fc2ブログ
前回の続きである。パパケベックのコメントが来たが、相変わらず言っている事
に論証を示さない。それならば普通の被害者と同じで推論の域である。私達、被害
者は推論でしか電磁波のことを論じることしかできないのであるから、自分が絶対
正しいなどと言うのは、奢り高ぶったひとりよがりの愚者の言う事ではないかと思う。
パパケベックは私の犬の鳴き声の話ばかり気にしているようだが、他のことには目も
くれぬようだ。たぶん他に私が書いたこと、例えば共産党員であることなどは本当
なのでふれないのだろう。パパケベックはいったい自分の敵は何だと思っているので
あろうか。その事も追求せずに同じ被害者だけに嫌がらせを続けている。もはや闇側
の意志をそのまま実行している感がある。操られた狂人と言ってもいいだろう。
この犯罪の最終首謀者は、およそ日本の一団体でも、政府でもない。ユダヤ資本を
ベースにしている連中だ。そういった考え方をしないのもこの人物の性格だ。

このパパケベックなるものの、もう1つの特徴は、来るコメント来るコメントに
よって、矛盾があるということ、また一貫性がないという事である。これは
他の被害者も言っていることだ。ということは私は、このパパケベックという
奇人の類が複数人であると推測する。 私の所にくるパパケベックのコメントだが
拍手コメント欄であったり、普通のコメント欄であったりと一貫性がない。また
名乗る名前もパパケベックだったり、単純にPだったりしている。下記に一文の
例をあげてみる。

    P  本文:
    新しい記事には、肉離れ、を言っているところ、それ、単なるこむら返り
    じゃないのか?被害妄想にとらわれていると何でもかんでも加害=被害に
    なる。早いところ被害妄想自分で除去したら?

という文章であるが、この Pというのは、パパケベックの事であろうか。わざわざ
肉離れを否定してくる被害者はそうそういないからパパケベックという括りで
いいと思う。しかし何となく別人の文章に思えて仕方がない。パパケベックという
のは、1つの集合体で複数の人間がユニットを組んでいると考えてもいいのではな
いか。この文章の最後の部分「早いところ被害妄想を自分で除去したら?」という
部分であるが、普段のパパケベックであるならばこう言うだろう。「早いところ被害
妄想を自分で除去したらどうだ?」と言うはずだ。前文は何だか女性が書いたような
文章である。

パパケベックのコメントのIPアドレスを調べてみると、その発信元が札幌の市街地で
あったり北海道深川市街地であったり、新宿都庁であったりといろいろだ。またパパ
ケベックの他にも私の所に悪辣なコメントを寄越してきた人間がいたが、それは沖縄
の那覇市役所であった。これらの事から単純に推測するとパパケベックまたは同類
の工作員は、公務員である可能性が非常に高い。市役所や、都庁、県庁などに勤めて
いる人間がネット工作しているのではないかという事である。それならば合点はいく。
実は公務員の中には左翼が非常に多いのである。

闇側のパパケベックのような人間に対する洗脳工作には段階があると思う。まず宗教
や左翼思想に、いれ込むように感情操作を行う。これが第一段階。第二段階は、それら
をベースにして敵視している人間に嫌がらせなどをするようになる。そして第三段階は
闇が洗脳しようと生体通信で話かけ始める。これにより本来の思想活動上の工作か闇側
の暗示による工作か区別がつかなくなる。しかしまだ半々の状態である。最後の第四
段階は完全に闇のいうことを聞くロボット化するという事だと思われる。パパケベック
のような人間は多分第三段階にいる人間ではないだろうか。

闇側は、ある女性被害者が生体通信の音声通信の内容をブログに詳しく載せていた事
を深刻に考えた。そして止めさせようとしたり、工作者を使って被害者の擬似ブログ
を大量に作らせ隠蔽していたようである。もしそういった事であれば、パパケベ
ックは大いに闇側に利用されている事になる。パパケベックはその忠実な実行者なのだ。
嫌がらせをされた女性被害者のハンドルネームはKUMAさんといい。この方も生体
通信被害者である。パパケベックはどういうわけか同類の被害者の人を敵視して、多く
の嫌がらせをしているようだ。全く理解に苦しむ。私は被害者のKUMAさんに同意を
得て実際どういう被害を被っていたか画像を掲載させてもらう事にした。以下がそれ
である。

KUMA-偽ブログ

見てみると誰かの記事にKUMAさんのハンドルネームを使ってイイネをしているよう
である。これはパパケベックという成りすましがやっているということだ。まったく
気味の悪い事をすると思う。KUMAさんはこういった事に対して、警察に被害届を
出すと言っているようだ。
パパケベックは、もし闇側の直の工作員でないなら、自分で自分の行動がおかしいと
思わないのだろうか。本来ならば、こういった加害が人為的に行われていると思った
ならば、敵視対象は、これをやっている人間のほうに向くはずである。しかし敵だと
思われないような同じ被害者に敵意をぶつけている。ひょっとしたらKUMAさんが
自分ら共産主義者の敵であるかのような暗示を闇側から、かけられたのではないだろう
か。共産主義者なら、目の敵にするのは公安とか国家権力、または同類の左翼的集団
であろう。こ奴らは攻撃的な人間性を持っているので、意見が合わなければ何でも
噛み付くという性格を持っているのである。その攻撃性が闇側によって何の関係もない
人間に向けられるとしたら、こんな危険な事はないだろう。パパケベックは相当、
精神が侵食されているという事であろうか。その精神の崩壊度は、もはや京都アニ
メーションの放火犯人と同等だと思う。妄想狂なのはパパケベックなのだ。

私はパパケベックは複数だと前言でいったが、中心的な人物がいるのだろうと思う。
その人物は自分の総合ブログとかにアマゾンの販売者から購入したビデオカードが
不良だったという記事を載せている。そしてブログ記事にそのカードを怒り狂って
ぶっ壊したと言って、カードがズタズタになった画像を掲載している。これを見る
とまったく微笑ましい限りだ。この事から少なくともパパケベックはAIではない
という事がわかるというものである。

最後にパパケベックに言っておくが、パパケベックは私の騒音被害の件の犬の鳴き声
が頭の中に発生したもので現実ではないと言っており、またそれが原因で妄想が生ま
れると言っているが、犬の鳴き声は、ちゃんとICレコーダーに録音されているのだ。
その事実をどう捉えるのか。どうも前から話が噛み合わないと思ったら、パパケベック
は犬の鳴き声が脳内発生だと思っているらしい。
以上のようにパパケベックを弄ってみたが、いかがだろうか。本人は大分当たって
いると思っているのではないだろうか。 パパケベックは自分のほうが妄想狂だという
事を自覚して、嫌がらせをした被害者全員に詫びるべきである。

にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村

パパケベックという被害者か偽被害者かわからない者がまだ私のブログに
粘着しているが、自分の偏った意見を振り回してドヤ顔しているのは本当
に、うざったいものである。いまだに私のブログに毎日来ていて、アンチ
的な一種のファンなのかと思う時がある。私のブログを読むに足らないと
言うなら、訪問しなければいいと思うのだが、おかしな奴(連中?)だ。
今回の表題の「いじってみよう」はパパケベックのブログ「妄想をいじって
みよう」から拝借したものである。妄想とは他の集スト被害者を揶揄している
意味のものであり、奢りたかぶった不遜なさが滲み出ている。
今回はパパケベックが闇側の加害者という観点を一度捨てて、その正体を
吟味してみたい。

このパパケベックという人物は自身のブログでは、2015年から思考盗聴
や音声送信が始まったとしている。ブログを見てみると、なるほど2015
年の2月から被害の記事が出ているようだ。その中の文章で気になるのが
次のものである。

    2月24日17時「我々は国家安全保障会議情報調査部の調査員だ」
    聞き取りにくい言葉による攻撃。11時ぐらいから。
    条件・・・共産党と市街地に行くな。
    自衛隊は、他でも思考盗聴している。その際俺の独り言を聞かな
    くてはならない。その独り言をしないようにしているが一向に
    そうならない。そこで共産党にじかに話をするとばれてしまう
    可能性も否定できないが、絶対にばれない。

ちょっと意味深でわかりにくい文章だが、どうやら音声送信の主が語りかけ
てきた言葉を書いているようである。この文章から察するとパパケベックは
共産党員であるような感じだ。共産党に行くなと声の主が言っているのに対
して何の否定の言葉も出ていないことからたぶんそうであろう。
また他の文章を見るにつけ、パパケベックは思考盗聴、音声送信は自衛隊
だと思っているようだ。これはパテンコム氏と同じ発想である。
確かに大掛かりなテクノロジー装置は防衛庁ほどの資金力と研究機関でなけ
れば、達成しないだろう。しかし私はそれは自衛隊の隠れた暗部の機関が
やっているのだと思う。その機関には闇勢力の使命を忠実にこなす洗脳され
た人間がいると思われる。これは各省庁にも言える事であり、前回の記事
で書いた財務省などにも、売国奴の輩がいるということであり、省庁自体
が悪だと断言できるものではないと思う。創価学会も最上部の幹部が反日で
集ストを起こしているのと同じである。
パパケベックの記事にはさらに黒幕がアメリカの一国家機関だと最終結論
をしているようだが、だがその背後のディープステイトの事までは言及して
はいないようだ。私はアメリカという国も闇側の実験国家であり闇勢力の
道具の一つだと思っている。
以上のような事からパパケベックは共産党員で闇側と生体通信で繋がって
いる人間だという事だけはわかった。しかしなぜパパケベックは生体通信
ターゲットとして選ばれたのであろうか。私はこう推論する。前から私は
ブログ記事で書いてきたが、この犯罪に使われる工作員は何かしらの宗教
やら思想を背後に抱えている人間が成りやすいという事を言ってきた。
闇側はパパケベックを洗脳して我が駒にしようと生体通信を始めたのでは
ないだろうか。しかし、それが失敗してしまったのだ。パパケベックのブログ
を見てみると闇側が脅したり、懐柔しようとしてみたりするという事を
書いている。私はパパケベックがどういう仕事をしているかは知らないが
普段は普通の仕事をしており、陰では共産党のために汚れ仕事をしている
ような人間なのではないかと思う。政敵に対して工作まがいの事もやって
いたのではないだろうか。

次にパパケベックの集スト、テクノロジー犯罪の考え方であるが、普通の
被害者と違うようである。たとえばパパケベックはブログ記事でこのように
書いている。

    加害はおよそ現在から数年以内に始まっている。つまり、被害
    を実感、被害を認識した時からそんなに遠くない過去から始まっ
    ていると考えていい。そう考えられるのは、加害組織のやり方の
    傾向は、被害者に行動を起こすように仕向けるためある程度短期間
    に行うものと考えていいからだ。
    自分の被害経験の過去を思い出した時に10年以上も前から始まって
    いると考えるのは、誇大妄想と考えるべきである。なぜなら、たま
    たま似たような経験をしていただけだからだ。逆に言えば、過去の
    経験は、加害組織も脳を調べながら探査完了したうえで加害を始め
    るから、過去に似た経験のような状況になるような加害方法を行う
    可能性があるからである。

この文章も少しわかりにくいが多分言っていることは、過去に起こった集スト
とは関係のない、変わった出来事の記憶を被害者から抽出してデータとして
取っておき、いざ集スト開始する時にその過去の出来事を再現して、過去にも
やられていたという刷り込みを行っているのだと言いたいのだろう。
これに関してはパパケベックは甘ちゃんだと言わざるを得ない。昔の変な
出来事も闇側の被害者の思考、行動パターンの把握のデータ取りだったと考え
るのが妥当である。だから実験段階だとしても、集ストの嫌がらせは、やられ
ていた事になる。パパケベックは集団ストーカーというものが歴史の中で一体
いつ頃から始まっていると思っているのだろうか。ローテクの集ストだけなら
明治時代からあったと言われている。だから私が10歳の頃にも存在していて
研究対象にはなっていたとしてもおかしくはない。その頃には、電磁波研究
の基礎はほぼできていたと思われる。パパケベックは闇勢力の底の深さがわか
っていないと思われる。

またパパケベックは、私の騒音被害の件で次のような事も言っている。

    例えば、以前にターゲット被害者ネズキンを紹介した記事でネズ
    キンがはまり込んだ「加害の理解」に犬の鳴き声があった。その
    鳴き声は、いつもながらに聞いていた隣近所の犬の鳴き声だが、
    加害組織がネズキンを本格的に加害する前にネズキンの普段の生活
    をじっくりと観察していただろうことは容易に推定できる。
    しかし、ネズキンは決定的な証拠を犬の鳴き声を聞き取ったことの
    記憶から推定しただけであり、確信を持ったことで「加害の理解」
    に達した。現に犬の鳴き声を聞きながらその犬の姿を目視したわけ
    ではないからだ。

という事であるが、それが録音されている犬の鳴き声であるという証拠はある
だろうか。実際に隣の家には三匹のシェットランドシープドッグが三匹おり
鳴かせる可能性がある。パパケベックの言っている事は推測でしかないという
事だ、しかし可能性はゼロではない。が、まくし立てて強調するべき確実性
がない。この考えも所詮、推論の域を出ていないのである。鬼の首を取った
ように言っているが、それほどのものではないのだ。
パパケベックは、被害者の隣人がすべて善良だと思っているのだろうか。実際
隣人が騒音を認めている事例はいくらでもあり。全ての騒音を擬似騒音とする
のも賢明ではない。またパパケベックは人がロボットのように操られてしまう
という事も忘れているようだ。隣人を悪魔化することも人間性によってはで
きるのだ。京都アニメーションの犯人の悪魔化を見れば、隣人だってどう変化
するか、わかったものではない。人というのは精神的に不安定であり、偏った
方向につっ走ってしまう事もある。電磁波で感情を操作されれば尚更だ。

                                          次回に続く                            


にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村

安倍総理が退任することとなった。総理大臣在任7年半で歴代首相トップ
の在任期間であったが、持病の悪化ということである。非常に残念だ。
集スト被害者の中には、安倍総理のことを良く思っていない人もいるだろう
が、私は安倍総理は憂国の士だと思っている。そういった事で今回はこの
日本が闇勢力の影響で現在どういう構図になっているかを語りたいと思う。
これによって安倍総理を毛嫌いしている頑なな人の心に、一石を投じること
ができればと思っている次第である。
集スト被害者が安倍総理を嫌いになる理由は、いろいろあると思うが、まず
国の長であるゆえに国の権力者だという事で、すべての権限があると思われが
ちであるということ。これによって集ストの黒幕が政府であると思い込んで
いる人達が糾弾すべき対象が一国の総理大臣だと思ってしまうという事である。
また日本で一番大きな集スト、テクノロジー犯罪被害者の会であるNPO
の会が国をその首謀者だと思い込んでいる点である。それにより多く
の被害者がそう刷り込まれているのではないかという事だ。無論、闇側の
電磁波的な感情操作で、少なからず誘導されているという事もあるだろう。
しかし、この犯罪は日本だけの話ではなく世界規模の話であり、もっと
グローバルな犯罪網というものが存在しているということにも目を転じる
必要があるのだ。ゆえに単純に総理大臣や政府が悪の根源だと論じるのは
早計と言わざるを得ない。少し頭を柔らかくして考えていただきたいと思う。
以下は私が確信しているこの日本の現状の姿である。

日本は先の戦争によって敗戦国となった。その後の日本の戦後処理はアメリ
カのGHQやらCIAなどが担当することになり、憲法、法律などが改変
されたのである。そして日本を再び軍事国家にしないためという事で日本人
の意識を違う方向に向けさせようと3S政策なるものが実行された。3Sとは
Screen(スクリーン=映画鑑賞)、Sport(スポーツ=プロスポーツ観戦)
、Sex(セックス=性産業)である。これらは媒体(マスメディア)によって
普及され、日本人は籠絡されたのである。そのメディアの中の一つ、テレビ
産業は世の中に影響力がかなり強いと思うが、それらを統括して情報操作を
行ったのが電通だと言われている。そしてその上層部には朝鮮人を置いたと
いう事なのだ。それにより、日本人に知られたくない情報は隠蔽、改変されて
放送されるという事になった。電通が在日企業と言われる所以である。この
電通という監視役を作ったのは言わずもがなのアメリカの裏権力の闇勢力
だ。そして日本人をさらに精神的に懐柔しようと統一教会を使って日本人
の心を掌握しようとしたのだっだ。戦後の政府はこれらの事を知っていながら
敗戦国ゆえに黙って従うしかなかったようである。ゆえに当時の自民党は
統一教会と電通に関係が深いのである。安倍総理が統一教会と関係があると
言われているが、元々、自民党自体が統一教会と関係が濃いのだ。
自民党は、内部に統一教会とズブズブの監視役のような者も存在している
と思われる。ゆえに自民党は脅されている被害者の立場にあると言えるかも
しれない。また電通が自民党と癒着が酷いというのもそういった訳である。
統一教会は朝鮮宗教団体、電通は在日朝鮮企業だということで日本は半島人
に、だいぶ翻弄されているという事になる。
また時がつれるに従い、闇側は統一教会というものが西洋の宗教で日本人には
馴染まないということがわかってきた。そこでその代わりに創価学会という
仏教にシフトするという事になったのだと思う。自民党に公明党がべったりと
引っ付いているのはそうしたわけだ。つまり公明党は自民党の独走を抑制する
ブレーキでもあるというわけだ。

さて日本の政党の中にはどれほどの反日議員がいるのだろう。ネットなどには
自民党と民主党の反日議員が存在する割合などが論じられているようだ。
自民党には30%、民主党には70%の反日議員がいるだと言われているが、私
もそんなところだと思っている。
前にも書いたが民主党で総理大臣などになった菅、鳩山、野田などは国会の壇上
で水を朝鮮飲みをしており、日本人ではないことが証明されている。また自民
党の内部にも小泉純一郎などの半島2世がいて総理大臣在任期に郵政民営化を
した事により郵貯がアメリカの企業に投資されてしまう破目になってしまった。
まだ他にも反日在日議員がいるだろうが、これらの人間は政治を自分らの都合の
いい方向に持っていこうとしているに違いない。日本人はこういった事に気づい
てほしい。それでないと日本人は在日勢力によって肩身の狭い立場に追い込まれ
てしまう事になるだろう。
以上のような事は安倍総理はわかっており、日本を正常な方向に舵取りをしよう
としているが、内部外部で邪魔をする者がいて、だいぶ苦労しているようだ。
それを如実に著しているサイトが存在している。三橋貴明氏の書籍サイトで
見出しが「独占公開 安倍総理の告白」というものである。これによると安倍
総理は次のような三つの悪しき勢力があって邪魔をしていると言っているようだ。

   1つ目:この勢力は、何をやっても「常に安倍総理の敵」であるとのこと。
       森友問題や加計学園問題などのリークをしてあるゆる形で安倍
       総理を引きずり降ろそうとしています。
   2つ目 : この勢力のせいで、日本は欧米から食い物にされ、日本の格差は
       どんどん広がっています。
   3つ目:この勢力は、あらゆる政治家や官僚に根回しをしていて非常に厄介
       だと言います。この敵こそ最後の任期で何とかして、”彼らによる
       洗脳”を解き、日本を正しい方向へ導きたいと…

これらの3つの敵とずっと闘ってきたが、中々手強く、総理もここまでとは思っ
ていなかったという。ここで言っている,まず1つ目というのは民主党系を中心と
する反日野党とマスコミだろう。2つ目は闇勢力であるユダヤ資本のディープステイト。
3つ目はなんと財務省である。日本経済を窮地に追い込んでいるのがが省庁という
のも驚きだ。いかに政治家と官僚が反目しているかがわかるというものだ。やはり
財務省などは闇勢力の傘下にあるということなのだろう。これはある程度、他の
省庁も同じかもしれない。財務省は消費増税しなければ日本は財政破綻すると言っ
ているがこれは嘘だという事も論じているのである。また朝日新聞やNHKなどのメデ
ィアも偏向報道が酷いと断言している。これらの敵の存在を安倍総理は理解している
ということが言えよう。安倍総理は自らの持病をおして、闘ってきたがそろそろ限界が
来たようだ。次に首相になる人物は、いったい日本の裏の構図を理解している人物
なのだろうか心配である。また安倍総理は、以下のようなことも言っている。
「このままでは日本は終わりだ。」「黒幕に逆らえば公開処刑だ」
「財務省主導の緊縮財政路線は、自分の代で終わらせたい」
これを見ると総理大臣の権限がいかに脆弱なのかがわかるというものだ。
また脅迫めいたものを受けているのだろうか。自民党自体、反日議員をかかえて
いるのだからそれをネタに脅されていても、おかしくはないだろう。
このように権限が制約される中、安倍総理はよく持ちこたえて頑張ったと思う。

あと、これらの事を詳細に解説している動画があるので見ていただきたい。安倍
総理が朝日新聞を糾弾している姿が印象的だ。



最後に一言。安倍総理を含む内閣は確かに、集スト問題をまったく取り上げようとしない
だろう。しかしそれは一般市民が、ほとんど関心を寄せないのと一緒で、掴みどころ
のない話だという事だからである。もし安倍総理を動かすのであれば、ユダヤ闇勢力
や反日のことでアプローチするしかないという事なのだと思う。
実際のところ日本の主権は省庁の官僚などが握っていると思われ、政治家などは表向
きの心証を良くするための飾りぐらいにしか闇の勢力は考えていないのではないだろ
うか。その点、闇勢力の存在を理解し、ここまで闇側と渡りあった安部総理は立派だ
と私は思う。コロナ問題で職務が激化して、また体調が崩れてしまったのは非常に
残念だ。次の総理大臣が安倍総理ほどに裏の事情がわかっていることを私は祈って
いる。


にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村

// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2024 日本の闇と集団ストーカー all rights reserved.
プロフィール

nezuking

Author:nezuking
FC2ブログへようこそ!
集団ストーカー被害者です。集団ストーカー記事の他に
日本の理解し難い闇世界を掘り下げていきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
SOS

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR