がいる。本当だろうか?」というぐらいのニュースは流すはずである。
それがまったく無いのだ。わかっていて完全に無視している感じである。故に現在の
マスコミには何かしらの圧力がかかっていると思うしかない。闇勢力の思惑が浸透し
ている旧体制然としたマスコミはもう古いので退場していただきたいと思う。

都のストーカー条例改正も電波オークションも我々にとって追い風だと思っていいだ
ろう。少しずつではあるが世の中はまともな方向に進んでいるようである。これからも
我々はブログや、SNS、何でもいいから、おかしいものはおかしいと主張していくこと
が重要ではないだろうか。世の中の真実がわかっている者として情報を拡散して良い
方向に導くというのが我々の責務であるという事なのである。


Powered By FC2ブログ. copyright © 2018 日本の闇と集団ストーカー all rights reserved.
プロフィール

nezuking

Author:nezuking
FC2ブログへようこそ!
集団ストーカー被害者です。集団ストーカー記事の他に
日本の理解し難い闇世界を掘り下げていきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
SOS

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR