被害者は一日に何度も肉体に痛みや違和感を敵方から感じさせられるだろう。針
を刺すような痛みや、腕や足の筋肉の痙攣などは被害者にとって一般的なもの
だと思う。私自身の体験で変わったものと言えば朝眠りから覚めたときに不思議
な現象を体験させられるとい事である。私は朝起きる頃になると、いつも鼻がつま
っているのだが、その鼻ずまりが急にスーッと引いて気持ちが良くなる事がある。
これは今まで鼻がつまっていて息が少し苦しかったので非常に気持ちがいい。
攻撃ではなくサービスなのかと一瞬思ってしまうが、やはり攻撃の一つであろう。
粘液を奪ってカラカラにしたいのだと思う。これがやられる時は鼻と喉の境辺りが
出血してしていると思われ、血の匂いがよくする事がある。酷い時には鼻血となっ
て鼻から垂れてくる。少し前に福島の原発の被害で住民の誰だかが鼻血を出
したというニュースがあり、これは漫画にも取り上げられたようであったが、その
正体は電磁波操作によるものではないだろうか。ある程度の身体の異変は電磁
波でできるのだ。また鼻血の他にも、くしゃみというものも、ある程度操作可能のよ
うだ。最近気が付いたのだが、鼻の中のほんの小さな点のようなエリアがチリチリ
として刺激されている事がわかった。これを身体の温度差ができた場合、例えば
運動をして汗をかいて体が熱くなった後で冷房してある部屋に入ってくしゃみが
出やすい時に鼻を刺激すれば怪しまれずにすむと言った感じでやっているのでは
ないだろうか。5発も6発も不自然にくしゃみをしている人をよく見かけるからである。
私は今会社勤めをしているが昼休みは昼寝をしている。夜の睡眠時間はせい
ぜい4時間ぐらいしかとらせてもらえないからだ。昼休みに自分の机でウトウト
していると、突然誰かが大きなくしゃみ、あるいはセキをして目を覚まさせられるこ
とがよくある。これも間接的な被害者への攻撃であろう。会社の内部あるいは、
近隣の家屋から、何か電磁波を発せられているのではないかと思う。全くネチネチ
と嫌がらせばかりして、心のねじ曲がった腐った連中である。

また鼻に限らず目も攻撃の対象になる事が多い、まず視界がぼやけて目がシバシバ
する事である。感覚的に言えば目の水分が蒸発する手前で眼球の表面が曇っている
ようなそんな感じだ。これは1~2時間続くので不快きわまりない。同じ現象は私だけ
ではなく母親もやられていて「目がおかしい!目がおかしい!」と、いつも喚いて
いるのだ。しかし私が電磁波でやられているのだと言っても、なかなか信じない。暗示
にかかっているのだか何んだかわからないが強情である。
他に目に起こるものといったら飛蚊症であろう。視界の中に黒い点が一つ見えて目の
中を泳いでいるような感じだ。これは長い時で2、30分と持続性は私の場合あまりない。
視覚の被害と言えば一度だけ、視野の左ななめに電磁波の放電形状(長い火花のよう
な)を見せられた事があった。これはほんの0.1秒ぐらいであったが、かなり鮮明なもの
だった。私にまとわりついている電磁波が視覚化して見えるようになったのかと一瞬思
ったが、何か静止画的な感じがしたので、多分単に光の残像のようなものを重ね合わ
せて加工された画像を私の頭の視覚野に送り込んできたものと思われる。

あと耳の被害であるが前にも書いたが私の左耳は年中無休で耳鳴りがしっぱなしであ
る。その影響でいつも自分の脈の音が頭の中で鳴っているのである。少しわずらわしい
が生活にそれほど支障はない。昔心臓の攻撃を受け心房細動という病気を体験させら
れたが脈の音がいつも頭の中で聞こえているせいで、その心臓の異常なリズム音に
いち早く気付く事ができた。悪いことばかりではないのだ。他に耳の被害と言えば、
めまいであろうか。耳の奥にある三半規管に電磁波か超音波を送って平衡感覚を
麻痺させていると思われる。被害の一番酷かった頃は立っていられない程のものであ
った。このめまいというのは被害者意識がなかった頃にもあった。軽いものであったが
耳鼻咽喉科で診てもらった事がある。原因はわからずじまいだった。めまいの攻撃とい
うのは町中などのあるテリトリー内に被害者が進入した際に起こるということがわかっ
ている。つまり装置が仕掛けられている箇所が点在しているという事だ。例をいえば
私は5年前に新小岩にある会社通っていたが、通勤経路にめまいを感じる箇所が
3ヶ所あった。まず京成船橋駅とJR船橋駅をつなぐショッピングモール内、そして新小岩
の北口の商店街通り、そしてある住宅街の十字路であった。当時は被害意識はなかっ
たので、そのめまいを電気か電磁波の過敏症だと思っていた。テクノロジー犯罪の知識
がなくともその時は電気的なものだと自分自身気付いていたのである。私はそういう体質
になったのだと思い込んでいたが、浅慮であった。現在は自分の家の中にいても、めまい
は起きるので隣家か近所にそのような装置が存在しているのだろう。

集スト、テクノロジー犯罪被害者は被害の酷いピークを過ぎても前述のような被害が
完全に無くなるわけではない。小規模ながら、ずっと続くという事なのであろう。
もし加害者側も電磁波装置を使用していてその影響でダメージを受けているという事
であるならば、少しはこちらも気が晴れるというものだ。連中のほうが先に、あの世に
行ってくれる事を祈り続けたいものである。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
http://ssskkkooo.blog.fc2.com/tb.php/105-ca8f2fad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 日本の闇と集団ストーカー all rights reserved.
プロフィール

nezuking

Author:nezuking
FC2ブログへようこそ!
集団ストーカー被害者です。集団ストーカー記事の他に
日本の理解し難い闇世界を掘り下げていきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
SOS

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR