FC2ブログ
最近、東京に行く用事があったので千葉から総武本線快速に乗って東京に
向った。途中で新小岩駅に停車したが驚いてしまった。ホームにホーム
ドアというプレートの柵のようなものが設置されていたのである。
そしてホーム上には5~6人ぐらいの警備員が歩き回っているのだ。
これは新小岩駅があまりにも自殺者が多いので対策をとったのだろう。
非常に仰々しい有様であった。現在、新小岩駅は自殺の名所と化し
てしまっているようだ。
新小岩ホームドア2
  ホームドアが設置されており、ロープも張られている。警備員も10人
  くらいいるようだ。

前にもブログ記事に書いたが私は一時期、新小岩にある中小企業に勤務し
ていた事がある。入社当時は新小岩駅はまったく自殺の名所などではなく
ごく普通の、ありふれた駅であったのだが、私がその駅を使うようになって
から自殺が増え始めたようだ。まず入社してから一年目に飛び込みの
事故があり、そのまた一年後ぐらいに再び事故が起こったのであった。その
後ホームに専属の警備員が一人置かれるようになったのを覚えている。
新小岩駅は現在まで、トータルで30件の自殺者が出ているようだ。どう
して新小岩には自殺志願者が多く集まるのだろう。新小岩の快速ホームに
は成田エキスプレス(NEX)が、もの凄い速さで通過するので、それに飛び
込めば楽に死ねると考えているのだろうか。

新小岩で自殺しようとしたがもう一歩の所で思いとどまったという男性の
談話がネット上にあったので紹介したい。

   千葉県在住の岩崎彰さん(68歳、仮名)も、株に失敗し、新小岩
   での自殺を考えたことがある一人だ。
   岩崎さんは、退職金の500万円を運用しようと昨年から株を始め、
   やがて信用取引も行うようになった。ところが、今年の5月に持
   っていた株が暴落。借金をして追加入金をするも、株価は回復
   せず、追証を合わせて約1000万の借金だけが残った。その後、
   何日も後悔と自責の念にかられるうちに、死を意識するように
   なったという。
   「新小岩で人身事故が多いということは知っていました。株で
   大損してからは電車が止まる度に、もしかしたら自分と同じよ
   うな境遇の人が飛び込んだのかもしれないと考えるようになり
   新小岩に降りてなんとなくベンチに座ってみることが増えたんです。
   そんな事が続いたある日、気が付くと、ホームギリギリのところ
   に立って、上半身を前後に揺らしている自分がいました。でも、
   どうやってここにたどり着いたのか、途中の記憶がまるでない。
   慌てて身を引きましたが、一歩間違えれば飛び込んでいたかもし
   れません」
   新小岩駅の特徴の一つは、ホームの横スレスレをNEXが猛スピード
   で通過するという点だ。実際、飛び込みが多発しているのも、NEX
   が通過する3、4番線のホームである。
   駅を訪れた本誌記者が、実際にホームに立ってみると、「ゴオォー」
   という風を切る凄まじい轟音とともに、目の前を高速の鉄の塊が
   通り抜けた。線路からは十分な距離があったはずだが、あまりの
   恐怖感に思わず仰け反ってしまった。
   「NEXは錦糸町駅でもホーム脇を通過していますが、そちらは駅前後
   に高低差があるので速度が出しにくい。一方で、新小岩駅は直線が
   続くためスピードが出しやすい環境にあり、時速120kmの速さで駅
   を通過します。
   また、4番線は視界が開けていて、自分に向かってくる電車がよく
   見えるので、吸い込まれるような感覚を受けるのかもしれません」
   JR関係者は、「なんとかして、この負の連鎖を止めたい」として、
   こう語った。
   「ホームのベンチに長時間じっと座っていたり、不自然に笑顔を
   浮かべ続けていたり、とにかく少しでも違和感を持たせる人がい
   たら、声をかけるようにしています。でも、駅員たちだけでは
   とてもカバーできない。できたら、一般の方々もそういう人を
   見つけたら気にしてあげてください」
   ふとした気づかいが、新小岩の憂鬱を晴らすことに繋がるかも
   しれない。

という事だそうだ。「どうやって、ここにたどり着いたのか途中の記憶が
まるでない」という事であるが、無意識で、線路際まで来たといういう
事だろうか。こういった無意識で行動したというような事を聞くと、集団
ストーカー被害者である私は、やはりマインドコントロールされ、誘導され
て線路際に立たされたと思ってしまう。また自殺志願者は椅子にすわって
不自然に笑みを浮かべているというような事を言っているが、これはマイ
ンドコントロールされている人間の特徴ではないだろうか。
生活苦を感じている人を死に誘うやり口は闇側の本懐といったところだ
ろう。まさに死神である。そして、これは私に見せ付けているという可能性
が高いのだ。現在は、その駅を利用してはいないが、この自殺の件が公にな
る度に、私が嫌悪し罪悪感を感じるだろうと、ふんでいるのかもしれない。
お前に見せるために、多くの人が死んでいるのだと思い込ませたがっている
ように見える。自殺願望の人間を多く、新小岩駅に集中させるように、催眠
誘導していると見ていいだろう。
さらに余談であるが、新小岩の私が勤めていた会社なのだが、私が退職した
3ヶ月後に倒産してしまっているのだ。私が辞めた当時は倒産する気配など
全く無かったのだが、不思議である。私がその倒産を知った時は、自分が
辞めたせいで仕事がうまく回らなくなったのではないかと冗談半分に自惚れ
ていたが、そんなことはないようである。負債額が6億円というから、
一朝一夕の出来事ではないのだ。多分、ずっと前から会社は傾き始めていた
のだろう。社長はその事を隠していたに違いない。社長は多分、破産宣告と
いう事で財産はすべて没収になったのではないかと思われる。新小岩駅
で自殺などしていなければいいと思うが・・・。
これも闇側のシナリオの一部だったのかもしれない。ただ計算違いだったの
が、もし私に対する不幸の演出のつもりであるとすれば、倒産する直前に私
が会社を辞めてしまったという事である。

私にとって、こういった忌まわしいものを見せられるというのは、新小岩
の話だけではない。だいぶ前にブログ記事にしたことがあるが、集スト自覚
前の若い頃にも、身近にいた人の死というものを見せられているのだ。
それは大きな企業に派遣で勤務していた時の話だ。私と同姓の名前の人が
交通事故で亡くなり、その人の葬式にも出たという体験である。その人は
派遣先の会社の私の直の上司であった。
そしてその人の事故の遇い方も、誘導的なのである。詳細を述べると、こんな
所だ。その人は千葉の団地に家族とともに住んでいた。事故当日の夜、
会社から帰宅中に事故にあったのだが、どこかの居酒屋にでも寄ったらしく
多少酔っ払っていたようだ。 最寄駅から自分の住む団地の棟に向って歩い
ていたのだが、酔っ払っていたせいもあり、自分の棟を素通りして、その先
の信号のある十字路を渡ってしまったのである。その人は「あ!しまった」
と思ったのであろう。体を反転させて、また十字路に引き返して渡った、
その時である。一台の車が突っ込んできて、その人を跳ね飛ばしてしまった
のだ。即死であったらしい。この事故は、あまりにも突発的で、凄惨なので、
会社の人達も、相当ショックだったようだ。私もまた然りだった。
事故を起こした車のドライバーは初心者の女性だったそうである。これらは、
あまりにも負の要素が重なっていると思わないだろうか。もしマインドコント
ロールの誘導策であるとしたら、こういった事が想像できるだろう。その人を、
まず自分の棟を素通りさせて十字路に誘うコントロールをしたという事だ。さら
に被害者のその人と、加害ドライバーが通過するタイミングを合わせるために
行動のコントロールをした可能性がある。十字路を通り過ぎさせた後、さらに
適度に進んだところで、行き過ぎたことを気づかせ反転させて、車の到達時間
と合わせたということだ。つまり時間調整をしたという事なのである。
しかも不慣れな初心者を、その現場に誘導するといった策謀も労している。
私の今までの経験からしても、これぐらいのシンクロ芸はできると思われる。
本人が酔っ払っていて無防備な状態ならば尚更である。
被害者のその人には奥さんと一人の息子さんがいたが、本当に気の毒であった。
人を殺すことに全く躊躇のない闇勢力は人を人と思っていない人獣か何かの類
なのではないだろうか。
今考えてみると、これも私に対する何かのメッセージだったのかもしれない。
しかし当時は集ストの事も、陰謀論の概念すら無かったころの話なので、まさ
か私に悪魔のような奴らが粘着していて人の不幸を見せ付けていようなどとは
想像もしていなかったのであった。

他にも死には、いたらないまでも私がらみであろう人の不幸を闇側は見せつけ
ている。
ある会社に勤めていた時は、私に仕事を依頼して、指示していた上司の御母堂
が急に脳梗塞で倒れてしまい、その上司は自分の郷里に帰ったきりになり、
残された私は仕事の指示を仰げず、かなり苦境に陥った経験がある。
また別の会社では、その会社の社屋の1階で仕事をしていた時、突然天井から
何かを叩きつける衝撃音がして、何事かと思ったら2階で誰かが倒れたらしい。
倒れたのはその会社の会長の奥さんであった。そして倒れた位置というのが、
ほぼ私の机の真上の位置であった。倒れた理由は何かにつまずいてひっくり
返ったようである。頭を強く打ったので救急車を呼んで搬送されたが、それほど
重症ではなかったようだ。私にはこのような事が実に多いのである。

闇側は、これでもかというぐらい被害者に忌まわしいものを見せたがるようで
ある。集スト被害者だけには、自分らが、凄い力があるという事を誇示したい
のではないだろうか。この犯罪を、ある程度理解して恐れる者がいないと面白
くないのであろう。本当に稚拙で狡猾で鬼畜生な連中である。

以前のブログ記事で、元隣家の加害者だと思われる主人が自殺したという事
を書いたと思う。その人物は私の父が亡くなってから数ヶ月後に自殺した
のである。私の父に何か工作していたので口封じのため自殺に誘導された
のではないだろうか。何かしらの病気をかかえていたための自殺だという事で
あったが私の父にやっていた電磁波の加害工作の影響がその人物にも出たと
いうことなのだろう。そして、その病気を苦にして自殺するようにマインドコント
ロールされたという事も充分考えられるのだ。加害者というのは結局、馬鹿なの
だろうと思う。自分のやっている事が非常に危ないという事を理解していないの
だろうか。だんだん自分の身体が蝕まれて、おかしくなっているのに、止めようと
しない節があるようだ。やはりマインドコントロールが強いのだろうか。

今回は、その隣家の後釜にやってきた家族と、もう一軒の近接した加害者宅
と思われる家について少し詳しく話しをしようと思う。まず新しく後釜とし
てやってきた家族である。家族構成は主人と三人の連れ子を伴って入籍した
妻、そしてその妻と主人との間に生まれた女児の6人家族である。その主人
は変わりもので三人の子連れの女性と初婚だったらしい。
その家族が引っ越して来た時は、あまりいい感じの家族ではないと思った。
私の家の境界線の事で文句を言ってきたりしていたのだ。それはそれで、さ
ほど問題はなかったのだが、数年たった頃から騒音の事で、対立するように
なったのである。それが集スト激化の一年前の一年間だった。騒音というの
はその家で飼っている犬の鳴き声であった。その主人はいつも朝5時頃に犬の
散歩に連れていく時にその犬に大きな鳴き声をさせるのであった。それも
三匹もいるのでかなり騒々しいのだ。初めのうちは私も我慢していたが、
途中で耐えられなくなり、ある日その家の主人に文句を言ったのだった。
その時、主人は了解したような態度を示したと思ったが、それ以来、夜の
12時から3時の間に変な音が聴こえるようになったのである。その音は人
の声だったり壁を叩くような音だったり、何かの効果音だったりと様々で
あった。ただ変わっているのは、その音が耳元で聴こえているという事なの
だ。私は隣家が腹いせのために嫌がらせしているのだと思った。その頃に一度
、犬の騒音のことは話合いの席を設けて、犬の鳴き声はさせないという事
で話はついていたのだが、今度は、わけのわからない音の攻撃である。
その事で再度文句を言ったところ証拠を出せということを言われた。私はこれ
らの音が特殊な方法を使っているのではないかと思いネットで調べたところ
指向性スピーカーというものがあると知りそれが原因ではないかと思ったの
である。そこで、採取してあるそれらの音のデータを日音研という音の解析
の研究所にもっていき調べてもらったのであった。もし指向性スピーカーを
使ったならば何か変わった分析結果が出ると思ったのである。しかしそれらの
音に目立った特質は見られなかった。そして、そうこうしている間に集団スト
ーカーの激しい攻撃が始まったのである。
この隣家で工作の意志を持っているのは主人と次女である。明らかにほかの
家族と違い、おかしな行動をするし、何より私に対して敵意を示すのだ。
この家の近況であるが、次女が身篭って男子を産んだという話である。しかも
父親が誰かわからず、不明らしい。私が察するにその加害宅の主人と次女との
間にできた子ではないかと思うのである。同じ穴のムジナなら、そういう関係
になってもおかしくないだろう。血が繋がってない親子ではあるが、もし
関係を持っていたら外道だ。 現在この次女の産んだ男子はそのままその家で
養われているらしい、奥さんは真実を知らないという事だ。おぞましい連中
である。またこの主人には身体に異変が起きており、一年前の事だが、どうい
うわけだか咳が止まらず勤めている会社も丸一ヶ月休んでいるのだ。これは、
私に対する追い込み工作が滞っているため、業を煮やした闇側が制裁を下した
のではないかということだ。そしてつい先日の話だが、とうとう脳梗塞で倒れ
て救急車で運ばれたらしいのだ。いよいよ闇側はこの人物を、お払い箱にしよ
うというのだろうか。加害工作も進まず、私に次女との関係も嗅ぎ付けられた
という事を、私の頭の中のデータから悟った闇側は主人を消そうとしたのかも
しれない。実際のところ主人は今まで電磁波の工作をやっていたか、電磁波の
照射の通り道に居たかどちらかだろう。それだけでも、脳梗塞になる可能性は
充分あると思うのだ。闇側が命を奪う意図で電磁波の出力を上げたという事も
考えられる。いずれにせよ、報いは自らに跳ね返ったということであろう。

次は、もう一つの加害宅だが、この家は前述の加害宅を私の家と挟む形で近く
に存在している。この家は私の家と表立って、いさかいを起こした事はない。
現在は男性の主人だけが住んでいるが、十数年前は奥さんも居て、二人暮らし
だったのだ。しかし奥さんが脳梗塞を患って死んでからは主人が一人きりで暮
らしているようだ。この家の主人とは、話した事がなく、私に対して、どうい
う感情を持っているのか、わかりずらい。しかし私の家を目の敵にしている他
の家の三人の主人と懇意でよく酒を飲んでいるというから、工作仲間であろう
と推測される。そしてこの主人というのは少し変わったアンカリングのような
ことをするのである。私はよく、その家の前を通るのだが、その家の駐車場に
停めてある車のワイパーをいつも二本とも立てているのだ、そんな事をしている
のはそこの家だけである。私に見せるためにやっているのだろうか。とにかく
気味の悪い主人である。
その家の奥さんが、まだ生きていた頃、私もまだ集団ストーカーなど全く知ら
なかった頃であったが、その奥さんが私に見合いの話をもってきたことがあった。
その奥さんは結構、世話好きだったようである。見合いの話は流れてしまった
が、ひょっとしたら、闇側はその事で非常に怒ったのではないだろうか。
私は思い返してみると今まで女性と懇意になろうとするといつも邪魔が入り、
また見合いもどういうわけか、よく潰れていた、その数は数えるとキリがない
くらいである。闇側は私に女性を近づけたくないようだ。たぶん子孫を作らせ
たくないのであろう。それゆえ妨害も、いつもやっていたに違いない。そんな
私に見合いの話など持ち込んだので奥さんは犠牲になってしまったのかもしれ
ない。もしそうだとしたら許せない事である。
その奥さんは脳梗塞が元で亡くなったが、死ぬまで神経が高ぶっており、ヒス
テリックぎみだったようである。集ストの類を受けていたか、感情操作されて
いたか、あるいは脳梗塞で少しおかしくなっていたかわからないが、本当に気の
毒である。
そして奥さんを失くした主人であるが、後妻も娶らず、一人で家に住んでいる
ようである。一人で住んでいれば、電磁波の加害行為なども自由にできるだろう。
前述の加害宅よりも、むしろ、この家のほうが電磁波による工作はしている
かもしれない。
私が考えるに加害宅というのは、その中で実の加害者は一人、あるいは多くて
二人だろうと思っている。その他の人間は犯罪の事も知らなければ、その実行し
ている人間が家族の中にいるという事などは夢にも思っていないだろう。そう
いった加害者と犯罪無縁の人間が混在する家庭では、加害者が留守の間に加害
装置が見つかってしまうという怖れがあるので、めったに置かないのではないか
と私は思うようになった。ただしこれは普通の家族に加害者が混ざっている場合
だ。初めから単独、あるいは外国人などの加害者が徒党を組んで隣に居る場合は
別である。
話をその加害宅に戻すが、、その主人は最近ガンになり2、3回手術を受けた
ようである。やはりこの人物も電磁波の影響を受けているのだと思う。私の加害
がもう五年以上になる事から、だいぶダメージを負っているのだろう。この人物
も因果応報といったところかもしれない。

集団ストーカーの初期の電磁波攻撃というのは凄まじいものであるが、続く期間
は6ヶ月というのがスタンダードらしい。たぶんそれ以上やると加害者の身がもた
ないということだろう。その後はゆるやかになる。その6ヶ月の間に被害者を
自殺させたり、精神病院に入院させたり、人とトラブルを起こさせ犯罪者にする
ことを狙っていると思われる。しかし多くの被害者は乗り切ってしまうようである。
こういった話は一戸建ての家の話だけかもしれない。マンションやアパートなどの
賃貸の集合住宅などは、住民が入れ替わることが比較的容易なので、その法則は当
てはまらないかもしれないのだ。集合住宅の場合は6カ月ごとに入れ替わるように
工作するか、もう隣の住居をアジトのようにして借り入れてしまい、工作員を入れ
替わり立ち代りさせればいいということだと思う。ゆえに集合住宅の被害者のほう
が重い被害を持続させることができると考えることができる。
また一戸建ての被害者の場合は、その隣の加害者が持ち家なのでなかなか居を移し
たりしてローテーションができない。故に成果が上がらず、何年もずるずると時が
経ってしまう。そうなると、いっその事、その加害者を始末して新しい加害者を
送り込んだほうがいいと闇側は判断するのではないだろうか。

以上のように加害者も、また最終的には被害者になるのである。その事に気づいて
ほしいものだ。もし加害者も、ある程度電磁波で操られているということを理解
できたなら、それらは恐ろしいものであるということがわかり、人間的に変わる
ことができるかもしれない。被害者もそうだが、この犯罪はマインドコントロール
というテクノロジーによって成り立っているという事を充分理解してほしいのだ。
集団ストーカー、テクノロジー犯罪を終わらせるにはまずマインドコントロールの
存在を認める信念が必要なのである。





多くの被害者は電磁波によって肉体的、精神的苦痛を受けていると思う。頭痛、
めまい、思考盗聴、身体のアザ、セクシュアルハラスメント、不眠症、マイン
ドコントロールなど様々なことが、この電磁波によるものだと認識している
だろう。しかし、この電磁波がどの被害にどの種の波長や周波数で行われて
いるとか、また、どの方向からやってくるのかという事を正確に立証した例と
いうのは、今だ皆無なのではないだろうか。
今回はそういった電磁波に関するネット上の新しい情報を二つ紹介してみたいと
思う。

・電界カメラ
目に見えない電磁波を視覚化できたとしたら、どうだろう。自分を取り巻いて
いる電磁波の状況が一目でわかるに違いない。そしてどの方向から、やって
くるのかも、わかるかもしれないのだ。そんなテクノロジーの先駆けとなり
そうなものが電界カメラというものらしい。原理は次のようなものである。
以下、記事の抜粋

電界カメラ


  電磁界は、特に高周波のそれは、人間の目には見えない不可視情報
  です。これを瞬時に映像化し目視可能とするもの、それがここで紹介
  する電界カメラです。
  「従来は見えなかったものが実時間で映像化される」という技術革新は
  、一般に、新しい分野の開拓に通ずることが多いようです。電界カメラ
  技術もその例にもれないものと期待されます。

  電界カメラは瞬時の静止画撮像および瞬時の動画撮影の機能を有
  する接写型カメラです。超高速な電気光学計測と超並列性を有する
  CMOSイメージセンサという二つの技術が融合され、高周波電界映像
  を映し出す機能を実現しています。
  1、電気光学効果:エバネッセント電界により高速屈折率変化 (a図)
  2、光周波数変換:RF信号を光LO信号により光IF信号に変換 (b図)
  3、高速CMOSイメージセンサ:10,000画素表示を実現 (b図)

図(a)は電気光学結晶(液晶のようなもので光に反応)にRF信号(無線電波)
をはわせるようにして照射した図のようだ。図(b)は電気光学結晶を側面から
見てレーザー光を当てているようである。レーザー光が結晶に当たる途中に偏光
ビームスプリッタというものが配置してある。レーザー光はそのスプリッターを
通過して結晶に当たり反射してスプリッターの斜めの偏光境界で反射90°に曲
がってイメージセンサーにとらえられてRF信号の像を映し出すようだ。その画像が
上図(a)のような画になるということだろう。

電界カメラ2
     カメラ外観

この電界カメラはかなり初歩的な装置であり、室内の電磁波を映像化するといっ
たものとは、ほど遠いものであろう。しかし今後もっと発展させていけば、映像
化も夢ではないかもしれない。期待したいものだ。

・電波レンズ
光はガラスのレンズによって収束して一点の集められる。その原理で他の波長の
電磁波もレンズによって収束させて指向性を出そうという装置である。
レンズの材質は透明なガラスではなく、プラスチック樹脂のようである。どうやら
マイクロ波やミリ波は導電体の物質のレンズによって収束するらしい。普通の
プラスチックは非導電体であって電気は流れないが、このプラスチックにカーボン
や金属を混ぜ合わせる事により、電磁波透過性のレンズができるらしいのだ。
材質は、ポリスチレン、アクリル、テフロンなどが使用されているようだ。

ミリ波レンズ

車の前部に取り付けられる事故防止のセンサーには、この電波レンズを取りつけ
ることにより、前方に照射されるミリ波の指向性が増すようである。
レンズは、球面波を平面波に変換できるので、下図1のような鋭い直進性が得られ
また下図2のように電波を一点に集中させることも可能だ。
このような指向性をつくり出すことにより敵方は電磁波で被害者に加害をしている
ということが充分考えられるのである。

ミリ波レンズ5

私が集スト被害を自覚してから5年以上たつが当初、ネットのユウチュウブには、ある
衝撃的な動画がアップされていたのを記憶している。それはテクノロジー犯罪被害
者の動画であった。どういうものかと言うと、その動画の中に被害者だと思われる
男性が暗がりの部屋の中に横向きに座っているのだが、驚くべきことにその被害者
の体表に白いビームスポットか何かの点が無数にまとわりついているのだ。その
動画は当時はいつでも見る事ができたのだが、いつのまにか消えてしまったようで
ある。その動画をダウンロードしておけば良かったと今では後悔している。このビー
ムの点のようなものはひょっとして電波レンズで焦点を合わせた電磁波の一種では
ないだろうか。レーダー的な電磁波は焦点を合わせると感度が非常に増すという。
このテクノロジーが犯罪に使用されている可能性もあるのではないかと思うのである。
もしかしたら現在でもその被害者の動画はどこかにあるのかもしれない。知っている人
がいたら教えてほしい。またダウンロードしている人がいたらユウチュウブにアップして
ほしい。(著作権の問題があるだろうか?拡散ということなら許されるかも?)

という事で電磁波がどういう形でどこからやってくるのかがわかれば、発信源も見
つけ出す事が可能かもしれないのだ。隣の家からなのか、電柱からなのか、それとも
家の中の家電製品からなのか、わかるかもしれない。電磁波の研究は今後も
続けられていくと思うが、どうにかして闇の科学に肉薄してほしいと思うのである。


// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2019 日本の闇と集団ストーカー all rights reserved.
プロフィール

nezuking

Author:nezuking
FC2ブログへようこそ!
集団ストーカー被害者です。集団ストーカー記事の他に
日本の理解し難い闇世界を掘り下げていきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
SOS

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR