fc2ブログ
Kさん、コメントありがとうございます。内容がプライベート的なことが多いよう
なので、メールでやり取りしてはいかがでしょうか。私のブログの右のほうに
メールフォームがありますので、そこから連絡いただければ、お返事します。
ブログのコメント欄に書きにくい事もお返事できるので、できましたらお願い
します。
皆さんは、電磁波について、どういうイメージを持っているだろうか。この犯罪において
いつも取りざたされているのがマイクロ波だという事で電子レンジのマイクロ波をイメー
ジされている人が多いのではないかと思う。電磁波は電子レンジに使用されるマイクロ波
の他にも数多くの種類の電磁波が存在する。大きくわけて波長の長い順から低周波、放送
用電波(マイクロ波含む)、赤外線、光、紫外線、X線、ガンマ線などである。これらは
一つの同じ媒体の振動に他ならない。ただ周波数と波長が違うだけである。ここで媒体と
言っているのは実際に振動して波打っているいる物体の事であるが、現在この物体の正体
は解明されていない。正体はわからないが研究家や専門家の間では「エーテル」と呼ばれ
ている。
こういった事から電磁波というのは、一つの未知の物質の振動による波であり、波長
と周波数が違うだけでまったく性質のちがったものになるという代物なのである。
さらにこの未知の物質の振動というのは、普通の固体、液体、気体などの振動波ではなく
電場と磁場が交互に連なって進行していくというものであるらしい。その速度もすべて同じ
で1秒間に30万kmの速度だということである。電磁波の一つである光が地球を一秒で
7周半すると言われているが、他の電磁波も同等のもの凄いスピードで伝播していくという
ことなのだ。光という電磁波は電磁波の中では唯一目に見える電磁波である。この光という
ものは一番、物体を通過しにくい電磁波と言っていいのではないだろうか。物体を通過しな
いで反射するから私達は、そこに物があるという事を目で認識することができるのである。

他の電磁波も目には見えないが存在はしている。放送用の電波などは、いろいろな波長の
ものが人工的に作られて、無数に空中に存在していると思う。こういった目に見えない
電磁波をイメージするなら、やはり光と同じようなイメージを想像すればいいかもしれない。
ただし干渉とか減衰とか吸収、反射とかはだいぶ違うかもしれないが。

私たちが被害を受けている諸悪の根源は、やはり電磁波であろう。ここからは私なりの
テクノロジー犯罪における電磁波の考えを述べていきたい。まず電磁波の闇側の使用の
仕方であるが、これは2種類あるのではないだろうか、一つは被害者が行動する地域を
広域に渡ってカバーする微弱な電磁波。もう一つは被害者のいつも居る場所に集中して
放たれる出力の大きい電磁波である。前者は被害者の位置を特定したり、加害者を被害者の
所に誘導する電磁波である。テレビやラジオ、スマホなどの送受信電波を考えてみてほしい。
これらの電波は微弱で空中で波打っているが、電磁波測定器などで測ろうとしても測れない
代物なのだ。ゆえに被害者の位置を特定したり、操ったりする電磁波も測定不可能なのだと
思われる。また人間のもつ神経などの電気的特性の周波数、波長などは人によって様々なの
だ思う。携帯やスマホを考えてみればわかるように無数の電話番号があるのに一つとして
間違って他の携帯に電話がかかる事はないのである。それと同様に人間のもつ電気的
信号(電磁波)も指紋と同じで同じものは一つとしてないに違いない。この微弱な電磁波を
追尾すれば人の居場所確定もコントロールもできるのではないかという事である。しかし
普通の人はこう考えるだろう。人間はスマホのような送受信の機能などないのだから、その
ようになるはずはないだろうと。しかし、もしその人間のもつ電磁波の周波数や波長がわか
っていて、それと同じものをその人間に照射すれば共鳴現象を起こして強い輻射電磁波となり
身体から大きな電磁波信号が得られるのではないかという事である。ゆえに敵方は被害者の
固有の周波数、波長の弱い電磁波をラジオやテレビの電波のように四六時中、流しているの
ではないかと思われるのである。多分、被害者を中心として基地局が何kmかをカバーして
いるのではないかと思われる。もし被害者が、もっと遠くへ移動してもどこかの電磁波の
中継局にその被害者の周波数、波長のデータを転送してその電磁波を中継局の周りに流
せば照会という形で引っかかり被害者の居場所を特定できるのではないだろうか。
もしそうだとしたら、スマホの中継局のように日本中のあらゆる所に加害側の中継局が点在
している事になる。身体の筋肉がピクピクとしたり、針を刺すような痛みは、車で移動中
でも電車で移動中でも起きるが、もしかしたらこれらは、被害者の位置を確かめようとして
電磁波の強度を強めた時の弊害なのかもしれないのである。とにかく被害者の位置特定に
は電磁波供給源を各中継局に転々とさせて被害者のいるエリアに広範囲に流していると思
われるのだ。

あともう一つは特定の場所から放たれる電磁波の工作である。現在、私は仕事上、ビル
の中を歩き廻っているが、あるエリアに入ると、めまいが酷くなるのだ。ゆえにそこには
めまいを引き起こす電磁界が存在しているのではないかと思われる。この電磁波源はいつ
も固定されており、被害者が通らなければならない場所に伏せてあると思われる。めまい
を起こすエリアには創価企業系らしきレストランがあり、またビルの数階のフロア部でも
同じ症状を引き起こす。私以外の人間が、その場所で、めまいを起こしたという話は聞いた
ことがないので、私にしか通用しない電磁波波長のものではないかと思われる。
そして被害者宅の近くにも固定されている電磁波装置は必ず存在しているだろう。この
装置が一番、被害をもたらす事ができるのではないかと思われる。ひょっとしたら、種類
の違う電磁波を発生させるものが複数、被害者の周囲に存在しているかもしれない。

加害用の電磁波は主にマイクロ波と低周波を使用しているように思われる。その他にも、も
っと波長の短いもの紫外線やガンマ線なども、たまに使用されているように思われる。紫外
線を使用した場合は手や足に赤いアザのようなものが身体にできるし、ガンマ線を使用した
時は火傷のケロイドのような傷ができるのではないかと思う。これらは指向性が高いビーム
状の電磁波で被害者をターゲットにしているように思われるのだ。

あと気になったのが私のブログにコメントを寄せていただいたKさんのブログの内容である。
それにはMRIの事が書かれていたのであるが、KさんがMRIの検査を受けた時に、今
まで聞こえていた生体通信の音声が消えて、悪かった視力も回復したという話である。
しかし、検査終了後、すぐまた元に戻ったということであった。MRI内部は磁場がもの凄
いということであり、磁核共鳴という現象が起こっているという事であるが、強力な磁場の
中では電磁波の攻撃は無効になるのだろうか。我々は電磁波のことばかり気にしていたが
磁力単体については深く考えた事は無かった。この磁力というものが、電磁波とどういう
影響を及ぼしあっているのか、それも検証してみる必要があるのではないだろうか。次回は
それをテーマに記事を書きたいと思う。調べるのに少し時間がかかるかもしれないが重要
なことなので是非、記事にしたいと思う。


Kさん、ブログ読ませていただきました。その内容の中でMRIのことが書かれて
いますが、これはたいへん重要なことだと思います。次のブログ記事にその事を
引用させていただきたいと思いますので、もし私の記事を読んで都合が悪いよう
でしたら言ってください。取り消します。もちろん名前などは伏せておきます。
よろしくお願いします。
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2024 日本の闇と集団ストーカー all rights reserved.
プロフィール

nezuking

Author:nezuking
FC2ブログへようこそ!
集団ストーカー被害者です。集団ストーカー記事の他に
日本の理解し難い闇世界を掘り下げていきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
SOS

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR