fc2ブログ
闇勢力の最大の武器は何であろうか。あり余るお金
であろうか、それとも戦争兵器であろうか。
私が考えるに、やはり電磁波によるマインドコント
ロールではないかと思う。今回のコロナ騒動で、
それがよくわかった。危険なコロナワクチンを疑問
も持たずに何億人という人々が打ってしまったのだ。
これも闇側が流したコロナウイルスが危険だという
プロパガンダのせいである。
コロナウイルスが、いかに危険かということを
吹聴することにより人々の不安を煽ったということ
だ。人の心が、かくも弱いかということがよくわか
った出来事であった。また広域に広がる何かしらの
不安をかきたてる周波数の電磁波も流していた可能
性も大である。
今後このウイルスワクチンの影響が人々の体にどう
影響を及ぼすのか心配だ。
また、マインドコントロールは、不安だけでなく
いろいろな感情を起こさせるようである。
人の怒りを増大させたり、猜疑心を植え付けたり
嗜好性を変えたり、または行動を促進させたり
制御したりもする。
これらのコントロールにより人と人を対立させる
事も可能である。

マインドコントロールは、いくつかの種類があるよ
うだ。私の体験談など踏まえて下記に分類してみた。

・誘導型

誘導型は、事の成り行きで不幸に導かれるというもの
である。その原因と仕掛けは電磁波で行われることも
ある。私の場合と私の近親者の場合の例をとってみた
い。

まず私の例であるが、集スト自覚の数年前、心房細動
という病気で心臓の鼓動がおかしくなり、救急車で
病院に運び込まれたことがあった。入院を3日した
ぐらいで退院したが、その後通院をすることになった。
そしてその担当医というのがどうやら工作員らしか
ったのである。私が診察された時に、口をすべらせ
て電磁波の影響の事を言った途端に、その医師は精神
科を勧めてきたのであった。さらにどういうわけか私の
母もその担当医に、ある病気で受診するように回され
ており、私のことを話したらしい。母親は、精神病院
の紹介状を渡されて私に精神病院に行くように迫った
のである。本当に修羅場であった。この場合は心房細
動は電磁波が原因であり、母親をその医師の担当にし
たというのは罠である。また母親が狂ったように精神
科に行くように強要したのも電磁波によるマインドコントロ
ールの感情操作であろう。それでもその時は、なんと
か行かずに乗り切ったのであった。

また私の近親者の話であるが、妹の旦那の話である。
当時は、私が35歳で妹の旦那が40に近かったと
思う。仕事は自営業であった。その妹の旦那が急に
声が出せなくなったというのである。電話などでは
会話にならずに酷く不便だったよだ。それ故、千葉
大付属病院で手術を受けることになった。手術当日、
手術は成功したようにみえたが、その晩、急に苦しみ
出したのである。それを付き添いの家族が看護師に言っ
ても、大丈夫だという事で様子をみたのだ。しかし
その後、首の腫れが酷くなって包帯で首が絞まり、
低酸素状態にになり意識が無くなってしまった。
そしてその後は植物人間になってしまったのである。
この場合は声が出なくなったのは電磁波のせいであろう。
私自身、現在ときどき声が出なくなるというのを体験し
ている。当時はテクノロジー犯罪など知らなかったの
であるが、今思えばそういうことだったのかと思う。
また執刀して医療ミスした医師の手元が狂ったのも
ひょっとしたら電磁波のせいかもしれないし、患者が
苦しんでいるのに何の処置もしなかった看護師も、たい
した事はないと楽観視する感情操作が行われていたの
かもしれない。その二人が工作員でわざとやったという
可能性もあるが、自分の進退をかけてまでするだろうか。
いずれにせよ本当に不幸な出来事であった。

この誘導型は自分でも知らないうちに、とんでもない
事になってしまうという恐ろしいものである。闇が仕掛
ける罠は非常に手が込んでいるということだ。


・勘違い型

記憶を消されたり、逆に何かしらの記憶を刷り込まれ
たりする場合がある。
また私の話であるが、ある日、母親が2階のタンスの
中に自分のものでない女性ものの下着があったと言い出
した。もちろんそんなものは知らない。しかし母親は私
がどこからか盗んだと言い張るのである。そこで私と母
は、母が言う2階のタンスを調べてみた。しかし何も
無いのだ。当たり前のことであるが、母親が言うには、
私が察知してどこかへ隠したというのである。これは
記憶を植え付けられているということであろう。ひょっ
としたら、かなりリアルな夢を見せられたのかもしれ
ない。これは私が前にブログに書いた仮想世界の話の
通りではないだろうか。

あと私の妹の犬の話をしたい。妹は15年前、、高層の
団地の10階に住んでいた。犬も飼っていい所であった
ので、一匹の柴犬を飼っていたのである。ある日、部屋
の掃除をするために、その犬をベランダに置いたので
あった。数分後に妹がベランダを見ると犬が居ないので
ある。まさかと思い下の地面を見ると犬が倒れている
ではないか。急いで一階に降りたが、犬はもう息絶えて
いた。その犬はきっとその場所が10階だということを
忘れていたに違いない。勘違いをさせられたのだ。動物
であるから、単純にベランダの向こうに行ってみたい
衝動を刷り込まれたということも考えられる。本当に
可哀想なことをした。

勘違い型も恐ろしい。ちょっとした事で死にいたるよう
な環境の中で勘違いをさせらたり、また冤罪を着せられ
たりするのだ。これは被害者でも加害意識のない加害
者でも魔に魅入られるということで注意が必要である。

・行動型

これは、無意識の加害意識のない加害者がアンカリング
としてやるものである。被害者はこれをやられると非常
に嫌な思いをする。私の例で言うなら、前にブログ記事
に載せた、電車の中で対面に座る人間の足癖であろう。
酷く貧乏ゆすりをしたり、足を組んで足首を回したり
する連中だ。これは無意識状態でやらされているに違い
ない。また多くの被害者が言っている、頭の髪をしつ
こくなでたり、掻いたりしている人間がいるというよう
なこともその1つであろう。そして一番、被害者が体験
しているものは加害者の咳であろう。これは喉の神経
を刺激する周波数の電磁波が原因かもしれない。被害
者のそばに居る無作為の人間に刺激を与えているので
はないかと思う。これも被害者にとっては嫌な行動の
1つだ。

・感情型

怒り、憎しみ、興奮などの操作である。人とちょっとした
ことで言い争いになる時がある。これは脳内のアドレナ
リンが分泌しやすいような周波数の電磁波を脳に送って
いるのではないだろうか。
私の職場の話になるが、老人になればなるほど、怒りっぽく
なる傾向が強い。これは世の中で現在よく言われている
老害というやつである。歳をとればとる程、脳が萎縮して
自らの感情操作ができず、闇側のコントロールを許してし
まうということなのだろう。
また嗜好性が変わってしまい。それがもとで人とトラブル
になるということもあるかもしれない。例えば、急に食べ物
の好みが変わり、同居人の好きなものと被ってしまった
ため、食べ物のことでケンカになるとかそういう事である。
離間工作に使えるということである。

・不安型

何か1つの事が気になって仕方が無いというものである。
1つの連続する音が気になったり、人の仕草が気になると
いったものだ。 現在、私自身も電車に乗った際の対面
の人間の足の挙動が気になるが、何んとかセルフコントロ
ールをしている。また前に私がブログ記事に書いたカメラ
やスマホのレンズが気になってしょうがないという被害者
もこれであろう。不安型は酷くなると鬱になる危険性が
ある。さらに酷くなると自殺願望を持つようになるので恐
ろしい。また、攻撃的になる人間もおり、殺人をおかす
人間もいる。引き篭もりなども社会に出るのが不安で仕方
が無いというのもこれであろう。皆、電磁波で不安を煽ら
れているということである。現在のコロナウイルスの恐怖
もこれであろう。集団心理によって余計に増大している
ように思われる。そしてウクライナとロシアの紛争も、
ロシアのウクライナに対する不安が絶頂に達した結果とい
うことではないだろうか。不安が過剰になるのは、脳内分
泌成分のノルアドレナリンが過剰になった時だという。
これも電磁波でそういったものが多量に分泌されるように
なっている可能性が高い。

以上がマインドコントロールの種々の形態であるが、被害
者の方は、このうちのどれか、または複数を体験している
のではないだろうか。現在、携帯の電波の5Gという強力な
電磁波がもう普及している。さらに、これに合わせて電磁
波吸収成分が入っているコロナワクチンの接種が膨大な
数の人々にされているということで、世の中の人間は皆、
今まで以上に闇に踊らされるということである。
今後はさらに暴力的、あるいは奇行などをする人間が増え
るに違いない。また大勢の人間がとんでもない方向にミス
リードされる懸念がある。今後の世界がどうなってしまうか
が心配である。


にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村

集団ストーカーの実行団体はどこかと問われれば、まず
上がるのが創価学会であろう。この団体は白人ユダヤの
下部組織だと言ってもいいだろう。今回はこの創価学会と
いう闇組織をテーマに取り上げてみたいと思う。

宗教というものは、一体なんであろう。これに身を委ね
れば神の御加護を得られて幸福になれるというのが、ど
の宗教でも言っている事である。しかしカルト宗教など
を見ていると、信者は利用されているだけで、金を吸い
上げられ、無駄に時間を勤行やら布教活動に時間を費や
すことになるのである。 普通の生活をしている人間に
とって何の意味があるのであろうか。信者は、逆に不幸
になっているような有様だ。
かのキリスト教の教祖のイエス・キリストは、こう言っ
ている。健康で貧しくも無く普通に暮らしている人間に
宗教など必要ないのだと。必要なのは、罪人や病気持ち
の人間だけであると言っているのである。また日本の
宗教家では浄土宗の法然が同じようなことを言っている。
つまり救いの必要な人間にこそ信仰が必要であるという
ことだ。宗教は倫理への導引でもあり、また光ある来世
への、いざないといった使命があると言えるのではない
だろうか。

創価学会に以上のような価値観はあるのだろうか。まず
この宗教がどういう経緯で生まれたかという事である。
この創価学会というのは、元々は日蓮正宗の教育機関で
あった。それが勝手に一人歩きを始めて、日蓮正宗と
離反、分裂してしまったようである。完全に袂を分かっ
たのが1990年で池田大作が会長に就任した年であっ
た。それからというもの、かなりの強引さで信者を獲得
し、現在の信者数が800万人とも言われている。
池田大作はネットなどでは朝鮮人だと言われており、現
在は表舞台にも現れないので病気で死んでいるのでは
ないかとも噂されている。
創価学会はこの人物のおかげで闇勢力の手先となったと
いう声も多いのである。

創価学会はフリーメーソンの下部組織だと断言している
ネットのサイトがある。以下にその一部を引用したい。

    1千万会員創価学会征服に使われた戦略は
    さらに進化発展して、日本民族完全征服戦争
    にも、硬軟織り交ぜて全世界規模で応用、
    実行されている。その事に真っ先に気付く
    べきは創価学会員である。「自分達創価学   
    会員は、50年以上世界支配者層によって、
    日本民族征服のため利用されて来た。自分達
    が流した血と汗は、全て彼らが目指す『日本
    民族征服計画』のために使われた。我々は
    騙されていた。闘うべき相手を誤っていたの
    だ 」と 。世界支配者層のアジア征服戦略の
    要(かなめ)は、日本民族の抹殺。彼らとし
    ては、日本人の精神を徹底破壊し、最終的に
    は、古代インカ帝国の民のように、自ら喜ん
    で生け贄となり、文字通り身も心も悪魔に
    捧げる民族となるよう、洗脳したい。日本が
    落ちれば、アジアは熟れた果実のように自動
    的に落ちるだろう。どれだけの時間と労力を
    費やそうとも、日本民族だけは何としても、
    完全に征服しなければならない。日本人個々
    の洗脳は、マスメディアと学校教(狂?)育
    の網にかけ、ニセ情報と嘘の知識を骨の髄ま
    で染み込ませよう。これぞ文字通り「一網
    打尽 。」

創価学会員がいかにフリーメーソンなどの闇勢力に利
用されているかを訴えているものだと言えよう。創価
学会という巨大宗教団体を使い日本を破壊しようと
いうものである。創価学会の人間は、いろいろな団体
に埋伏しており、企業、官庁などの一部門を乗っ取っ
たり、トップに登りつめたりして、企業を食い物にし
舵とりをおかしくしているのではないかという
ことだ。この手法は世界の各国に散らばって暗躍して
いる白人ユダヤも同じようなことをやっているのだ。
最近のニュースで言うならロシア、ウクライナ戦争の
主要人物、ウクライナのゼレンスキー大統領ではない
だろうか。大統領にまで登りつめた彼はユダヤ人なの
である。この人物一人のせいで双方の国で何万という
死者が出ているということなのだ。

また創価学会フリーメーソン説のサイトは、創価学会と
国際連合の癒着にも言及している。それが以下のもので
ある。

    世界から戦争を無くすために国際連合が設立
    されたのではない。国際連合を設立するために
    世界大戦が起こされ、関連事件を含めると1億
    人以上の人々が命を落とした。真実は一般
    常識とはまるで逆なのだ。  (中略)

    「創価学会は 1981 年から国連広報局NGOと
     して登録されている。またSGI(創価学会イン
    タナショナル)は 1983年から国連経済社会
     理事会との諮問資格を持つNGOとして登録され、
    ニューヨークとジュネーブに国連連絡所を設置。
    地球的問題群解決に向けて、様々な意識啓発活動
    を行っている 」。これは創価学会が国際連合と
    いうイルミナティ・フリーメーソンが実現に向け
    て設立したNWO組織に属しているということ。
    文字通り、悪魔教の手下ということだ.
    一体 創価学会員達はこのことを理解しているの
    だろうか?恐らく 何も理解していない何とおめ
    でたい人達だろう。大白蓮華(創価学会の機関誌)
    には「ローマクラブ名誉会長 リカルド・ディエス
    =ホフライト2012、ネル博士インタビュー」と
    いう記事には「池田SGI副会長 ホフライトネル
    名誉会長と会見」という記事 SEIKYO(聖教新聞)
    2011がある。ローマクラブも勿論、純然たるイル
    ミナティ・フリーメーソンの組織。世界人口削減
    を叫び、人工生物兵器 (エイズ)の極秘開発他、
    あらゆる人口削減政策HIVに関わっている。道理で、
    公明党が積極的に、断種ワクチンである子宮頸癌
    ワクチンを日本の女の子達に接種させる訳だ。
    創価学会はローマクラブのいいなりに動いている
    事がよくわかる。

というような事である。創価は国連広報局のNGOとして
認められているらしい。NGOとは非政府組織であり、
国際協力を行う組織である。世界の貧困、環境問題などに
取り組むというものだ。創価学会がそんな人道的な立場に
あるとは驚きである。創価が人道的な活動をしているなど
聞いたことがない。国連はユダヤ闇勢力がつくったもので
あるから、その下部組織がそういった立場に収まるのも
納得である。また創価学会はローマクラブとの関係が深い。
ローマクラブというのは、地球の環境問題を考える組織
であり、人口増加、食料や資源の枯渇、環境破壊などの
問題を考えるシンクタンクであるという。この組織も闇
勢力の1つであり、フリーメーソンやイルミナティと同族
であろう。池田大作は、この組織の日本人名誉会員という
ことになっているらしいのだ。
創価学会は、ヨーロッパのフランス、ベルギー、ドイツ
などでは危険カルト宗教に認定されているのに、国連に
おいては、ちゃっかり正当性のある地位に収まっている
のだ。世の中は本当におかしな事ばかりが、まかり通る
ようになっている。非常に気色悪いのだ。

闇白人ユダヤは世界の国々に散らばりその地下に潜って
情報収集活動、工作活動、暗殺などをやってきた歴史が
あるという。創価学会にもそういった部署のようなもの
があると言われている。自前で直に活動するのか、それ
とも外部に依頼するのか、とにかく、かなりヤバイ事を
やるようだ。 池田大作は在日朝鮮人であるという事
は有名であるが、北朝鮮の工作員であったという噂もある。
あの日本人拉致事件を実行した工作員の類である。そうで
あるならば北朝鮮と蜜月なのは納得できるだろう。
日本には朝鮮総連が組織した「ふくろう部隊」という
暗躍組織があるという。朝鮮大学校を卒業した者が構成
員であるようだ。その部隊の活動内容は尾行・監視、
盗聴、脅迫、暴行などだ。これはまさに集団ストーカー
そのものではないだろうか。

今回は創価学会をいろいろ調べてみたが、創価学会以外
の団体にも集団ストーカー工作員はいるだろう。それは
左翼系であったり、部落民であったり、一般の会社員
であったり、公務員であったりと様々かもしれない。
もしこれらから共通項を見つけるとしたならば、一種族
の外国人という事になるのではないだろうか。つまり
在日朝鮮人である。すべての朝鮮人が悪人だとは思わない
が、前述の朝鮮大学校など出ている人間は要注意という
ことだ。
私は今まで集団ストーカー工作員の養成所のようなものが、
どこかに存在しているのではないかと思っていたが、今回
創価学会のことを調べてみて、朝鮮大学校というものが
それに相当するのではないかという可能性を見出した。
今後はさらに、創価学会や朝鮮関係の記事などをネットで
検索して知識を深めていきたいと思う所存である。


にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村

// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2024 日本の闇と集団ストーカー all rights reserved.
プロフィール

nezuking

Author:nezuking
FC2ブログへようこそ!
集団ストーカー被害者です。集団ストーカー記事の他に
日本の理解し難い闇世界を掘り下げていきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
SOS

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR