fc2ブログ
コロナ騒動は、いまだ続いているが人々はこの芝居にあと何年
つき合うつもりであろうか。もういい加減に国もマスコミも
国民も、おかしいと思ってもいいはずである。国民はともかく
国やマスコミの中にいる一部のワクチン推進工作員が、どう
してもこのワクチンを打たせるために強情に暗躍を続けている
という事なのだろう。
デルタ株というコロナ変異株が下火の様相を見せ始めると今度
はオミクロン株とかいうものを掲げてワクチンを打たせよう
とする。このオミクロンという変異株は未接種の人間よりも
ワクチンを2度打った人間のほうが感染率が高いという。全く
馬鹿げた話である。きっとワクチンを2度打った人間のほうが
免疫力が弱っているに違いない。私はコロナウイルス自体の
存在を信用しないので、コロナに感染した人々というのは、
ただの既存の風邪をひいたのではないかと思っている。
あるツイッターのワクチン接種反対の人物は、コロナの存在
の証明書を提示できる省庁や県は1つもないという事を言って
いた。まさにその通りで、だれもコロナの検証などしておらず
もししたとしても、それをやった人間は抹殺されてしまって
いるのではないだろうか。
このコロナ操作は酷く狡猾で人間の弱点をついていると言える
だろう。誰かが騒ぎだすと群集心理で恐怖が伝染してしまうと
いう事だ。さらにテクノロジー犯罪の観点からすると、そうい
った感情操作を電磁波でやられているということである。ゆえ
に、みんなまともな判断ができなくなっているのではない
だろうか。
コロナワクチンで死亡した人間の存在を告発して、殺されて
しまった人間も存在する。厚労省の女性職員であるが電車に、
はねられて死亡しているのだ。この女性職員は12歳の小学生
がワクチン接種で急死したことを正直に報告書に記載したよう
である。また厚労省のコールセンターのある職員は、国民から
の問い合わせに対して「ワクチンは感染を予防するものではなく
情報を収集するために実施されている」「追加接種すれば死亡
するか確かめるため」「ワクチンによる実際の死者数は報告
されている人数の10倍から100倍に上る」といった内部告発
ともとれる回答をしたという。省庁の人間の中にも正義感の
強い人間がいるのだろう。

コロナワクチンを接種して倒れ、接種会場から何人もが救急車
で運ばれているという情報がネットに数多く上がっている。
元気だった人間が容態が急変して死亡する例も多いのである。
このコロナワクチンによる副反応という奴は、様々な症状を
引き起こすようである。腕の痛み、心筋炎、皮膚炎、倦怠感、
が初期に起こりやすく、長期的な症状として抗体依存性感染
増強、不妊、免疫疾患、ガン、不正出血(女性)などが起こる
という話である。抗体依存性感染増強という言葉は聞き慣れな
い言葉であるが、これはウイルスの感染やワクチンの接種によ
って体内にできた抗体が、ウイルスの感染や症状をむしろ促進
してしまうという現象だそうである。これでは何のためにワク
チンを打つのかわからないではないか。
他にも、酷い症状のものがあり、脳梗塞、失明、流産、生殖
機能不全などがあるようだ。ツイッターなど見ているとこう
いう身につまされるような話がたくさんあり、気のどくに
思えて仕方がない。しかしこういうことを国や省庁などに訴え
ても関連性がないなどと判断されて、対応なしなのである。
もう狂っているとしか思えないのだ。

それにしても、これら症状の原因はワクチンの中の何が原因と
なっているのだろう。その説の一つに血栓の生成というものが
ある。その記事を一部掲載したい。

    「今回のコロナワクチンは安全ではありません。端的
     に言いますと、安全でない理由は、遺伝子に基づい      
     た設計により、体内でウイルスのスパイクタンパク
     質の生成を可能にするからです。私たちは何年も前
     から知っていました。ウイルスのタンパク質に、血
     栓形成作用があることを。それについては多くの
     研究論文があるんです。ドクターヴォダーグと私は、
     昨年12月に欧州医薬品庁に、それについての警告と
     して、手紙を書きました。これは重大な問題です。
     接種後の約75%の副作用は、通常(のワクチン)
     よりも高い副作用発見率ですが、血栓塞栓症関連、
     血栓と出血の症状です。今お話しした(遺伝子に
     基づいた)設計と、スパイクタンパク質の特性は、
     今起こっている副作用の症状と、完全に一致するん
     ですよ。今起こっている副作用の症状と・・・私が
     特に懸念しているのが、父として、祖父としてで
     すが、子供は、COVID‐19に影響を受けない
     ので、免疫があり無症状であれば、全く気にする
     ことはないので、子供にとってはリスクではあり
     ません。狂っていますよ。ワクチンを接種させる
     なんて・・・子供の死亡リスクは50倍ですよ、
     ウイルスそのものよりも」

コロナワクチンの遺伝子は注射されることによって、いろいろ
な所に運ばれていくだろう。遺伝子が行き着く先や量は人に
よって様々かもしれない。それがいろいろな症状となって現れ
るという事なのかもしれないのである。
この血栓とスマホの5Gを結びつけている人たちもいる。ワクチ
ンの中にはグラフィンという磁性体が入っているので、5Gの
電磁波がその磁性体と絡んで赤血球を吸い寄せて血栓をつくっ
ているのではないかという人たちもいるのだ。考えてみると、
血液の中には鉄分が多いので、この考え方も無きにしもあらず
といった所である。我々テクノロジー被害者は電磁波の効力を
嫌というほど味合わされているのだから、こういった考え方も
おかしいとは思わないだろう。

最後にコロナワクチンの副反応による悲痛な叫びの記事を紹介
したい。これはユウチューブの動画にあったものである。
とある会社の経営者が新聞の一面にコロナワクチンの危険性
を説いた意見広告を掲載した。その掲載金額は5000万円
だという。まったくもって敬意を払いたくなるような所業で
ある。この方とその会社の社員は全員、コロナワクチンに疑問
を呈しているようだ。そして健康な未成年者にワクチンは本当
に必要なのかということを力説しているのである。
広告を出したのは西日本新聞、琉球新聞、大分合同新聞、中日
新聞、東京新聞の5社である。それだけで5000万円をすべ
て費やしてしまったそうである。しかし本当は全国紙に掲載
したいようで寄付を募るようだ。 この意見広告には反論
は無かったようであるが、先日初めて抗議があったようだ。
抗議をしたのは中学生の少年で、その内容がまた、いたたまれ
ないほど悲しい内容なのである。それが以下のものだ。

    ○○新聞の意見を読みました。今頃このような意見を
    言われてもつらいだけなので、もう出さないでくだ
    さい。僕の弟はワクチンを打った2日後の朝、急に胸
    が痛いと言いはじめたので、○○病院に行きました。
    色々検査をしましたが原因がわからないと言われ、何
    ヶ月も入院しました。お医者さんからはワクチンは
    関係ないだろうと言われましたが、ワクチンを打った
    2日後からいきなり痛くなったのだから,お医者さん
    はいい加減だな思いました。弟は退院しましたが、今
    でも胸が時々、痛いようでずっと学校を休んでいます。
    僕は父からワクチンは危ないかもと聞かされていたの
    で打っていません。僕は弟に打たないほうがいいと言
    ったのですが母がワクチンを打たないと感染すると
    言って打たせました。そして今の現状です。この事で
    父と母は離婚してしまいました。その後に意見広告を
    母に見せたら泣いていました。
    どうしてもっと早く出してくれなかったのですか。
    意見は遅すぎたと思います。もっと早く出ていたら
    弟は元気だったし、父と母も前のように仲良しだった
    と思います。今出されても全然何の役にも立ちません。
    母が悲しむ姿を僕も見たくありません。だからもう
    ○○新聞には出さないでください。よろしくお願い
    します。

この意見に対して広告を出した主は、辛い思いをさせてしまった
ことを詫びたようである。そして大人の一人として日本中の若者
に謝りたいと言ったようだ。自分の利益や保身しか考えない
無責任で頭が悪く感性も鈍い、どうしようもない大人ばかりで
あることを、そしてそのせいで彼らの命や健康まで奪ってしま
ったことをすべての大人に成り代わって謝罪したのである。

感慨深い内容の話である。広告主の高潔さ、そして少年の
悔しさの滲み出た真摯さが胸を打つ。この話に限らず、若年齢
者のワクチン後遺症は多く存在していると思われる。それら
の被害を受けている者たちは、ワクチンによる害だと言っても
認められず、泣くき寝入りをしているのではないだろうか。
もうそろそろ一般の人もこれらの事をおかしいと気づいても
いいのではないかと思う。 特に日本はそれでなくとも若者が
どんどん減っているのだから、将来の日本が立ち行かないこと
になるのも目に見えてくるはずである。

現在の日本は、また感染者が急激に増えたという。一日5000
人という日もあり。マスコミはこぞって報じている。なぜ多く
なったかというと無料のコロナ検査が実施され始めたからである。
このPCR検査などさえやらなければ感染者など少数で済む
のに、闇の意向を汲んだ傀儡のような連中がこれを推し進めて
いるようだ。全くもって苦々しい。今現在のワクチン接種率は
国民の70~80%のようである。打ってしまった者は仕方が
ないとしても残りの未接種の人は頑張って、打たないでほしい。
ワクチンの不純な遺伝子を持たない純粋な遺伝子の人間のまま
で乗り切ってほしいと私は思う次第である。


にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村

世の中には自殺する人がまだ多くいる。絶えることがないようだ。
これはやはり闇勢力による工作ではないかと推測する。統合失調症
などの音声の撹乱による苦痛。鬱、引き篭もりなどの負の感情を与え
続けることによる絶望感。などが上げられると思うが、中には、体
の内部に我慢できないぐらいの共鳴振動を起こされて即、自殺に導か
れる者もいるという。今回はそういった現象をテーマにしたいと思う。
まずアメリカで起こった怪現象を紹介したい。

    1987年6月上旬、セントルイス。あるマンションの住民
    たちが前代未聞の現象に見舞われた。原因不明の症状で二人
    が死亡。多数が体調不良を訴えたのだ。正気を失い自害した
    者もいた。何が原因だったのか。毒ガス、危険なカビ、生物
    兵器かそれとも、もっと邪悪な何かだろうか。そのマンション
    はヘイブンハーストといい、ヘイブンハースト事件という名で
    有名である。事件が起こったのは6月2日。マンションの住民
    は皆、気分が悪くなり不快感を感じていたようだった。警察に
    通報した女性によると、自分と夫が毒を盛られたようだという
    ことである。警察はパトカーと救急車を手配して現場に向かわ
    せた。ほどなく被害者はその3号室の夫婦だけではないことが
    判明する。あきらかに何かが急速に広がっていたのだ。警察は
    消防隊とともに調べ始めると異変に苦しむ人々がマンション中
    に次々に見つかったのである。そして建物をすべて封鎖したの
    だった。異様な事態に刑事は部下と残りの部屋も見て廻った。
    「我々は住民全員を外に出し、残っている人間がいないか隈なく
    チェックしました。恐怖で動けない人がいる可能性もありますから。
    大きな音が聞こえたのは8階を調べていた時でした。銃声です。
    音は建物中に響き渡り、風邪通おしの悪いマンションに空気を
    入れるシャフトをも揺らしたんです。
    遺体を部下が見つけました。」刑事は最初、死んだ男が建物を
    利用してテロを仕掛けたのではと疑った。「彼がシャフトを通
    して何かを撒き散らし住民を被害に合せたのではと考えました。
    そして刑務所に送られるぐらいなら人生を終わらせようと思い
    拳銃自殺したと・・」司法解剖が行われたが結果は上層部により
    機密とされた。刑事は検視官から情報を聞き出した。「内臓が
    潰れていたとか・・ゼリーみたいにね。とにかく体の中が全部
    ぐちゃぐちゃだったんです。」37歳のこの男性は無実であろう。
    他の住民と同じで体に異変をきたし苦痛のあまり自殺したのだ。
    疾病予防管理センターや軍、ガス会社までもが2週間も調査し
    たが何も見つからなかった。危険な物質など見当たらないにも
    関わらず調査に当たった者たちは次第に住民と同じ症状に苦しみ
    始めた。科学的調査が行きづまる中、別の可能性が浮上する。
    超常現象である。この考えに基づき神父などを呼んで悪魔祓いも
    行ったようであるが、その神父も悪魔祓い中に酷く咳きこみ倒れ
    て長い間、意識を失ってしまったのである。追い込まれた警察
    は地元で有名な超常現象専門探偵に調査を依頼して解決に望んだ
    のであった。探偵は極小さな音にも検知できる超高感度の機材を
    持ち込みテープで録音をした。いつもなら録音対象は幽霊の声だ
    が、今回捉えられたのは予想外のものだったのである。探偵は
    採取した音を自分の研究室で分析していたのだが、いくら聞い
    ていても無音状態であった。しかし何時間もそれを聴いていると、
    気分が悪くなり頭痛がして体が震え出し、咳きも出はじめ胸が凄
    く苦しくなり最後には気を失ったということである。現場でもな
    い自分の部屋で気分が悪くなったということから探偵は閃いたの
    であった。そのテープの中にある何かが影響しているということ
    に。やがてわかったのがマンションの通気システムのファンの
    低周波音がその元凶だったということだった。通気ファンの防音
    カバーが何者かによって取り外されていたのであった。物質には
    どんなものにも固有振動数というものがあり、同振動数の音に
    共鳴するという原理から人体が共鳴反応を起こし、おかしくなっ
    たという結論であった。つまり低周波音が人体に悪影響をもたら
    したということである。人間の聴覚は低周波の音は聴くことが
    できない。だから長い間、音が元凶だということに、たどり着く
    ことができなかったのだろう。その低周波音は超低周波音で7Hz
    の周波数であった。この周波数は人間の脳や臓器と同じ周波数で
    あるという。ヘイブンハーストの事件は誰かが故意にやったので
    あろうか。一体なんのために・・

以上が事件の顛末であるが、被害者は超低周波の音を体感することに寄って
身体をおかしくされたようだ。報告書ではその低周波音は長い時間、聴く
と、だんだん悪くなるようである。これは共鳴現象の特徴であろう。例を
上げれば、寺にある大きな鐘を指で押すのを何回も何回も繰り返すとだんだ
ん振りが大きくなり。しまいには地面に落ちるのではないかと思うほどに踊
り狂う。これが共鳴の原理だということだ。共鳴現象を持続的に受けた物質
は最後には破壊の運命にある。オペラ歌手が自分の高音域の声でグラスを割
るというのもこれと同じである。つまりグラスの固有振動の周波数ととオペ
ラ歌手の声の周波数が一致したということだ。ヘイブンハーストの拳銃自殺
した男性も内臓を破壊されていたという、これも共鳴現象なのかもしれない。
しかしなぜ彼だけが酷いことになったのだろう。原因となったファンの一番
近くにいたからだろうか。これらのことから突発的に自殺する人間は、感情
をコントロールされて死にいたる者だけではないということがわかったので
はないだろうか。体の中に強烈な痛みが起これば自暴自棄になり、その苦し
みから逃れるために死を選ぶということは充分にあるように思われる。

最近、自殺で話題となった芸能人の神田沙也加の話をする。彼女の親は
芸能人の松田聖子と神田正輝で、芸能人スターの2世である。その彼女が
何の前ぶれもなく自殺してしまったのだ。その自殺は不可解であったという。
自殺したの北海道札幌市のホテルであった。自室の22階の窓から14階
の屋外スペースに落ちたようだ。特に遺書は無かったようである。22階の
神田沙也加のいた部屋の窓は自殺防止用の窓で15cmしか開かないよう
であったらしい。ストッパーがついており、それ以上、開かない構造だっ
たのだ。だがそのストッパーも、はずす事は可能のようである。
15cmのスキマから成人女性が通り抜けることは可能なのだろうか。
ひょっとしたら5、6才の子供なら可能かもしれないが成人女性には不可
能に近いのではないだろうか。しかし15cmのスキマを通り抜ける
リンボーダンスのギネス記録保持者もいるので、完全に否定もすることは
できないのである。もし15cmのスキマを通って自殺するのが可能なら、
相当体を擦り込ませせて引っかかりながら通らなければならないだろう。
この自殺の不可解な点は、なぜわざわざ狭い窓から飛び降りようとした
のか、また22階から14階という8階分という中途半端な高さを選んだ
のかということである。この階数分だと重症にはなるが死を免れてしまう
可能性もあるのだ。ということは何か突発的なアクシデントがあって飛び
降りたのではないかということが言える。もし前述した超低周波音などを
照射され激しい痛みを体感したならばパニックになり、自暴自棄となって
その苦痛から逃れようと命を絶ったに違いない。その行きついた所が狭い
スキマの窓だったとしたら辻褄が合うのではないだろうか。とにかく猛烈
な苦痛から逃れたい一心で後先、考えずに窓を開け強引にすり抜けて
転落したという可能性も無きにしもあらずである。それならなぜ出入り口
のドアから部屋を出なかったかという事であるが、ヘイブンハーストの男性
自殺者も部屋から出て逃げようとしなかったのだ。これは外部からの何か
の力だとは思ってなかったに違いない。きっと自分の体が原因で起こった事
だと思ったか、他の事を考えることができないほどの苦しみだったという
事ではなかったかと思う。神田沙也加も同様のことが起こり、命を絶って
楽になろうとしたのではないだろうか。これらはただの私の想像であるが、
可能性としてはゼロではないだろう。
余談ではあるが、神田沙也加の謎の自殺は他にも変わった推理をする人
もいて、神田沙也加はコロナワクチンを打って容態が急変、死亡したの
で、それを隠蔽するため死体を14階の屋外スペースに寝かせて飛び降り
自殺に見せかけたというものもある。これは警察も隠蔽に協力していた
という説だ。不謹慎ではあるが面白い推理だと思った。
自殺する芸能人は神田沙也加のほかにも多く存在するが、マインドコント
ロールされた人だけではなく、発狂しそうな苦痛を与えられて自殺を
選んだ人もいるのかもしれない。それは低周波音だけではないかもしれ
ないのだ。超音波や放射線なども酷い苦しみを与えることができるだろう。

アメリカやイギリスなどで「Hum(ハム)」と呼ばれる謎の騒音が発生し住民
を悩ませているという。Humによる騒音のせいで不眠になったり過度にストレ
スを抱えたりと深刻な被害が生じており、中には鬱になり自殺に至る人まで
現れているのだ。40年間近くにわたってHumを調査した研究からは、Humには、
「VLF」と呼ばれる周波数3kHzから30kHz(波長にして100キロメートルから10
キロメートル)の電波もしくは「ELF」と呼ばれる周波数3Hzから30Hz(波長に
して10万キロメートルから1万キロメートル)の電波が含まれる、という共通
の特徴があることが分かっている。なお、ELFは携帯電話も発している電波
で極端に浴び続けると筋肉や中枢神経に刺激が与えられて人体に害をもたら
すこと、VLFも浴び過ぎると生体機能に直接的な影響を与えることなどが
指摘されているという。
私の家でも頻繁にブーンという低い音がするが、これも低周波音だろうか。
それとも低周波電磁波だろうか。これを聴く時必ず、体のどこかの筋肉が
痙攣するのだ。また職場でも朝5時ぐらいからずっと咳きをしている同僚
がいる。その時間帯だけである。これは聴こえない超低周波音なのかも
しれない。被害者の周りにはいろいろな仕掛けがしてあり、周りの人間も
巻き込んで身体をおかしくされていると思われる。それがどこに仕掛けられ
ているかよくわからないのが悔しいところだ。闇側は、きっと容易には
わからないような場所を選んで自信を持っているに違いない。それさえわか
ればきっとテクノロジー犯罪を暴露することができるだろう。それには
何かしらの方法を思いつかなければならないに違いない。果たしてそれが
見つかる日は来るのだろうか。 わずかながらの希望であるがその日を
信じたいと思う。


にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村

// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2024 日本の闇と集団ストーカー all rights reserved.
プロフィール

nezuking

Author:nezuking
FC2ブログへようこそ!
集団ストーカー被害者です。集団ストーカー記事の他に
日本の理解し難い闇世界を掘り下げていきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
SOS

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR