FC2ブログ
車による集団ストーカー被害を受けている被害者は、かなり多いのではない
だろうか。ゾロ目のナンバーの車をよく見るとか、道を歩いていると時、また
は車を運転している時に前方に止まっている車に近づくと急に発進するとか
しょっちゅうあるように思う。また車を運転中、脇から急に車が飛び出して
くる、車のクラクションを何回も鳴らす、昼間なのにヘッドライトを着けている、
歩行中に車が自分のほうに寄ってきて危ない思いをする、いつも同じ車が待ち
伏せしている、などいろいろやられていると思う。これらも被害者を脅すため
の卑怯な工作の一つであろう。この車による工作によって、かなりイライラ
させられる被害者も多いはずである。車の工作に関しても加害意識があって
やっている者と無意識でやっている者の両方が存在していると思われる。神業
的なシンクロはテクノロジー犯罪の技術が使われていると思ったほうがいいだ
ろう。

私の場合、車に関する工作は集スト被害を自覚する前のほうが直接、死に
つながるようなものが多かったような気がする。前にブログにも書いたが高速
道路を走行中、助手席にいた母親がシフトレバーをニュートラルに動かして
しまい、エンジンが空ぶかし状態になり、危うく高速道路上で停まりそうに
なる状況に追い込まれた事があった。あの時の事を思い出すと、いまだに背筋
が凍りつく思いである。こういった高速道路上に運転者を停車させて後続車で
跳ね飛ばそうという残忍なやり方は、まさに悪魔ならではの発想であろう。
最近の事件で東名高速道路の追い越し車線で車を停車させ、夫婦がトラックに
はねられ死亡するという事件が起こったが、これも何やら策謀くさいものを
感じる。家族が乗っている車を追いかけ回して高速道路に強引に停めさせた
容疑者はいったいどういうつもりでそうしたのであろうか。この事件の発端は
容疑者が被害者の車の通路を塞いでいた所を被害者の男性が注意した事が原因
らしい。その注意の仕方に容疑者が腹を立てたというような事のようだ。被害
男性が容疑者にかけた言葉は「邪魔だボケ!」ということであったらしい。
多少乱暴な言葉だと言えない事もない。しかし、もしこの事件を集スト的な見方
をしてみるならばこの被害男性は、日ごろから闇側から集スト的な嫌がらせを
されており、特に車の運転中に前述したような様々な集スト的被害を受けていた
のかもしれないのである。それによりだいぶ神経質になっており、そのような
暴言も出てしまったとも考えられる。また容疑者の人間というのも何となく釈然
としないものがある。なぜ被害者の車の前にわざわざ停めて進路妨害をしたの
であろうか。被害男性は何かしらの因縁をつけられる理由があって初めから、
故意に標的にされた可能性もあるのである。即ち工作員だ。その場の突発的な
衝動行動ではなく誰かの指示で嫌がらせをしたという事も考えられない事では
ない。またもし謀ではない衝動的な行動であるなら、意識や感情をかなりのテク
ノロジー犯罪の誘導操作で動かされてたのではないだろうか。つまり特定の
団体の指示ではなく、闇側に直接、意識を乗っ取られているという事である。
いずれにせよ、この事件は直接的にしろ間接的にしろ闇勢力が関係しているよ
うに思われてならない。当の被害者であるが、法廷では全く反省の色が見られ
ないようである。人から指示を受けてやっているので、自らの罪の意識が軽い
のか、それともテクノロジー犯罪でマインドコントロールされているので罪
の意識を感じないのか、どちらかよくわからないが、まともな一般人ではない
ような感じだ。こういった人間が、これから増えるのだと思うと恐ろしい気
がする。

高速道路で運転中、何かのはずみで停車してしまい凄惨な事故になってしまっ
たもので他に有名なものは、タレントの桜塚やっくんの事例であろう。この
事故は桜塚やっくん自身が起こした自損事故から発展したものだが、高速道路
に停車してしまい、うかつにも車外に出てしまったことで惨い惨劇になって
しまったというものだ。やはり高速道路で停車してしまった場合は絶対に
車外に出ないほうがいいという事なのだろう。車内ならまだ車の車体が追突の
ショックを吸収してくれるという事だ。

それと、これらの事故で実質的に被害者の殺傷を行った後続車であるが、全く
前方の異変に気づかないで突っ込んだという感じだ。こういった事も不自然さ
を感じる。東名の事故にしろ、桜塚やっくんの事故にしろ、後ろにぴったりとくっ
ついていたわけではなく、被害者の車が停車してから数秒経ってからやってきて
突っ込んでいるのである。東名の場合は被害夫婦が容疑者と高速道路上で会話
までしているのだ。突っ込んだ車というのは、遠方から何かしらのトラブルが起
こった車の存在を目視できなかったのであろうか。テクノロジー犯罪の視点から
見ると、やはり後続車の運転者も私は意識を剥奪されて、ぼんやりとさせられ
ていた可能性があると思うのである。こういった、すべての要素が噛み合って
初めて高速道路の惨劇が成り立つのではないだろうか。闇勢力の連中は、
そういった精神的な操作や誘導が得意である。車に限らず危険な場所、危険な
物、危険な人物などを設定してくる場合もあるので要注意であろう。

あと私が体験した車の運転中にヒヤリとした事をいくつか述べたいと思う。
ある日、車の運転中に前方遠くに、おかしな挙動をする車があった。それに気
を取られて、うっかり自分の目の前にある一時停止ラインを通り越しそうに
なった。十字路だったので、もしそのまま通り越していたら左右を通り過ぎる
車と衝突してしまっていたかもしれない。そんな状況も闇側はつくる事ができ
るのである。また運転中に信号のある十字路で左折する際に自転車が横断歩道
を渡ろうと突っ込んでくる時がある。自転車にとっては青信号なので、過失が
あるわけでもない。しかしこちらの車は何も通るものがいないと目で判断して
ゆっくり曲がっているわけで、2/3以上、曲がっているのである。その際に
自転車が突然現れて強引に突っ込んでくるのだ。いくら青信号だからといって動い
ている車の鼻先をかすめるように突っ込んでくる自転車というのは思慮が足りない
のではないだろうか。しかしこれも、その自転車の人間が感情操作や誘導をされ
ている可能性があるのだ。用事があって急いでいる、または遅刻しそうになった
など、その原因さえも闇側が設定した可能性があるという事である。そして自転
車の人間は青信号だから自転車が絶対の優先権があるという先入観に凝り固まっ
ているように思われる。そういった感情も刷り込まれている事も考えられるのだ。
また他にも前に言った脇道から飛び出す車というのがあるが、その運転手
を見てみると左右を全く確認していないのである。これもマインドコントロール
されて、ぼんやりさせられているといった感じだ。さらに時々フラフラしなが
ら走行している車をよく見る。酔っ払い運転だろうか、それとも居眠り運転だろうか。
こういう車の後ろにつくと気が気ではない。いつ事故に巻き込まれやしないかと
ヒヤヒヤである。電磁波でも強めに照射されているのだろうか。とにかく集スト
被害者のドライバーは、そういった連中に注意しなければならないので大変で
ある。

先日、私は免許の書き換えで免許証センターに行って講習を受けたが私の住んで
いる千葉県は交通事故死亡者が、いまだに全国ワースト10に入っているそうだ。
話によると、お年寄りの運転事故が増えているらしい。よくニュースで、お年寄り
の車がコンビニに突っ込んだとか、高速道路を逆走したとかの話があるが、これら
もテクノロジー犯罪の産物であろうか。年寄りのほうが電磁波の影響を受けやす
いのではないかと私は思う。世の中は高齢社会ということで老人による事故が増え
ていく事になるだろう。
そういったことで車に乗っていても、道路を歩いていても今後ますます気が抜け
ない社会になっていくということなのである。

カルトナンバー16
  集団ストーカー被害者はこういったゾロ目ナンバーに取り囲まれることはざらである。



我々集スト被害者は凄惨な被害を受けているが、この犯罪も闇勢力の多くの犯罪
の一部だと私は思っている。闇勢力は様々な破壊工作や謀略に手を染めていると
思うのである。戦争の誘発、気象兵器、地震兵器、金融操作、病気の蔓延、人々
のマインドコントロール、精神疾患、自殺など、すべては連中が起こしているの
ではないだろうか。今回は、そういった悪魔のような連中がなぜ生まれたのか考
えてみたいと思う。ただしこれは、想像の域を出るものではなく、一つの説である
という事で参考程度に読んでいただきたい。

陰謀論でよく登場するのはイルミナティー、フリーメーソン、ユダヤ資本勢力と
言われているが、これらは一つのものだと言っている人もいる。そしてその組織
の中心になっているのは、白人ユダヤだと言われているのだ。そもそも白人ユダヤ
とは何なのだろうか。それを説明する前にユダヤ人とは何かという事を説明する
必要がある。
本当のユダヤ人は紀元前10世紀頃にパレスチナに王国をつくったと言われて
いる。当時のユダヤ人は、肌が浅黒く、白人というより、オリエンタルな顔だち
だったという。この民族がユダヤ教をつくり旧約聖書をつくったのである。旧約
聖書はユダヤ教の経典なのだ。またユダヤ人の定義であるが、ユダヤ教を信仰す
れば、どんな人種の人間でもユダヤ人になれるという事らしい。故に白人で
あろうが、黒人であろうが、黄色人種であろうが、なろうと思えばなれるという
わけだ。白人のユダヤ人(アシュケナージ)が多く出現したのは、中世の頃だと言
われている。

純粋なユダヤ人は大昔の紀元前13世紀ごろ、パレスチナに自分らの国を建国
したようであったが、それ以前は方々に散らばっていて、奴隷にもなっていた
ようだ。旧約聖書のモーゼの十戒にもあるように、エジプトの奴隷だったユダヤ
人何十万人がエジプトを脱出してパレスチナの地を目指すという話もある。
そして自国の建国後の紀元前580年頃にバビロニア王国に制服されて住民は
また捕囚されたという事である。バビロニアに送られたユダヤ人たちはその地で
ユダヤ教という体系と、タルムードという思想を構築したと言われている。その
タルムードというものが大問題視されているのである。ユダヤ教の教えに関し
てはそれほど忌まわしい記述はないのだが、タルムードという経典には忌まわし
い記述が多いのだ。例えば

「汝ら(ユダヤ人)は人類であるが、世界の他の国民(ゴイム)は人類にあらず
 して、獣類である。」
「世界は、ただイスラエル人のためにのみ創造されたるなり、他の民は空なる
 穀皮のみ、従ってイスラエルの他に民なし。」
「神はユダヤ人にすべての方法を用い、詐欺、高利貸し、窃盗によって、異教徒
 の財産を収奪することを命じる。」

というような呪いの言葉とも捉えられるようなものが書かれているのだ。ユダヤ人
はユダヤ教の教義を主に継承しつつ、タルムードの思想も陰に伏せながら、受け継
いでいたのかもしれない。また守銭奴的な商法もバビロニアから影響を受けたとも
言われており、その後のユダヤ人の生き方の規範にもなっているようである。
囚人にされ続けたユダヤ人が屈折しつつも自らのアイデンティティや誇りを保とう
としてできたのが、ユダヤ教の教えやタルムードだったのかもしれない。
また当時のバビロニアには悪魔崇拝のオカルト系宗教も多数、はびこっていたと
いうからその影響を受けたユダヤ人も多くいたと考えられる。その後バビロニア
はペルシャにに滅ぼされ、ユダヤ人は、またパレスチナに帰還することになるのだ。
その後はローマ帝国の時代になっていき、イエス・キリストが登場することとなる。
キリストは、バビロニアから来たユダヤ人の指導者を蛇王とののしったという。
キリストはユダヤ人が邪教であるという事を看破していたという事であろう。それ
が、きっかけとなりキリストは計略に掛かり十字架にかけられることになるのである。

以上は純粋なユダヤ人の歴史であるが、ここからは白人ユダヤ人に関する説明で
ある。時は流れて7世紀から10世紀にかけた頃にハザールという王国が黒海の
近くにあった。この国は遊牧民の国家で主な宗教もなかったようである。
しかし隣国にはキリスト教を主とする国とイスラム教を主とする国があって挟まれ
ており、絶えず双方から圧力がかかっていたという。特に主たる国の宗教を持たな
いハザール国はどちらでもないユダヤ教を国の宗教にする事で、その難局を乗り切
ろうとしたのである。ハザール王国の住民は皆、白人であったため、ここに白人の
ユダヤ教徒の国が誕生するという事となった。

1-ハザール

ハザール国にはバビロニア系の本当のユダヤ人も住んでいたに違いない。ハザール
がユダヤ教に改宗する際にも、ユダヤ教の教義もろもろのことを王や民衆に伝え
教えたと考えられる。故にバビロニアで育成された思想や生き方また、タルムードや
悪魔的な宗教の教義までもが浸透してしまった可能性がある。
そういったことでハザール王国は白人ユダヤの国となったわけであるが、しかし
そのハザール国も後に衰退して滅亡することになる。そしてハザール国にいた白人
ユダヤもまた、方々の散らばり、流浪の民となるのである。
流浪の民となった白人ユダヤ人は各地でその商才をふるって、成功したのではない
だろうか。しかし商売をうまくやるだけならまだいいのだが、中には悪魔的な宗教観
を持ち続けた白人ユダヤもいたのだと思われる。その悪魔的なものを受け継いだ者
こそが今日の闇勢力の原型だったのではないかという事なのだ。
その悪魔宗教の白人ユダヤの主な特徴は次のようなものになるだろう。

1、人を欺いてでも、お金を儲ける商才。(ユダヤ資本)
2、自分ら以外は人だと思っていない。 (人類家畜化)
3、悪魔を崇拝していて残虐になれる。 (大量殺人)

この三つは闇勢力が行っていること、そのものではないだろうか。
私は白人ユダヤの中の一部の悪魔宗教に、のめり込んでしまった人間が闇勢力の最終
黒幕のような気がしてならない。この頭のいかれてしまった連中が世の中を混乱させ
て楽しんでいるのだと思う。

旧約聖書の創世記では、ニムロデという人物が登場してバベルの塔という天にも
届かんとする巨大な塔を建設させるくだりがある。その人物は世界統一を試みた最初
の権力者だという記述があるのだ。 その行為が神の怒りにふれ、二ムロデは神への
反逆者の象徴にされたそうだ。そして、このニムロデを創始者だと言って、崇め奉って
いるのがフリーメーソンだという噂である。世界統一秩序(NWO)の思想と一致してい
るのだ。奇しくもEU(ヨーロッパ共同体)の本部の建物のデザインはバベルの塔にそっ
くりである。EUも、もはや白人ユダヤの手中にあるのだろうか。

1-EU本部
   バベルの塔         EU本部

またヨーロッパのスイスには、セルン(欧州原子核研究機構)があり素粒子衝突
加速器で研究が行われている。この大掛かりな装置の創設開幕式のセレモニーでも
悪魔の儀式のようなパフォーマンスの踊りや舞台、演出が披露されて物議をかも
したようだ。まるで悪魔の集団の宴ででもあるかのような、乱痴気ぶりである。
これも闇の白人ユダヤが自分の所有物だという事を誇示したいためのアピール
であろうか。

3-cern.jpg
         セルン開通式セレモニー

ヨーロッパはだいぶ闇勢力に汚染されてしまっているようだ。第二次世界大戦では
ナチスのヒットラーがユダヤ人を大量に殺害したが、ひょっとしたらヒットラーは
白人ユダヤの脅威を理解していたのかもしれない。また現在のパレスチナは白人
ユダヤの国として認められてイスラエルという国になっているが、この国をアメリカ
が援助しているというのも。おかしな話である。この二つの国は同一の支配者が
支配していると見てもいいのかもしれない。

白人ユダヤ勢力はロスチャイルドやロックフェラーがその代表格であるが、これらは
闇勢力の部長クラスだという説もある。役員クラスはシェルバーン一族とかタクシス
一族などの欧州貴族だという説だ。こうなると白人ユダヤの最終黒幕説も、それらの
隠れ蓑の流言説になり下がるような感さえある。何が本当なのかは、一般の人間
の考えの及ぶところではないかもしれない。
いずれにしても、闇の頂点のことは、我々が想像するだけで、遠く手の及ばない存在
である事には間違いない。しかし闇の勢力は必ず存在しているのだから、もしこの
世の中を変えたいのであれば、何十億もの人間がその闇勢力の存在に気付いて声を
上げるべきなのである。

// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2019 日本の闇と集団ストーカー all rights reserved.
プロフィール

nezuking

Author:nezuking
FC2ブログへようこそ!
集団ストーカー被害者です。集団ストーカー記事の他に
日本の理解し難い闇世界を掘り下げていきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
SOS

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR