fc2ブログ
テクノロジー犯罪と言えば電磁波が主原因で
あることは言うまでもない事実である。私たち
はその禍のまっただ中にいるという事だ。
これは集スト、テクノロジー犯罪被害者だけ
ではなく一般の人も少なからず、気づきにくい
被害を、または気づかない内にとんでもない
ことになっている被害もあるという事なのだ。
今回はその電磁波について改めていろいろ
書きたいと思う。

テクノロジー犯罪の電磁波攻撃というと一般
的に高周波のマイクロ波が主に語られることが
多いが低周波という電磁波も多用されている
ということも言われている。 よくネットで
気象、地震兵器だと噂されているHARRP
であるが、これは群集をマインドコントロール
できる低周波装置だとも言われている。
こういった低周波のことを解説していたサイト
があったので一部、抜粋させてもらった。以下
がそれである。

   1952年、ドイツの物理学者ヴィン・
   フリート・O・シューマンにより発見
   されました。シューマン共振のエネル
   ギー源は、雷の放電や太陽風による
   電離層の震動だといわれています。
   ELF(低周波)によるアイソクロニッ
   クトーンは、すぐに点滅する均等に区切
   られたトーンです。それらは彼らが視床
   を通して強い聴力誘発反応を引きだす
   ので、効果的な聴力エントレインメント
   方法であると考えられます。

ここでシューマン共振という言葉が出てくるが
これは地球が太陽などの影響によって起こった
低周波の周波数と地球一週分の距離がちょうど
整数で割り切れるものとなった時の共鳴現象
だということである。またアイソクロニック
トーンとは「等時間隔トーンとも呼ばれ、
人間の耳では聞くことのできない脳に効果の
ある低い周波数を特別な方法で聞こえるよう
したもの」とある。さらにエントレイメント
であるが意味は「同調傾向 やシンクロニー
とも呼ばれ,対話中の 話者間において,
話し方や声の調子などの振る舞いが 同調,
類似する現象」だということである。

要するに何が言いたいのかというとシューマン
共振のような低周波は催眠効果(点滅による)
によって人間の聴覚を鋭敏にして、聴こえて
きた音声に同調しやすくなるという事だと
言っているのだろう。また

    低周波に冒された者たち(被験者、
    被害者)は解離(意識や記憶の機能
    麻痺)しており、催眠性の特質を
    持ちます。抵抗を少なくして、
    催眠術の影響が出る。この他、CIA
    の洗脳技術や、モンタック(思考操作
    技術)で得られた研究成果を駆使して、
    大衆操作することが可能です。

    このように、HAARPは地震兵器として、
    気象兵器として作用するばかりか人体
    に照射することで人間を集団でコント
    ロールできます。

    特に、日本では特殊車両に小型電磁波
    発生装置を搭載しており、危険と思わ
    れる団体や、デモ、集会に対しては、
    密かに照射しています。照射しても音
    が出るわけではありませんし、物体が
    壊れるわけではありません。
    小型の装置は、2m四方のスペースが
    あれば設置可能ですから、大半の車両
    に搭載することが出来ます。

    
    アルファ波(高アルファ波 30HZ)
    が人間の脳より発信されていますが、
    これらの脳波にはHAARPが共振して
    人類をコントロールできるのです。
    日本社会の巷では、異常と思われる
    事件が頻発したり、自殺者が何万人も
    出ていますが、これらもHAARPの実験
    ではないかとの噂があります。

ELF(超低周波)は人間の感覚を麻痺させ
思考の機能も奪い、コントロールしやすくして
操り人形化する事が可能だと言っているようだ。
また、日本国では国が危険対象団体やら抗議
活動に対して鎮圧のため低周波装置を秘密裏に
使っているというようなことも言っている。
本当であろうか。また異常な事件、や自殺者の
増加などもこれによるものだと言っている。
近年はまさにそういった出来事がやたらと多い
がやはり、そういうことなのか。低周波に何か
しらの音声信号を乗せて命令して操っている
可能性もあるようだ。

また他のサイトではこのような記事が載って
いた。

    カリフォルニア大学脳研究所でのロス・
    アディ博士の研究はCIAによって資金
    提供を受けていたパンドラプロジェ
    クトは、人間の具体的な行動、感情や
    心の病理学的状態が異なる時の脳信号
    を記録し、マイクロ波を照射した被験
    者の脳では、気分や行動が、信号によっ
    て伝送される病理学的状態を経験した
    ことが確認された。これは通常時の
    脳の周波数を模倣することによって、
    人間の脳がパルス変調したマイクロ波
    ビーム(ELFパルス変調マイクロ波
    リモートマインドコントロール技術)
    によって運ばれることで、超低周波を
    用いて遠隔制御することができること
    を意味する。パンドラプロジェクトは
    60年代後半と70年代前半にCIAによって
    資金を供給されていたが、TETRAシス
    テム(モトローラ社の無線システム)
    は400 MHzで17.6 Hzパルスする。ロス・
    アディー博士は、パンドラプロジェクト
    で主任研究員だけではなく、研究結果
    を証明している主要な英国の研究者に
    ビデオを提供した。TETRAシステムの
    ELFの電磁的影響により大脳皮質と
    神経系におけるカルシウムイオンの
    大量放出が発生、またはカルシウム
    イオンが活性化したり、またイオン
    により大きなホルモン障害、感情的、
    身体機能的な疑似的作用の状態を引
    き起こす。

これも非常にわかりずらい説明であるが要約
してみると、パンドラプロジェクトという名称
の研究がCIAのもとで行われたということで
ある。そして「ELF(超低周波)パルス変調マイ
クロ波リモートマインドコントロール技術」と
言っている。これを説明するとこうなるだろう。
遠隔操作の電磁波は超低周波のような電磁
波でないと遠くまで届かないということである。
しかし人間をコントロールするにはマイクロ波
でなくてはならないという事から、低周波にマイ
クロ波相当の周波数の信号を乗せて送ると
いうことのようだ。これにより、遠くから発っせ
られた電磁波がマイクロ波並みの近距離照射
効果が得られると言っているようである。
それと超低周波によって神経を司るカルシウ
ムが大量放出されるということらしい。これに
より心身に”擬似的作用”が起こると言って
いる。これはたぶん、体に何の原因もないの
に体の部分に痛みが出たり、心に何も感情
を起こす要因がないのに突然、興奮状態に
なったり落ち込んだりするということなので
あろう。

あとTETRAシステムと言っているようである
がこれは、以下のように説明がなされている。

    警察によるTETRAシステムの使用は
    完全に任意の状況で制御され、極端
    な暴力行為は、罪悪感やモラル・良心
    の呵責なしで必要とされる経済的又は
    社会的混乱の状態のために非常に
    有用であることができ、心理制御に
    つながる 。いわゆる警察ロボットだ。
    2001年現在、TETRAシステムは英国の
    マインド・コントロール技術と英国の
    警察によって使用されている。

前述の日本の警察の場合はデモや抗議活動家に
対して超低周波マイクロ波を使用したのである
が、英国の場合は逆に警察の機動隊などに照射
してロボット化させて排除対象の人間に同情の
余地など残さぬように戦わせるといった使い方
のようである。

またもう1つ超低周波マイクロ波についての害
について書いてあるサイトがあったので一部を
抜粋したい。

    マインド・コントロールの手段、RM
    CT(専門技術者)は 擬似超低周波
    -超低周波のマイクロ波の 振幅変調
    またはパルス変調、UHF(極超短波)
    もしくはRF(高周波)-を使って犠牲者
    をゆっくり殺害する。
    それは犠牲者をマインド・コントロール
    し、電子的にゾンビ化し、またはガンを
    誘発する疑似超低周波の効果に 基礎を
    置く完全な兵器システムになった。
    また超低周波または疑似超低周波は、
    DNAを傷つけるか、またはダメージを
    与えられることが発見された。
    それはパルスまたは振幅変調されたマイ
    クロ波、UHF(極超短波)または
    RF(高周波)の 発ガン性の効果を 
    部分的に説明付ける。(中略)

    パンドラ計画のチーフ・リサーチャーの
    ロス・アディー博士は英国の研究者達を
    リードする一本のビデオを発表した。
    それはテトラ・システムが大脳皮質と
    神経系の中のカルシウム・イオンを大量
    に放出させることによってELFゾンビ
    フィケーションを引き起こすこと。
    それから励起されたカルシウム・イオン
    が甚大なホルモン障害を引き起こして
    感情と身体の状態を狂わせることを明ら
    かにしている。

ここでも超低周波マイクロがマインドコントロール
に有効だと言っており人をゾンビ化できると言って
いる。体にガン細胞を発生させることができると
も言っているようだ。さらに

    ガン細胞に電磁波を照射すると、最高
    24倍もスピードアップし 悪性化する
    ことが分かっている。ニワトリの胚に
    1mmガウスの微弱電磁波を当てると奇形
    が発生した。
    人体では・・・脳の神経ホルモン
    (セロトニンetc)の分泌異常が起こる。
    これらは「うつ状態」や「行動異常」
    などに関連しており、「高圧電線周辺
    の住民に自殺者が多い」という疫学調査
    を裏付けるものです。
    ダウン症などの染色体異常も起こる。
    バイオリズムを狂わせる。
    慢性的なストレスの原因になり、免疫
    システムを弱体化。
    学習能力を低下させる。
    これらは カルシウムイオンなど 
    荷電粒子が電磁波からエネルギーを受け
    取って、旋回運動をしたりスピンアウト
    (螺旋運動)する現象(サイクロトン共鳴)
    などで説明される。

ということである。電磁波の過剰な照射はいかに
危険であるという事が明瞭だ。

最後に私事になるが、私の母がよくコタツのテー
ブルに額だけを乗せて眠っているのを見て、ああ
何か電磁波を照射されていてあんな不自然な眠り
方をしているんではないかと常々思う。
また近所には知的障害の子供が多すぎる。知恵
遅れの子、ダウン症の子、小さいまま成長が止ま
ってしまった子などがいる。また最近では私の家
を目の敵にしていた夫婦が両方とも重度の認知症
になって病院送りになり、空き家になっている。
そして加害者と思われる裏隣の家の主人は体や顔
におできのようなものが、あちこちできていて
ボコボコしたような風貌になっていて気持ちが
悪いのだ。これらもやはり電磁波の影響ではない
かと思う。
私ももう電磁波犯罪にどっぷりと浸かって10
年になるが、今後どうなるか心配だ。
闇の加害勢力が崩れ去っていく様を一目見てから
往生したいが、それは無理なのかなと思いつつ
暮らす毎日である。

にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村

夜分に失礼します。電磁波攻撃が最近さらに激化して拷問レベルになってきました。その直前にほのめかし要員からの宣告や合掌がありました。
家が一番ひどいですが、外でもかなりやられます。外でも何か防御をされていますか?それともう一つお尋ねしたいのですが、被害記録の画像や映像は何で撮られてますか?

私はスマホですが、ハッキングされ放題で画像をかなり荒くされるのと容量の問題で何か用意しないといけないと思っていまが、機械に疎いので厳しいです。
うちの母も似た感じでして、何度注意してもスマホを顔や頭にくっつけたまま寝たり、パソコンに突っ伏して寝落ちしたりしています。先日は母が裁縫中にものをこぼしたので、雑巾持ってくるねと言って立ち上がったのですが、見事に私に針をぶっ刺してきましたが、その瞬間の表情と手の動きがなんとも不気味でロボテックでした。痛いよ!って文句言ったら謝ってましたが。

母は少し前に不審な大けがをして、昔も同じこめかみ付近で大けがしているのも偶然ではなかったと今になっては思います。うちの母もストーカーや、個人的に電磁波攻撃を受けていることにはピンとこないようです。

ただ物がやたらと無くなることや、私の電磁波過敏にはかろうじて理解はあるので、もうそれでいいと思っています。私達、被害者が報われてほしいです。本当に。
[2023/05/12 Fri] URL // K #- [ 編集 ] @
Re: タイトルなし
Kさん、被害が酷くなっているようですね。お察しします。内容を見る限り私の
酷かった初期被害に酷似しているように思います。当時の私は隣家と騒音の事
で揉めておりその後、電磁波の報復にあったので、すぐにこれは集スト、テク
ノロジー犯罪だと認識しました。Kさんの場合は、そういった前段階の何か出来
事は無かったでしょうか。
私もこの犯罪をやられたと認識した時点で多くの被害者さんがやるような事は
一通りやりましたね。部屋にステンレスの板を入れ防御したり、外に出る時は
帽子を被ったり、電磁波を測定する測定器を買ったりと、いろいろやりました。
部屋はステンレスだけではなく、鉛のシートも壁紙のようにベタベタと貼りま
した。しかし鉛ですので、一部重さで垂れ下がることになり部屋の景観は
さんさんたるものです。テクノロジー犯罪の防御法によくアルミ箔を帽子に
仕込むというのがありますがアルミなので頭部に直に指向性の電磁波を照射
されたならば、弾き返すようにも思いますが、近くに発信源があり拡散された
放射状態の電磁波の場合には身体全体を覆うように作用すると思いますので
被害は避けられないかもしれません。しかしネットを見ると一般人の人で頭痛
のある人がアルミの帽子を被ったら頭痛が軽減したという人もいますし、また
被害者の人の中にはアルミは通電性が高いので、かえって電磁波をアンテナの
ように呼び込んでしまうのだという人もいます。 こういったことで情報も
錯綜しているようです。それとも犯罪者側がその被害者の場合場合に応じて
やり方を変えているということも考えられますのでなんとも言えないのが実状
でしょう。

被害の記録ですが、屋外設置の防犯カメラとスマホのカメラですね。防犯カメラ
は故障させられたようで現在修理に出しています。この前ブログにアップした
動画のプラズマの影響かもしれません。それとスマホですが、めったに異常な
故障はしないのですが、一度だけカルトナンバーの車を撮ろうとしたときに
シャッターがいくらやっても落ちないというときがありました。外部から何か
しらの電磁波でスマホを操作できるというのがこの時わかりました。
以前は一万円台の防犯カメラを買って撮影していましたが全部故障させられま
したね。三台買いましたがそれぞれ2年ぐらいでしょうか。犯罪者側は記録する
物に相当、神経質になるようです。ですから高い本格的なカメラではなく安い
もので壊れるのを承知で何台か買い繋ぐほうがいいかもしれないです。

あと、お母さまの挙動がおかしいということですね。うちの母親もだいぶ、おか
しいのです。ある日、車の助手席に乗せて運転したときに、しらないうちにシフ
トレバーをいじられニュートラルにされて、エンジンが空ぶかしになりました。
その時は高速道路上だったので、私が機転がきかなければ死んでいたかもしれま
せん。Kさんのおっしる通り、母親は電磁波でコントロールされています。ロボッ
トのようになっている場合もありますので、要注意です。

身体的な被害が長引く原因としては、いろいろ考えられるのですが、まず食料品
や飲料水に何かしら電磁波を呼び込みやすい物質が混入されている場合。また家
の中に何かしらのそういった物質の浮遊、散布などが上げられます。
私の初期被害の酷かったときは家の中に黒い粒のようなものが床に散乱して
いました。また白い粒が風呂の湯面にぷかぷかと浮かんでいることもあります。
食料品などは1つの所ばかりで買わず、いろいろな所で買うほうがいいかもしれ
ませんね。それか大量生産でしっかりと包装されているものなど。水なども浄化
装置で、ろ過されているほうがいいかもしれません。

以上ですが参考になりましたでしょうか。早く被害が軽減すればいいですね。


[2023/05/12 Fri] URL // nezuking #- [ 編集 ] @
ありがとうございます。
前段階、思えば3件ほどあるのですが、長くなるので近いうちメールでご報告させてくださいませ。
うちもカーボンブラックとやらですかね、黒い粒粒がしょっちゅう落ちております。風呂の湯が白濁していたり、洗濯物も重曹やセスキしか使用しないのに開けると変なにおいがするので、何かしら水にされているのでしょうね。一応浄水シャワーですが、安物なので疑問です。

お時間があるときにブログを見ていただけると嬉しいのですが、私は実は被害歴はネヅキング様よりもかなり長いことが判明しました。3代目TIで、父はすっ飛ばして私を先に始末したいようです。今は激化第3期で本来は2期で始末する予定だったのかな、と思います。

アルミを頭にやると確かに少し楽になりますが、外ではできないのと、夏場も無理なのが辛いところですね。私の部屋も景観は最悪ですし、観葉植物が枯れまくり、唯一元気だったポトスも枯れる手前です。

私も母に危ない目に遭わされたこともありますので、車のお話読ませてもらって、同じような人がいる!ってかなり親近感を(そんな親近感、迷惑ですね)覚えました。声が出なくなるとか、色々と被害状況が被っております。
母は今日もスマホを喉につけて寝ていました。近場の買い物に母のスマホを借りて、証拠映像を撮れば普段はカメラなんて全く使わないくせに、変なのが入ってたから、と全部消してくれました。

スマホのカメラ、ハッキング対応ができないのでスマホも急にシャッター音が大きくオンになったり、タイマー機能が発動したり、カメラが起動しなかったりとで、古いデジカメの方がまだいいんじゃないかと、盗まれた充電器を買ったら、今度はバッテリーとメモリーカードを盗まれてしまいました。
もう金銭的被害も心身も削られますね。

防犯カメラ、うちの場合はバレずに設置が難しそうなので、それよりは侵入経路をなんとかしてから検討しそうと思います。被害者さん見ていると皆さん、止められたり、壊されたりですよね。
毎回ご丁寧なアドバイス感謝いたします。近いうちメールさせていただきますので。宜しくお願いします。
[2023/05/13 Sat] URL // K #- [ 編集 ] @
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2023/05/16 Tue] // # [ 編集 ] @

管理者にだけ表示を許可する
http://ssskkkooo.blog.fc2.com/tb.php/350-056a9121
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2024 日本の闇と集団ストーカー all rights reserved.
プロフィール

nezuking

Author:nezuking
FC2ブログへようこそ!
集団ストーカー被害者です。集団ストーカー記事の他に
日本の理解し難い闇世界を掘り下げていきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
SOS

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR