前回はアルミ箔に穴のあく現象として、超音波とレーザーを主に考察した。今回は
放射線とプラズマについて考えてみたいと思う。
まず放射線である。放射線というと皆、被爆というものを想像すると思う。
この放射線の扱い方は非常にむずかしいと思われるが、可能性がない事ではない。
もし使用されるとしたら、X線やガンマ線であろう。まさかウランやプルとニウム
は使えないと思う。もし工作者が使用したとすれば、工作者も被爆は避けられない
からだ。X線やガンマ線にしても放射能の痕跡を多少残す事になると思われ
あまり使いたくないのではないだろうか。しかしX線もガンマ線も確実に金属でも
透過して、障害物をものともせず、やってくる事ができるのだ。
実際にガイガーカウンターで放射線を測定している人も居るようだ。電磁波的なもの
でやられているのか、それとも微量な放射能を帯びている物質が身の周りや、よく
身を置く場所に仕込まれているのか、よくわからないが、これも被害工作の方法の
一つなのかもしれない。
ただ放射線がアルミなどを通過する際に穴や焦げ跡を残すのかというのは疑問で
ある。何も干渉せずにスーッと通り抜けてしまうと思われるからである。

次にプラズマである。私はこのプラズマが一番怪しいと思っている。プラズマとは
気体を構成している分子が電離し陽イオンと電子に別れて運動している状態であり
電離した気体に相当する。自然界におけるプラズマには火、雷、電離層、オーロラ
などもプラズマの一種という事である。また球電という火の玉などもプラズマである
と言われており、人魂の正体はこれだという人もいる。そしてプラズマ球電は壁など
も容易に通過すると言われている。

プラズマボール
      プラズマボール

プラズマは工業界においては溶接法として有名であり、プラズマ溶接機というもの
が存在する。これはタングステン電極と母材との間にアーク(放電)を発生させ溶接
するのであるが、その際に使用するガスが、電極によりプラズマガス化したものな
のである。この溶接だと溶接部のビード幅がせまく、しかも深く溶接する事もでき
歪みや変形も少ないのである。
最近の研究では、マイクロ波を照射してガスをプラズマ化する方法が出てきた。今ま
での溶接だと金属同士でもアルミと鉄は溶接できず、ガラスとプラスチックなども
無理だった。しかし東大研究チームがプラズマを使用してダイアモンドと金属など
全く異なる素材同士を簡単に溶接してしまう技術を世界で始めて開発した。これで
指輪などの装飾品を接着材を使用することなく結合させる事が可能になったのだ。
金属だけではなく、紙とガラスを結合させる事もできるというから驚きだ。これは
もはや溶接というレベルのものではなく物質同士が原子レベルで融合していると考え
られるようだ。

さらにネットを見ていると下の図と記事を載せているサイトを見つけた。

      物質透過

物質を透過あるいは原子レベルで異物質と融合させる事を実験によって証明
する事ができる。

touka


  <装置の概要>
  天井から吊るされたプラズマ発生装置があり、三点交差システムでマイクロ・ウェ
  ーブを照射する3つの突起が据え付けられいてる。装置の上部には長いブリッジが
  渡され、そこに金属球を吊り下げたクレーンが移動する仕組みになっている。さら
   に4本の柱には小型のマグネアンテナが4基据え付けられ、ここからマイクロ・ウェ
   ーブが放射される仕組みになっている。
   <金属板透過実験>
  天井から吊るされたプラズマ発生装置が稼動すると、装置の中に火の玉が発生
  する。そのままプラズマは沈み込み、やがて回転金属板の反対側に姿を現し最終
  的に透過 してしまう。次に発生させたプラズマを回転金属板に接触させ半分だけ
  反対側に出 た状態のままで静止させる。そしてマグネ・アンテナを稼動させ吊り
  下げた金属球をプラズマで包む。金属球を徐々に降下させ火の玉が発生している。
   回転金属板に接触させる。そのとき不思議な現象が起きる。なんとプラズマに包ま
   れた金属球はそのまま回転金属板を透過してしまう。あたかもプラズマだけのとき
  と同じように金属球も壁抜けをするのだ。
  <物体融合実験>
   回転金属板とプラズマを重ねた状態を作り、そこへプラズマで包んだ金属球を沈み
   こませる。丁度金属球が半分くらい透過した段階でそのまま電磁波照射装置のス
  イ ッチを両方同時に切る。すると、プラズマは一瞬にして消滅。と同時に激しい轟音
   を響かせて、なんと金属球と回転金属板は合体してしまう。分析してみると、それ
  は溶接ではなく原子・分子レベルで融合しているのである。ハチソン効果によって
  ステンレスとアルミニウムが融合したようにチタン製の金属球と鋼鉄の回転金属板
  が見事に合体した状態を確認する事ができる。

これは金属がプラズマに包まれた場合、他の物体を通過してしまうか、通過している
途中で止めればその物体と融合してしまうという事を言っているようだ。まさにあの
フィラデルフィアの実験の再現そのものだと私は思った。アメリカのフィラデルフィ
アの実験はアメリカ軍のステルス実験で電磁場を使って駆逐艦をレーダーから消える
ようにするというものだった。しかし実験中に信じられないような出来事が起こった
のだ。レーダーから消えるだろうと思っていた戦艦がその姿ごと消えてしまったのだ。
そしてその後また姿を現したのだが、その艦内を調べに行った人たちは驚いてしまっ
た。乗船していた乗組員の身体が床や壁にめり込んでいたというのだ。
原因は人間自身がプラズマに覆われて床や壁と融合してしまったという事ではないだ
ろうか。この事からプラズマあるいはプラズマに覆われたものというのは何でも他の
物質を透過、貫通してしまうものだという事がわかる。

また違うサイトでは、ダストプラズマというものがあるといっている。ダスト(ちり
すなわち固体微粒子)を含んだプラズマである。ダストプラズマ中の微粒子の大きさ
はnm(ナノメートル)から数百μm(マイクロメートル)である。こういったもの
がアルミ箔にぶつかれば穴をあけて貫通するか、アルミ箔に当たって反応して止まる
かということではないだろうか。(アルミ箔にあいた穴のサイズも合致する)
そしてアルミ箔と反応した部分は溶接のような焦げとなって表面に現れるとしたら何と
なく辻褄が合うという事にならないだろうか。

さらに別のサイトでは、このプラズマというのは、電磁波と電磁波をぶつけたときに
できるとしていて行動を制御できるというのだ。この事は前に記事にしたMI5の
諜報部員が言っていた、同じ波長の電磁波同士をぶつけると相殺するが、その際に
熱を放出すると言っていることと符号する。
パラボラアンテナを操縦してマイクロ波の交点を移動させればプラズマで覆われた
微粒子金属なども飛行させる事ができ、超高速、急発進、急停止、鋭角ターンなど
精密な座標計算をすればUFOのように自由自在の飛行が可能になるという。

プラズマ移動4

こうした事ができるならば、どの角度からも被害者をねらうことが可能かもしれない。

私は自分の家の近所で球電のようなものを見たことがある。それは花火のようにバチ
バチと音をたてて地上10メートルの所を水平にゆっくりと進んでいるようだった。
しかし、しばらくたつと消えてしまった。このとき思ったのだが、ばかに測ったよう
な直線運動をしていると思ったが、どうやらそういった誘導操作が行われていたので
はないだろうか。この時は単に私を驚かせようとしたのに違いない。

以上がプラズマ説であるが、これならば穴をあけて貫通することができるし、途中で
アルミにぶつかった際に焦げ跡を残す事もできるという事だ。プラズマが犯人である
可能性は非常に高い。
最後に被害者の方から提供された穴のあいたアルミ箔の画像を紹介したいと思う。

ピピ,しゅうちょうZZZ-2
被害者ピピさんのアルミシートの焦げ     被害者しゅうちょうさんのアルミ箔に
穴の画像(焦げが酷い)           あいた穴の画像(細かい穴が点在)



スポンサーサイト
ブラズマ
nezukingさん、今回もとても参考になりました。ありがとうございました。
プラズマの可能性もすごいありそうですね。
うちは衛生アンテナが設置されているお宅に囲まれています。他はありません。
向かいの棟もうちの正面付近のお宅だけ衛生アンテナがあります。
闇側はあれこれ色んなもので試しているのでしょうか。
何のためにこんな酷いことを毎日休みなくやっているのか。。。

今日は午後からいきなり下半身への攻撃が酷くなってエコロガの大判布で身体を頭から全体に覆ったり、更にフライパンをお尻の下に敷いてもキツいのを当てられました。
例えるなら水力を上げたホースの水が光になって下半身に思いっきり当てられてるような。
あまりに勢いがすごくてしばらく飛び回っていました。
キチガイ変態集団による集団リンチのようなのが最近は多くなりました。
以前、ASKAさんのブログコメントを読んでいたときに同じようなことをされ、暴行が薄れた何分後に名無しで、『集団リンチしてやったら狂った。ざまぁねーな』とコメントした方がいました。
当然ASKAファンは意味がわからず、『誰に言ってんの?』とコメントされていました。
勘違いかもしれませんが、そんなことがありました。
[2017/01/08 Sun] URL // ピピ #- [ 編集 ] @
気になる動画
プロっぽい被害者さんの動画

謎の飛行物体 ※プラズマかどうかは不明です。
https://www.youtube.com/watch?v=ZvYpf5Xs_Tw

この方は他にも重要な動画をUPしています。

危険なプロジェクトテロ集団ストーカー犯罪茨城取手市実態 加担者確保編①
https://www.youtube.com/watch?v=zUNB0FaJ4O0


私は現在電磁波と音波を調べているのですが、放射線も電波の一種の様です。
ネズキンさんの様なプラズマという発想はなかったので、私も今度プラズマについて調べてみます。
[2017/01/08 Sun] URL // ウォーカー #- [ 編集 ] @
訂正
放射線も電波の一種→電磁波の一種

電磁波とは?
http://ktai-denjiha.boo.jp/faq/qa1.htm
[2017/01/08 Sun] URL // ウォーカー #- [ 編集 ] @
 nezukingさん、参考記事があれば、そのURLも添えていただけると助かります。
 鉄球の融合のは見つけられましたが、パラボラアンテナのは探せなかったので、提示してもらえますか?

物質を透過あるいは原子レベルで異物質と融合させる事を実験によって証明する事ができる。
http://www.geocities.co.jp/Technopolis/7982/touka.html

 それと、写真を合成したり、サイズ変更してしまうと画質や解像度の低下でわかりにくくなってしまいますので、できればそのままアップロードしていただけると助かります。(FC2のメールフォームの仕様でそうなってしまうのであったら、すいません。)
 ・・・さて、プラズマについてですが、プラズマは電離した粒子(陽イオン)と電子の集まった空間・系のことで、気体だけに限らず液体のプラズマもあります。また、プラズマの中には中性の粒子も存在します。
 電子が粒子にぶつかった時に粒子のエネルギーが高まり、それが光になって現れるのが発光現象で、火の玉とか蛍光灯はそういうことです。
 下記のサイトは、プラズマによるものと思われる被害を受けている被害者のブログです。

グレーより薔薇色
http://blog.goo.ne.jp/grzt9u2b

 それからみなさんにおすすめしたいのが、学者が書いた本を読むことです。何かを学ぼうとしたとき、ネットの記事は特に英語が読めるなら手っ取り早いものですが、
どんな人が書いたのかわからないので、書かれていることの信ぴょう性にも疑問がついきまといます。
 ダストプラズマにしても電磁波の分類用語にしても、由緒正しい本を読めばそれが謎の科学技術などではなく単純明快な物理現象や決め事でしかないこととわかりますし誤解も発生しません。
 ちなみに、電磁波の分類用語について・・・。

電磁界
電波

電磁放射線

 上記はすべて電磁波です。(周波数昇順)

電磁波の種類 中部電力
https://www.chuden.co.jp/resource/energy/denjiha_02_2.pdf

 で、アルミの穴がダストプラズマによるものだという可能性はあると思いますが、なぜアルミだけに損傷を与えられるのか?は疑問のままなのかな、と思います。
[2017/01/08 Sun] URL // 犯罪者逮捕 #- [ 編集 ] @
バットディテクター(超音波検知器)
超音波について興味深い記事がありましたので、ご紹介いたします。

http://ikimonotuusin.com/doc/589.htm

-----引用ここから

これまでのところ、私は屋内の超音波はほとんど調べていませんでした。
バットディテクター(超音波検知器)を使うのはもっぱら屋外だけですので、
屋内を調べるということをすっかり忘れていたのでした。
ところが、コウモリの超音波を一晩中録音したデータを聞いた時に奇妙な超音波が録音されていることがわかりました。その音は私が起きた時間に唐突に発生していたのです。屋外の機械類が発生源かと思いましたが、音の強さからすると屋内のようです。いったい、何の音だろうかとその後しばらく悩んでいたのです が…、答えは非常に明確なものに違いないと考え、調べてみるとすぐに判明しました。発生源は蛍光灯だったのです。蛍光灯のインバーターが超音波を出してい るのではないかと思われました(上記のスーパーマーケットの謎もこの時に判明したのでした)。
ただ、以前にも室内でバットディテクターを試したことがありますが、その時はそんな超音波は聞こえなかったはずです。これも調べてみると、超音波が強いの は点灯直後だけで、10分もすると超音波は非常に小さくなります(蛍光灯の種類によっては全然減衰しないものもあります)。
屋内でもいろいろな電気製品が超音波を出している可能性がありそうです。

超音波に興味を持たれた方はぜひバットディテクターを買って調べてみてください。動物の超音波、車種毎の超音波、街中の超音波発生源などなど研究テーマはいろいろありそうです。何か面白い発見ができるかもしれません。

-----引用ここまで

先日、勤務時間中に自席の上の半分に軽く折りたたんでおいた1枚の紙が
真上からトンッと押されるような感じで軽く音を立てて動きました。
上を見るとちょうど真上には蛍光灯しかなかったのですが、
蛍光灯から出ている超音波を利用しているように思いました。

また、自席の椅子は座面の下にレバーがあり、
(腰かけた状態でレバーを上にすると座面が下がり、
腰を浮かせた状態でレバーを上にすると上がるように)
高さ調節できるようになっているのですが、
10分位席を外している間に座面を高い位置に変えられていることが
度々あります(同じくらい席を外しても低い位置のままの時もあります。)
私の席に他人が座ることはないので(カーディガンが掛けてあり、座面には膝掛けをおいているため)
超音波で高さ調節されているのではないかと思っていますが、皆様はどう思われますか?

また、私は家電から出ている超音波が加害に利用されていると考えているので、
就寝時に家電の電源プラグをコンセントから抜くようにしているのですが、
以前、やはり節電タップ(4個口)にテレビのコードを差し込んだまま
電源スイッチ(ライト)オフの状態で寝てしまったことがあったのですが、
2階のベッド(ちょうどTVの真上位の位置)で寝ていたら、
その夜はあまりに振動被害が酷く汗びっしょりの状態になって
目が覚めてしまったため、こんなに被害が酷いのはひょっとして!
と思い1階のテレビの節電タップを確認したら4個とも電源スイッチ(ライト)がオンになっていたことがあります。
ちなみに節電タップは木製の扉付きTVキャビネットの中に収納されており、
口は1個しか使用していません。(プラグが差し込んであるのは1個のみなので4個もスイッチ(ライト)をオンの状態にすることはありえません)
こんなことができるのは室内で発生した超音波を利用するしか無理なのでは?と考えていますが・・・・。

[2017/01/09 Mon] URL // #- [ 編集 ] @
Re: タイトルなし
>  nezukingさん、参考記事があれば、そのURLも添えていただけると助かります。
>  鉄球の融合のは見つけられましたが、パラボラアンテナのは探せなかったので、提示してもらえますか?
>
> 物質を透過あるいは原子レベルで異物質と融合させる事を実験によって証明する事ができる。
> http://www.geocities.co.jp/Technopolis/7982/touka.html
>
>  それと、写真を合成したり、サイズ変更してしまうと画質や解像度の低下でわかりにくくなってしまいますので、できればそのままアップロードしていただけると助かります。(FC2のメールフォームの仕様でそうなってしまうのであったら、すいません。)
>  ・・・さて、プラズマについてですが、プラズマは電離した粒子(陽イオン)と電子の集まった空間・系のことで、気体だけに限らず液体のプラズマもあります。また、プラズマの中には中性の粒子も存在します。
>  電子が粒子にぶつかった時に粒子のエネルギーが高まり、それが光になって現れるのが発光現象で、火の玉とか蛍光灯はそういうことです。
>  下記のサイトは、プラズマによるものと思われる被害を受けている被害者のブログです。
>
> グレーより薔薇色
> http://blog.goo.ne.jp/grzt9u2b
>
>  それからみなさんにおすすめしたいのが、学者が書いた本を読むことです。何かを学ぼうとしたとき、ネットの記事は特に英語が読めるなら手っ取り早いものですが、
> どんな人が書いたのかわからないので、書かれていることの信ぴょう性にも疑問がついきまといます。
>  ダストプラズマにしても電磁波の分類用語にしても、由緒正しい本を読めばそれが謎の科学技術などではなく単純明快な物理現象や決め事でしかないこととわかりますし誤解も発生しません。
>  ちなみに、電磁波の分類用語について・・・。
>
> 電磁界
> 電波
> 光
> 電磁放射線
>
>  上記はすべて電磁波です。(周波数昇順)
>
> 電磁波の種類 中部電力
> https://www.chuden.co.jp/resource/energy/denjiha_02_2.pdf
>
>  で、アルミの穴がダストプラズマによるものだという可能性はあると思いますが、なぜアルミだけに損傷を与えられるのか?は疑問のままなのかな、と思います。



犯罪者逮捕さん、まずはパラボラ記事の出処です。

徒然ブログ  記事名 ”陰の政府” 
URL http://blogs.yahoo.co.jp/beautyhappinesshide/60080481.html

それと写真の件ですが、元画像データは容量が大き過ぎてブログの枠から
はみ出してしまうので、ソフトで容量を小さくしています。
それにより多少荒くなりますが、アルミが損傷している様は充分わかると
思います。実際元データを拡大して見てみても、それほど新しいものが
発見できるという事もありませんでしたのでご了承ください。

また何をもってその記事が信憑性があるかという話ですが、プラズマに
関しては研究者の間でも予想の範囲で語られているようなところがあり
完全に確立された分野ではありません。故にどれが完全に正しいという
事も言えないでしょう。よって何が由緒正しいのかも問題があります。
ちなみにダストプラズマに関してはウィキぺディアに載っております。
”ダストプラズマ”で検索

そしてなぜプラズマはアルミだけに損傷を与えるのか、という話ですが
これはプラズマに限ったことではなく、マイクロ波や超音波が原因だった
としてもなぜアルミだけかという話にはなるはずですね。
強いて理由をつけるならプラズマを作る際の電磁波の種類が特にアルミ
と反応しやすいものを選んで使用しているという事かもしれません。

犯罪者逮捕さんは自分のブログをお持ちではないのですか。犯罪者逮捕
さんは探求心があり、見識もお有りかと存知ますので、自論をそうした
ブログに反映させるのがよろしいかと思います。科学技術書の読解など
を率先して行い、先鞭をつける、またブログをつくれば写真なども
元データのものを提供してもらうことができ観察することができます。
ブログをつくる事を是非お勧めします。

[2017/01/09 Mon] URL // nezuking #SdMxjkk6 [ 編集 ] @
 私の書き込みで不快な思いをさせてしまったようで、すみません。しかし、言葉の選び方が悪かったせいで、誤解させてしまっただけだと思っています。
 私が言いたかったことは、Wikiや個人のブログが実験に基づかない妄想だらけで何の役にも立たないということではありません。むしろ逆に、かなり役立っています。nezukingさんのブログで初めて知ったことも私にとっては多々あります。だからこそ、こちらで書き込みをしています。
 「信憑性に疑問がつきまとう」というのは、それを自分が正しいと思っていても、誰かに伝える時に、「これは~なのである」「だから・・・」と言って議論を進めることができず、「~なようだ」「だとすると・・・」としか言えず、既定の事実が積み重なっていかない=科学的な議論ができない、ということです。(科学は実験により証明された既定の事実の積み重ねによって発展してきましたよね。)
 しかし、全く同じ内容の記事が名前と学歴や職歴を晒して名誉をかけて書かれたものならば、そうはならず、誤解させられたり混乱したりする機会が起こらず、円滑に議論が進みます。
 で、本を読むと、そういうことは多いのです。というより、ネットの記事にはそれがさも最新の科学技術であるかのような書き方をしたものが多すぎるのですね。
 つまり単純に、学者が書いた本「も」読むと良いですよ、というだけのことです。それが無駄な行動かどうかはみなさん自身が試すことで確かめてもらえたら幸いです。
 私たちはいつ殺されてもおかしくありませんし、このままでは命を減らしていくだけです。だからこそ、議論を速く進めたいのです。そのためには被害者同士が知識を共有することが大切だと思っています。そういったフォーラムを作ることは検討しています。(嵐対策が大変です。)
 「アルミだけに損傷は疑問のまま」というのは、あなたが「可能性が非常に高い」と言ったことに対する疑問です。そこまで断言するのなら、それ相応の根拠が無ければ被害者は混乱してしまいます。プラズマ説を否定したくてそういったのではありません。
 最後にプラズマについての私の考えですが、プラズマは壁に対してそこを通過できるようにするためにも照射されているかも知れません。そしたら超音波を部屋の内部空間に照射できる?のかも知れません。(プラズマ中を超音波が通過できるかどうかはわからないので・・・、電磁波はプラズマ振動数以下の周波数は反射されるのだそうです。)
 また、鉄球が通過できるので、人も通れそうですよね。つまり家宅侵入のカラクリもこんな大層な技術のたまものなのかも知れません。
[2017/01/09 Mon] URL // 犯罪者逮捕 #- [ 編集 ] @
Re: タイトルなし
>  私の書き込みで不快な思いをさせてしまったようで、すみません。しかし、言葉の選び方が悪かったせいで、誤解させてしまっただけだと思っています。
>  私が言いたかったことは、Wikiや個人のブログが実験に基づかない妄想だらけで何の役にも立たないということではありません。むしろ逆に、かなり役立っています。nezukingさんのブログで初めて知ったことも私にとっては多々あります。だからこそ、こちらで書き込みをしています。
>  「信憑性に疑問がつきまとう」というのは、それを自分が正しいと思っていても、誰かに伝える時に、「これは~なのである」「だから・・・」と言って議論を進めることができず、「~なようだ」「だとすると・・・」としか言えず、既定の事実が積み重なっていかない=科学的な議論ができない、ということです。(科学は実験により証明された既定の事実の積み重ねによって発展してきましたよね。)
>  しかし、全く同じ内容の記事が名前と学歴や職歴を晒して名誉をかけて書かれたものならば、そうはならず、誤解させられたり混乱したりする機会が起こらず、円滑に議論が進みます。
>  で、本を読むと、そういうことは多いのです。というより、ネットの記事にはそれがさも最新の科学技術であるかのような書き方をしたものが多すぎるのですね。
>  つまり単純に、学者が書いた本「も」読むと良いですよ、というだけのことです。それが無駄な行動かどうかはみなさん自身が試すことで確かめてもらえたら幸いです。
>  私たちはいつ殺されてもおかしくありませんし、このままでは命を減らしていくだけです。だからこそ、議論を速く進めたいのです。そのためには被害者同士が知識を共有することが大切だと思っています。そういったフォーラムを作ることは検討しています。(嵐対策が大変です。)
>  「アルミだけに損傷は疑問のまま」というのは、あなたが「可能性が非常に高い」と言ったことに対する疑問です。そこまで断言するのなら、それ相応の根拠が無ければ被害者は混乱してしまいます。プラズマ説を否定したくてそういったのではありません。
>  最後にプラズマについての私の考えですが、プラズマは壁に対してそこを通過できるようにするためにも照射されているかも知れません。そしたら超音波を部屋の内部空間に照射できる?のかも知れません。(プラズマ中を超音波が通過できるかどうかはわからないので・・・、電磁波はプラズマ振動数以下の周波数は反射されるのだそうです。)
>  また、鉄球が通過できるので、人も通れそうですよね。つまり家宅侵入のカラクリもこんな大層な技術のたまものなのかも知れません。


犯罪者逮捕 さん、あなたが言っていることは理想論すぎます。私は可能性が高いと言っただけ
で完全にそうだと言っているのでは、ありません。根拠を見せろとはどういう事ですか?
私たちは科学者でも、研究者ではないのですよ。前にも言いましたが、どの文献が完全に
正しいかというのは、いったい誰がジャッジするのですか?私はいろいろな記事を見て共通
性を探して整合性をとって言っているに過ぎません。それによって可能性が高いと言っている
のです。ブログでは、いろいろな人のいろいろな説がありますが、私はテクノロジーに関し
ては、異論を言ったことはありません。それはどれも可能性があると思うのでしないのです。
今回は犯罪者逮捕さんは、妙に今回の説に固執していておかしいです。
犯罪逮捕者さんはいつも、人の説を批評しますが、自分の説というものを持っているのです
か? 人の批評ばかりで自分の論説を示さないのは少し卑怯だと思います。
それと私の言ったことについて回答していません。先ほど犯罪逮捕さんのブログを見つけました
が何も記事が載っておらず、題名のみがあるだけです。どういう考え方をする人かもよくわか
りません。本当に被害者なのですか? 人の批評ばかりするのではなく自分のブログに何か書いて
いただきたいです。その内容によって犯罪者逮捕さんの人間性を判断したいと思います。


[2017/01/09 Mon] URL // nezuking #SdMxjkk6 [ 編集 ] @
バットディテクターで超音波を計測すると(サニナさんのブログより)
今、サニナさんのブログを見ていたら、
コメント欄で下記記事を見つけました。

-----引用ここから

バットディテクターで超音波を計測すると

被害者仲間のMさんに貸していただいた「バットディテクター」で超音波を計測してみたら、思っていたよりも強い反応があり、驚いている。

昨日、
普段から、こめかみから下あごにかけて、手がかすめる時小さな音がしていたので、そこにディテクターを持って行った。ジジジッと反応があった。ほかの部位にも反応があった。テープレコーダーに録音した。

今、部屋に来ているかもしれないと思い、体から離して計測した。周波数60位の時、ベッドの上、特に頭のくる部分がピューという凄まじい音がした。天井に近付けると、音は大きいままだった。床に近づけると音は小さくなった。ベッドからそれても小さくなった。子供の机の椅子に近い部分と椅子の上、頭がくる部分は音が大きくなった。やはり天井に向かって音は減衰しなかった。台所とお風呂場は反応がなかった。

次に、反応のなかった台所で、体に来ている超音波を計測した。娘は周波数20位で反応が出た。頭頂でジジッという音、背骨首から肩甲骨にかけて、みぞおちの辺りでジジジッ、という強い音、お臍の左腰骨でピューという強い音。
私も周波数20で反応がでた。頭は少し、のどからお臍にかけてジジジッという強い音、周波数60で左右腰骨から足までピューっという音、ほかにもあったけれど、今思いだせるのはこのくらい。テープ録音して安心してしまったため、文字で記録していない。これからは毎回、ノートに記録しようと思う。

磁石が効かない痛みもあったので、電磁波だけではないと思ってはいたけれど、これほど強く超音波が来ているとは思わなかった。それなのに、この時痛みがなかったのだ。

アルミ箔を厚く重ねて作ったベスト(のようなもの)が、なくなってしまったのは、つまり、超音波攻撃をしっかりするために邪魔だったのかも知れない。(9月20日、記)

------引用ここまで

やはり、超音波が加害に使われていることは間違いないようです・・・。
[2017/01/09 Mon] URL // #- [ 編集 ] @
先程見つけました。こんなサイトもあるようです・・・。

■超音波攻撃
http://blog.livedoor.jp/exectio/archives/45001745.html

-----引用ここから

超音波の特性として、人に強力な超音波を発射すると、
空隙が発生するキャビテーション(空洞現象)が起こります。
人間の体もほとんどが液体からできているため、超音波を当てられたとき、
この現象による悪影響のために起こります。
超音波や電磁波を使用されている電子機器として、次のような現象が起こります。

窓を閉め切っても人の声がする
かすかな音声、音として認識させ空気の振動で不快感を感じさせる。

・体の部位にスポット照射された場合、痛みと違和感がある。
・電気製品が誤動作をおこすし電子デバイス的作用がある。

以上全ての作用を兼ね備えたものとして超音波攻撃があります。
超音波は空気等を伝わる縦波(音波)であるが、超音波の特性は、電磁波と同様な作用をします。

電気通信機器の誤動作については、超音波以外の電気通信機器を併用しています。
超音波といっても、音圧レベルを大幅に増幅した、周波数の高い音波です。

人体に照射されると、痛みを伴うという現象が起こります。
痛みをともなう現象は、複数地点から、ターゲットの身体部位めがけて、
照射することで、痛み等を感じる現象が発生するものです。
このような熱は、対象物を素早く加熱できるという特性があります。

① 頭が締め付けられる、
② 新聞・本を読むスピードが落ちる
③ 健康なのに臓器に違和感を感じる

これらは、周波数の極多に低い音波を臓器の固有振動数などにあわせて照射することで、
違和感を感じさせます。複数の場所から低周波音を被害者の身体全身に照射し、
低周波音を重ね合わせることで、違和感を感じさせることも可能です。

----引用ここまで

やはり超音波が加害に使われているようですね・・・。
①と②はよくやられています。
[2017/01/09 Mon] URL // #- [ 編集 ] @
Re: タイトルなし
> 先程見つけました。こんなサイトもあるようです・・・。
>
> ■超音波攻撃
> http://blog.livedoor.jp/exectio/archives/45001745.html
>
> -----引用ここから
>
> 超音波の特性として、人に強力な超音波を発射すると、
> 空隙が発生するキャビテーション(空洞現象)が起こります。
> 人間の体もほとんどが液体からできているため、超音波を当てられたとき、
> この現象による悪影響のために起こります。
> 超音波や電磁波を使用されている電子機器として、次のような現象が起こります。
>
> 窓を閉め切っても人の声がする
> かすかな音声、音として認識させ空気の振動で不快感を感じさせる。
>
> ・体の部位にスポット照射された場合、痛みと違和感がある。
> ・電気製品が誤動作をおこすし電子デバイス的作用がある。
>
> 以上全ての作用を兼ね備えたものとして超音波攻撃があります。
> 超音波は空気等を伝わる縦波(音波)であるが、超音波の特性は、電磁波と同様な作用をします。
>
> 電気通信機器の誤動作については、超音波以外の電気通信機器を併用しています。
> 超音波といっても、音圧レベルを大幅に増幅した、周波数の高い音波です。
>
> 人体に照射されると、痛みを伴うという現象が起こります。
> 痛みをともなう現象は、複数地点から、ターゲットの身体部位めがけて、
> 照射することで、痛み等を感じる現象が発生するものです。
> このような熱は、対象物を素早く加熱できるという特性があります。
>
> ① 頭が締め付けられる、
> ② 新聞・本を読むスピードが落ちる
> ③ 健康なのに臓器に違和感を感じる
>
> これらは、周波数の極多に低い音波を臓器の固有振動数などにあわせて照射することで、
> 違和感を感じさせます。複数の場所から低周波音を被害者の身体全身に照射し、
> 低周波音を重ね合わせることで、違和感を感じさせることも可能です。
>
> ----引用ここまで
>
> やはり超音波が加害に使われているようですね・・・。
> ①と②はよくやられています。

人に超音波を照射するとキャビテーションが発生するという事ですね。
私は後頭部に、よくパキパキと指を鳴らすような音をさせられます。
指をならしたときのあのポキッという音は関節付近にある気泡が
はじける音だそうですが、これがキャビテーションなら、私も
超音波を照射されていてパキパキと鳴らされているという事なのかも
しれませんね。
[2017/01/10 Tue] URL // nezuking #SdMxjkk6 [ 編集 ] @
フェルト
今日帰ったら注文したニードルフェルトが届いていました。
被害が酷いのでステンレス板やトタン板も今度購入する予定です。
色々試してみようと思います。
ニードルフェルトは5m巻きで1975円と格安でした。
皆さん、情報をありがとうございました。
[2017/01/10 Tue] URL // ピピ #- [ 編集 ] @
スカラー波
以前、スカラー波について私も疑いましたし、色々情報がありましたが、そのスカラー波が人間の身体にとって良い気功のようなものとおっしゃっている方もいます。
電磁波クリニックの先生です。
先生の開発された電磁波過敏症を改善する器具の炭コイルや耳栓も購入もしました。
先生のある日のブログを見ていたら、その炭コイルをコンセントに8個貼るとコンセントから出ている電磁波がスカラー波という重力の電磁波に変わり、それは人間にとって気功なようなものだと述べています。
電磁波は鉛などは通り抜けできないが、スカラー波という電磁波はどこへでも通り抜けられる重力の電磁波だと言っていました
[2017/01/11 Wed] URL // ピピ #- [ 編集 ] @
Re: スカラー波
> 以前、スカラー波について私も疑いましたし、色々情報がありましたが、そのスカラー波が人間の身体にとって良い気功のようなものとおっしゃっている方もいます。
> 電磁波クリニックの先生です。
> 先生の開発された電磁波過敏症を改善する器具の炭コイルや耳栓も購入もしました。
> 先生のある日のブログを見ていたら、その炭コイルをコンセントに8個貼るとコンセントから出ている電磁波がスカラー波という重力の電磁波に変わり、それは人間にとって気功なようなものだと述べています。
> 電磁波は鉛などは通り抜けできないが、スカラー波という電磁波はどこへでも通り抜けられる重力の電磁波だと言っていました
> 。

ピピさん、私も最初の頃に壁や金属を通過するものとしてスカラー波を最大の
候補にしていました。このスカラー波は重力波、または電磁波の縦波とも呼ばれ
ているようですね。このスカラー波は0波とも呼ばれ、全く同じ波長の電磁波
を逆位相して重ねて放出するとスカラー波になるという事のようです。
このスカラー波の定義自体まだ完全ではなく、本当につくり出せているのかも
わからないようです。しかし闇の科学は理解して使っているかもしれませんね。
私が前に何かの文献でスカラー波は電気的に中性だと読んだ事があります。
この事が私の脳裏にあり、スカラー波と少し距離を置いています。故に肉体的な
苦痛は違うものでやっているような気がします。
ですが私もこのスカラー波は気孔や思念波のような感じで存在すると思っています。
これらも表側の科学者がこれから解明していくのではないでしょうか。
[2017/01/12 Thu] URL // nezuking #SdMxjkk6 [ 編集 ] @
フェルトとトタン板
ニードルフェルト敷いてみました。
やはりフェルトを増やしてもあまり効果を感じられませんでした。
ですが、更に昨日届いたトタン板をフェルトの下に敷いてみました。
薄いトタン板ですが、フェルトとの併用で効果があったように感じます。
どちらも安く購入できたので、ベッド以外の
場所にもこの方法で敷いてみたいと思います。
[2017/01/14 Sat] URL // ピピ #- [ 編集 ] @
 ピピさん、トタンが防御効果を発揮したようで、良かったですね。
 金属板で防御する際により効果的な方法として、板に亜鉛メッキ鉄線などの針金を接触させて、それをアース端子または水道の蛇口に巻き付けて電気の流れを逃がすとか、磁石を極を揃えて貼り付けて磁界を乱す力を強める、とかいったものがあるそうです。
 私は最近、水での防御方法を真剣に検討していて、100円ショップに売っているクリアボックスに食塩水を入れて積み木のように積み上げたり、床に敷き詰めたりしてみようかなと思っています。もしもの時の参考になれば・・・。
[2017/01/14 Sat] URL // 犯罪者逮捕 #- [ 編集 ] @
食塩水
犯罪者逮捕さん、情報ありがとうございます。
食塩水が良いのですね。
私も最近はペットボトルに塩も入れて置いています。
部屋はもちろんですが、ベランダにも30本くらい置いています。
形や強度を考えると100円均一のクリアボックスの方が良さそうですね。

フェルトとトタン板の組み合わせですが、トタン板は外袋(ビニール)に入れたままマットレスの下に敷きました。
今朝確認したら、トタン板には穴が空いていませんでしたが、外袋には沢山のブツブツ模様が出来ていました。
貫通しているということでしょうか。。。

あちこちあらゆる方向から飛んでくるので、全部の壁にも同じような対策をしなければいけないなと思いました。

[2017/01/15 Sun] URL // ピピ #- [ 編集 ] @
音波発信機を配布?!
被害者のツイッターを見ていたら、こんな記事を見つけました。ttps://twitter.com/opnhds0065ki11/status/820871934384607232

[2017/01/16 Mon] URL // #- [ 編集 ] @
Re: 音波発信機を配布?!
> 被害者のツイッターを見ていたら、こんな記事を見つけました。ttps://twitter.com/opnhds0065ki11/status/820871934384607232

すみません。記事は見つけられませんでした。記事のタイトル名を教えて
いただければ、検索いたします。
[2017/01/17 Tue] URL // nezuking #SdMxjkk6 [ 編集 ] @
ikaさん(https://twitter.com/ika58)もリツイートされているので、
そこからならまだ読めるようです。

★速報:集団ストーカー通信局Ⅱ ‏@opnhds0065ki11 2017年1月13日
 宗教マフィアの《集団ストーカー》実在証言
 教団が音波発信機を使って《テクノロジー犯罪》している事実が発覚!!
[2017/01/17 Tue] URL // すみません、もう読めなくなってしまっているようですね。 #- [ 編集 ] @
Re: タイトルなし
> ikaさん(https://twitter.com/ika58)もリツイートされているので、
> そこからならまだ読めるようです。
>
> ★速報:集団ストーカー通信局Ⅱ ‏@opnhds0065ki11 2017年1月13日
>  宗教マフィアの《集団ストーカー》実在証言
>  教団が音波発信機を使って《テクノロジー犯罪》している事実が発覚!!

探し出して読みました。創価が信者に音波発信機を配布している事が
書いてありました。これはスクープですね。これで創価が集ストをやって
いるという事が明確になりました。
[2017/01/18 Wed] URL // nezuking #SdMxjkk6 [ 編集 ] @

管理者にだけ表示を許可する
http://ssskkkooo.blog.fc2.com/tb.php/165-fcd99ea1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 日本の闇と集団ストーカー all rights reserved.
プロフィール

nezuking

Author:nezuking
FC2ブログへようこそ!
集団ストーカー被害者です。集団ストーカー記事の他に
日本の理解し難い闇世界を掘り下げていきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
SOS

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR