前回の記事で居眠りをしている時に自分の舌を噛ませられるという事を書いたが、
その際に怒り心頭に達した私は罵声を発して右足を思いきり床に叩きつけてしまっ
た。その結果、右足のふくらはぎが肉離れを起こし、痛みが数時間続いたのであった。
そしてその翌日は何ともなかったのであるが、また次の日に痛みが始まったのだ。
よく年をとった人が激しい運動をした後の翌日に筋肉痛が出ずに一日置いた次の日
に筋肉痛が起こるというような事がよくあるが、そういったものとは訳が違うと思う。
肉離れという怪我なのであるから起こった時点から痛みというものが継続しなければ
ならないはずである。これはいったいどうした事だろう。何か細工するためのインター
バルであろうか。その後右足ふくらはぎの痛みの強弱は時間によって異なり、一時間
ぐらい強かったかと思うと、除々に弱くなり、また強くなった思ったら弱くなるの連続で
あった。ふくらはぎを見てみるとハリがあり、多少腫れているように感じる。しかし普通
の腫れとは違うように思えた。ふくらはぎのハリというのは今まで何回か経験があっ
た。何もしていなくても、ふくらはぎが腫れてパンパンになる事がたまにあったのだ。
それは私だけではなく、母親も同じ体験をしている。母の場合は私とは比べものに
ならないぐらい酷いもので左足のふくらはぎが、正常な右のふくらはぎの1.5倍もの
大きさに膨れ上がって、一目見て異常な状態だとわかるレベルのものだったのだ。
そのときは医者に診せても原因はわからなかった。電磁波によって何かされたのだ
ろうが、それも4、5日で完全に治ってしまったのだから不思議だ。
私は他に手足などに、知らないうちに赤いアザのようなものをつくられる。数時間する
と消えてしまう一過性のもので、その場その場の攻撃であると思われる。本人が気付
かないうちにできてしまうという事は低温火傷のように、じわじわと時間をかけて行って
いるのだろう。ふくらはぎの場合も同様である。しかしふくらはぎの場合は表面では
なく内部の深い所に照準を当てて内側から腫れを引き起こしているように思われる。
皮下に食い込みやすい高周波の電磁波を使用しているのではないだろうか。

今回のふくらはぎの腫れで私は、その痛みの原因をこう推測した。この痛みは複合的
な要素で成り立っているということ。まず外部から強制的に痛みの箇所をつくらせる。
(これは事故でもなんでもいい)そして痛みの部分に前述したような腫れの照射を行う
のである。そしてダメージを受けた当時の筋肉の伸縮状況を再現することによって
痛みを引き起こさせるのである。つまりパンパンになった、ふくらはぎの中で筋肉が
異様な伸縮をし痛みが起こるということだ。筋肉を外部から強制的に動かす事が出来
るという事は被害者のほとんどが体験していると思う。そう、手足の筋肉が何もしてい
ないのにブルブルとするあの痙攣である。前にも書いたと思うが、心臓の心拍数を
速くするのも心臓の下あたりの筋肉をビクビクと速いテンポで痙攣させれば心臓の
鼓動も追従して速くする事ができるのだ。
故に私の場合は右足を床に叩きつけた時の筋肉の変形状態のデータが敵方にあり
、その神経(電気的)データを脳か途中の神経に電磁波として送り、神経経路を使っ
て筋肉を動かしていると思われる。単に偽装の痛みのデータを直接脳に送りつけて
いるという考え方よりも現実的な考え方だと言えるだろう。とにかく敵方は被害者の
ウイークポイントを攻めてくるようだ。体の中に肉体的なストレスがかかっている部分
をかかえている人はそこを攻められる事になる。筋肉の痛みがなかなか引かない人は
筋肉の強制伸縮と筋肉部分の電磁波の照射を同時にやられている可能性がある。
サイコパスのような人間が加害者の場合は執拗に繰り返されるのかもしれない。私の
右足ふくらはぎの痛みは、右足を後方にずらして屈伸運動すると治まるようだ。つま
り筋肉を伸ばす方法である。これをやると痛みが緩和される。という事は筋肉が異常
に縮んだ状態にあったという事だ。現在ふくらはぎを痛めてから7日ぐらい経つが今だ
に敵方が思い出したかのように痛みの工作を突発的にしてくる。ノルマでもあるのだろ
うか。

私は初期のブログの記事に自分がギランバレー症候群という病気にさせられ、それが
偽りの病気だという事を見破ったという事を書いた。ギランバレー症候群というのは
筋力が落ちて自ら立つ事さえできなくなる病気であるが、私も一瞬であるが立ってい
られない状況になった。しかしそれはめまいと足の痺れを複合した操作だとわかった
のである。そういったように敵方は何かしら工夫をして被害者が重大な病気であるよ
うに思わせようとしてくるのだ。

筋肉の痛みの他に骨がきしむような鈍痛を起こす事があるが、私はこれは共振だと思っ
ている。物体には固有振動数という物があり、物質の形状に依存している。骨は筋肉
や内臓などと違い弾力性が無く形状が定まったままの硬い組織であるため共振(共鳴)
して破壊につながるような痛みを受けるのだと考えている。低周波の電磁波で被害者
の骨の形状にマッチする固有振動数の振動を与えて痛みを引き起こしていると思われ
るのだ。これも長くて数十秒であり継続性はあまりない。しかし陰鬱な痛みであり相当
気分が悪くなるのは事実だ。

以上は私の推測の範囲内での考察である。ブログ訪問者の中には違った考え方の
方が居られるかもしれない。これは一つの考え方であり、絶対にこうだという事ではない。
そしてこの犯罪において、どれが正しいかというのも検証する術がないので今のところ
無意味であろう。しかし私のこの体験によって身体被害の原因解釈の幅が広がったと
思っている。今回の痛みを自ら体験しなければ、こうした事は書かなかったであろう。
何事も体験してみなければ人の痛みはわからないし、物事の本質も見抜けないという
事なのだ。
スポンサーサイト
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2016/04/24 Sun] // # [ 編集 ] @
被害者さん、いろいろ工夫されているようですね。
私はステンレスの大きな板を2枚電磁波が来るであろう
方向に立てかけています。光る金属系のものは多少有効
なようですね。被害がきついと思いますがお互い頑張り
ましょう。
[2016/04/24 Sun] URL // nezuking #SdMxjkk6 [ 編集 ] @
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2016/04/27 Wed] // # [ 編集 ] @
S学会のタレントも標的になるようですね。何かヘマをやったか、あるいは
意見の対立があったか。あるいは何か秘密を知ってしまったか。信者は
教団が邪悪な組織だと早く気付くべきです。本当に脳天気というか。いつ
自分が消されるかわからないというのに・・・・。
[2016/04/28 Thu] URL // nezuking #SdMxjkk6 [ 編集 ] @
タレントの病気
電磁波被害では?と思う病気のタレントさんは沢山いますね。
安西ひろこさんや、徳永英明さん、長嶋一茂、中川家のお兄ちゃん、ほか。
パニック障害や、もやもや病なんて本当にあるのかと疑ってしまいます。
特にパニック障害は多い気がします。
[2016/05/07 Sat] URL // 被害者 #- [ 編集 ] @
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2016/05/16 Mon] // # [ 編集 ] @
Re: 問い合わせ
> 問い合わせ欄を作って下さい。
> 色々と質問したい事があります。
> お願いします。

集団ストーカー被害者さん
ブログ内にメールフォーム設置しました。
ご利用ください。
[2016/05/17 Tue] URL // nezuking #SdMxjkk6 [ 編集 ] @

管理者にだけ表示を許可する
http://ssskkkooo.blog.fc2.com/tb.php/123-c018dadb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 日本の闇と集団ストーカー all rights reserved.
プロフィール

nezuking

Author:nezuking
FC2ブログへようこそ!
集団ストーカー被害者です。集団ストーカー記事の他に
日本の理解し難い闇世界を掘り下げていきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
SOS

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR