FC2ブログ
最近、ニュースで話題になった車の事故が二件ある。一つは池袋で起こった車の
暴走による母子死亡の事故。もう一つは大津で起こった車同士の接触事故により
保育園児が巻き込まれて死傷者が出た事故である。
池袋のほうは加害者の男性が87歳という高齢であり、しかも経歴が東大卒で
通産省を経て瑞宝章を受けるなど輝かしい経歴を持っていると報道されている。
事故当時のニュースでは、この人物の呼称を容疑者とは呼ばず”さん”づけを
していた。これに敏感に反応したのがネット民であった。経歴が名誉賞や名誉
職で埋め尽くされている、この人物に対して忖度をしたというのだ。
そしてこの加害者に対して”上級国民”というネットスラングがしきりに飛び
かっていたのである。 普通事故で人を死なせた場合は必ず○○容疑者という
名称で呼ばれるのが通例であるが、この加害者は特例と言ってもいいほどの
”さん”づけである。人々が、おかしい、贔屓だと言っても無理からぬことで
あろう。こういったニュースの対処の仕方が、さらにこの事件を社会問題として
大きくクローズアップさせる事になったようだ。 
さてこの事件をまた集スト、テクノロジー犯罪の側面から見てみたいと思う。
加害者の男性が暴走した理由をアクセルが戻らなくなったからだと主張している
が私が想像するに戻らなかったのはアクセルではなく、加害者の足のほうでは
なかったのではないかと思う。つまり足の筋肉が何らかの原因で硬直状態になり、
突っ張ったまま戻らなくなったという事ではないだろうか。これもテクノロジー犯罪
特有の運動神経麻痺のコントロールではないかという事だ。
この電磁波工作をやられる事により、華々しい経歴の持ち主も信用を地に落とし
てしまった。マスコミはこの事故の加害者男性の呼称を差し障りのない呼び方
にし、ネット民は、その事をおかしいと思い、手心を加えたとして批判してい
る。これも闇側の工作に違いない。地位のある人間には特権があるのだという
事を露わにして、社会に対立軸を作ろうとしているのではないかという事だ。
闇側は、いつでも社会に火種を作ろうとしているのである。
この事故で使用されていた車は事故が頻発に起こるプリウスであったという事
もあり、完全に加害者のせいだと決め付けることもできないが、お年寄りの
アクセル、ブレーキの踏み間違いというものが、他種の車でも多いので、やはり
運動機能を支配コントロールされたのではないかと思うのである。高齢者は、
若い人間より運動機能をコントロールされやすいということが言えるのではない
だろうか。

そしてもう一つの大津の事故であるが、これは女性ドライバー同士の接触事故
が原因で一方の車が保育園の園児のの列に突っ込むという凄惨なものとなった。
交差点において右折車に直進車が衝突したという事故であるが、その直進車が
運悪く、その場で信号待ちをしていた園児たちを巻き込んだのである。このタイ
プの事故は数年前に私も目の前で目撃者として体験させられている。その事故は
前にブログにも書いたが交差点で右折待ちをしていた車が直進車が近くまで来て
いるのに右折し始めて、直進車が急ブレーキをかけたが、間に合わず、ぶつかる
というものであった。この時は幸いにも直進車がブレーキをかけ、ハンドルもあ
まり切らずに、ぶつかったので、車が跳ね返って、あらぬ方向に突っ込むという
事はなかった。しかし一歩間違えれば死ぬ可能性もあったのだ。その場を目撃した
私は、ああ闇側の陰惨な工作だなと思ったのであった。
テクノロジー犯罪であれば、車のドライバーの注意力を散漫にして事故を起こさ
せる事は可能であろう。大津の園児の事故も全く同じで、テクノロジー犯罪の手法
が用いられていると思われる。前回のブログでも書いたが若い人間を抹殺して
日本の人口を減らそうという意図があったのではないだろうか。園児は二人死亡
したが、実際はもっと多く殺したかったに違いない。本当に恐ろしい奴らである。

人は誰でもコントロールされて上記のような加害者になってしまう可能性がある
と思う。しかし上記のニ例は悪意というものが存在せずに身体の運動あるいは
感覚の応答機能を阻害されただけの事である。それでも、これだけの惨事を起こ
してしまうのであるから、脅威を感じぜずにはいられないだろう。
人の運動神経、感覚は人によっては比較的容易にコントロールされてしまうよう
だ。それでは工作員が被害者に対して行う悪意を持った嫌がらせの工作という
ものは、どういう発生経路があるのだろう。それを考えてみたいと思う。

私もいろいろな精神ダメージを負わされる被害を受けてきたがその中では明らか
に悪意を持って行動していた工作員がいたのである。それは単独犯であったり
複数犯であったり、するわけだが、単独犯の場合は、その個人だけが洗脳され
て悪事を行っているという可能性もあるわけである。それだと思われるような
体験例を書いてみたい。
まだ、この犯罪を知らなかった頃に奇妙な行動をする少年に粘着される事があっ
た。朝、会社に出勤するために道を歩いていた時である。前方に足にコルセット
をしてビッコをひいて歩いている少年がいた。歩く速度が遅いようなので、こち
らが歩速を速めて追い抜かそうとすると、どういうわけか足を速めて抜かさせまい
とするのである。それがどんどんエスカレートしていき少年はとうとう走り出して
しまった。そして駆けながら駅の階段を登っていったのである。その光景に唖然
としてしまった。どうやら怪我をしているというのは嘘のようだ。しかし事は
それだけでは終わらなかった。以降その少年は毎日時間を合わせて私の前を歩く
ようになったのである。コルセットは、はずして挑発しているような感じであった。
一体こいつは何なのだろうと思った。少年は宗教にでも入っていて私は敵対者と
認定されていて命令でも受けていたのだろうか。それとも自宅で個人的に統合
失調症者のように頭に暗示のような言葉で調教されて、わけのわからない行動を
しているのだろうか。洗脳されているということはわかるが、それが何かしらの
団体の命令でやっているのか、個人的に行動しているのかという事は今も判然と
しないのである。この場合は単独なので個人レベルで闇側が直接にマインドコン
トロールされてもおかしくはない事例だと思われる。

それでは複数の加害者の場合はどうであろう。もう一つ例を挙げてみたいと思う。
集団ストーカー被害を本格的に受け始めた頃、家ではよく睡眠妨害されて寝不足
になっていた。そこで深夜、家を出て外で寝てみようと思い夜、車で高速道路の
サービスエリアに行き、そこで一夜を過ごそうと思ったのであった。夜の10時
だか、11時頃にサービスエリアに着き、車を駐車場の普通自動車専用のエリアに
停めたのであった。事が起こったのはその停めた直後であった。私の車の後ろ
の大型車専用駐車場に停まっていた10トントラック2台が猛然と私の車の両脇
の空きスペースに突っ込んできて停まったのであった。そのスペースは一般の
乗用車のスペースであり、大型車が停まるスペースではないのにである。私は
少し驚いたが、恐ろしさより、こんなくだらない事をよくやると思い、頭にきた
のだった。 この場合は同時に加害行為をした人間が二人である。普通に見る
ならば。しめし合わせて加害行為に及んだと見るべきであろう。まさか別々に
そうするように洗脳されていて、タイミングを合わせたというわけではないと思う。
二人は同じ何かの団体、組織に属している同志であるに違いない。

こういった団体、組織というのは、大元の闇の勢力の命令で活動しているのだろ
うか。私は最近思うようになったのであるが、そういった団体、組織は、頂点に
いるだろう闇の支配者のことなど意に解していないのではないかと思うのだ。
つまり人類奴隷化計画、人口削減計画、NWOなどのために活動しているわけで
はないという事だ。その団体、組織の人間は、あくまでも自分の集団のために
活動していると思われる。集団ストーカー、テクノロジー犯罪に加担する集団と
いうのは反社会行動に発展しかねないような、また自らの集団の栄華のために
攻撃的になり易いという事が条件で闇に選ばれるのではないかということだ。
故に闇勢力は、その集団を丸ごと洗脳して反社会団体として世に存続させ続け
ているのではないかという事である。いや団体設立のお膳立てもして、裏から
大きな勢力になるように力も貸していたのかもしれない。
こういった闇勢力の道具にされやすいのは、やはりカルト宗教団体、左翼系団体
であろう。その性格上、過激になりやすいものが利用されると思われる。

とかくカルト宗教団体などが電磁波装置などを使って加害行為をしているので
最終首謀者はカルト宗教だと思われがちであるが、私はその装置などを供給して
いる集団が、また別に存在していると思っている。いわゆる武器商人や運営
資金を貸している集団、つまり闇勢力と宗教団体などを結ぶ仲介的な役割の
集団である。それは果たして闇支配者の命を受けて活動しているのか、それとも
闇側のポリシー、目的などを全く知らない集団なのか、どちらかは今の所わから
ないが、もし後者であるとしたならば、世の中は闇の支配者層以外の人間は、
ただの操り人形になったり、知らず知らずのうちに闇の破壊活動に加担している
という事になるのである。

世の中の負の流れはだんだん深刻になってきている。一般の普通の人が闇勢力の
存在に気づく日は果たして来るのだろうか。手遅れにならない事を願うしかない。

// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2019 日本の闇と集団ストーカー all rights reserved.
プロフィール

nezuking

Author:nezuking
FC2ブログへようこそ!
集団ストーカー被害者です。集団ストーカー記事の他に
日本の理解し難い闇世界を掘り下げていきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
SOS

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR