アタックJ1-2

アタックNo,1という漫画をご存知だろうか。原作は1960年代後半から1970年前半
にコミック掲載されたスポーツ少女漫画である。この漫画はつい最近テレビドラマで
放送され上戸彩が主人公の鮎原こずえ役をやっていたようだ。内容は主人公の鮎原
こずえが富士見高校のバレー部のキャプテンとしてバレーボールに情熱を燃やし、
様々な試練を乗り越えて世界をめざすというスポーツ根性漫画である。集スト被害者
の中には、この漫画をテレビでリアルタイムで見ていた人も多いのではないだろうか。
私がこの漫画をテレビで見たのが10歳ぐらいだったので、45年も前の作品という事
になる。
私は最近テレビというものを見なくなったのでネット上で見られるドラマやアニメでいい
ものが無いか探していた。するとアニメのアタックNo,1が目に止まった。なつかしいと
思って初めの一話だけでも見ようかと思い見たら結局全話、最終回まで見てしまった。
あらためて見て面白いと思った反面、このアニメにはいろいろ不審な点が多いと思った
のだった。中でも一番犯罪色の強い回は69話~78話でこれは集ストに一番近い
ストーリーであろう。あらすじは主人公の鮎原こずえがいつも正体不明の男に撮影機
で自分の試合中の姿を撮られている事に気付き、気にし始める事から始まる。そして
ある日一人になったところを数人の男に襲われ車の中に拉致され、その車の中で奇妙
な検査をされる事になるのだ。他のライバル校の仕業であろう。筋電図などの運動
機能を測る装置や解析装置で鮎原こずえの運動能力のレベルを計測しデータを集めて
試合の対策を練ろうという魂胆だ。検査中鮎原こずえはこれらがどこかのライバル校の
仕業だと考え正体をつきとめようと決心する。検査が終わり車から放り出されたこずえ
はその車を追いかけたが、途中でどこかの女子高生とぶつかって押し問答なり、車を
見失ってしまう。そのぶつかった女子高生は以前にいざこざで因縁のあったバレーの
ライバル校の生徒であった。鮎原こずえは車の追跡を阻止されたのはこの生徒が逃走
した車と同じ高校の者で、逃がす意図があったのだと考えて問い正そうと詰め寄る。
そしてもみ合ううちに相手が窪地にすべり落ちて怪我をしてしまうのだった。(後日
誤解だとわかる。)

kkkkkkkk3
     筋電図をとられる鮎原こずえ         他校の生徒に怪我を負わせる

アニメではこれにより鮎原こずえはバレー選手権の一回戦を出場停止という処分に
なる。しかし犯人はわからず終いであった。その後ストーリーは進み、いろいろな工作
は東南学園という高校の仕業だとわかる。そしてコンピュータバレーと言われるその
東南学園と決勝戦を行い富士見高校は見事に勝利するのだ。

これらのストーリーの流れは幾分集ストに似ているよ思う。まずいつも試合中に自分
の姿を撮影されているというのは監視されているという事であろうか。また、車の中に
押し込まれて筋電図などをとられて検査されるというのは、我々被害者がいつも頭や
体をスキャンされているのと同じである。そして人に対して疑心暗鬼になり問題を起こ
してしまったヒロインの姿は私達被害者の姿に幾分重なるものがある。集スト、テクノ
ロジー被害者は被害初期にはノイローゼ状態でちょっとした事でも相手に何か意図が
あると思い込み工作を仕掛けているのではないかと疑い相手に詰め寄ったりする。
こういった精神状態はほぼ同じであろう。

あとこのアニメでは車がよく出てくるが、そのナンバープレートにも暗示的な意図があ
るように思える。集ストなどでよく議論されるのはゾロ目のカルトナンバーであるが、
私はリピートナンバーというやつもよく見せられる。例えば46-46とか38-38
などのナンバーだ。これらはアニメの中で頻繁に現れる。ゾロ目などはアニメの設定
上適当につけられる可能性があるかもしないが、リピートナンバーは故意だとしか思
えず、ゾロ目よりも不気味である。

sssssss4
    リピートナンバー           数字の4をつけて5ケタ?

アニメにはまだいくつかの不審点があるが、それにもましておかしい点が多いのが
原作の漫画本である。私には妹がいたので少女漫画本も当時いくつか読んでいた。
その中にはアタックNo,1の原作コミック本もあったのであるが、その原作の中でおか
しいと思ったのが鮎原こずえのボーイフレンドの一ノ瀬務の扱い方であった。鮎原
こずえのいとこなのだが、このキャラクターの運命というのがまた悲惨きわまりない
のだ。アニメにおいてはこの一ノ瀬務は、こずえの恋人的存在で、交通事故に合い
非業の死をとげ悲しむのだが、原作本では主人公こずえにとっては恋愛感情は無く
ただのボーイフレンドであった。そして同じように非業の死をとげるのだが、その死に
方がだいぶ変わっている。原作本のほうの務の死は電車の線路に飛び込もうとした
自殺志願者を助けようとして自らが犠牲になるという非常に陰惨なものになってい
るのだ。私は何回か自分のブログの中で踏み切り内に閉じ込められた老人を助け
ようとした人や自殺志願者を助けようとした人など、正義感の強いゆえに身代わりに
なって死んでしまった人の話を書いた。そしてそれは闇側の誘導だという事を書いた
が、この原作本の話は全くそれらと同様であり、薄気味悪いものと言えるのだ。
そして原作本のほうはさらに一ノ瀬家を不幸のどん底に叩き落とすのである。務が
死んでから後、務の父親も脳溢血で亡くなってしまうのだ。本当にこのエピソードは
ストーリーの中に必要だったのだろうか。原作のほうでは務の死は鮎原こずえに
とっては、さしたるショックではないようであったが、ではなんのために死なせたのか。
また不必要な父親の死は何のためだったのだろう。全く不自然だ。私は察するに
これは,ある人間に対する仄めかしや暗示ではないかと思っている。つまり70年代
初頭にはもうテレビや雑誌による特定者への仄めかしは始まっていたという事だ。
集ストやテクノロジー犯罪などという言葉が無かった時代。ましてやネットなども
存在しない時代にこういう事をやられた被害者はいったいそれらをどう受けとめた
のであろうか。恐怖を感じたであろう事だけは想像にかたくない。

アタックNo,1のアニメはデイリーモーションという動画サイトで簡単に見ることがで
きる。興味のある人は見てみたらいかがだろう。
最近リニューアルされて実写化されたアタックNo,1であるが、主人公の鮎原こずえ
役を創価学会員の上戸彩がやっている。これも何かの仄めかしの暗示だろうか。
そう言えば”こちら葛飾区亀有公園前派出所”という漫画のテレビドラマも創価学会
員と言われている香取慎吾が主人公をやっている。また70年代のアニメ”ど根性
ガエル”もテレビドラマ化されたが主人公は、これもまた創価学会員と噂されている
松山ケンイチなのだ。創価はアニメの主人公に学会員を据えるのが好きならしい。
こういった事で子供や若い人間に創価学会をアピールしているのだろうか。アニメ
の主人公を学会員の俳優にやらせファンにさせ、その後俳優が学会員だとわかれ
ば入信する人間が多くなるといった算段か。

アタックNo,1の他にも多くの漫画に集ストの暗示だと思われるようなシーンやエピ
ソードは見られる。機会があればまた紹介してみたいと思う。

スポンサーサイト
乳ガン
アタックNo.1は本当にビックリしました。
宗教団体絡みに間違いなさそうですね。
何から何まで車のナンバーまで、まんまじゃないですか。
あんな昔からテクノロジー犯罪が日本でも行われていたのかもしれませんね。
恐ろしいです。

最近、タレントの方が乳ガンになったというニュースをよく見ますが、もしかしたら電磁波の被害者なのではと思ってならないです。
最近では北○晶さん、海老○さんの奥様が乳ガンになられました。海老○さんのお父様は確か白血病でお亡くなりになりましたよね。
どちらの病気も電磁波によるものなんじゃないかと。まだ
電磁波で乳ガンになるという記事を見つけましたのでよかったらチェックしてみてください。
http://kenkoubyouki.com/?p=775
[2016/06/09 Thu] URL // #- [ 編集 ] @
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2016/06/09 Thu] // # [ 編集 ] @
続き
先程の乳ガン関連記事です。
http://kenkoubyouki.com/?p=2906

携帯電話の電磁波をラットに当て続けた結果、脳腫瘍が出来たという記事です。
恐いです。
私もいつか癌になってしまうのかと不安になります。
[2016/06/09 Thu] URL // ピピ #- [ 編集 ] @
Re: 続き
> 先程の乳ガン関連記事です。
> http://kenkoubyouki.com/?p=2906
>
> 携帯電話の電磁波をラットに当て続けた結果、脳腫瘍が出来たという記事です。
> 恐いです。
> 私もいつか癌になってしまうのかと不安になります。

ピピさんコメントありがとうございます。数年前まで日本人の3人に1人がガン
になると言われていましたが、最近では2人に1人がガンになると言われています。
これは異常な事で闇の連中がやっているのだと私も思います。ピピさんは自分が
ガンになったらという懸念があるようですね。私は逆に集スト被害者というのは
なかなか病気にならず、事故にも合わないので加害者が業を煮やして自滅に追い込
もうとしているように感じます。とは言え防御も一応怠らないほうがいいでしょう。
私の場合は部屋を鉛のシートとステンレスの板で覆っています。ステン板だけでも
効果はあると思います。被害者がガンに成りやすくなるのは多分免疫の落ちた
60才以降ではないかとも思います。それまでにこの犯罪が解決されればいいの
ですが。
[2016/06/10 Fri] URL // nezuking #SdMxjkk6 [ 編集 ] @
防御対策
私も防御対策は色々やっています。
あらゆる角度から飛んできますが、一番は下からなので、自分の部屋は床をアルミ板で敷き詰めています。
家具の下にも敷かなければ意味がないみたいです。
アルミ板は薄いので、あっという間に穴だらけです。
証拠になるのでそのままにしています。
またキッチンに立つと被害がヒドイので、キッチンのステンレス流し台にアルミはくを貼ったところ、数日で穴だらけになり、焦げあとまでありました。
アルミはくの裏は黒い水玉模様だらけで、模様と同じところが穴が空いていました。
流し台までも数十ヶ所穴が空いています。
どれだけ強い電磁波なのか、恐ろしい限りです。
アルミはくを敷いたから強くしたんでしょうか。
最近は被害が身体だけじゃなく、顔にもチクチクしつこいくらいに刺されまくりです。
どうしてこんな酷いことができるのか、どんな気持ちでやっているのか、人を攻撃して心が癒されるんでしょうか。全く理解ができないですね。
[2016/06/11 Sat] URL // ピピ #- [ 編集 ] @
Re: 防御対策
> 私も防御対策は色々やっています。
> あらゆる角度から飛んできますが、一番は下からなので、自分の部屋は床をアルミ板で敷き詰めています。
> 家具の下にも敷かなければ意味がないみたいです。
> アルミ板は薄いので、あっという間に穴だらけです。
> 証拠になるのでそのままにしています。
> またキッチンに立つと被害がヒドイので、キッチンのステンレス流し台にアルミはくを貼ったところ、数日で穴だらけになり、焦げあとまでありました。
> アルミはくの裏は黒い水玉模様だらけで、模様と同じところが穴が空いていました。
> 流し台までも数十ヶ所穴が空いています。
> どれだけ強い電磁波なのか、恐ろしい限りです。
> アルミはくを敷いたから強くしたんでしょうか。
> 最近は被害が身体だけじゃなく、顔にもチクチクしつこいくらいに刺されまくりです。
> どうしてこんな酷いことができるのか、どんな気持ちでやっているのか、人を攻撃して心が癒されるんでしょうか。全く理解ができないですね。

ピピさんはマンションに住んでいるのでしょうか。そうだとしたら防御金属板は厚い
ほうがいいですね。加害者が近くにいる可能性があるでしょうから。
私は一軒家ですが、被害初期には防御のステン板に数十箇所の小さな突起ができて
変形していました。穴こそあきませんでしたが鳥肌のようなブツブツで、よく
こんな事ができるものだと思いました。きっとある種の電磁波を極小に絞り込んで
レーザー、かメーザーの原理で照射しているのでしょう。全く悪魔のような奴らで
す。ピピさんも気をつけてください。
[2016/06/11 Sat] URL // nezuking #SdMxjkk6 [ 編集 ] @
まるで怪奇談?
こんばんは。コメント失礼いたします。
集団ストーカーには確かに薄気味悪く底知れない闇のようなところがありますね。あとになってから意味が分かってゾッとしたりします。例えば私の場合、交通事故を自然発生したかのように見せかけて殺そうとしたけれどうまくいかなかったんだなと、後になってから分かった事があります。怒りと恐怖を感じました。こいつらの正体の一つは暗殺団でしょう。

マンガや映画の中には仄めかし利用も含め、集団ストーカーをネタとして取り入れているケースが多々見受けられるという点は私も同感です。噂ではレインボーマンもそうらしいですがこちらはもっと大きな視点で描かれているようです。
こいつらは暗殺団のような奴等ですよ。
[2016/06/12 Sun] URL // 風 #o3LDS30M [ 編集 ] @
Re: まるで怪奇談?
> こんばんは。コメント失礼いたします。
> 集団ストーカーには確かに薄気味悪く底知れない闇のようなところがありますね。あとになってから意味が分かってゾッとしたりします。例えば私の場合、交通事故を自然発生したかのように見せかけて殺そうとしたけれどうまくいかなかったんだなと、後になってから分かった事があります。怒りと恐怖を感じました。こいつらの正体の一つは暗殺団でしょう。
>
> マンガや映画の中には仄めかし利用も含め、集団ストーカーをネタとして取り入れているケースが多々見受けられるという点は私も同感です。噂ではレインボーマンもそうらしいですがこちらはもっと大きな視点で描かれているようです。
> こいつらは暗殺団のような奴等ですよ。

風さんコメントありがとうございます。私も高速道路で運転中に殺され
そうになったことがあります。その時はまだ集ストを知らない時でした
が今思うと何者かの殺意があったのだと思いゾッとします。
集ストを知らない人でそういうようなトラップにかかって命を落とした
人はきっと多いはずです。それとレインボーマンはなつかしいですね。
ドラマの中で”死ね死ね団”というのが「日本人は死ね」とか歌ってい
たのを思い出します。当時は子供でしたがなぜ日本人だけを対象に
しているのかわかりませんでした。しかし今思えばあれも反日キャン
ペーンの一環だったのかと改めて思います。あらゆるメディアに仄め
かしを潜めさせる奴らはまさに謀略に長けた悪魔ですね。
[2016/06/13 Mon] URL // nezuking #SdMxjkk6 [ 編集 ] @

管理者にだけ表示を許可する
http://ssskkkooo.blog.fc2.com/tb.php/130-2fe72e76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 日本の闇と集団ストーカー all rights reserved.
プロフィール

nezuking

Author:nezuking
FC2ブログへようこそ!
集団ストーカー被害者です。集団ストーカー記事の他に
日本の理解し難い闇世界を掘り下げていきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
SOS

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR