コードギアスというアニメをご存知であろうか。このアニメは機動戦士ガンダムを制
作したサンライズという会社がつくったロボット対戦アニメである。サンライズという
とネット上では反日企業の呼び声も高いアニメ制作会社であるが、そう言われる
所以はどこにあるのか、コードギアスというアニメで検証していきたいと思う。ガンダム
にしてもコードギアスにしても内容は国と国との戦争である。戦争を描写している
限り殺戮の場面や政治的な要素がふんだんに盛り込まれる事となる。戦争という
ものの是非または平和な社会のあり方の定義などが視聴者に命題としてつきつ
けられる事になる。

さてコードギアスのストーリーのあらすじである。超大国のブリタニアの王子ルルーシュ
という高校生が主役である。彼はブリタニアの第11番目の王子であるが、ブリタニア
国王から冷遇されている。彼の母親は、ブリタニアに敵対しているテロリストに殺され
てしまった。その際にいっしょにいた彼の妹ナナリーは、その巻き添えとなって、盲目
になり車いすを必要とする障害者となってしまった。主人公のルルーシュは、この哀れ
な妹が平和な暮らしができるような世の中にするべく、ブリタニアという国を滅ぼすこと
を決意する。 彼が住んでいる国はブリタニア占領下の日本である。日本はエリア11
という植民地になっているのだ。そこに住んでいる日本人は”イレブン”という別称で
呼ばれており、虐げられて生活している。ある日主人公のルルーシュは日本人のテロ
組織の起こしたテロに巻き込まれる。テロリストが狙っていたのはブリタニアが輸送し
ていた新兵器の強奪であったがそれは、兵器ではなく、C2という超能力者の少女で
あった。そこでC2から”ギアス”という超能力を享受したルルーシュは超能力者となる。
その超能力とはルルーシュの目を見た者はルルーシュの言葉に絶対服従するという
もので、命令すれば自殺でも、殺人でもなんでもしてしまうという人智を超える恐ろしい
能力だった。  超能力を身につけたルルーシュはその後仮面で顔を隠し”ゼロ”とい
う名を名乗って”黒の騎士団"というテロ組織を結成して首領となる。そして身につけ
た超能力を利用して謀略の限りをつくしてブリタニアと対峙する。仮面をつけるのは
自分が敵方の王子である事を悟られないためである。
ルルーシュには日本人の親友がおり、名を枢木(くるるぎ)スザクという。スザクは
元日本の総理大臣の息子であり、かつブリタニアの名誉市民で軍人である。スザクは
ブリタニアの軍部に身を置きブリタニアを内部から変えていこうと考えている。日本人
の味方をするブリタニアの王子ルルーシュに対して、日本人でありながらブリタニア
の軍に属するスザク。両者は、お互いの信念のため壮絶な戦いを繰り広げる事にな
るのである。このアニメにおける勢力図は変わっており、大きく3つに分かれている。
ブリタニア国と中華連邦とEUである。中華連邦とEUはどこにあるかわかるが、ブリタ
ニアとはどこにあるのか。世界地図上では現在のアメリカがブリタニア王国という国
にとって代わられているようだ。ストーリーはロボット対戦型の形式をとるが、人間
ドラマの方が印象が強い。謀略、裏切り、殺人、恋愛、友情、人種差別、権力欲、
忠誠心、憎悪、主義思想と様々な思惑、感情が入り乱れて人間模様の綾をなす。

このアニメは現実の世界的陰謀、あるいは新秩序(NWO)的な観点から見ると、二つ
の面を打ち出していると思われる。一つは反社会的な仄めかしや脅し、隠喩などであ
る。そしてもう一つは世界統一のあり方、人類が向かう方向性などについてである。
まず、前者の反社会的な描写や設定を見ていこう。日本を支配している国というのが
ブリタニアという国であるが、なんとなく違和感を覚えるような設定である。ブリタニア
とはグレートブリテンの事を言いイギリス連邦のあの島の名前である。設定をアメリカ
にしないのは、帝国主義国家にしたほうがストーリー上都合がいいからであろうか。そ
れとも我々が脅威に思っている闇の勢力の大元がイギリスに埋伏しているという暗示
であろうか。そのブリタニアに占領された日本はエリア11という植民地になり、日本人
も”イレブン”と呼ばれている。11という数字は3.11の東日本大震災の11を仄めかし
ているように思われる。ルルーシュも第11王子であり11という数字を強調しているよ
うだ。またルルーシュが日本側につき、日本の元総理大臣の息子のスザクがブリタ
ニアの軍人になっている。普通であるなら逆の設定であるなずなのであるが、どういう
意図があるのだろう。これを仄めかしということであるなら、もし現実の社会に置きか
えてあてはめてみると、ルルーシュというキャラクターは日本国内の極左などを煽動
している人間が欧米の闇の手の者だということを暗示しているという事なのだろうか。
またスザクというキャラクターは元総理大臣の息子ということで日本の総理大
臣であった者の息子が闇の勢力と通じているという隠喩であろうか。この二人の名前
に注目すると”るる”という言葉が入っているがそれは何を意味しているのだろう。
”RULE THE WORLD"(世界を支配する)という言葉から来ているのかもしれない。
また二人が実は一人の人間を表しており、目的が同じでも信念を貫く方向が違ってい
たらこれだけ内部葛藤を起こすということを分身したニ人に重ね合わせて世の中の
矛盾を表現しているようにも見える。しかしこのニ人は最後のほうでは協力して共通
の志の元に世界の平和をなしとげようとするのだ。

またこのアニメは殺戮シーンが多い。戦争アニメなのだから、殺戮は当たり前かもし
れないが、とにかく日本人が大量に虐殺される。その大きなシーンはニつある。まず
一つはストーリーの中盤辺りでブリタニアの第三皇女ユーフェミアという皇女が登場し
てストーリー展開する回である。彼女はルルーシュとは、異母兄弟である。ユーフェミ
アはエリア11(日本)の副総督に任命されて赴任する。しかし彼女は心優しい性格で
世界平和を願っておりブリタニア人の日本人を蹂躙するような体制をよく思っていな
かった。そこで彼女は東京を”行政特区”という日本人主権の地区に制定することを
宣言し、その式典をスタジアムで何万人もの日本人を集めて行う事にした。そして
ゼロ(ルルーシュ)も式典に現れユーフェミアと二人きりの席を設ける。ルルーシュが
ユーフェミアと話合い、その真意を知りゼロも賛同する事になったのだが、その直後
アクシデントが起こった。ルルーシュが言った冗談の一言が大変なことになってしま
うのだ。「俺のギアスは人を服従させるギアス、俺が君に日本人を殺せと言ったら
本当にそうしてしまうだろう。」と言った、その直後、ルルーシュのギアスが何かの
波動と共鳴してしまい暴走し発動してしまう。ユーフェミアはルルーシュの言った通り
マシンガンをもってスタジアムに現れ日本人めがけて乱射し始めるのである。さらに
部下に命じて、その場に居る日本人すべてを殺せと命令するのだ。スタジアムは
阿鼻叫喚の地獄図となり、大パニックとなる。かくしてその式典で何万人かの日本人
が虐殺されてしまうことになってしまうのである

                                        次回につつ゛く
スポンサーサイト
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2016/01/20 Wed] // # [ 編集 ] @
コードギアスは東日本大震災より前の作品ですよ?
[2016/06/08 Wed] URL // 名無し #- [ 編集 ] @
Re: タイトルなし
> コードギアスは東日本大震災より前の作品ですよ?

名無しさん。コードギアスが大震災より前だろうと後だろうと関係ないですね。
大震災より前だというなら「これから11日という日にちに何か起こるぞ」という
仄めかしになるし、大震災の11という数字とコードギアの11という数字は
リンクしているのでコードギア放送時にもう地震が起きる事を知っていたと
考えるべきです。名無しさんは地震が人為的なものだとは考えていないのですか。
だとしたら短慮に過ぎます。闇の連中は予言のような事が大好きです。
[2016/06/08 Wed] URL // nezuking #SdMxjkk6 [ 編集 ] @

管理者にだけ表示を許可する
http://ssskkkooo.blog.fc2.com/tb.php/106-2b0569f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 日本の闇と集団ストーカー all rights reserved.
プロフィール

nezuking

Author:nezuking
FC2ブログへようこそ!
集団ストーカー被害者です。集団ストーカー記事の他に
日本の理解し難い闇世界を掘り下げていきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
SOS

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR