初めて集ストテクノロジー犯罪を受けた人は誰でも平常心を失いパニックになるだ
ろう。常識では考えられないような事がいろいろ起きるからだ。音の攻撃、人の異様
な仕草のアンカリング、テレビや新聞、雑誌などによる仄めかし、体の傷、痛み、
近親者の事故死、病死、車のカルトナンバー、飛行機やヘリコプターの飛来、他に
も様々なシンクロニシティー現象を見せられるのである。
今回は特に最近集スト、テクノロジー犯罪被害者になった、というよりは自覚する
ような事になってしまった人に読んでいただきたいと思う。(これらの犯罪を受けて
いても集ストテクノロジー犯罪だと認識しない人も大勢いる)
まずわかってほしいのは、この犯罪で、すぐに死ぬという事はないという事。また
自分の周りの人間がすべて敵意を持っているのではないということ。この二つをわ
かってもらえば恐怖心は大分減るだろう。すべては被害者が常気を失って自分が
精神病になってしまったと思い込ませるか自殺させるか、犯罪者にするか、とにか
く自滅にもっていきたいという思惑から行われているのだ。
一般人に対してはそんな感じだが、何かしらの著名人、政治家や芸能人などは公の
場で発言することが多いので、ばれる危険があるのを承知でかなり際どい工作をして
抹殺しているのだと思われる。しかし一般人に対してはそんな緊急性はなく、また
危険性もないので、自滅するようにゆっくりやっているという事なのだと思われる。

それでは、集スト、テクノロジー犯罪被害者への流れを書いていきたい。この犯罪
は前の記事でも書いたが、無差別に多くの人間に対して行われていると思われる。
影響を受けていない人間は皆無と言っていいかもしれない。まず第一段階は睡眠中
における暗示工作だろう。催眠術に近いかもしれない。特殊な電磁波によって闇の手
の者に都合のいいものを頭に刻み込む事によって思想、思考、志向などを違った方向
にもっていきやすくしている可能性がある。これはこの犯罪の下地であるように思われ
る。これによって意識に刷り込みやすい人間か、そうでない人間かが判断できるという
事なのである。第二段階は睡眠時に暗示にかかりにくかった者に対して、音の攻撃
をして、その反応を見るといったもの。これによりその被害者がどういう反応を示して
どう対応するか見ると思われる。これはどこまでやったらキレるか、あるいはノイローゼ
状態になるのかの判断基準にも成りうるのではないだろうか。
そして第三段階は近所の人間とトラブルを起こさせ本格的な集スト、テクノロジー犯罪
が始まる事になる。またここで被害者が二つのタイプに分かれる分岐点となる。他
者からの攻撃だと自覚する者と自分自身がおかしくなってしまったと思いこんでしまう
者とに分かれるという事だ。前者はネットなどで自分と同じ事例がないか調べて自分
の立場を理解する柔軟性があるのに対して後者は常識の枠の範囲でしか物事を
判断できず、自分の感覚器や思考回路に破綻をきたしたと考える。そして自ら進ん
で心療科などに行き統合失調症の烙印を押してしまうに違いない。前者のように集
スト、テク犯を反社会勢力が行っていると気がついた者だけが集スト被害者という
名称を冠するのではないかと思う。ちなみに敵はなぜわざわざトラブルを起こさせて
から始めるのかという事だが、これは集ストだと勘ずいてしまった者に対する対策だと
思われる。被害者がその家とトラブルとなった事をまず近所に周知させるというのが
目的である。そして集スト、テク犯が始まれば当然被害者はその家が電磁波を、、と
いう事になり争議がはじまる。被害者はわけのわからない事を言っているという事に
なり近所に噂が流れる。すると近所に悪い噂うが流れている事に被害者の家族が
嫌悪を感じ、精神病院へという事になるのだ。トラブルになった家というのは本当に
加害行為をしている場合も多いが被害者を精神病に仕立てるためのトラップの役割
をしている場合もあるのである。悪魔の考えそうな発想だ。加担している奴は本当
に人間なのだろうか。
最後の第四段階であるがその集スト被害者の中でも、また二つのタイプの人間に
分かれる。初期から酷い攻撃を受けて自分自身を見失ってしまう人間と耐えきって
自分自身を保つ人間である。他の人の集スト読んでいると自分より酷い被害状況下
にある人が少なくない。文面を読んでいると毎日耐えている姿を想像してしまって
目頭が熱くなる事もたまにある。耐えてブログで不条理を訴えている被害者は非常
に強い人だと思う。得てして集スト被害者は自分の信念を曲げない人が多い。悪に
屈しない魂というものを生まれながらに持っているという事なのだろう。

ここで集スト、テクノロジー犯罪被害者になりたての人に言いたい事は闇の手の者の
つくりあげた幻想のようなものに惑わされないという事だ。奴らの術中にはまらない
鉄の意志が必要かもしれない。奴らは被害者を殺すことができないので、自滅に追い
込もうとする事。とあと被害者の周りで起きている事もほとんど電磁波を使った芝居
のようなものだという事。他人の変な行動も本人の意志である場合は少ない。(たま
に加害意識のある者はいるが)皆、暗示をかけられて誘導されているだけなのだ。
よって自分の周りは敵だらけという考えはやめたほうがいい。そうでないと外にも
出られなくなってしまうだろう。自分に対して変な行動を見せつける者は暗示によっ
て夢遊病者のように操られているという事と物事が同調してタイミングをとらされて
シンクロするような事象を見せられると思うが、それは因果律を操作できるシステム
があるという事。すべては被害者の感覚や思考を麻痺させようとしているまがい物
である。電磁波によって体に傷をつけられたり、頭痛やら腹痛、痙攣、などもやられ
るだろうが死に直結する事はない。それらよりも私が体験した中で一番厄介に思った
のが家族との対立であった。一番理解してほしい人間であるはずなのだが、何かしら
の暗示をかけられていて被害者を精神病院に連れていこうとする。その執着心たる
や病的である。私の場合母親がそうであったが現在は完全ではないが自分が何か
やられているという認識が生まれ始めているようだ。やはり自分で何かを体験しない
と、こういった事は信じられないというのが人間なのであろう。
故に初期は集スト、テクノロジー犯罪を理解させるのに気を使うのはやめた方がいい。
暗示にかかっている家族には被害者が気がふれたようにしか見えないという事なのだ。
また家族からいつまで家に篭っているのだと言われるかもしれないが、これは耐える
しかない。家に引き篭もっている事自体精神的におかしいと思われる事にもなるだろ
うが被害が弱まるまで待たなければならない。私の場合働きに出るようになるまで2年
かかったが被害が弱まれば外に出て働く事も不可能ではないのだ。被害が弱まって
いても外で働く事を不安を感じている人もいるだろうが、それほど深刻に考えることも
ないと思う。ただし職場でも多少工作のようなものはされることはあるが決してキレない
ようにする事だ。まずいと思ったら辞めてしまってもいいのである。あと敵方は被害者
に金を使わそう使わそうとするがその手には乗らない事だ。例えば探偵に解決を依頼
するのは無駄である。受け負う意志表示をする所は向こう側の人間が経営しているの
で高額の調査料をとられて解決もしないだろう。他にも詐欺まがいの商品や商談を
もちかけてくる奴もいるので気をつける事である。

以上が被害者になったら気をつけてもらいたい事である。くれぐれも悲観しない事。
短気な行動に出ないこと。むずかしいかもしれないがいつでも冷静を保つ事が
一番なのである。

スポンサーサイト
こんばんは。
送信失敗したので簡略化してまた書きます。

私達は人工衛星まで使って追尾されたり人工衛星からも攻撃されてるらしいですがブログ主さんもそう思いますか?

それはどこにも逃げ場が無いことを意味してると思いますが、この犯罪の被害に遭い始めたら後はもう殺されるしかないのでしょうか。
[2015/11/20 Fri] URL // 風 #z8Ev11P6 [ 編集 ] @
いつも被害者の皆様のために情報発信して頂き有難うございます。
御参考までに申し上げます。


NWOを目指しているハザールマフィア社会において、
常時必要に応じて連携している各諜報機関が、
それぞれ【対ゴイム戦略】を担当して来ているのですが、
たとえば【対ゴイム分断統治戦略】においては、
タビストック等が担当して来ている【対ゴイム3S戦略】が昔から有名ですが、他にも幾つかのプログラムがあり、
たとえば、特定のゴイムを的に掛けさせて『餌』として使わせて、
CIA等の各諜報機関が作り上げて来ている、
下部(代行役)組織である巨大なカルト型組織内の諜報機関に指示をして、さらにそれが『馬鹿』を使ってやらせ続けているプログラムなのですが、端的に御説明しますと、巨大カルトのネットワーク社会の構成員
の連携作業による、的に掛けている特定個人に対する24時間連続の【市民秘密警察活動】=自殺強要を当面の目的とした一番効果的なステルス(完全犯行)型の連続暴行傷害活動=ギャングストーキング活動=なのです。言うなれば【対ゴイム・ギャングストーキング・プログラム】です。

私のケースで御説明しますと、馬鹿が私の耳の穴(鼓膜)を正確に狙って極一瞬だけ思いっきり直径1mmの空気の針状の衝撃波を吐きつけて鼓膜に突き刺す暴行傷害に『特化』してやり続けています。
もちろん餌が住居内に居るときは電子レンジ改造型の超指向性マイクロ波連続射撃装置やハンドガンタイプのウルトラソニックデバイスやEMPライフル(キットが販売されています)を相乗効果を狙って併用して来ます。
アメリカでは知れ渡っているハラスメントデバイス(実際は暗殺用凶器)です。
これらの道具および暴行傷害のやり方は、カルト内の諜報機関が組み立てて、お膳立てして、馬鹿に指示通りにやらせています。

このプログラムの特徴は、餌役が自殺(自滅)しない限り、
絶対に事態が収拾されない様に、はじめから緻密に計算し尽くして
プログラムされている事なのです。

ハザールマフィアは先祖代々から『悪魔崇拝』をして来ており、
極めて多角的かつ総合的な『対ゴイム戦略』が、
これ程迄に悪魔的なのはここから来ているのです。

馬鹿は指示された通りに、吐きつけ暴行傷害をメインにした
ステルス型の暴行傷害を絶え間なく餌をつけ狙ってやり続けているのですが、餌ならば、びっくりして激昂させられてリアクションをする位の事ですから、馬鹿の『安全』に支障は無いのですが、
馬鹿を使っている諜報機関に少しでも睨まれましたら、
馬鹿には『世田谷一家5人惨殺事件』の様な、ネットワーク社会の
構成員全員に対する見せしめに使われるリスクが生じるのです。
『カルト内の諜報機関を僅かでも裏切ったらこうなるから絶対に裏切るな』というメッセンジャーに使われるリスクが生じるのです。
といいますのは、私のケースにおいて『専業』でやらされている馬鹿などは、アジトの2階に800万円相当の極めて特殊な軍用兵器(スナイパースコープ)を常設させられて、馬鹿は指示された通りに、24時間絶え間無く
それのファインダーに餌の耳の穴を一杯にズームしてつけ狙い続けて、
効果的なタイミングを突いて前述の吐きつけ暴行傷害をしているからですアメリカのミリメトリックス社の『軍用タイプ』のパッシブミリメーターウエイブイメージャーという、有効距離が27mで、
通常は如何なる物も障害物にはならずに『人間』だけをズームして、
ヒューマノイドの様ではありますが、くっきりはっきりと馬鹿に観させ続けている『切り札の兵器』なのです。
これには有効距離が少し短い、片手で持って使えるハンディタイプも有。実は、カルトネットワーク社会の至る所で、
この2タイプのスナイパースコープは使われ続けています。
もう1998年あたりから使われ続けているのです。
これは、私達部外者の日本人が、最後の手段として住居内で『篭城策』に打って出ても、すぐ目の前のアジトの2階から特定個人の『頭』だけを
正確に狙っての連続暴行傷害を可能にする兵器なのです。
つまり、この事実と情報だけは絶対に私達部外者の日本人社会に知られるわけにはいかないのです。
つまり、これの現物を諜報機関に見せられた時点で、
馬鹿にはもう一切の選択肢は無いのです。
もうその時点で、指示された通りに、
当面は餌が自殺(自滅)するまでやり貫くしかないのです。
だから、日本全土に数十年クラスの被害者の方々がおられるのです。
これが、巨大なピラミッド型のシステム社会なのです。
上位組織からの指示は絶対であり、僅かでも裏切って睨まれたら
一巻の終わりなのです。
これが解かった被害者の方々は片っ端から自殺なさっています。
あまりにも『不快過ぎる』からです。
当然です。餌の残り時間がどれだけあろうとなかろうと、馬鹿が餌を24時間絶え間無くつけ狙って『一番の不快』だけを味あわせ続けるのです。
当面は、自殺させる迄の予定で。この凶悪犯罪の特徴は、
餌が『馬鹿!もう解かったから!解かった解かった!』
という出方をし続けても、馬鹿に選択肢が一切無い事なのです。
これでは、馬鹿にとっても餌にとっても『救いが無さ過ぎる』のです。

 
[2015/11/23 Mon] URL // りんごのりんご #- [ 編集 ] @
追伸
上のコメントを書かれた方が以前仰られてた?グローバルジャスティスプログラムというのが集団ストーカーの正式名称なんでしょうか?
[2015/11/23 Mon] URL // 風 #z8Ev11P6 [ 編集 ] @
マインドコントロール
娘が、ガストでアルバイトをしております。ある日、興奮して帰って来ました。店長が耐えられないから辞める。と言うのです。娘から、二人の会話を聞いてみると、奇妙な印象を受けました。店長は、娘の性格上の弱みを熟知しているかのように、ゆっくりと時間をかけながら、娘の神経が、まいってしまうような、接し片をしているように感じたのです。しかも、ピンポイントで無駄がありません。人口知能は、生態電気信号を取り、人体と接続し、思考盗聴をします。個人情報から深層心理まで、筒抜けです。無駄なく個人攻撃、心理操作ができます。         TVから、仄めかしを受けていましたので、確信が持てました。ガストの特集でした。徹底した社員教育。無駄のない動線まで決められている、厳しい職場。芸能人が、うちの娘もここで、バイトさせたいなぁ。と言ったのです。私も、厳しい職場で続いたら、凄い。と、思いました。 マインドコントロールでしたね。 そのガストに食事に行った時、店長に挨拶されました。私が娘の親だと言う事を知らない筈なのに。妙な雰囲気でした。          娘の精神を追い込み、私には、素晴らしい職場、と思い込ませて、私に娘が辞める事を反対させて、家族間の対立を目論んだのでしょうか。娘を、私と店長の板挟みにしたて上げ、困らせる。私も間接的にこまる。これが目的なのでしょうか。  以前、下の息子が、学校の先生に不用に追い詰められ、ボロボロになった事があります。  
 二つとも、くだらない、子供じみた馬鹿工作です。しかし、やられる側は、時には命取りになます。次々に、このような工作を、自分と子供に、仕掛ける事を続けられれば、日常がスムーズにすすみません。   自作自演の問題作りは、止めて欲しい。人口知能マインドコントロール兵器で、関係者をマインドコントロールしながら、関係工作をやるのたから、人力では、太刀打ちできません。一刻も早い、法律の制定が必要てす。
[2016/01/19 Tue] URL // 人体実験 反対 #- [ 編集 ] @

管理者にだけ表示を許可する
http://ssskkkooo.blog.fc2.com/tb.php/101-58f94772
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 日本の闇と集団ストーカー all rights reserved.
プロフィール

nezuking

Author:nezuking
FC2ブログへようこそ!
集団ストーカー被害者です。集団ストーカー記事の他に
日本の理解し難い闇世界を掘り下げていきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
SOS

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR