私が被害者になったのは隣家とトラブルになった事が原因となっている。2年前の春、隣人
が早朝の五時半頃犬を散歩に連れて行く際に、けたたましく吠えさせるという事をやり始め
た。1ヶ月位は我慢していたが、ある日耐え切れずに注意をした。そのときは隣人も一応
謝ったが、事の始まりはその後だった。今度は夜の12時に犬を1回だけ大きな声で‘わん‘
と鳴かせるようになり、また風呂やトイレに入っているときに、うるさく鳴かせるようにな
って、さらにわけの分からない声や音をこちらに送ってくるようになったのだ。

私は母親と二人暮らしをしているが母には聞こえないようで私だけに聞こえているようだった。
(そのときは指向性のスピーカーで私に向けて発しているかと思っていたがテクノロジー犯罪
というものがあると分かった今では生体通信というものである可能性も考えるようになった。)
さらに日がたつと私がトイレに入っているときに隣のオヤジが大きな咳をした後トイレの近く
の何かの板を激しく叩く音をさせおどろかされるようになった。またその家の娘も全く同じ行
動をしたので何と逆ギレする人種共であろうかと思い辟易としたのだった。

しばらく時をおけば相手も飽きて落ち着くだろうと思ったが全然止めず、業を煮やした私は町内
会長を仲立ちになってもらい隣家と話会いを持つことにした。当日の話合いは当然の事ながら、
やった、やらないの押し問答の口論となったが、証拠が必要だという事になったので用意する
事になった。私は自分で録音した騒音のデータを解析して隣から発せられたものであることを
証明することにしたのだ。録音された音のなかには男性の声も混じっていたので声紋が一致
すれば証明できると思い、専門の音声研究所に依頼することにした。依頼した先は新宿のほう
にある日本音響研究所というところである。そこに依頼して、解析結果を受け取りに研究所ま
で行こうとした道すがら妙な事が起こった。

研究所の最寄駅を降りて歩いていたが、ふと、つけられているような気がしたので一旦裏道に入
ってからT字路の所まで歩いて行きUターンして元の道に戻ろうとした。すると前方から携帯で
話しながら歩いてくる若い奴と目が合った。そして私は歩いて行き、そいつをやり過ごしてから
道の脇も蔭に隠れてその人間がどうするのか見ていた。するとそいつもUターンして元の道に戻
ろうとしたのだ。しかし私が見ているのに気がついても平然を装っていたがどことなくギコチな
い態度であった。どうやら尾行されていたようだ。その時初めて私は何か大きな犯罪に巻き込ま
れたということを悟ったのだった。
加害者側は余程音声解析が気になってヤバイと思ったのだろうか。その数日後にとうとう電磁波
攻撃が始まったのであった。


スポンサーサイト
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[2016/05/29 Sun] // # [ 編集 ] @
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[2016/05/29 Sun] // # [ 編集 ] @

管理者にだけ表示を許可する
http://ssskkkooo.blog.fc2.com/tb.php/2-1b3ef873
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 日本の闇と集団ストーカー all rights reserved.
プロフィール

nezuking

Author:nezuking
FC2ブログへようこそ!
集団ストーカー被害者です。集団ストーカー記事の他に
日本の理解し難い闇世界を掘り下げていきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
SOS

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR