近年、いじめによる子供の自殺が多発している。滋賀県の大津市の中学校で起きた生徒
の自殺などは、まだ記憶に新しいと思う。現在のいじめは昔と違って陰湿で残忍だ。
さらに、この問題を学校も教育委員会も積極的に認めて解決しようとしない。教育界もかなり
歪んだ構造になっているのではないだろうか。いじめの場合親がよく調査を頼むがいつも、
いじめの事実はなかったなどと言っている。教育委員会というものは決して自殺した子供と
その親の側に立った思いやりというものを見せた事がない。これはいったいどういう事なの
だろうか。ネットでいろいろ調べてみると、おぼろげながらその実態が見えてきた。
教育委員会というのは実際どういう人員でできているかという事であるが、山梨県のある
教育委員会を例にとると、その構成がまず、自営業一人、生徒の保護者一人、教育関係
者3人の計5人により構成されていたようである。教育関係者3人というのは、日教組の幹部
を経験した元校長や教頭で在日の人間だと言われている。ここで日教組とは何かという事で
あるが簡単に言えば教職員の組合である。しかしその実体は反日勢力団体と言っても過言
ではない代物で、いろいろな反日工作や反日教育を推進している組織なのだ。この日教組
は教育委員会と蜜月の関係にあるという事。つまり、教員は日教組に加入し、日教組の活動
を積極的に推進し、日教組の幹部職を経験する事で、その功績が教育委員会に伝えられ
校長や教頭に昇進できるという闇の構図ができ上がっているという事なのだ。またその
教育委員会の選出なのだが、その方法は市議会の多数決で決められる。もし、左寄りの議
員が多い議会であれば、反日元校長や教頭を選出する事も可能だろうし、反日という事を
ふせていれば、いろいろな根回しで不条理にも、そうした人間が選ばれてしまっても不思議
ではないのである。そのような背景があるので教育界というのは本来健全であるべき場所
でありながら、かなり不健全でダークな世界だとも言えるのだ。
大津の中学校のいじめによる生徒の自殺は創価学会が絡んでいると言われている。創価
によってお膳立てされた学校のいじめなどは、うやむやにしてしまえばいいと教育委員会は
考えているのかもしれない。反日勢力は横の連携も強いのでかなり怪しいと思われる。多分
自殺に追い込まれた生徒の親は反日創価の言う事を聞かなかったか、商売敵か、何かの
事でトラブッた人ではないだろうか。それにしても子供に攻撃を向けるとは、なんと卑怯な
連中であろう。日本の教育界はそういったわけで闇の側面を持っているのである。日本の国
旗掲揚に反対だったり、国家斉唱時に起立しない教職員もいれば、音楽の教科書の”君が
代”のページに紙を貼らすとか、キチガイじみた教師もいる。

私事になるが、私の妹の子供、私にとって甥っ子であるが、小学校時代いじめを受けていた。
甥は、まず小学校3年の時に、クラスの誰かから上履きに画鋲を入れられたようであった。
そしてある事情から引越しをすることになり、転校して違う学校に通っていたのだったが、
今度は甥が自分のクラスメイトの上履に画鋲をいれた事にされてしまい、クラスの中で浮い
た存在になってしまったようである。勿論私は甥がそんな事をやるとは、思っていなかったの
で、その時は妹と母と私の三人でその小学校に本当の事情を聞きに行ったのだった。
しかし学校側の説明は何とも釈然としないものであった。いじめの認識は全くなかったという
のだ。 妹の話では担任の教師が、いじめに加担しているような行動をしているというような
事を私に話していたが、当時は教育の世界はまだまともだと思っていたし、教師が倫理的に
そのような事をするはずがない、理由もないと思っていた。故にそれ以上追求しなかったので
ある。しかし今から考えてみると話合いで出席していた担任と校長は何かしら、しめし合わせ
ているような態度をとっていたような気もする。妹の母親としての勘は多分当たっていたのだ。
これらも反日勢力の嫌がらせの一部だろう。前の学校で上履に画鋲を入れられ、新しい学校
では反対に画鋲を入れるほうの犯人に仕立て上げる。こんな変なシナリオを思いつくのは、
稚拙な思考回路の反日側の人間であろう。そしてその学校の校長や担任教師も反日臭い。
創価か共産系の人間であろうか。妹家族の不幸は、これだけにとどまらず、かなり悲惨である。
私よりも過酷と言っていいかもしれない。妹家族の事はまた、別の機会に書こうと思うが、とに
かく現在の甥はいろいろな困難を乗り越え普通の生活に戻っているのでひと安心ではある。

話は変わるが最近のニュースで和歌山県の小学5年生が刺殺されたという事件を報道してい
た。犯人は20代の男性で、いつもその被害者の小学生にからかわれていたという。被害者
の小学生は右胸部を深く刺され、頭にも骨が割れるほど強く切りつけられた痕があったようだ。
これらの事から相当激しい憎悪があったという事が分かる。そうでなければ、これほどの報復
はしないだろう。これも何かしらの意図があるように感じられないだろうか。つまり闇の勢力が
子供を利用した可能性である。反日に毒され汚染されてしまった子供の親(宗教でも、共産
主義でも)は自分の子供でさえ道具にして危険な事をやらせる事がある。もう自分の子供
などより自分の団体の教義なり主義思想のほうが重要だと考えるような狂った人間になって
しまうようだ。和歌山の殺人事件も親がけしかけている可能性が高い。さらに被害者と
犯人がお互い憎しみ合うように感情操作をされ、出会うタイミングなども微妙に操作されている
ようにも思える。そういう意味では両者とも犠牲者である事には違いない。そして子供を生贄
にして喜んでいる反日勢力は鬼畜そのものであろう。こうなってくると被害者も加害者も
同時に抹殺するシステムが各地で発動しているという事も言えるのではないだろうか。
子供の場合に限らず大人同士でも、こういったことはあるのだから。

先日ニュースで安倍総理が衆院の予算委員会で民主党議員に対して「日教組は?」と野次
を飛ばしたようである。これは民主党議員が非合法的な経路で日教組から献金を受けとって
いたという事を言いたかったようだ。民主党の支持母体は日教組であり、その後ろには中核派
だの革労協だのが控えている。こういった汚れきった癒着の世界が子供たちの教育の世界と
オーバーラップして存在しているという事は非常に恐ろしい事である。早くこれらを反日勢力だ
と一般人が認めてそれに国が呼応し、対策を練って駆逐していかないと子供たちの明日が
危ういのである。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
http://ssskkkooo.blog.fc2.com/tb.php/63-69fa6f95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 日本の闇と集団ストーカー all rights reserved.
プロフィール

nezuking

Author:nezuking
FC2ブログへようこそ!
集団ストーカー被害者です。集団ストーカー記事の他に
日本の理解し難い闇世界を掘り下げていきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
SOS

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR