fc2ブログ
ネットのユウチュウブで披害者の動画を見ていると、たまに部屋の中を光の点が
泳いでいる画像があるが、御覧になった事があるだろうか。一つの点が移動して
いるものもあれば、多くの点が縦横無尽に動き回っているものもある。私も一回
光の点を映像に収めたことがあるのだが、公表するには、あまりにも小さい点
なので拡大して矢印の表記でも付け加えないと、よくわからないものであるため
断念している。そのビデオ動画は白い点で部屋の中を動き回っているというより
は、その点を撮影している赤外線カメラのレンズの表面を、ちょこまかと動き回
っているような感じである。どうやらその赤外線カメラが、一体なんなのか探って
いるといった感じだ。ゆえにレーザー光線は家の中の探索の目的に使われている
可能性が高い。それならば多数のレーザーのスポット光が動き回っているのも納得
できる。つまり家の中の形状を測定しているのではないかという事だ。これにより
部屋の中に新しい何かの物体が置かれることになれば、だいたいの形をレーザーで
計測して形状を掴む事ができるに違いない。

ユウチュウブで、ある披害者さんがアップしていた、光の点がいくつも動き回る
貴重な動画があったので動画のURLを掲載させていただいた。(掲載許可済み)

加害波映像レーザー
    ↑
   クリック

これを見ると光の点が部屋の中をビュンビュンと飛び回っているように見える。
これは、やみ雲に飛び回っているのではなく光が物体に当たって反射して返って
きた距離を測っているのではないだろうか。実際にレーザー距離計なるものは
市販されており、精度が高いと言われているのである。原理は計測器から、放たれ
たレーザーが対象物に当たり、その反射光を計測器のセンサー内にある受光素子
で読み取り「三角測距方式」か「位相差測距方式」で距離を割り出すというものら
しい。このレーザーを使えば部屋の中の形状は3D映像のような立体像として把握
できるに違いない。

111.jpg

しかしこれには少し合点がいかない事がある。私が撮影した時というのは部屋を
雨戸など閉めて密閉状態にしてあったので、レーザーは壁に阻まれて入って
これない状況だったのである。それでもレーザー光は通過して、やってきたのだ。
そんな事が可能なのだろうか。これに関してはネット上に、こういった記事がある。
「壁を通り抜けるレーザー」という題名の記事がGIZMODOというニュース
サイトにあるのだ。こういった方法を闇側は使っているのではないかと思われる。
以下はその内容だ。


    科学者たちはこうして「壁を通り抜けるレーザー」を作っている

    壁を透かして見れるようになったわけではありませんが、科学者たちは、
    不透明な媒体を散乱することなく通過できる光線を作ろうとしています。
    たとえば霧を通してヘッドライトを照らすと、その光のビームは散乱
    または反射して広がりますよね。ですが科学者たちはそうした拡散なしに、
    ビームを何かに通過させる必要がある時があります。そこで、とある
    物理学者のチームが光の波の微調整に取り組んでおり、彼らは医療や通信
    などに応用すべく、光に白いペンキや人間の皮膚さえも通過させようと研究
    を重ねているのです。イェール大学でこの研究の主任研究員を務める女性
    研究者、Hui Cao教授は米Gizmodoにこう話してくれました。
    「レーザーパルスを体組織の奥深くまで送りたい場合、我々は光が
     広がるのを防ぎ、より集中させることができます。そして雲や霧
     を通してレーザーを送るためには、エネルギーが拡散すること
     なく検出器に到達できるよう、ビームを集中させておきたいのです」

111111100.png
    
    ○計算とハイテクで収束ビームを届ける
     研究者たちは長い間、電子のような粒子または光のビームを、どう
     やったら不透明な材料を通せるか疑問に思っていました。これらの材料
     は光が散乱したり反射するため、通常は反対側には透過することがで
     きません。しかしながら、最近の進歩によって、特別に調整された
     ビームを狙い通りの方法で進行させると、いくつかの波が打ち消し合
     ったり強め合ったりすることで、不透明材料を通してエネルギーを伝達
     することができることを示したのでした。
     ですが、新しい論文の背後にいる研究者たちは、「材料の反対側に集束
     ビームを作りたい」と、ただすべての光を通す以上のことを望んでいま
     した。特別に調整されたビームを作成するには、最初に少し計算が必要
     でした。研究者たちは、不透明媒体(この場合は白い酸化亜鉛塗料で
     覆われたスライド)の簡易モデルを作成し、「推測、確認、修正」という
     プロセスを使用して波面の形状を計算しました。
     彼女らは方程式を解いたあと、正しい波面を作り出すため空間光変調器
     と呼ばれるものを使って、塗料が塗られたスライドに照射し、普通の
     ビームが作り出すよりも細い出力をうまく送り届けました。Nature
     Photonicsに掲載された論文によれば、媒体を通過した幅13マイクロメ
     ートルのランダム偏光は、直径21マイクロメートルの出力を生成しまし
     たが、特別に生成された10マイクロメートルの光線は幅14マイクロメー
     トルのスポットを生成したのでした。言い換えれば、カスタム光線は、
     白色塗料を通過した後でも比較的集中したままだったのでした。
    
    ○今は時間がかかるけどAIで加速できるはず。
     なんだか魔法のように思えるかもしれませんが、Cao教授は通過させたい
     それぞれの材料に合わせて光線を特注で変える必要があると指摘しました
    、そしてそれには時間がかかるとも。
     これを機械学習と組み合わせて、2~3の測定でシステムを素早く学習させ、
     それを使用して正しい波面を見つけるようにしたいと考えています。
     おそらく常に、特定のシステムに合わせて調整する必要があるでしょう。
     問題はどれだけ早くそれを出来るかどうかです。
     彼らはまた、媒体の反対側にさらに集中したビームを作ることを望んでい
     ます。この進歩により壁を通してレーザーを照射することが可能になりま
     したが、それは非常に特殊な種類の壁のみです。うまくいけば、透過で
     きる壁のリストはすぐに増えるでしょう。特殊な状況なら使える不透明
     レンズみたいなイメージでしょうか。

以上のような方法で物質を通過できる光線というものができているらしい。また、この
方法というのは、通過する材料が場合場合によって違うので、それに合わせた光の波面
の調整が必要だという事である。そしてそのような複雑な調整も未来的にはAIが判断
すればいいという事のようだ。闇のテクノロジーは、もうそのようなシステムは構築し
ているのではないだろうか。
私たちの周りには、そういったレーザー装置を操縦している人物が居るかもしれないし
自動操縦の装置がどこかに伏せられているかもしれない。もし赤外線の防犯カメラを持っ
ている披害者の人がいたら部屋の中を一度、撮影してみたらいいかもしれない。光の点
が映ったならば家の中を探索されているということである。





集スト被害者の後ろには生体通信によって繋がっている加害者がいる
という事がよく言われている。この加害者は披害者の感覚や思考を
受信しており、そのデータを元に加害方法や精神的な暗示をしてくる
という事のようだ。これは、生体通信のテレパシー会話が成り立
っている者も、そうでない者も繋がっていると考えたほうがいいだろう。
この加害者はたぶん何時間でも被害者にへばりついていて被害者の思考
や行動を観察しているのだろう。自分の本来の生活を犠牲にしてまで
他人に執着するとは、もはや異常者の域だと思わざるを得ない。他人
の人生に無理やり入り込んできて、嫌がらせをライフワークにして
一生を送るつもりであろうか。だとしたら全く自分自身の人生ではなく
生きている意味もないように思われる。もはや感情というものも無く
なって闇に洗脳されたロボットのような状態になっているのかもしれない。
多くの加害者は何かしらの団体に所属しており、その団体に敵対する者
をターゲットにするという前提で禍を起こしていると私は思っている。
カルト教団や左翼思想団体に属する人間の一部を闇勢力が外部から洗脳
すれば手足となって働くに違いない。その中には披害者と直に接触しな
くとも体と体の感覚、思考をシンクロさせて、行動や感情さえもコント
ロールしようとする加害者もいるのだろう。

思考盗聴、生体通信を主な披害としている披害者やテレパシーで会話
が成り立っている披害者、あるいは統合失調症と言われている人たち
は、自らの思考や記憶や五感を加害者と共有していると思っていいだろう。
ただしこちらの考えている事は、わかっているとしても、加害者の考え
ている事は。わからないという不利な立場である。しかし、数多くの
言葉を発しているうちに、何かしらのテクノロジーに関して本当の事を
しゃべっている事があるかもしれない。披害者の中には、そういった事
を敏感に感じられる人が居れば、このテレパシーのカラクリがわかるの
ではないだろうか。それでも闇の連中はなかなか尻尾はつかませてはくれ
ないだろう。探り出そうとする被害者の意識も混濁させてしまうからだ。
すべては曖昧にさせられてしまうかもしれない。

私の後ろにも、そういった下種の類の粘着加害者が張り付いているのだ
と思われる。披害者の中には、数人の加害者が張り付いているという人
もいるが、私の場合、感じるのは一人である。それはたぶん女であろう。
私も極々わずかではあるがその人間のテレパシーの声を聴いた事がある。
一回目は8年前ぐらいになるだろうか。集スト被害者として自覚する
一年前の話だ。当時は隣家と騒音の件で揉めていたのである。その件
の後に私の部屋に何かしらの音が送り込まれるようになったのだった。
ガタガタ、ドンドンとする音や人の声のようなものが夜中に耳元で聞こえ
るような事が度々あったのである。その中の音声で、一つハッキリと
した言葉が一つあり「コラ!」と叱責するようなものがあったのだ。
これは自分が直に聴いたものではなく、寝ている最中に音声レコーダー
に入っていた音声である。ゆえに生体通信ではないかもしれないが、当時
はただ不思議な声として認識したのであった。
私はこの声の主は隣の主人の声だと思い声紋を分析してもらおうと音声
データを音響研究所に持っていったのであった。しかし、その結果は
意外なものになった。てっきり隣の主人の声だと思っていた、低音ぎみ
の声は分析の結果、女性の声だというのである。これには驚いたが、結果
として証拠にはならないという事になってしまった。
隣家には女性もいたが、私と険悪になっていたのは意地悪そうな主人だ
けで隣の女、子供は極普通に見えていたので対象からは、はずしていた。
その後、研究所に行ったせいだろうか、急に披害が激しくなって、音声
どころではなくなってしまった。音声分析はかなり高い出費だったが、
得られたものは男性だと思っていた声が女性のものだったという事だけで
あった。

またその他にもアニメに出てくる可愛い動物のキャラの声のようなもの
を聴いた事がある。これもやはり披害者自覚前で何も知らない頃であった。
ある日、自分の部屋にいた時のことだ。ベランダのほうから「ミュイーン」
という声がしたのだった。ベランダに何か居るのかと思い覗いてみたが
何も居なかった。その時は不思議であったが、何の解答も得られないまま
捨ておいたのだった。今から思えば、あれも女の声かもしれない。女性の
声優がよく、ああいった声を出しているのだから、声の主は女性であろう。

その後、被害者となって聴いた声というのがある。ある日の朝早く、寝床
で、うつらうつらしていた時である。いきなり「へえ、そうなの」という
すっとんきょな女の声が聞こえたのだった。寝起きのまだ頭が覚醒してい
ない無思考の状態だったので「へえ、そうなの」と言われても、何も考え
ていないのだから、間の抜けた問いかけである。もちろん周りには誰もい
ない。なぜそのような言葉をかけてきたのか、今だに謎であるが、何か私の
頭の中の古い記憶でも思考盗聴で探っていたのだろうか。この言葉が私に
とって一番長いセンテンスのテレパシー言語となった。
結局、私が生体通信らしき体験をしたのは、この三つだけだ。いずれも女
の声であると思われるが、ひょっとしたら、AIの声かボーカロイドのような
合成音かもしれない。

これらの事から私の後ろにいるのは生身の女か女を模したAIなのかと思う
ようになった。それと今までの被害の体験からして、私に張り付いている
者が女ではないかと思わせるような事が多いのである。少し恥ずかしい
話ではあるが、私が性的なことを考えている時に身体にビリビリと振動
を与えてきたり、部屋の防御用のステンレス板をバン!と打ち鳴らす事が
多い。また嫉妬のような感情を感じることも多いのである。やはり生身の女
であろうか。あまりにも、こちらに寄越す生体通信音声が少ないので、そ
の真実を完全に知るすべは、無いのではあるが。
生体通信でテレパシーのやり取りをしている被害者の人の話では、普通
に頭の中で会話ができて冗談まで言い合うという事らしい。それならば
この生体通信のカラクリを聞き出す事ができるのかと思うが、それを聞く
と、はぐらかされてしまうそうである。

生体通信は披害者の思考を読んだり、記憶を探ったり、会話をしたり、
身体の状態を観察したり、痛みを与えたりすることができると思われるの
だが、そのテクノロジーとは一体どういうものなのであろうか。よく
言われるものの一つに、マイクロ波聴覚効果(フレイ効果)というもの
がある。これはマイクロ波に音声信号を乗せて、頭に照射すると、脳内
に熱が発生し、これによって生じた圧力波が音声として聴こえるという
事のようだ。 またもう一つの可能性としてはニューロフォンの原理を
利用したものが、考えられる。これは人体の皮膚自体が音声を認識する
という考えから、つくられた装置である。低周波の音声信号を乗せた
電磁波を人体に照射すれば皮膚が共鳴して、頭の中に音声として言葉が
出現するというような事のようだ。この方法であれば、披害者と加害者
をリンクさせる事ができるかもしれない。ニューロフォンの電磁場環境
を双方につくり、共鳴させて特殊なデバイスで繋げれば勝手にテレパシー
の会話ができるようになるのかもしれない。
ニューロフォンの技術は不可能だとか、危険だとかいう話で消し去られた
技術と言われているが、日本でもそういった装置の特許が音響システムの
技術として存在しているようだ。
私自身の意見を言わせてもらうと高周波のマイクロ波聴覚効果より、低
周波のニューロフォンの方がテレパシーの会話などには都合がいいのでは
ないかと思われる。なぜなら人体のもつ電気信号は低周波のものだからだ。
ゆえに電気的に共鳴しやすいので小さなエネルギーでも増幅して大きな
効果を生む事ができるかもしれないのである。

現在テクノロジー披害者や統合失調症などの生体通信で苦しんでいる人の
数は数十万人と言われている。これらの人たちに、すべて加害者がとり
憑ついているとなると加害者も少なくとも、それぐらいの数が居るという
事にならないだろうか。これは相当な数である。闇側はもっと人員を減らす
べくAIなる加害者を今後、多く使っていく計画があるのかもしれない。AIは
今後、感情を持ち、人間の意識と感覚がほとんど変わらない存在になり
つつあると言われている。闇のテクノロジーは、もうその域に到達している
のかもしれないのだ。現在の生体通信被害者は、そういったアンドロイド
のような者と対話している可能性もあるかもしれないのである。





// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2024 日本の闇と集団ストーカー all rights reserved.
プロフィール

nezuking

Author:nezuking
FC2ブログへようこそ!
集団ストーカー被害者です。集団ストーカー記事の他に
日本の理解し難い闇世界を掘り下げていきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
SOS

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR