FC2ブログ
集団ストーカー、テクノロジー犯罪の本格的な被害を受けよるようになってから
まる5年たった。今も相変わらず同じパターンの加害を繰り返している。
加害連中は飽きることを知らないロボットであろうか。このような事は自我を
無くして命令だけを遵守する操り人形でなければできない事ではないだろうか。
正月だろうと、盆であろうと、お構いなくやっている。本当に、しつこくて狂気
に満ちた連中だ。

さて被害者の皆さんの被害は現在どうであろうか。被害が減った人、あるいは増
えた人、変わらない人、様々かもしれない。
この犯罪被害のパターンはいくつかあるようだ。例えば集団ストーカーはやられて
いるが、テクノロジー犯罪はやられていないという人もいるのである。この事に
よって、それぞれの被害者のスタンスが違ってしまい考え方に差ができてしまって
話が、噛み合わなくなってしまう場合も多いようである。
私の家族の場合、妹が現在、集団ストーカーのみの被害で、私が電磁波の被害の話
をしても信じようとしない。また母親は集ストは信じるようになり、電磁波に対し
ては半信半疑といったところだが、人が電磁波で操られるという事は全く信じない
ようである。これらの人達を説き伏せるには並大抵の事ではできないようだ。やはり
すべて自分で体験し、既成概念を壊さなければならないのである。そして彼女らは
私の言う事を信じないように暗示もかけられているようで、まだ壁一枚隔たっ
た感じがあるのだ。

被害者の被害パターンを見てみると、まず集団ストーカーのみで、つきまとい、
アンカリング、監視のみがあると思っている人がおり、またテクノロジー犯罪の
肉体的な被害だけという人もたまに見かける。私の場合は集団ストーカー、テクノ
ロジー犯罪、両方である。私のようなパターンの被害者の人が一番多いのでは、ない
だろうか。
集団ストーカーのみの被害者の中にはテクノロジー犯罪を口にする人を懐疑する人
も居てテクノロジー犯罪を口にする人間を迷惑だと言っている人もいる。「テクノ
ロジー犯罪を主張している人のせいで集団ストーカーというものがオカルトチック
なものに思われて世間に信用されなくなってしまう。」とか、もっと酷いものに
なると「テクノロジー犯罪を口にしている人は工作員で集ストを世間に妄想だと思
わせたがっている。」というような事まで言っている者までいるのだ。本当に嘆か
わしい限りである。逆に、そこまで言っている奴が工作者ではないかと思われる
ほどだ。集ストのみの被害者の人もテクノロジー犯罪被害者のブログをよく読んで
ほしいものだ。よくある被害で、人との絶妙の遭遇(コリジョン)などもテクノロジ
ーが使用されているのだ。

集ストのみ被害者、集ストとテクノロジー犯罪両方の被害者、さらにその上に、
集ストとテクノロジー犯罪と思考通信の被害者という人も存在する。つまりテレパ
シーで会話が成立してしまうという人たちである。この人たちも風当たりが強い
ようである。集ストとテクノロジー犯罪両方の被害者が集ストのみの被害者に、いぶ
かしがられるのと同様に怪しまれているようだ。集ストとテクノロジー犯罪両方の
被害者からでさえも怪しまれているような立場にある。いくらなんでもそれはない
だろうという事であろうか。しかし私は、そういった体験はないが、思考通信は存在
すると思っている。なぜならマイクロ波聴覚効果(フレイ効果)という現象が科学的に
立証されているからである。またテクノロジー犯罪を自認していなくとも思考通信の
被害者になっている人は大勢いる。それは統合失調症者である。そのほとんどの人が
犯罪などとは無縁だと思っているようだが、中にはネットのテクノロジー犯罪のブロ
グを読んで自分はその被害者だと気付く人もいるようだ。実質的な嫌がらせや身体的
な危害を加えられなくとも、こういった柔軟な思考をする人もいるのである。

以上のような概念が頭にあるのと、ないのとでは、だいぶその後の身の振り方が違っ
てくると思う。統合失調者を例にとるなら、病気だと思っている人間は精神科医が
勧める、わけのわからない精神病薬を飲み続けて薬漬けになると思うが、もし病気
ではなく人為的な工作だとわかれば薬など馬鹿馬鹿しくて飲まなくなるだろう。
ゆえに集スト、テクノロジー犯罪、思考通信は存在するという事は皆、認識すべき
である。被害者の足並みがそろわず、お互いを怪しんでいたのでは敵方の思うツボで
あろう。

また私達、集団ストーカー、テクノロジー被害者が最終的な首謀者を論じるとき、必ず
語られるのが陰謀論であろう。この陰謀論は集スト、テクノロジー犯罪被害者でなく
とも信じている人間たくさんいると思う。アメリカの9.11同時多発爆破テロ、
3.11東日本大震災などは、闇の勢力が行なったとするものである。集スト、テク
のロジー犯罪被害者ならば、自分達がやられている境遇の不可解さ、壮絶さからいっ
て抵抗なくそういった類の組織が存在する事を想像することができるであろう。
しかし、この陰謀論の首謀者を考える際も意見は様々に分かれるのだ。被害者の中に
は政府が首謀だという人もいれば、宗教団体だ、左翼だ、部落在日だ、という人も
いる。しかし私はこれらの人間は真の首謀者に踊らされて犯罪を行なっていると思っ
ている。国と国、団体と団体、個人と個人を争わせることに、たけている首謀者という
のが国という枠を越えて、どこかに闇の頂点として存在していると思うのである。人を
争わせて人類を滅亡させたいのかと思わせるほどだ。そしてあまりにも人道を無視した
その所業から最終的な首謀者は人間ではないのではないかという話も出てくるわけだ。
それは宇宙人であったり、爬虫類人間であったり、地底人だという人もいる。
これに関しては、そうだという証拠も、そうでないという証拠もないので私は保留に
するが、こういった事を言う人達も世間から、いぶかしがられている事も事実のようだ。
最終首謀者は人の心を全く持っていないという事から、人外が首謀者ではないかと思
うのも無理もないことなのだと思う。

私が考えるに人間の寿命など、せいぜい80歳ぐらいだろうと思うので100年も経て
しまえば、すべての人間が入れ替わってしまうだろう。それでも集スト、テクノロジー犯罪
が続くということなら、首謀者が死んでしまっても無くならないということであり、
その教義やシステムは戒律のような感じで次の人間に受け継がれていく事になるのだ
ろう。そしてその首謀者もひょっとしたらもう人口知能に代替、移行される段階にきて
いるのかもしれない。もしそうだとしたら闇が起こす、すべての災禍、人間に対する
蹂躙は、恒久的なものとなり、人間は人口知能の下で永久に、あえぐことになるだろう。
人類は家畜同様な存在になってしまう危険性もあるのだ。一部の狂人共のおかげで
その可能性も大なのである。

私は集スト被害者というのは団体同士の抗争の犠牲になっていると思っている。つまり
敵対者に仕立てられているという事だ。その、お膳立てをしているのが、闇の頂点に
いる者だと思う。私のような実利主義思考で動かないような個人主義的な人間、そう
いった価値観を持った被害者をどうすれば征服できるか、実験をしているように思えて
ならない。集団ストーカー、テクノロジー犯罪もいくつかのパターンをつくり、複雑化
させて被害者を一本化させないようにしているように見える。また、いろいろな黒幕説を
つくって真犯人をわかりにくくしているようにも見える。闇の底にいる悪魔のような奴
は人間など欺くのはたやすい事だと、たかをくくって笑っているのかもしれない。
スポンサーサイト
nezukingさんのブログ毎回、楽しみにしています。
私が被害に気づいたのは、7、8年前ぐらいからです。
被害にあったことのない人に、被害について理解を求めるのは難しいだろうと思います。私も、どう説明したらいいかわからず、統合失調症扱いされるのは嫌なので、誰にも話さないで今まできております。
私の経験からですが、相手の状況により攻撃は変化するのだ、と思います。
今は無職なのですが、勤めていた時は監視やつきまとい、思考通信が主でした。テクノロジー犯罪について知らなかっただけ、というのもあるかもしれませんが、どうしても勤務先のスケジュールで動くので『つきまとい』しやすいのでしょう。無職の今はほとんど家にいるので、ヘリコプターなどの上空からの監視と肉体的な被害が多いです。ツイッター上で被害者をフォローしていると、その被害者と同じ様な攻撃をされることがよくあります。また、思考通信は相変わらず続いています。おそらく私の思考を知りたいのだろうし、自分たちへの攻撃をやめさせたい、のでしょう。どこまで私の思考を読めているかわかりませんが・・・
それと首謀者ですが、これは私もわかりません。加害者側が表に出てこない以上、みんなバラバラなのは当たり前なのだと思います。もし否定して本当だった場合、加害者を見過ごしてしまいますし、加害者扱いして違っていた場合もあると思うので、今のところ様子を見ている状態です。
加害連中ですが彼らも生き残りをかけた、し烈な争いを水面下で繰り広げているかもしれません。
というのは、私の家では読売新聞を購読しているのですが、AI(人工知能)についての記事が格段に多くなりました。NHKもAI(人工知能)についての特集を目にする機会が多くなりました。他のサイトでもNWO(新世界秩序)が人口を減少させようとしている、という話も時々目にします。これらが彼らを後押ししているように思えます。また、首謀者が死んでも、加害連中は方法を知っているので、それを使って支配者へと、のし上がろうとしているようにも思えますし、それ故、末端はやめたくてもやめられないのかもしれません。
そのためにも被害者達が声を上げ続け、広めていくことが重要なのだと思います。広まれば広まるほど、加害連中は動きにくくなると思えるからです。
[2018/01/11 Thu] URL // とっきー #- [ 編集 ] @
Re: タイトルなし
> nezukingさんのブログ毎回、楽しみにしています。
> 私が被害に気づいたのは、7、8年前ぐらいからです。
> 被害にあったことのない人に、被害について理解を求めるのは難しいだろうと思います。私も、どう説明したらいいかわからず、統合失調症扱いされるのは嫌なので、誰にも話さないで今まできております。
> 私の経験からですが、相手の状況により攻撃は変化するのだ、と思います。
> 今は無職なのですが、勤めていた時は監視やつきまとい、思考通信が主でした。テクノロジー犯罪について知らなかっただけ、というのもあるかもしれませんが、どうしても勤務先のスケジュールで動くので『つきまとい』しやすいのでしょう。無職の今はほとんど家にいるので、ヘリコプターなどの上空からの監視と肉体的な被害が多いです。ツイッター上で被害者をフォローしていると、その被害者と同じ様な攻撃をされることがよくあります。また、思考通信は相変わらず続いています。おそらく私の思考を知りたいのだろうし、自分たちへの攻撃をやめさせたい、のでしょう。どこまで私の思考を読めているかわかりませんが・・・
> それと首謀者ですが、これは私もわかりません。加害者側が表に出てこない以上、みんなバラバラなのは当たり前なのだと思います。もし否定して本当だった場合、加害者を見過ごしてしまいますし、加害者扱いして違っていた場合もあると思うので、今のところ様子を見ている状態です。
> 加害連中ですが彼らも生き残りをかけた、し烈な争いを水面下で繰り広げているかもしれません。
> というのは、私の家では読売新聞を購読しているのですが、AI(人工知能)についての記事が格段に多くなりました。NHKもAI(人工知能)についての特集を目にする機会が多くなりました。他のサイトでもNWO(新世界秩序)が人口を減少させようとしている、という話も時々目にします。これらが彼らを後押ししているように思えます。また、首謀者が死んでも、加害連中は方法を知っているので、それを使って支配者へと、のし上がろうとしているようにも思えますし、それ故、末端はやめたくてもやめられないのかもしれません。
> そのためにも被害者達が声を上げ続け、広めていくことが重要なのだと思います。広まれば広まるほど、加害連中は動きにくくなると思えるからです。

とっきーさん、言われている事、至極もっともだと思います。我々被害者は常に監視され
人権は蹂躙されています。闇側はいつも被害者の思考を覗いていて、先まわりして何か
工作を仕掛けているという可能性が大です。
それと、とっきーさんが今まで集ストの事を周りの誰にも話さなかったというのは、
すごいと思います。我慢強いのですね。そのほうが賢明だと思います。私などは
母に話したおかげで精神病院に連れていかれそうになりました。家族と言えども完全に気
を許すのは危険なのだと思いました。
あと私も他の被害者の人に協力しようとすると被害が増えますね。被害者同士で徒党を組ま
れるのが嫌なようです。離間工作というやつも何回も経験しました。
最終の首謀者というのは、一体どんなやつなのでしょうかね。末端の工作員は、差別の報復
で動くような人間、また金に縛られて動く人間をコントロールして集ストの世界をつくって
いるのでしょう。人間同士の差別問題、所得格差などが無くならない限り、こういった工作
員も無くならないように思います。そういった不幸な人間をつくって自分で飼いならすこと
もする闇の連中なので、非常に狡猾で、ずる賢い才能だけは、たけている奴だと思います。

我々被害者は、かなりの少人数ですが、ブログ、街宣、ポスティングなどの周知活動は
絶やさないほうがいいですね。いつかそれらが実を結ぶことを期待したいと思います。

[2018/01/12 Fri] URL // nezuking #- [ 編集 ] @
いつも丁寧なコメントの返信、ありがとうございます。
『我慢強い』なんていってもらったのは初めてで、とても嬉しいです。
それで、『最終の首謀者』ですが、考えてみたけどわかりません。もしかしたら『いない』、のかとさえ思います。
これらの攻撃は、まだ多くの人に知られていないし目に見えないので、こっそりと自分の目的を達成したい人が使っているだけ、のような気がします。
電磁波や超音波について検索していると、電磁波攻撃の機械を2万6000円ぐらいで売っているサイトを見つけました。
だから、使おうと思えば、誰でも使えるんだと思います。
でも今それを取り締まる所や法律がないから、みんな困っているんだと思います。
私はどんなものにも『弱点はある』と思っていて、AI(人工知能)は、電気がなければただの重たい金属の塊だと思うし、宇宙人は良い宇宙人もいるそうなので、その人達がなんとかするかもしれないですね。イルミナティとかが、サタンといった悪魔の力によりこの世を新しい世界にする、などというのをサイトで読んだことがありますが、本当にいるんでしょうか? 無駄な努力のような気がします。
私自身は、7、8年前は被害者さんのブログやサイトを見るぐらいしかできなかったんですが、今ではツイッターで被害者さんと会話したり、こうしてnezukingさんや他の人のサイトにコメントして励ましあったり、NPOができたりで、仲間が確実に広がっているな、と感じます。
2、3年後がとても楽しみです。
[2018/01/13 Sat] URL // とっきー #- [ 編集 ] @

管理者にだけ表示を許可する
http://ssskkkooo.blog.fc2.com/tb.php/214-3372a5bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2018 日本の闇と集団ストーカー all rights reserved.
プロフィール

nezuking

Author:nezuking
FC2ブログへようこそ!
集団ストーカー被害者です。集団ストーカー記事の他に
日本の理解し難い闇世界を掘り下げていきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
SOS

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR