集スト、テクノロジー犯罪の被害者の多くの人は多かれ少なかれ、特殊な電磁波によ
って、記憶や体の状況などのデータを読み取られているだろう。よく自分の体験したことを
誰に言ったわけでもないのに、再び現実でリピートされたり、雑誌や広告で仄めかされてい
るといった事は日常茶飯事ではないだろうか。しかし世の中には更にその上をいく、頭の中
で外部の人間と会話ができている、いわゆるテレパシーというものができる被害者も多く
存在しているのである。私の場合は完全に会話になった事はないが、いろいろなパターン
で言葉のような音を聞かされる。頭の中で自分の名前を呼ぶような声。自分の鼻の下から
聞こえる時もあるし。(自分で声を出している分けではない。)2、3メートル先の距離からア
ニメの動物キャラクターのような声が聞こえてきた事もある。また変わったもので、浅い眠り
で夢を見ているとき、目の前に現れた猫が大きく口を開けた瞬間、頭の中に”バリバリ”とい
う大きな音が鳴り響いた事もある。いや音というよりは衝撃波を食らったような感じであった。
猫の映像と”バリバリ”という音をシンクロさせていて少し凝っているように思えたが、どちら
も脳に電磁波を送って知覚させたのであろう。そして双方とも性質の違う二種類の電磁波を
使っているのではないだろうか。音の方はただの音では無く音響兵器のような感じがする。
音響兵器には”LRAD”という兵器がある。これは電磁波ではなく、指向性の音圧を飛ばして
ターゲットを狙うそうだが、私が体験した脳幹がしびれるようなものの感覚はやはり、そうし
たものとは違い、電磁波の物理的現象を利用したもののように感じた。音響兵器にはもう一
つ”メデューサ”というものがある。これはフレイ効果(マイクロ波聴効果)を使って、脳内に
音を発生させる非殺傷型兵器と言われるものである。フレイ効果とは、どういうものか。これ
は超音波とも電磁波とも違い、耳の奥(内耳)を伝わる弾性波らしい。原理はパルス状の
電磁波を脳が浴び、脳内に熱膨張が発生し、その圧力が、頭の中で弾性媒体(脳組織)
に波動を起こさせるというものである。電磁波は熱膨張を引き起こすためのものであり、実際
の音響は脳内組織が波動によって起こさせる振動の事を意味しているらしい。脳内に弾性
波の衝撃を受ければ私が体験したような事になるのかもしれない。また、もっと加減を加えれ
ば、テレパシーのような情報交換も可能なのかもしれない。

私が情報をやりとりしている女性被害者の方で、いちごさんという方がいらっしゃる。私のブロ
グの右横のリンク一覧の”残酷すぎる集団ストーカー被害者....”というブログの筆者であり、
線維筋痛症という難病の被害と闘っている方である。その方は生態通信によって人と思考の
通信が完全に成り立っていると言われている。彼女のブログに掲載されている記事を一部
ここに転載させていただいた。その内容は以下通りである。

”テレパシー通信では人間の頭部とコンピュータとが、マイクロ波で結ばれている。マイクロ波が
直進する性質を利用して、人間の頭部とコンピュータとの間が目に見えないマイクロ波で通信し
ているのである。マイクロ波は2種類使われており、脳に脳信号を送信するマイクロ波と脳から
脳信号を送信するマイクロ波がある。脳にマイクロ波を送信するとき、パルス波形のマイクロ波
を利用してマイクロ波聴覚効果で音声を伝達できる。脳には脳波信号を発振する発振器はつい
ていないのだが、マイクロ波を頭部に照射して、マイクロ波が頭部で反射する事を利用して、脳
から脳波信号を読みだしているのである。マイクロ波が頭部で反射する時にマイクロ波が脳波
信号を送信している。       中略
例えば空気振動である音声は、波形で表現でき、固定電話でも携帯でも音声に対する波形が
電気信号として送受信されている。テレパシー通信では、脳波信号の波形が電気信号として
送受信されているのである。”

という事である。被害者以外の人にとっては、夢のような話だと思うだろうが、こういった研究
は、もうかなり進んでいるのだ。この内容で重要なのは2種類の電磁波が使用されていると
いう事である。前に私が自分のブログで自分の寝具の枕の下に敷いたスポンジに2本の電磁
波らしき照射跡がついていたのを写真に撮って載せたが、まさにその事が裏付けされている
のではないだろうか。そして頭部に電磁波を照射して反射させて、それが外部に送信される
と言っている。これは、一種の共鳴波の原理の事ではないだろうか。私もブログで共鳴の事を
書いたが、その中で、音叉の共鳴の事を書いた。音叉は楽器の調律に使われるもので、U字
の金属棒であるが、二つの同形状の音叉を並べ、一つの音叉を叩くと、もう一つの別の音叉が
何もしていないのに鳴り出すというものである。故に脳も同じような原理で、ある周波数の電磁
波を受けると、それと同じ周波数の電磁波を発生するといった感じなのかもしれない。反射とは、
そういう事を言っているのだろう。

他に、いちごさんはこうも言っておられた。テレパシー通信は加害者側の人間だけではなく、
被害者を守ってくれる人もいるのだという事も。その御蔭で、いちごさんは過酷な被害に会って
いても励まされて、勇気付けられるという事である。私も漠然とであるが、被害者を助けようと
する一派が存在しているという事を薄々感じていた。もしそうだとしたら、被害者も酷く悲観する
事もないのではないだろうか。
いずれにしても生体通信やテレパシーは今も、なお謎が多い。マイクロ波を使用していると
仮定しても、指向性の高い波長のものは物体に遮られて、かなり減衰してしまうので不向き
なのだ。やはりスカラー波のように重力波に変換したものを使っているのだろうか。
しかしながら、ようやく一つの真実が見えてきた。生体通信には、2種類の電磁波が、どうやら
使われているという事である。今後もネットの記事や、他の人のブログを参考にし、自分の被害
とも照らし合わせて、この犯罪の真実を探っていきたいと思う。

この記事を書いている時に自宅から数十メートル離れた先のホームセンター店の駐車場で、
突然共産党員が街宣を始めた。”戦争法案反対”とか叫んでいたが、嫌がらせであろうか。
威嚇であろうか。本当にくだらない連中に好かれてしまったものだ。テロ政党のくせに、何が
戦争反対なのだろう。狂っているとしか思えない。

追悼
以前タレントの今井雅之氏の被害の事を書いたが、その今井氏が腸ガンで亡くなられた。
ご冥福をお祈りしたい。  また一人正義感の強い人が逝ってしまった。非常に残念である。
死に追いやった加害者も同様の苦しみを味わう事を願うばかりである。




スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
http://ssskkkooo.blog.fc2.com/tb.php/76-dfaabbeb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 日本の闇と集団ストーカー all rights reserved.
プロフィール

nezuking

Author:nezuking
FC2ブログへようこそ!
集団ストーカー被害者です。集団ストーカー記事の他に
日本の理解し難い闇世界を掘り下げていきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
SOS

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR