前回パソコンが壊れてしまったと書いたが、とうとう修繕不能となってしまい、買い換え
る事になってしまった。痛い出費である。これも連中が毎日パソコンをオーバーヒートさ
せバンバン電源を切ったせいである。まったく狂ったサイコパス集団だ。

さて今回は電磁波が引き起こす現象をある一つの事件から探求していきたいと思う。
1943年アメリカ、ペンシルバニア州、フィアデルフィアで行われた軍事実験をご存知
だろうか。仔細は次の通りである。

”1943年10月28日、ペンシルベニア州フィラデルフィアの海上に浮かぶ「エルドリッジ」
を使って、遂に大規模な実験が秘密裏に行われた。
当時は第二次世界大戦の真っ只中であり、実験は新しい秘密兵器「磁場発生装置
テスラコイル」を使い、「レーダーに対して不可視化する」というものであった。 エルド
リッジの船内には多くの電気実験機器が搭載されており、そのスイッチを入れると
強力な磁場が発生し、駆逐艦がレーダーから認められなくなった。実験は成功した
かのように見えたが、不可思議な現象が起こる。実験の開始と共に海面から緑色の
光がわきだし、次第にエルドリッジを覆っていったのである。次の瞬間、艦は浮き上
がり発光体は幾重にも艦を包み、見る見る姿はぼやけて完全に目の前から消えて
しまった。
「実験開始直後に、駆逐艦はレーダーから姿を消す」、ここまでは実験参加者達の
予定通りであった。しかし直後にエルドリッジは「レーダーから」どころか完全に姿を
消してしまい、おまけに2,500km以上も離れたノーフォークにまで瞬間移動してしまっ
ていたのである。それから数分後、またもや発光体に包まれ艦はもとの場所に瞬間
移動した。再び戻ってきたエルドリッジだが、驚くべきことに乗員は、次のような惨状
に陥っていた。

・体が突然燃え上がった
・衣服だけが船体に焼き付けられた
・甲板に体が溶け込んだ
・発火した計器から火が移り、火だるまになった
・突然凍り付いた(冷凍化)
・半身だけ透明になった
・壁の中に吸い込まれた

また、生き残った乗組員も精神に異常をきたし、エルドリッジの内部は、まさに地獄絵
図の如くであった。唯一、影響を受けなかったのは、鉄の隔壁に守られた機械室にいた
、一部のエンジニアたちだけだった。こうして実験自体は成功したが、「行方不明・死亡
16人、発狂者6人」という、取り返しのつかない結果になった。このことに恐れおののい
た海軍上層部は、この極秘実験を隠蔽したといわれている。”

この実験は当時の電磁波工学の研究者のニコラ・テスラが考案したものとされており、
かなり大掛かりな装置を使って行われたようだ。さらに、あの相対性理論のアインシュ
タインも関わっていたというので驚きだ。実験の目的は巡洋艦が磁気反応センサー付
機雷の防御用のための消磁か、レーダー網から逃れるためのステルス効果を狙った
ものだとされている。
しかし実験の結果は、センサーやレーダーから姿を消すどころか視覚的にその場から
船体が姿を消してしまったのだ。これには、実験関係者全員が驚いたようだ。しかし、さ
らに船体の内部で起こった事態は常識をはるかに超えた惨状であったようだ。
電磁波を過剰に供給した結果、船内では異常な現象が数種類起こっているのである。
いろいろな現象が起こっているが体が突然燃え上がったというような現象は、マイクロ波
の性質上、分子の振動で熱が発生したと考えられるが、本当に燃え上がる次元までいく
のだろうか。またそれと反対に、突然凍りついたというのは不思議である。
考えられるのは、体内の水分が、すべて一気に蒸発して、気化熱を奪われたか。また
あるいは、こういう考え方もできる。物質の原子はいつも運動しており、高温状態であれ
ば活性化し、低温であればその活動は沈静化する。逆に考えれば原子の運動が何らか
の抑制を受けて動かなくなれば、物質の温度は下がるという事である。そのような条件
の環境が一時つくり出されたという事であろうか。そして”甲板に体が溶け込んだ” ”壁
の中に吸い込まれた”という事であるが、これは船内付近のエリアの時空間が、捻じ曲が
って異常な状態になったという事ではないだろうか。たとえば船の中では、人が歩いたり
して常に移動している。また船も前方へ、前方へと常に動いている。もし時間軸と空間軸
がずれて各々の座標があり得ない位置で一致してしまったらどうなるだろう。つまり、ある
人物がA点という位置に居るとする、しかし船に乗っているので立ち止まっていても、一
秒後にはB点という位置にずれているわけだが、当然その人がいた元のA点という場所
には何もないか、あるいは壁のような物体が代わりに存在するわけだ。もし時空間の軸
座標がずれてしまい、A点にいる人物の場所に一秒たって移動するはずだった壁が同
時にその場所に存在する事になればその人物の体は壁の中に埋もれてしまうという事
なのだ。一秒前の空間と一秒後の空間が同時刻に重なり合ってしまったと言ってもいい
だろう。物質と物質が融合してしまうという全く考えられない事態である。最後に体半分が
透明になったという事であるが、これは空間が歪んで光が屈折して消えたように見えた
か、あるいは考えにくいが半身だけ一時他の時間の違う空間に移動してしまったか、そん
な所ではないだろうか。しかしそのような状況下で助かった乗組員も居たようある。鉄の
隔壁に守られた機械室に居たエンジニア達だ。鉄板が電磁波から身を守れるという事が
この事から分かり、私達が鉄板やアルミで身を守ろうとしている事は、あながち間違いでは
ないという事である。以前テレビの番組で”ナニコレ珍百景”という番組の番外編で奇妙
な部屋という事で、ある家の部屋を撮影していたが、部屋の床、壁、天井すべてをステン
レスの板で覆ってあった。それを紹介していた少年は「すごいでしょう。」言っていたが
その部屋は多分電磁波被害者が住んでいた部屋ではなかったかと推測する。そこまで
しなくてもいいのではないかと思うほど、反射の照り返しの強い内装であったが、住人の
気持ちが痛いほどよくわかるような物だったのだ。

話を本筋に戻そう。フィアデルフィアの事件のように電磁波を過剰に駆使するということ
は大変危険なことである。時間や空間の軸や座標を変えてしまう事は因果律を変えて
しまう事になり、歴史や未来を変えてしまう事にも成りかねないのだ。反社会的な闇の
勢力は、いい気になって電磁波を悪用する事に専念しているが、人類を滅ぼすどころ
か全宇宙の法則の根幹までも破壊してしまう可能性がある事をわかっていないのだ。
もし世界の因果律が壊されてしまったらメチャクチャな世界になるだろう。時間が速く
なったり、遅くなったり、逆行したり、空間が急に入れ代わったり、もっと具体的な例で
言えば、自分が車がいないと思って渡っていた横断歩道に急に猛スピードを出して
いる車が現われ、その位置が自分との距離1メートルだった何て事にも成りかねない
のだ。この世のすべては、時間軸と空間軸が秩序正しく存在する事によって成り立っ
ているのであり、それに手を加えるのは、この世の摂理を壊すことに他ならない。タイ
ムスリップやテレポーテーションなどはあってはいけない代物なのである。

ここまでフィアデルフィア事件が本当であるという前提で書いたが、皆さんはどう思わ
れたであろう。私は被害者になる前から、この事件を本当だと思っていた。被害者に
なってからはさらに本当だと信じるようになった。テクノロジー犯罪の中には、
その被害者の未来がわかっていないと、できないような被害もあるからだ。電磁波
を悪用、または行き過ぎた研究をしている人間が、その禍因に気付いて、思いとどま
る事を願わずにはいられない。それでないと大変なことになるだろう。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
http://ssskkkooo.blog.fc2.com/tb.php/86-0818af6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 日本の闇と集団ストーカー all rights reserved.
プロフィール

nezuking

Author:nezuking
FC2ブログへようこそ!
集団ストーカー被害者です。集団ストーカー記事の他に
日本の理解し難い闇世界を掘り下げていきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
SOS

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR