fc2ブログ
今回は最近のニュースで闇勢力が関与していると思われる事件を取り上げてみたい。
闇勢力は集団ストーカーのみならず、奇怪な事件や災害、疾病などを起こすが、
そのやり方も念がいっていて、用意周到である。基本的には人を心身ともにコント
ロールして事件、事故を誘発するように仕組まれているようだ。近頃のニュースで、
そのカラクリはこうしているのではないかとか、こういう理由で引き起こしている
のではないかと思われるような事件を4つあげて、それぞれの原因、意図を考えて
いきたいと思う。

○京都アニメーション放火事件

これは極最近の事件で京都にあるアニメーション会社、京都アニメーションが放火
されて34人もの死亡者が出る惨事となった事件である。
放火した犯人の名は青葉真司(41)という男で現在も火傷を負っており入院中のようだ。
京都アニメーションを放火した理由は容疑者が京都アニメーション大賞に応募した
小説の設定の内容が京アニに盗まれたとということで強い殺意を持って犯行に及んだ
ということらしい。犯人の青葉真司の小説の設定の一部が京アニのアニメ設定と似て
いて京アニにパクられたと言っているが果たして本当だろうか。
この事件を担当している捜査関係者は、容疑者の作品と容疑者が盗作されたと主張
している”ツルネ 風舞高校弓道部”というアニメ(小説)を比較してみたところ
「独創的な設定とは言いがたく、一方的な言いがかりに過ぎない」と結論づけている。
これは、似ているところがあるとしても極普通の日常風景が偶然にも一致している
だけという事のようだ。ストリーの重要なアイデア云々のレベルではないという事
らしい。つまり容疑者の日常の風景が、たまたまツルネという作品に描写されている
ということだけなのだろう。例えば朝、青色の歯ブラシで歯を磨き、黄色いコップ
で口をゆすいだというふうに書いてあり双方が一致してしまえば、盗作したと思う
に違いない。彼には集団ストーカーの概念など存在しないのである。そう信じて
もおかしくないだろう。ネットでもそういうことではないかと囁かれているようだ。
このことは我々が体験している集団ストーカー、テクノロジー犯罪でいうところの
仄めかしであり、日常茶飯事の出来事である。ゆえに容疑者も集スト被害者と同じ事を
されたのだということが言えるのではないだろうか。たったそれだけの事で京都アニ
メーションの人たちは虐殺されてしまったのである。これから裁判で判決が出るだろ
うが、重刑に処せられなければ犠牲者は浮かばれないだろう。本当に残酷で後味の悪い
事件だ。操った闇勢力は本当の悪魔だと言っていいだろう。もはや人間の心は持ち合わ
せていない化け物である。

○暴走車プリウス

誤作動で暴走してしまいプリウスミサイルとか言われて揶揄されて久しいプリウスで
あるが、このプリウスが起こした事故も悲惨である。もっともニュースで大きく取り
上げられた事故は、池袋の事故であろう。詳細はこうである。
   
   交差点において通商産業省の元技官だった飯塚幸三(当時87歳)が運転していた
   乗用車(プリウス)が暴走して多重衝突事故を惹起。乗用車は赤信号を無視して
   交差点内の横断歩道に突っ込むなどして2人(母子)が死亡し、10人が負傷した。
   車を運転していた飯塚幸三は赤信号を2回無視しており、ブレーキをかけた形跡
   もないことがドライブレコーダーの記録から判明した。男性は事故直後に息子に
   電話をかけ「アクセルが戻らなくなり、人をひいた」と説明したが、警視庁が
   調査したところ車に不具合は見つからず、エアバッグも正常に作動していた。
   そのため、警視庁は最終的にこの事故の原因を「運転手によるアクセルとブレーキ
   の踏み間違え」と判断した。

ということであるが、果たしてそうだろうか。私は現場にいた当人の加害者の飯塚幸三が
言っていることが正しいと思われる。ただし戻らなかったのはブレーキではなく、飯塚
幸三の足だと思う。私は加害者飯塚の足が何らかの力で影響受け、突っ張った状態になり、
ブレーキから離れなくなってしまったのだと思うのだ。これは多分、ある種の電磁波のせい
だと考えられる。こういった暴走事故がプリウスに多いという事はどういう事かと考えるに、
プリウスは半分電気自動車のハイブリットということで、それが影響しているのではない
かと思われる。つまりプリウスという車は電気自動車なので車中には強力な電磁場が形成
されており、外側から何かしらの電磁波を照射するとそれに呼応して人体の筋肉の緊張させ
て突っ張らせアクセルペダルから足が離れなくなる現象が発生するという事だ。そういった
電気的因子がプリウスには存在するという事である。よく映画などで感電した人が身体を、
のけぞらして反り返り全身が突っ張ったような形でブルブルと震えているシーンなどがある
が、まさにそんな感じではないだろうか。プリウスの場合はそれが足においてのみ行われた
という事である。それならば電気自動車に暴走事故が多いということにも合点がいく。小学
生の時、理科の実験の時間に死んだカエルに電極をあてたとき足が動いて伸びたという体験
をした人も多いと思う。この事故は、そんな原理ではないだろうか。闇側が面白がってやり
そうな事である。

○芸能人の自殺

芸能人の自殺であるが、これは世の中に非常に色濃い影を落とす事件であり、影響力が
強い事件と言えるだろう。最近でいうとまず人気番組「テラハウス」に出演していた女子
プロレスラー「木村花」である。生前はバッシング被害に悩まされていたようである。
そのバッシングの理由であるがテラハウスの番組内での木村花の言動、行動がいき過ぎて
いたということらしい。テラハウスという番組は恋愛リアリティ番組と言われており、番組
はシェアハウスのひとつ屋根の下に複数の男女が共同生活して恋のさや当てをするという
もので人気が高かったようだ。その番組内で木村花という女性はトラブルメーカー的な存在
だったようであるらしい。プロレスでいうなら悪役的な存在といったところだ。それを真に
受けた視聴者がSNSなどで強烈にバッシングをしたらしい。そしてそれを苦にして自殺を
してしまったという事だ。傷ましい事件である。台本がないリアリティ番組だとは言われて
いるが番組を盛り上げるためにヒール役も必要ということで、多少の演出のための出演だっ
たということも言われている。視聴者はたぶん、だいぶ感情が入れ込んでしまって、テレビ
局の制作番組という枠も忘れて過激になってしまったのではないだろうか。その感情操作も
闇側の仕業で、また木村花の死への感情操作も闇側の仕業だとも考えられる。もしそうだ
とすると本当に陰惨で惨いことをすると思う。
あと最近で自殺をしたと言えば人気俳優であった三浦春馬である。この三浦春馬においては
今だそのはっきりした動機が掴めないようだ。衝動的な死、前兆なき死と言われており、追
いつめられるものは一つもないと言われている。ただ何かのトラブルがあったかのような
記事も見受けられる。三浦春馬がツイッターで最近の芸能人の不倫叩きを行き過ぎだと論
じており「国力を高めるために国民全員で言葉を紡ぐ」というようなことを言っている
のである。この言葉に一早く反応したのが左翼系の人間たちであった。この国力という言葉
がひどく気に入らなかったようだ。左翼は外国勢力だと定義するならば、日本が国力な
ど持ってもらっては困るのだろう。浅ましい連中である。また三浦春馬の言葉も少し、何か
の含みがあるように感じられる。芸能人の不倫を擁護するのに普通は国力のことなどは
持ち出さないように思うのだ。三浦春馬は左翼系と対立する何かしらの団体と関わりが
あったという事も考えられる。ひょっとしたら左翼系の人間に嫌がらせをされていたの
かもしれない。しかし衝動的に自殺してしまったのは闇側にマインドコントロールの操作を
された可能性が高い。三浦春馬という人は家庭環境が複雑であり、性格も繊細で神経質
なところがあったようだ。そういった面からも感情のコントロールがしやすかったのかも
しれない。本人も闇側の毒牙にかかって死ぬなど考えてもいなかったであろう。若くて有望
なのに非常に残念なことである。
これら二人の死はSNS批判というものに新たな焦点を当てているように思われる。つまり
SNSでのの言論の規制である。個人名を出して批判してはいけないとか、批判をする場合
は自分の本名を名乗るとかそんな動きが出るかもしれないのだ。もしそうなると、個人名、
団体名を出す事ができなくなる可能性が出てくる。例えば創価学会という団体名を出して
批判をしてはいけないとか、本名を名乗ってコメントはするだとか、言論弾圧が行われる
という事なのである。闇側は芸能人の自殺をSNSのせいにして、SNSで自分らに都合の
悪い事を発言させないようにしようとしているのではないだろうか。そうだとしたらかなり
姑息な手段だ。我々はSNSやブログなどを活用して、集団ストーカー、テクノロジー犯罪
を糾弾しているので規制などされてしまうと、お手あげになってしまう。もしそういう
状況になったらまたその事で戦わなければならなくなるだろう。

○新型コロナウイルス

今だに収束を見せない新型コロナウイルスであるが、この新型コロナウイルスというものは
本当に存在するのだろうか。ネットでもこの事が議論されており疑問が投げかけられているの
である。ネットでは新型コロナウイルスの存在に懐疑的な人もいて次のような事が言われて
いる。まずこのウイルスの検査キットであるPCR検査であるが、これはウイルスのDNAを
特定するものであり、これによって陰性か陽性かを判断するらしい。しかしその判断基準が
完全ではなく各被験者のウイルスのDNAが似ているという事だけで判断しているという
ことのようだ。またこの新型コロナウイルスを患者から分離して、その姿を試験管の中に封じ
込め、これがコロナウイルスだと証明した人間は誰もいないという。新聞やテレビでよく
新型コロナウイルスの写真が出てくるが、これは別の新型ではないコロナウイルスの写真
だという。ゆえに新型コロナウイルスはその存在も未知なものだと言えるのではないだ
ろうか。私とメールのやり取りをしているKさんという方がメールで中国人が新型コロナウイ
ルスにかかり、重症化して亡くなった人の肺に無数の孔が空いていたという記事があった
という事を言っていた。また新型コロナウイルスに便乗して肺にレーザー光線を照射して
肺に穴をあけているのではないかという事も言っていた。そういったことも可能性としてはあ
るかもしれない。とにかく大した事もない新型コロナウイルスを脅威に見せかけているのかも
しれないのである。
それでは、このコロナ騒動は、一体なんのために闇側は起こしているのであろうか。人と人
を対立させたり、国同士を対立させる。また世の中が不況になり、それに乗じて何らかの方法
で富を得るといったところであろうか。私はもう少し具体的な目的があると思っている。
それはアメリカのトランプ政権の打倒である。新型コロナウイルスのおかげで人種差別の問題
が起き、デモやら暴動が起きているようだ。また感染率も世界で一番高いようである。これは
闇側が感染率が高くなるように検査キットなどの結果を改ざんしている可能性もあるかもしれ
ない。新型コロナウイルスのためにトランプ政権は現在苦境に立たされている。闇側が
なぜトランプ政権打倒に着手したかという理由であるが、それは2019年の記事のニュース
から伺い知ることができるのではないだろうか。その記事によればトランプ政権がついに
「FRB(連邦準理事会)」の支配に乗り出したという事である。FRBと聞いてもピンと
こないかもしれないが、これは米ドル紙幣の発行権を有している機関であり、アメリカの中央
銀行制度というものが存在して牛耳っているという事なのだ。このFRBは政府の管理下に
ある銀行が集まったものではなく、それぞれが独立した民間の会社であり、政府にどうこうする
権利はないらしい。もしそうなら極端に言って民間の会社が勝手に紙幣を刷って自分の金にで
きるという事になるのである。故にアメリカ政府にはドル紙幣を発行する権利がなく、実質的
にアメリカを支配しているのは闇勢力という事になる。この制度に抵抗した大統領、リンカーン
やケネディーは暗殺されたとも言われている。もしアメリカ政府に紙幣の発行権が取り戻せれば
快挙だと言えよう。トランプ大統領はそれをやろうとしているため、新型コロナウイルスという
エセ脅威の謀略を弄されたのではないだろうか。トランプ大統領にはもう少し頑張ってもらい
たいところだ。

以上が最近の事件について考えたことである。ネット上では、闇勢力と対抗する勢力がだんだん
と勢いを増しているというようなことが書かれているサイトもある。もしそうだとしたら、うれ
しいことだ。新型コロナウイルスも分が悪くなった闇側の苦肉の策と言ってもいいかもしれない。
悪は必ず滅亡すると信じたい。そして世界が明るくなることを信じたい。今後の世の中の動向に
期待せずにはいられないのだ。

にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村



先日、都知事選が行われたが都民の被害者の方は投票に行かれただろうか。
集団ストーカー被害者の方で”目ざめよ日本党”の押越清悦という方が
都知事選に立候補して戦ったようである。落選ではあったが、集団ストー
カーというものが世の中に存在するという喧伝にはなったのではないだろ
うか。この都知事選に出るには300万円の供託金が必要ということで、
それを工面するのも大変だったと思う。頭が下がる思いである。お疲れ様
でしたと一言、言いたい。
集団ストーカー、テクノロジー犯罪を世の中に認知させるのは、大変だと
思うが、地道に進めていく他はないように思われる。被害が大変で活動
がままならない人もいると思うが、他の被害者のブログや、ツイッター
で気に入った記事にイイネをクリックするだけでも、撲滅活動に参加して
いると考えればいいのである。そういった小さな積み重ねが後に花を咲か
せるという可能性もあるのだ。各自で、できる事をやっていってほしいと思う。

最近の私の被害であるが、初期の頃に比べれば、緩和されたように思われ
る。しかし無くなったわけではない。身体的には、筋肉の痙攣、めまい
睡眠妨害、手に火傷のようなアトピー状の腫れなどをやられる。極最近で
一番、酷かったものは夜勤明けで家で昼寝をして、起きたとき伸びをしたとき
に足が物凄い痛みをともなった肉離れを起こしたというものだ。
これは足の筋肉を伸ばした時点で、神経に逆の筋肉収縮の信号を送られた
ではないかと思われる。ゆえに筋肉が真逆の行動を起こして、断裂寸前
にまでいったのではないだろうか。この時は、数分悶絶して、後はしばらく
足を引きずって歩かなければならなかったのである。敵方がこの酷い加害
を行った理由として、私がある被害者の人とのやり取りで、テレパシー
通信のことを話題にしていた頃のことであるから、それが原因なのではない
かと思われる。その被害者の方はブログで、自らが加害者と生体通信で
テレパシー状態になり会話が完全に成立しているという内容を書いていると
言っていた。ブログを読んでみると、なるほど音声通信というのは、こんな
感じで行われているのかと納得させられる。こういった事をブログに書かれ
ると敵側は酷く嫌がるようである。なぜだろうか。そのテレパシーの被害者
の方のお話によると、その聴こえてくる声というのが「お前を殺してやる」
といったような脅迫のものや、また「こういった記事は書くな」といった
命令のようなもの、はたまた本人をバカにしたような悪口など様々なよう
だ。 この被害者の方の話によると、その聞こえ方にもいろいろあって
耳で聞くような音声もあれば、脳内に起こる言葉のようなものあり、また
身体の皮膚に音を叩くような言葉の伝え方をしてくる時もあると書いていた。
ひょっとしたら、音声通信はいろいろなやり方があるのかもしれない。
フレイ効果、低周波高電界音感、ニューロホン方式などが当てはまるかも
しれない。

身体的にもう一つ嫌なのが、めまいである。職場のビルで館内を歩いて
いると、必ず、めまいを起こす場所がある。二階の商業施設であるが、夕方
になると決まって、めまいを発生させるのである。昼間はほとんどないの
だがどうしてであろう。その近くにそういった装置が伏せてあり、夕方に
来る誰かがスイッチを入れるのだろうか。とにかくそのエリアを歩行する
と身体がフワフワした状態になり、気を引き締めて体が斜めにならないよう
にしなければならないので、大変だ。周囲の人は私がそうした、めまいと
戦っているとは思ってもいないだろう。その商業施設には、某宗教系の
店が入っているのであるが、そこが禍の元であろうか。それともそう思わせ
ているのか、判然としないが、工作エリアには間違いはない。これからも
私がいる限り、やり続けるに違いない。またこの、めまいが起こる場所は
外においても酷い所が2ヶ所ある。一つは通勤路である京成八幡駅の地下
自転車駐輪場横の階段付近。ともう一つは習志野市にあるロイヤルホーム
センターである。この二つが特に酷い。何か伏せられている可能性が高い。
この、めまいであるが、その場所において起こるのは私だけのように思わ
れる。それは私だけに適合する電磁波を送っているという事なのだろうか。
それとも私の聴力の欠点を把握していて超音波を送っているのだろうか。私の
左耳の鼓膜は若い時の慢性中耳炎によって穴があいたままになっているので
ある。人間の平衡感覚は耳の奥の三半規管が機能して得られているので、こ
れに何か影響するようなものが介入してくれば、平衡感覚が麻痺するような
事になるに違いない。めまいが酷い時は穴があいている左耳に聴こえるノイズ
が酷く大きくなるのがわかっている。何かしらの方法で三半規管を機能障害
に陥らせているに相違ない。これも生涯ずっとやられる事になるだろう。

あと私が現在体験している被害は、人的被害(ローテク被害)も多いのである
が、とくに職場における被害である。この職場の受付仕事(守衛)には、いろいろ
な業者がやってきて記帳をするのであるが、その記帳も、まともに書かない輩
も結構いて、あとでこちらが気づいて困る事もある。またちょっと、こちらが
よく聞こえなかったので聞き返すと、猛烈に怒り出す奴もいる。感情を何かに
刺激されているとしか思えないような感じである。そういった連中はそうなる
ようにコントロールされているのかもしれないし、違った見方をすれば、私の
受付に来る前にいろいろな所で、同じような体験を何度もして、とうとう堪忍袋
の緒が切れたという事も考えられる。それならばその人間も被害者的立場だ
という事が言えよう。被害者に被害者を当てるというのも一つの工作であると
言えるかもしれないのだ。闇の連中は人間同士を争わせる事にかけてはまさに
鬼畜の才を発揮する外道だと言えるだろう。
あと私の職場の同僚であるが、こういった職業にくる人間は、何かしらの、
いわく付きの人物がやってくる確率が多いようだ。 知能は普通か、もし
くは、それ以上だと思われる。しかし性格がかなり屈折していたり、少し記憶
障害があったり、自己中心的であったりと、いろいろだ。被害者の側面をも持って
いるような感じでもある。
最近二人の似たような奇人の同僚が職場を去った。一人は別の職場に転勤、そし
て入れ替わりに入ってきた同僚はすぐに退職してしまったのである。この両人の
特徴はなぜか顔がいつも赤く、酔っ払っているような見てくれである。そして他
の同僚全員に嫌われていた。とにかく人の言うことを聞かないのだ。そして自己
中心的で、人がムッとするような言動が非常に多いのである。酒癖の悪い人間と
対応した事がある人ならわかるだろうが非常に高揚していて、我がままで横柄で
ある。いわゆる、くだを巻くというやつだ。両人はそれに近い。完全に酔っ払っている
わけではないが、少し酩酊しているような所があり、人に意見をする。たまに酔っ
払いのような奇行をする。また自分の思う通りにしなければ気がすまない所があり、
さらに何か失敗しても平然としている。まさに酔っ払って気が大きくなっていると
いった様子である。私はこの二人に尋常ではない違和感を感じていた。そして思い
出したのである。別の職場に転勤になったその同僚が言っていたことを。その同僚
は自ら性病を患ったことがあると言っていたのだ。そこで性病で酔っ払ったような
症状を発生するものはないかと調べたところ”カンジダ”という菌類による性病
がある事がわかった。このカンジダは皮膚表面においては皮膚病の様相を呈して
乾癬などの炎症を起こす。また内蔵などに棲みつくと食べ物に含まれる糖分を
分解して、体の中でアルコールを作ってしまうのである。これを”酩酊症”と
言う。ゆえに二人はこの病気である可能性が高い。後者の方の退職した同僚は
性病だとは言っていなかったのだが、彼に近づくと何かカビくさいような酵母菌
のようなニオイが鼻についたので、多分その病気だと思うのである。
こういった事が事実であるなら、彼らのとった行動がすべて理解できるのだ。
この酩酊症は非常にめずらしい病気で、なる確率は一万人に一人だというから
酩酊症になった人間が二人同じ職場にくる確率は一万分の1×一万分の1で一億分
の1ということになる。これは、もはや偶然ではなく人為的な工作と見ていいだ
ろう。もし私のこの仮説が正しければ、これも闇の仕業という事だ。 おかしな人物を
職場に送って職場を乱そうという腹なのだろう。本当に使えるものは何でも利用し
てくる。これらの人間と接する我々も不幸だが当人も不幸である。どいう経緯で
その病気になったかわからないが、そういうふうに誘導されたという事だ。彼らも
被害者なのである。可哀想だ。二人とも病気だとは思っておらず。誰かが言わ
なければ治療もしないだろう。いや言ったところで気が大きくなっているのだから
一笑に付して、取り合わないかもしれない。こちらは彼らの今後の人生に、さら
なる不幸が重ならないように祈るばかりだ。

以上は最近の私の被害であるが、異常な環境下にいるということからは逃れられ
ない、さだめのようである。これからの人生がずっと、こんな状態だと思うと、頭が
痛いが仕方がない。 少しでも楽しみを見つけて生活をする事と、少しでもいい
から、集スト、テクノロジー犯罪の喧伝をして希望の芽を絶やさないように心がけ
たい。
他の被害者の方も嫌がらせに負けず、悲観せずに有意義な生活を続けてほしいと
思う。

// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2024 日本の闇と集団ストーカー all rights reserved.
プロフィール

nezuking

Author:nezuking
FC2ブログへようこそ!
集団ストーカー被害者です。集団ストーカー記事の他に
日本の理解し難い闇世界を掘り下げていきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
SOS

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR