いつも私のブログにコメントを寄せてくださるピピさんが毎日のように絶えず身体に
被害を受けておられるようで苦慮されているようである。アルミのシートで防御
しているようだがそのシートも電磁波のせいでボロボロにされてしまうようだ。
今回その被害状況の画像を送ってもらったので掲載させていただく事にした。

ピピ1-a
ベッドマットレスの下に敷いていた薄いアルミ板です。
敷いてから一日であっという間に隙間がないくらいに
穴だらけになり、一ヶ月くらい放っておくとボロボロに
なります。


ピピさん2-a
床に敷いてブツブツ模様や穴だらけになったアルミはく
の写真です。


ピピ3-a
同様に床に敷いてブツブツ模様や穴だらけになった
アルミはくの写真です。


ピピ4-a
すぐに気泡になってしまうペットボトルの写真です。


以上のようにアルミのシート類は何かしらの電磁波で貫通して穴があき、身体に
到達しているようである。ビームというよりは何か無数の粒子の流れがアルミシート
に当たっているような感じだ。まったく酷い事をすると思う。
ピピさんは毎日このような感じで被害を受けて耐えているのだ。同情にたえない。
はやく、このバカげた犯罪が世の中に暴かれる日がくる事を願わずにはいられない。









スポンサーサイト
ありがとうございます。
 ピピさんの勇気とnezukingさんの計らいに感謝します。この画像、そしてこのような行動そのものがすべての被害者にとって大いに役立ちます。
 さて、本題の画像についてですが・・・。
 1枚目はアルミ板とのことですが、申し訳ないのですが、よく見えないためにアルミ板には見えず、絵柄付きのアルミ蒸着シートに見えてしまいます。
 いずれにしても、窓に立て掛けることで穴に逆光を通し、穴の形を白く浮かび上がらせてわかりやすくしているのだと見受けます。
 すると、穴の大きさは直径1mm~3mmくらいに見えます。また、縦方向(シートの繊維の向き?折り目?)に太く長い、太さ3cm、長さ10cmくらいの亀裂も見えます。
 アルミ板の規格を熟知してはいませんが、薄くても0.3mmはあると思います。そんなものに直径1mmだとしても遠隔から穴を開けられるというのは驚愕ですね。板じゃなくて箔だとしてもです。
 2・3枚目のアルミ箔は穴に加えて、コマ回しのコマの先端、あるいは丸い砂粒を押し当てたような突起・ブツブツも見えます。
 4枚目のペットボトルの水の中から出でた気泡は、電磁誘導で電流を流して水の電気分解を実現した?のでしょうか。水道水には色々なものが混じっていますが、これだけ多量の気体は、水が分解されてできた水素と酸素以外に考えられません。
 私が気になっていることは、厚み12マイクロメートル(=0.012mm)しかないアルミ箔「だけ」に穴を開けた点です。やはり、物質固有の共振周波数ってやつでしょうか、照射しているにしてもレーザー銃のようなもので狙撃しているのではないと思えます。
 あと、アルミ箔くらい薄い金属なら穴が開いてなくても電磁波は通過します。金属の表皮効果で電磁波を反射したり吸収したりするのは、全部ではなく一部です。何マイクロメートルの厚みで何Hzの電磁波の何%を減衰させる、という意味です。一般的に、電磁波の周波数が高いほど、薄くて済みます。
 また、前にも書きましたが、アルミよりトタン(鉄)の方が強力です(重いですが・・・)。
 ・・・で、肝心のどうやって開けたのかですが、すいませんがこの画像ではわかりません。例えばアルミの穴の接写画像があれば、アルミが破けて開いたのか(超音波・衝撃波)、アルミが溶けて開いたのか(電磁波による発熱)、アルミが消えて(崩壊して)開いたのか(放射線)、を判断できるかも知れません。
[2016/12/26 Mon] URL // 犯罪者逮捕 #- [ 編集 ] @
nezukingさん、ありがとうございました。
写真をアップして頂きましてありがとうございました。
犯罪者逮捕さん、すぐにコメントを書いて頂いてありがとうございました。
薄いアルミ板と勝手に呼んでいますが、コンロに置くアルミ製の固い油ハネガードです。
それを何枚も壁や床やベッドマットレスの下に敷いています。
ベッドは急に異常なくらい熱くなるときが頻繁にありますのでアルミが溶けたのでは?と思っています。
超音波なのでしょうか。。。
頭の方には固いアルミが貼ってある防音防振シートもマットレスの下に敷いてるのですが、その固いアルミも大きな穴だらけになりました。
よくこんな大きな穴の照射をされて私に当たってるのに死なないんだなと不思議に思います。
全ての部屋が穴だらけやブツブツ模様になりますが、特に私がよく居る部屋とキッチンと洗面所はひどいです。
アルミはくのブツブツ模様はどうやったらこんな模様が出来るのか不思議です。
場所によって模様が違います。
玄関などは流れ星シャワーの様な、表現がわかりずらいですが、真下からからではなく、斜め下方向から照射しているような感じの模様です。
キッチンの流し台もアルミはくを何枚も重ねて貼ってます。
流し台はステンレス製だと思いますが、アルミはくを剥がすとステンレスにもアルミはくも焼け焦げたような水玉模様な痕になり、アルミはくは穴だらけで穴の周りは黒ずんでいます。
キッチンの床はアルミはくを敷いてるそばから穴が空いて行きます。
一番酷い場所かもしれません。
換気扇の周りに貼ってあるアルミはくもすぐに穴だらけ。
コンロ全体に敷く固いアルミも穴やブツブツ模様だらけになり、よく火事にならないなと毎日不安になりながら料理をしています。
nezukingさん、また今度色々写真を送りますね。お手数をおかけします。
コメント夜中になってしまいすみません。
[2016/12/27 Tue] URL // ピピ #- [ 編集 ] @
Re: ありがとうございます。
>  ピピさんの勇気とnezukingさんの計らいに感謝します。この画像、そしてこのような行動そのものがすべての被害者にとって大いに役立ちます。
>  さて、本題の画像についてですが・・・。
>  1枚目はアルミ板とのことですが、申し訳ないのですが、よく見えないためにアルミ板には見えず、絵柄付きのアルミ蒸着シートに見えてしまいます。
>  いずれにしても、窓に立て掛けることで穴に逆光を通し、穴の形を白く浮かび上がらせてわかりやすくしているのだと見受けます。
>  すると、穴の大きさは直径1mm~3mmくらいに見えます。また、縦方向(シートの繊維の向き?折り目?)に太く長い、太さ3cm、長さ10cmくらいの亀裂も見えます。
>  アルミ板の規格を熟知してはいませんが、薄くても0.3mmはあると思います。そんなものに直径1mmだとしても遠隔から穴を開けられるというのは驚愕ですね。板じゃなくて箔だとしてもです。
>  2・3枚目のアルミ箔は穴に加えて、コマ回しのコマの先端、あるいは丸い砂粒を押し当てたような突起・ブツブツも見えます。
>  4枚目のペットボトルの水の中から出でた気泡は、電磁誘導で電流を流して水の電気分解を実現した?のでしょうか。水道水には色々なものが混じっていますが、これだけ多量の気体は、水が分解されてできた水素と酸素以外に考えられません。
>  私が気になっていることは、厚み12マイクロメートル(=0.012mm)しかないアルミ箔「だけ」に穴を開けた点です。やはり、物質固有の共振周波数ってやつでしょうか、照射しているにしてもレーザー銃のようなもので狙撃しているのではないと思えます。
>  あと、アルミ箔くらい薄い金属なら穴が開いてなくても電磁波は通過します。金属の表皮効果で電磁波を反射したり吸収したりするのは、全部ではなく一部です。何マイクロメートルの厚みで何Hzの電磁波の何%を減衰させる、という意味です。一般的に、電磁波の周波数が高いほど、薄くて済みます。
>  また、前にも書きましたが、アルミよりトタン(鉄)の方が強力です(重いですが・・・)。
>  ・・・で、肝心のどうやって開けたのかですが、すいませんがこの画像ではわかりません。例えばアルミの穴の接写画像があれば、アルミが破けて開いたのか(超音波・衝撃波)、アルミが溶けて開いたのか(電磁波による発熱)、アルミが消えて(崩壊して)開いたのか(放射線)、を判断できるかも知れません。

犯罪者逮捕さん、私も部屋にたてかけてあったステンレス(厚0.3mm)
に釘を押し付けたような突起が数十個できた事があります。(貫通はなし)
それは焦げてもいないし、解けている様子もないのです。純粋に力学的な
圧力が加わっているような感じだったですね。本当に不思議です。
[2016/12/27 Tue] URL // nezuking #SdMxjkk6 [ 編集 ] @
Re: nezukingさん、ありがとうございました。
> 写真をアップして頂きましてありがとうございました。
> 犯罪者逮捕さん、すぐにコメントを書いて頂いてありがとうございました。
> 薄いアルミ板と勝手に呼んでいますが、コンロに置くアルミ製の固い油ハネガードです。
> それを何枚も壁や床やベッドマットレスの下に敷いています。
> ベッドは急に異常なくらい熱くなるときが頻繁にありますのでアルミが溶けたのでは?と思っています。
> 超音波なのでしょうか。。。
> 頭の方には固いアルミが貼ってある防音防振シートもマットレスの下に敷いてるのですが、その固いアルミも大きな穴だらけになりました。
> よくこんな大きな穴の照射をされて私に当たってるのに死なないんだなと不思議に思います。
> 全ての部屋が穴だらけやブツブツ模様になりますが、特に私がよく居る部屋とキッチンと洗面所はひどいです。
> アルミはくのブツブツ模様はどうやったらこんな模様が出来るのか不思議です。
> 場所によって模様が違います。
> 玄関などは流れ星シャワーの様な、表現がわかりずらいですが、真下からからではなく、斜め下方向から照射しているような感じの模様です。
> キッチンの流し台もアルミはくを何枚も重ねて貼ってます。
> 流し台はステンレス製だと思いますが、アルミはくを剥がすとステンレスにもアルミはくも焼け焦げたような水玉模様な痕になり、アルミはくは穴だらけで穴の周りは黒ずんでいます。
> キッチンの床はアルミはくを敷いてるそばから穴が空いて行きます。
> 一番酷い場所かもしれません。
> 換気扇の周りに貼ってあるアルミはくもすぐに穴だらけ。
> コンロ全体に敷く固いアルミも穴やブツブツ模様だらけになり、よく火事にならないなと毎日不安になりながら料理をしています。
> nezukingさん、また今度色々写真を送りますね。お手数をおかけします。
> コメント夜中になってしまいすみません。

ピピさん、被害状況の写真を送っていただきありがとうございました。この
写真のものがどういう原理でこうなるのか、これからの解明のいいサンプルに
なると思います。
今後また変わった異常とも思われるような写真があったら送ってください。
よろしくお願いします。
[2016/12/27 Tue] URL // nezuking #SdMxjkk6 [ 編集 ] @
ピピさんへの加害には超音波がメインで使用されているように思います。
下記は超音波に関する資料です。ご参考ください。

■水の中で金属を溶接? - 超音波の驚異的超高温効果に関する実験-
 www.hakko.co.jp/contest/report02/04_20081219.pdf
  ⇒2.音響キャビテーション熱による金属の溶接実験

■超音波で破壊実験してみた
 http://staku.designbits.jp/ultrasonic-cleaner/

■超音波の正体<超音波ってなんだろう?>
 https://www.honda-el.co.jp/hb/1_1.html

■3次元的に操作できる「音波浮揚」技術:東大が開発
 http://wired.jp/2014/01/07/whoa-watch-scientists-control-levitating-beads-with-sound-waves/

■圧電セラミックスを用いて超音波を出す
 https://www.honda-el.co.jp/ceramics/Piezoceramics.html
 ※圧電セラミックスは家電や自動車等、身近な機器の各種センサー
に使われています。
[2016/12/27 Tue] URL // #- [ 編集 ] @
Re: タイトルなし
> ピピさんへの加害には超音波がメインで使用されているように思います。
> 下記は超音波に関する資料です。ご参考ください。
>
> ■水の中で金属を溶接? - 超音波の驚異的超高温効果に関する実験-
>  www.hakko.co.jp/contest/report02/04_20081219.pdf
>   ⇒2.音響キャビテーション熱による金属の溶接実験
>
> ■超音波で破壊実験してみた
>  http://staku.designbits.jp/ultrasonic-cleaner/
>
> ■超音波の正体<超音波ってなんだろう?>
>  https://www.honda-el.co.jp/hb/1_1.html
>
> ■3次元的に操作できる「音波浮揚」技術:東大が開発
>  http://wired.jp/2014/01/07/whoa-watch-scientists-control-levitating-beads-with-sound-waves/
>
> ■圧電セラミックスを用いて超音波を出す
>  https://www.honda-el.co.jp/ceramics/Piezoceramics.html
>  ※圧電セラミックスは家電や自動車等、身近な機器の各種センサー
> に使われています。

超音波による金属シートの穴明け動画はまさにピピさんの被害と同じですね。
実験は水の中で行ってていますが、空中だとまた違う超音波のノウハウがある
のかもしれません。
音波浮遊の実験は、前に私が電車の中で目の中に水滴を入れられたときの
状況がこんな感じだったのかと思わせるような実験でした。
科学技術はこんなに進んでいるのに皆、気付いていないので、連中はやりたい
放題といったところですね。

[2016/12/28 Wed] URL // nezuking #SdMxjkk6 [ 編集 ] @
 nezukingさん、超音波で物体に色々な効果を与えられるのは私も調べて知っていますが、目玉に水滴の件(と、ピピさんのペットボトルの気泡)に関しては、超音波ではなく電磁波と考えた方がより現実的です。
 電磁波で記憶・感情・視覚・聴覚・嗅覚・触覚・性欲など・・・、様々な感覚・神経活動を自在に操作させられるのですから、「目に水滴が入った感覚」や、少なくとも「目に冷たさを感じさせる」ことは可能なのです。
 すると、わざわざ水をどうこうする必要はないとわかります。(加害者側にもリスクがありますし。)
 さらに、少なくともペットボトルの気泡も超音波ではないと考えられます。
 まず超音波は音響抵抗が著しく異なる物質の狭間(境界面)でそのほとんどが反射されます。つまり壁を通過できません。空気からプラ板はおろか、空気から水へでさえ、かなり反射されます。
 しかし何らかの技術によって通過でき、ペットボトル内の水に作用できたとしましょう。しかしそれでも無理なのです。
 超音波で発生させられる気泡の正体は微小な真空空間です。で、この気泡はすぐに潰れます。この時に衝撃波が発生し、それで洗浄できるのです。だから水面に上がろうとしないどころかまず目視すらできません。
 つまり、あれだけの量・大きさの気泡は水が変化して気化したものか、水そのものが気化した水蒸気としか考えられないのです。
 ただし、アルミの穴はわかりません。電磁波などで間接的に超音波を(特定の座標で)発生せさた、と仮定することはできるので・・・。
 しかし、アルミが存在している空間は水中では無いことと、へこみを見ると、超音波というよりはやはり、nezukingさんも力学的と言っていますが、その通りでもっとマクロなもののように思えます。
 空気を加速させた?磁力?わかりません。
[2016/12/28 Wed] URL // 犯罪者逮捕 #- [ 編集 ] @
被害
電磁波測定器で測りました?
鉄板でも試してみてください。
磁気か何かじゃないですかね?
アルミホイルを100枚ぐらい重ねても貫通するんですか?
[2016/12/28 Wed] URL // 被害 #- [ 編集 ] @
ペットボトルの水が泡立つのは、超音波かも
YouTubeで、
「超音波 水 泡」 と 「電磁波 水 泡」
でそれぞれ検索してみたら、超音波の動画の方がはるかに多いです。
ぜひ、検索してみてください。

ペットボトルの水に泡が立つのは超音波の可能性が高いです。
一番良いのは、防音素材を使い効果があるか試すことですね。
防音素材が効果的なら、音波攻撃の可能性が高いです。

ただ、被害者は電磁波・音波・その他の攻撃を複数受けている場合が多いので、電磁波対策と、音波対策両方必要だと思います。

アルミのぶつぶつについてはちょっとまだ、わかりません。これらの画像は非常に貴重な資料ですね。

アルミは両面アルミなのは、電磁波が乱反射して危険と教わりました。
出来れば片面が違う素材のを選び、アルミを外側に向けるといいと思いました。

電磁波は銀などの伝導性が高い金属で、網やかごを作りその中に入ると科学的にかなり防げる様です。安価でこれを作る方法を考えないといけませんね。
{両面アルミ素材で部屋を囲うだけでは、電磁波が乱反射してかえって危険な場合もあるそうです)

ネズキンさんとビビさん、いつも貴重な情報ありがとうございます。
[2016/12/28 Wed] URL // ウォーカー #- [ 編集 ] @
追記
超音波 アルミ 穴 で検索すると
「秘められた超音波の力」というサイトがありました。
そこのアルミ画像とビビさんのアルミがよく似ています。

これが正しいかどうかわかりません。
参考程度に見てください。

https://search.yahoo.co.jp/search?p=%E8%B6%85%E9%9F%B3%E6%B3%A2+%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%9F+%E7%A9%B4%E3%80%80%E7%A7%98%E3%82%81%E3%82%89%E3%82%8C%E3%81%9F%E8%B6%85%E9%9F%B3%E6%B3%A2%E3%81%AE%E5%8A%9B&aq=-1&oq=&ei=UTF-8&fr=top_ga1&x=wrt
[2016/12/28 Wed] URL // ウォーカー #- [ 編集 ] @
ありがとうございます。
皆さん、情報をありがとうございます。
やはり超音波洗浄器のようなものが使われているのでしょうかね。
電磁波測定器は持っていません。
必要だと思っているのですが、どうしても少しでもいいから防御出来そうなものを購入してしまいます。
私はアルバイトで家族も支えているので、あまり無駄遣いができないのですが、エコロガのカーテン生地が一番緩和できたので何枚も購入しました。
高額なのでカードでリボ払いです(泣)
次はウォーカーさんも購入されたカルムーンシートも高額ですが購入したいと考えています。
今日も被害が酷いです。
いつも、夏休みや冬休みなど長期間休みの時期は被害が酷くなります。
なるべく、外出するようにしていますが、電車内も酷くて苦労します。
いつになったら終わるのでしょうか。
終わりはあるのでしょうか。。。
『加害者は自殺するまでやり続けるそうです』とよく目にしますが。。。
毎日毎日ほぼ休みなく下半身や顔にも攻撃され、本当に疲れます。
会社でも仕事がまともに出来ません。
以前、駅の改札を出たところで学生さんに『早く死ねよ』とデカイ声で言われました。
あんなに大勢の人がいるところでです。
あそこにいた人皆が証人ですね。
私が何をしたというのでしょうか。
なぜ、加害者は見ず知らずの人に対して憎悪が生まれるのでしょうか。
どんな気持ちで攻撃しているのか。
どこへ行っても攻撃される。
加害者はどうして私が被害者だとわかるのでしょうか。
常に写真を撮られているのでしょうか。
謎だらけです。




[2016/12/28 Wed] URL // ピピ #- [ 編集 ] @
 ウォーカーさん、YouTubeで検索してみましたが、ペットボトル内の水道水からあれほどの気泡を発生させている動画は見当たりませんでした。
 紛らわしい動画はいっぱいありましたが・・・。例えば「あわゆ」という商品なら超音波ではなく空気を送り込んでいるだけとか。
 
>超高速回転モーターに直結された「ファンの回転により空気 を浴槽内に送り込み」、特殊セラミック製法による多孔質噴 気盤から気泡を発生。直径0.5~2mm程度のきめ細かな気泡が1秒間に約200万個も噴出されます。

【楽天市場】家庭用超音波気泡浴装置あわゆCM-500:健康一番館
http://item.rakuten.co.jp/kenkou-no1/awy/

 他にも発泡酒とか炭酸飲料のがありましたが、あれは元から溶けている気体を励起させているだけです。
 「YouTubeの動画件数がより多い」という事実を科学的議論の材料にしてしまうと、他の被害者が混乱しかねないので、もう少し科学的根拠に富んだ資料があったときにお願いします。
 PDFファイルは回線速度が遅くて見れませんでした。
 あと、金網についてなんですが・・・、

>電磁波は銀などの伝導性が高い金属で、網やかごを作りその中に入ると科学的にかなり防げる様です。

 波長の短い電磁波には効果的ではありません。
 電子レンジの窓を見ればわかりますが、あの大きさの網でも漏れているのです。
 もしテラヘルツ波みたいなマイクロ波よりさらに波長が短い電磁波だった場合、無意味になります。
[2016/12/29 Thu] URL // 犯罪者逮捕 #- [ 編集 ] @
確かに検証不足かも
犯罪者逮捕さん、確かにもう少し正確に調べるべきでしたね。
結局、電磁波と音波両方の防御を考えたほうが良いかもしれません。

波長の短い電磁波には何が効果的なのか、少し調べてみます。
[2016/12/29 Thu] URL // ウォーカー #- [ 編集 ] @
ペットボトル
ウォーカーさんに教えて頂いた床に防音防振シートを敷いて、その上にペットボトルを置いたら全てのペットボトルの気泡が無くなりました。
そのままの状態をキープせず、無くなるんですね。ビックリしました。
[2016/12/29 Thu] URL // ピピ #- [ 編集 ] @
 もし防振材や吸音材で防げるなら、金属板や水を使うより楽でいいですね。
 床だけでなく壁や天井にも貼れば・・・。
 ちなみに↓は超音波を人体に照射されている、つまり被害の実態は超音波であるとし、吸音材を頭に巻き付けることで防御に成功したと言う被害者のサイトです。

AGSAS ~疾病偽装、医療偽装、安全安心偽装、国家茶番劇劇団システム情報サイト~
http://antigangstalking.join-us.jp/

 しかし、どうやって超音波を発生させているのか・・・。
[2016/12/29 Thu] URL // 犯罪者逮捕 #- [ 編集 ] @
気泡
犯罪者逮捕さん、いつもコメントありがとうございます。
ペットボトルの気泡は無くなりましたが身体への被害は全く変わりません(泣)
今日も1日中酷い被害です。
被害に遭いながら部屋の模様替えをしました。
アルミはくも新しく敷いたり、防音防振シートを増やしたりも。
結果、模様替えをしても被害は全く変わりませんでした。
[2016/12/29 Thu] URL // ピピ #- [ 編集 ] @
>しかし、どうやって超音波を発生させているのか・・・。

家電や身近な機器についているセンサーを利用していると思います。
センサーに使われている圧電セラミックスは
電圧を印加することで超音波を発生します。

※圧電セラミックスをカチカチすることでも電圧は上がりますし
 無線等で高周波ノイズを送ることでも電圧は上がります。

科学者(イルミナティ?)は現在以上に
あらゆるものにセンサーをとりつけることを
計画しているようです。
恐ろしいことです。



[2016/12/29 Thu] URL // #- [ 編集 ] @
防音防振シートを敷いた床の上に新しいアルミはくを試しに置いて手でさーっと横になじませただけで一瞬で全体にブツブツ模様ができ、所々小さい穴も空きました。
金属製の玄関ドアもあれだけ厚みがあるのに同じようになります。
トイレのドアも上の方が。
何か常にシャワーのように飛んできているみたいです。
感知センサー機能がある電磁波または超音波発生装置みたいなのも設置されているのでしょうかね。。
ピンポイントに照射してくるのは手動によるものと思っていますが。
私も加害者に囲まれているかもしれません。
隣は色んな人が頻繁に出入りして寝泊まりもしているし、下階は深夜もガタガタ音がします。向かい側の棟も毎朝私が出勤するとき、何時に出ても必ずタイミングを合わせたかのようにベランダに出て洗濯物を干しながら咳払いします。
[2016/12/30 Fri] URL // ピピ #- [ 編集 ] @
>シャワーのように飛んできているみたいです。

これは私も経験があります。
我が家では、就寝時に家電の電源プラグを全て抜くようにしているのですが
今年の夏、あまりの暑さにクーラーを付けて寝た時に、
クーラー(センサー?)の方向からシャワーのようにパチパチパチパチと
(まるで雨が雨戸に降り付けるような)小さな音を立てて
超音波?が飛んできたことがありました。

私は2年位前に寝ている時に顎の辺りに痣を作られたことがあるので
それ以来、ベッドの枕の位置にワイヤーネットを結束バンドで組み立て、
周りをアルミやゴムシートなどで覆った犬小屋のようなものを設置し
その中に頭を入れて寝るようにしているのですが、
一番外側をアルミ箔にしていたので、それにぶつかって音が鳴ったようです。
こんなうるさくては寝られないと、
すぐに起きて 外側がゴムシートになるように(アルミ箔を内側へ)
防御層の構成を変更したら音は鳴らなくなりました。

>防音防振シートを敷いた床の上に新しいアルミはくを試しに置いて手でさーっと横になじませただけで一瞬で全体にブツブツ模様ができ、所々小さい穴も空きました。

これは、床下からでなく上方向から超音波が照射されているからなのかもしれません。
[2016/12/30 Fri] URL // #- [ 編集 ] @
ピピさん、すみません。
床下からでなく上方向から超音波が照射されているからなのかもしれません
は、床下から(だけ)でなく上方向からも超音波が照射されているの間違いです。

念のため、床下に敷いた防音防振シートの上にアルミをおき、
更にその(アルミの)上からまた防音防振シートを敷いた場合
(=防音防振シートでアルミをサンドした場合)
にアルミに穴や模様ができないか試してみてもらってもいいですか?
[2016/12/30 Fri] URL // #- [ 編集 ] @
サンドしました。
防音防振シートでアルミをサンドして、上にアルミを置いて手でさーっとなじませたところ、少しだけブツブツ模様ができ、穴は2箇所空きました。
間に挟んだアルミはくは、ブツブツ模様が全体に出来て、穴も沢山空きました。

今日も買い物で外出していましたが、歩いているときも照射され続けられました。
なんで私がターゲットとわかるのか。。。
年末にまで攻撃し続ける暇人集団です。
電車内も私の周りだけ、やたらタブレット端末を持っている人が集まるのは偶然なのでしょうか。。。
[2016/12/30 Fri] URL // ピピ #- [ 編集 ] @
ピピさん
「防振シートを敷いたらペットボトル水の気泡が収まった」
「防振シートでサンドイッチした真ん中のアルミの方がブツブツ・穴がひどく、上の方がマシ」

 色々な可能性が考えられます。

・下から照射されていて、防振シートは(少なくとも)ブツブツ・穴に対しては効果があまり無い。真ん中のアルミが犠牲になって上のアルミへの力を弱めた。
・実は超音波ではなく電磁波で、防振シートも効果があったが、それは水の電気分解攻撃用の周波数に対してで、ブツブツ・穴攻撃の周波数に対しては無力だった。

 ところで、フェライトなどの電磁波吸収体を練り込んだゴムシートやスポンジシートが売られています。これらの材料は電磁波だけでなく超音波にも効果的と言えるかも知れません。
[2016/12/30 Fri] URL // 犯罪者逮捕 #- [ 編集 ] @
 家電を操作して超音波・・・、の場合、指向性に疑問が残ります。どうやって特定の座標で音を発生させたり、家族を避けて被害者だけを狙えるのか?ということです。
[2016/12/30 Fri] URL // 犯罪者逮捕 #- [ 編集 ] @
ありがとうございます。
犯罪者逮捕さん、コメントありがとうございました。
電磁波吸収体を練り込んだゴムシートやスポンジシートは知りませんでした。
ぜひ購入したいと思います。
[2016/12/30 Fri] URL // ピピ #- [ 編集 ] @
ピピさん、アルミをサンドした実験をしていただいて
ありがとうございました。

間に挟んだシートの方が被害が酷いということは
下方向から照射されているのは間違いなさそうですね。
防振シートにある程度の効果があるようなので
下から照射されているのは超音波なのでしょうが、
防振シート1~2枚の厚さでは吸音効果が弱いのかもしれません。
もう少し厚みのあるもので防御した方が良さそうです。

私の場合は超音波にはメラミンスポンジが一番効果が感じられたのですが
(メラミンスポンジは硬度が高いため)
もしお持ちでしたら、同じように床に置いて今回と同じように
実験してみてもらっても良いですか?

ちなみに私の場合は加害側が時間によって超音波と電磁波を
使い分けているようなので、それに合わせてこちらも
防御に使う素材を使い分けるようにしています。

また、直接身体の一部(足や胃、腰、その他)を照射している場合や
犯罪者逮捕さんが言われていた通り、
電磁波を脳に照射することで痛みを感じさせている場合もあるようです。
その場合は、痛みの出ている箇所(胃や足など)を幾ら防御しても
痛みが治まらないのですが、アルミ素材が織り込まれたパーカー
の帽子をかぶると痛みが即座に消えます。
[2016/12/30 Fri] URL // #- [ 編集 ] @
メラミンスポンジ
情報をありがとうございました。
すみません。メラミンスポンジは掃除用の超ミニサイズのものしかありません。
大判も売っているのですか?
1、2メートルサイズとか?

[2016/12/30 Fri] URL // ピピ #- [ 編集 ] @
ピピさん、お持ちのメラミンスポンジは
2×2cm位のサイコロサイズでしょうか?
もし大きいものをお持ちでなければ、
100円ショップに10×5cm幅位のものなども
売っていますので、できるだけ面積の大きなものを
選んでそれを並べてみてください。
(メラスポは防振シートよりは安いですし、効果がなかったとしても
 掃除や食器洗いの際に使えますので・・・)

ちなみにメラミンスポンジはベッドマットにも使えるような
1、2メートルサイズの大判を取り扱っている販売業者もあるようです。。

また、メラスポとは別ですが
ティッシュボックス(未開封のもの)も効果があるようなので
もしご面倒でなければ実験してみください。。
[2016/12/30 Fri] URL // #- [ 編集 ] @
ティッシュボックス
試してみました。
ブツブツ模様はあまり出来ませんでした。
でもアルミの上に置いた手のひらは痛痒かったです。
不思議ですね。紙なのに。。。
色々情報をありがとうございます。
助かります。
メラミンスポンジの大きいサイズを購入して試したいと思います。
[2016/12/30 Fri] URL // ピピ #- [ 編集 ] @
メラミンスポンジ
試してみました。
ワイドタイプの細長いものを3つ購入しました。
同様に実験したところ、アルミはくにはブツブツ模様ができませんでした。
効果があると思われます。
ですが手のひらに何か当たってアルミはくもパチパチうるさかったです。
この実験しているときは下からではなく、上や横から照射されているのでしょうか。
これよりワイドサイズが無いので沢山買って貼り合わせ、大判にしてマットレスの下などに敷いて実験すると良いのかもしれませんね。
情報をありがとうございました。

昨夜は一晩中攻撃されて寝ていません。
こんな大晦日にキチガイ集団です。
コメントを書いてる今もキツイのをやられながらです。
川崎正典さんのブログには被害が無くなるようなことが書かれていたので期待していたのですが。。。
逆に被害が酷くなってきたような気がします。
私だけでしょうか。。。
[2016/12/31 Sat] URL // ピピ #- [ 編集 ] @
ピピさん、ティッシュボックス、メラスポでの
実験をしていただいてありがとうございました。

>ですが手のひらに何か当たってアルミはくもパチパチうるさかったです。
この実験しているときは下からではなく、上や横から照射されているのでしょうか。

上からも照射されている可能性は高いと思いますね。

(すいません。今PCの調子が悪いので
また改めて投稿させていただきます。。)
[2016/12/31 Sat] URL // #- [ 編集 ] @
来年もよろしく
今年は被害が酷く苦しい一年でした。
nezukingさんや皆さんのおかげで何とかやってこられたと思います。
ありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。
[2016/12/31 Sat] URL // ピピ #- [ 編集 ] @
Re: 来年もよろしく
> 今年は被害が酷く苦しい一年でした。
> nezukingさんや皆さんのおかげで何とかやってこられたと思います。
> ありがとうございました。
> 来年もよろしくお願いいたします。

ピピさん、明けましておめでとうございます。去年は被害が酷かった
ようですね。今年は全ての被害者の被害が弱まればいいと思って
います。何とかそういう一年に、したいですね。
今年もよろしくお願いします。
[2017/01/01 Sun] URL // nezuking #SdMxjkk6 [ 編集 ] @
おめでとう
nezukingさん、
明けましておめでとうございます。
元旦から被害が酷いです(泣)
被害が無くなりますように神社やお寺に参拝してきました。
今年もよろしくお願いいたします。
[2017/01/01 Sun] URL // ピピ #- [ 編集 ] @
私もマイクロ波電磁波による音声の介入や針で刺される様な痛みや痒み、また内臓への打撃や頭髪の脱毛、意識のコントロールといった攻撃を受けていますが、隣に置いたペットボトル、コップに入った水に気泡など出来ないのですがねえ。


アルミホイルに無数の穴が開いていますが、これも起こりませんねえ。


そもそも穴が開く様な被害なら録画をするなりして証拠として提出出来る訳です。


証拠になる被害なら創価学会、並びに中国人系在日、同和の犯人はマイクロ波電磁波電波など使わないのではないですかね、

本当にマイクロ波電磁波攻撃による犯罪か疑問が残りますねえ。









[2017/01/01 Sun] URL // 塩谷 #- [ 編集 ] @
Re: タイトルなし
> 私もマイクロ波電磁波による音声の介入や針で刺される様な痛みや痒み、また内臓への打撃や頭髪の脱毛、意識のコントロールといった攻撃を受けていますが、隣に置いたペットボトル、コップに入った水に気泡など出来ないのですがねえ。
>
>
> アルミホイルに無数の穴が開いていますが、これも起こりませんねえ。
>
>
> そもそも穴が開く様な被害なら録画をするなりして証拠として提出出来る訳です。
>
>
> 証拠になる被害なら創価学会、並びに中国人系在日、同和の犯人はマイクロ波電磁波電波など使わないのではないですかね、
>
> 本当にマイクロ波電磁波攻撃による犯罪か疑問が残りますねえ。


塩さん、私もステンレスの板におかしな窪みや焦げ跡がついたものをを確認
しています。それにステンレス板に電磁波がバチンと当たる音などは毎日
聴いているのです。塩さんはそういう体験はまったくないのですか?
私は塩さんがそういう体験をしていない事のほうが大きな驚きです。
[2017/01/02 Mon] URL // nezuking #SdMxjkk6 [ 編集 ] @
ピピさんへ
超音波にはフェルト生地も防御効果があるようなので
もしよかったら、先日のように床においてアルミに穴が開くか
実験してみてください。
(※フェルト生地は60×60cm位の大判サイズが
100円ショップで販売されています。)

また、厚めのハードカバーの本(ソフトカバーでもいけるかも?)
なども防御効果が高いようなので、もしお手元にありましたら、
これらでも是非お試しください。


[2017/01/04 Wed] URL // #- [ 編集 ] @
 もしフェルトで防げるのなら、布団や毛布の中でも攻撃を受けたり携帯電話の画面を盗撮される事実と矛盾するとも考えられます。
 超音波がどこかから発生しているとしても、元は電磁波なんじゃないでしょうか。
 すると、トタンかマグネットシートを敷いた方が良いです。
[2017/01/05 Thu] URL // 犯罪者逮捕 #- [ 編集 ] @
フェルト生地は超音波振動の伝播を防ぐ素材として、
実験の際などに利用されているようです。

フェルトは一般的な布団や毛布に使われている素材と違い
毛が絡みあって圧縮されているからなのかもしれません。

ただ、被害が酷い場合はフェルトを二重にするなどして
厚みを持たせた方がより効果がアップすると思います。

(ちなみに私自身これまで色々な素材で実験してきましたが
超音波に対してはトタンやマグネットシートは効果が薄いように
感じました。勿論、電磁波に対してはあります。)

もしフェルトで上手く超音波が防御できるようであれば、
軽い素材なので、超音波を防御する素材として
カーテンやシーツ(洋服や帽子)などにも利用できそうですよね。

[2017/01/05 Thu] URL // #- [ 編集 ] @
 フェルトは超音波の吸音力において布団や毛布よりも優れる・・・、そういうことでしたら、身体を守るようにして身にまとうなりかぶるなりすれば効果がある、と考えるのは順当ですね。
 ただ、私の言葉は、フェルトの吸音力に疑問を投げかけているのではありません。
 壁の向こう側から通過して来たものが、壁を越えた部屋の内部で超音波になったとしても、壁の手前までは超音波ではなく電磁波と考えるのが順当なので、すると、障壁として床に敷いたり壁に貼り付けたりするのならトタンやマグネットシートの方が効果があるだろう、ということです。
 しかし、空気に比べて著しく音響抵抗値の異なるコンクリート壁などの物体に超音波を照射しても反射されることなく通過させる技術が既にあってそれが実際に使用されているのなら、床・壁にフェルトは効果があるということになるでしょう。
 結果的に長文になり、すみません。
[2017/01/05 Thu] URL // 犯罪者逮捕 #- [ 編集 ] @
防御法
皆さん色々情報をありがとうございました。いまコメントが増えていることを気がついて読みました。
フェルトなど組み合わせて使用するのが良いのですね。
安いので買ってみます。
おとといの夜から猛攻撃に遭い、会社で嘔吐や発熱、震えが止まらず、早退して病院へ行きましたがまだ体調が悪いです。

[2017/01/06 Fri] URL // ピピ #- [ 編集 ] @

管理者にだけ表示を許可する
http://ssskkkooo.blog.fc2.com/tb.php/163-249b4140
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 日本の闇と集団ストーカー all rights reserved.
プロフィール

nezuking

Author:nezuking
FC2ブログへようこそ!
集団ストーカー被害者です。集団ストーカー記事の他に
日本の理解し難い闇世界を掘り下げていきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
SOS

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR