FC2ブログ
テレビによる仄めかしは集団ストーカー被害者の多くの人が体験していると思う。
私自身も体験しているので、その例を紹介したいと思う。
私の場合は初期被害の一番酷いときに、いくつか見せられたが、大きく分けて
二種類の仄めかしがあると思われる。一つは特定の個人のプライバシーを番組内
で仄めかすというもの。もう一つは一般的な集スト被害者大勢を対象にした仄め
かしである。
まず一個人に対するプライバシーの仄めかしを私の例で見てみたい。被害初期の
頃に見ていた深夜アニメなのだが私のだいぶ昔にあった出来事をアニメの中で再現し
ている。
以下のアニメの動画がそれである。



このアニメは”スペース☆ダンディ”というアニメで内容は宇宙冒険もののコメ
ディといった感じのものである。2014年1~3月にかけてシーズン1が、また
同年7月~9月にかけてシーズン2がTOKYO MXテレビで放送された。その
中のシーズン2の第二話が上の動画である。上の動画は私が編集して1分半ぐらい
に、まとめたものだ。これはストーリーの冒頭の部分であり仄めかしの部分そのも
のである。
このアニメの中で主人公の男性と猫型宇宙人が論争しているが、原因は流しのギター
弾きが演奏した曲が”シャカタク”というバンドの曲かそうでないかという事である。
この一場面は私が若い頃に居酒屋で体験した出来事そのものなのだ。
当時20代であった私はある日,会社の同僚と居酒屋に行って酒を飲んでいたが、そ
のとき店内にかかっていた音楽がシャカタクであった。その酒の席で私は、これは
シャカタクの曲だと同僚に言ったのだが、同僚はそうではないと言い張ったのだった。
今にしてみればどちらが正しいかわからないが、このアニメの会話のやり取りは
当時の私の体験をなぞっているようである。このアニメを見たときはもう集団スト
ーカー真っ盛りであったので、正直やられたと思った。30年も前の事を、ほじく
り返してくるとは本当に驚きである。”シャカタク”というグループは1980年
代のちょっとオシャレな感じのフュージョンバンドである。スペース☆ダンディ
のアニメが放送されたのが2014年なので何で今更この曲をアニメに使用したの
かと思う。私に対する嫌がらせだとしか思えない。さらにこのワンシーンはアニメ
のストーリーと全く関係なく、ストーリー進行に全く絡んでこないものなのである。
この回のアニメを見た人は、きっと、ほとんどの人が違和感を感じたのではないだろ
うか。
このスペース☆ダンディというアニメの脚本家は7~8人ぐらい居て、持ち回りで
シナリオを書いているらしい。このシーズン2の第ニ話は信本敬子という作家が
書いたようだ。信本敬子という人物は結構有名で”白線流し”というドラマの脚本
も手がけているらしいが集団ストーカーの片棒をかつぐとは、何かバックに怪しい
団体でも居るのだろうか。それとも、そういう事をシナリオに追加するようなイン
スピレーションでも刷り込まれたのだろうか。いずれにしても利用されているには
違いない。この脚本家の年齢は私とそれほど違わないのでシャカタクの曲が流れて
いた時代を私と同様に青春として体験していたのではないかと思う。故にこの曲を
知っていても不思議ではないという事だ。しかしこの曲は流しのギター弾きがやる
ような曲などでは決してないのである。そして何百、何千もある曲の中でなぜこの
曲を選んだかということも解せない話である。闇側は本当に強引なことをするもの
だ。 プロの脚本家であるならば、人がおかしいと思うようなことはしないだろうから
やはり脚本家自身に嫌がらせの意図があったのではないかと思う。
このように悪の意志を代弁するような人間がピックアップされ脚光を浴びてデビュー
するような世界が現在の世の中なのだろう。本当に虚しい限りだ。

次に私が私生活で仄めかされた話は、ある番組にレポーターとして出演していたタ
レントによるものであった。このタレントは私の身に起こった出来事の中の私の仕草
をしきりに番組中で真似したのであった。その出来事とは一回このブログにも書いたが
ある日、父親の墓参りをしたときに人とトラブルになったときの話である。(2015年
8月”コントロールされる被害者と加害者”の記事)
このときトラブルとなった男性と口論になったがその際に私は興奮のあまり声が裏返
ってしまったのであった。トラブル自体はその場、限りで何という事もなく治まったが
問題の仄めかしは次の日のテレビ番組で起こされたのだった。その番組名は忘れたが
何かのインテリアを紹介する番組で、それをレポーターが解説進行していくという
ものだった。レポーターはある部屋に入ってインテリアの紹介を始めたのだが、どう
いうわけかずっと声を裏返して、しゃべっており、それが30秒ほど続いたのである。
これを見たときは、まさかと思った。自然に裏返ったのではなく、明らかにわざと
やっているように見えた。この番組は生放送ではなく収録番組だろうと思うので本来
ならばNGシーンで撮り直しになるようなものであろう。しかしそういった配慮は
微塵も感じられないのだった。スタッフもグルではないかと思われるほどである。
そのレポーターというのはタレントの関口宏の息子で関口知宏という人物らしい。
関口宏といえば”サンデーモーニング”という番組が有名だが、その番組はネット上
では反日だという噂が高い。そして関口宏自身もネットで調べると”GLA”という
新興宗教に所属しているようである。そういった親の息子であるから何かしらの
闇を背負っているに違いないと思う。最近ネットで”関口知宏”と検索すると病気で
あるとか、障害があるとか言われているようだ。闇側から何かされているのだろうか。
番組内での声の裏返りもその一端と考えられない事もないが、いずれにしても闇側に
利用されているのは間違いないと思う。。

その他にも一個人へのメッセージではないが、集スト被害者全員に向けられた仄め
かしというものもある。私が見たもので仄めかしだと思うものを、また紹介したい。
ある日、何気なくテレビのバラエティー番組を見ていた時の事である。
その番組の中でロバートという芸人トリオのメンバーの秋山という人物が出ていたが、
その秋山がこう言ったのである。「次回4月44日のお笑いライブに向けて・・・いや
違った4月24日のお笑いライブに向けて準備をしなければ・・」
とこんな感じの事を言ったのだ。わざと間違えたような口ぶりで、ギャグとして言っ
たような感じだった。その無意味なギャグに周りのスタッフも、場を盛り上げるため
だかなんだかしらないが、アハハと合いの手調の笑い声を入れていたのだった。
まったくどこが面白いのかさっぱりわからない。 4月44日というのは皆、おわかり
だと思うが集スト被害者にとっては、お馴染みのカルトナンバーというゾロ目の数字
の事である。故にワザとほのめかしているに違いない。
このロバートというトリオは創価学会つながりがあると言われている。ロバートという
トリオの中のメンバーの山本という人物がもともと創価信者らしく、あとの二人を誘っ
て入会させたという話だ。創価学会に入って学会のコネを使い成り上がったという
ところだろうか。その見返りとして集団ストーカーの仄めかし工作をやるように言われ
ているのではないかと思う。他にも最近の芸人はやたら政治的な話や人権について
語る人間が多くなったが、やはり、いろいろな団体がバックについているのだろうか。
芸人というのは、やはり短期間で世の中に出しやすく、闇側が仕込みやすいお手
ごろな道具という事ではないだろうか。

あと私の被害初期のテレビの仄めかしには、CMの中で行われたものもあった。それは
スズキワゴンRという車のCMで俳優の渡辺謙が出演していたCMである。

渡辺謙


これは、どう見ても電磁波のスパークを見せつけているとしか思えない。このCMが
流れていた当時は被害がもっとも酷かった時期であり、このCMを見て苦々しく思っ
たものだった。集スト被害者を対象に見せていたのだろう。しかし渡辺謙という人物も
かなり、波乱万丈な人生を送っているようだ。アメリカ映画に出演したり、白血病を患っ
たり、また妻が在日だという事がネット上に拡散されているのだ。渡辺謙は被害者でも
あり、加害者でもあるという事であろうか。芸能人というのは華々しく見えても、何か
しらの闇を抱えているように見えてならない。大金を稼いでいるのだろうが不幸をかか
えている人間が非常に多いように思われる。

以上は思い返してみて仄めかしだったと思われるものである。他にも集スト自覚前に
”笑っていいとも”の番組内でプライバシーの事を言われたことがあった。その内容
も、だいぶ昔の事なので覚えていないが、かなり嫌な思いをしたのを覚えている。どう
やら集スト自覚者だけがやられているのではないようだ。こういった事で鬱になる一般
人も多いのではないだろうか。マスコミは反日の、るつぼだと言われ、マスゴミとまで
言われている。集スト、テクノロジー犯罪を含め、日本を浄化するためには、まずマス
コミをどうにかしなければならないのではないだろうか。ネット上ではマスコミを糾弾
している人が増えている。皆そろそろ気が付き始めているのだろう。テレビが真実を
知らせない擬い物であるということを。


ニューロフォンという名を聞いた事があるだろうか。聾唖者を対象に開発されたもので
音や言葉を耳ではなく身体の皮膚で感じて音声として認識する装置である。この画期
的な装置は1990年代に発売され、聾唖者でも音声を聴くことができるということで
話題になった。しかし、その後アメリカ国家安全保障機関(NSA)が市場から回収して
しまったのである。理由は、このニューロフォンというものが使い方次第で危険な
マインドコントロール装置になるから、というものであった。ニューロフォンの原理は
以下のようなものである。

   人間は母体の中で発育する過程で皮膚から耳を発達させていく。皮膚は進化的
   に最も古い知覚のセンサーである。皮膚は空気などによって振動すると微細な
   電流を生じる。旧ソビエトの人体実験で実証しているように人間の皮膚は僅かな
   光の刺激でも電気反応を引き起こす。もし、あなたがニューロフォンが発生
   する電気により刺激されている皮膚に聴診器をあてたならば皮膚の微細な振動
   を探知できるだろう。
   皮膚はピエゾ電気(水晶体を圧縮または伸縮すると両端に正負の電位差を生じる
   現象)を発生させる。皮膚が振動させられたり、こすられたりした時、皮膚は
   電流のスカラー信号を発生させる。感覚器官が皮膚から進化したものであるなら
   皮膚で見ることも聴くこともできるという事である。
   我々は皮膚が超音波衝撃を球形嚢として知られる内耳器官に送る事ができる事
   を知っている。皮膚は搬送波を変調した40キロヘルツの超音波ニューロフォン
   と共鳴して振動し多くのチャンネルを通して搬送波から脳へと音波を送る。

とある。人間の皮膚は触覚以外の知覚センサーの役割をするという事であるらしい。音
を感じる聴覚、光を感じる視覚なども可能だということだろうか。また皮膚はピエゾ
電気の現象も起こすようである。水晶体の通電による振動発信と同じ事が皮膚でも起こ
るという事のようだ。水晶は電気を流すと水晶自体が規則的にある時間間隔で振動を
起こす。この応用が水晶発信の時計の原理である。水晶発信時計の時間を刻む間隔とい
うのはまさに、この振動のなせる業なのだ。また逆に水晶に物理的に圧力などを加える
と電気が発生する。これらを圧電効果といい水晶などを使ったものを圧電素子という。
このような事が人間の皮膚でもできるという事なのだろうか。そして、こういった振動が
音声信号として内耳器官に送られるという事なのであろうか。またその振動は解説では
超音波と同じ周波数の電流のスカラー信号であると言っているようだ。
次にニューロフォンの成り立ちである。

   ニューロフォンはパトリック・フラナガンが発明したとされています。1958
   年に彼が14歳の時に初期モデルを完成したようです。どういうものかというと
   特許では電磁波に音声をのせて、それを直接、人間の神経で音として聴ける
   というものでした。言い換えると耳を通さなくてもいいという事です。
   最初は1ワット、40キロへルツの出力だったようです。電磁波としては1ワッ
   トは、とても大きいです。そして40キロヘルツは、たまたまですが、音の周波
   数で言えば超音波の帯域です。その後改良を重ね高周波振幅変調の方式を
   取り入れたニューロフォンが開発されました。改良された発信機は人間の身体
   と最高に共鳴したということです。その音は鮮明ではっきりと頭の中で知覚され
   たのです。もし、あなたがニューロフォンが発生する電流により刺激されている
   皮膚に聴診器をあてたならば皮膚の微細な振動を探知できるでしょう。
   我々人間の神経組織がスカラー信号に敏感であるという事が明らかになった
   のです。

以上であるが、身体に流す電流の周波数は超音波の周波数と同じであるようだ。とい
う事は超音波のような微細動の振動が身体の中をかけまわっているという事だろうか。
また解説ではスカラー信号というものが出てくるがこれは、調べてもよくわからなかった。、
スカラー波のような縦波の振動周波数の電流という事であろうか。そしてその周波数の
振幅を変調する方式にしたと言っているが、人体と共鳴させる必要があるという事なら
ば、人体の共振周波数(共鳴)は人によって違うので変調させる必要があったという事で
あろうか。とにかくスカラーの概念の何かが関係しているように思われるが今の時点では
見当もつかない。それは、またおいおい考えてみたいと思う。

このニューロフォンの音声送信は、よくテクノロジー犯罪を語る上で出てくるマイクロ
波聴覚効果(フレイ効果)とは違うようだ。マイクロ波聴覚効果の場合は頭にマイクロ
波を照射して頭の中に弾性波をつくるというものだ。この方法の場合に使われるマイクロ
波の周波数は300メガヘルツから3ギガヘルツと言われている。 ニューロフォンの
周波数は40キロヘルツぐらいだから、だいぶ桁数が違うのである。生体通信、思考盗聴
の原理の候補がもう一つ存在していたという事だろうか。ひょっとしたら両方とも試してい
て、実験をしているという事も考えられる。

以下は私の体験談から生体通信について語りたいと思う。私は夜中、睡眠中に,ふと目
を覚ます時があるが、その時に手の平がゾワゾワして微細動を起こしているのに気付く
事がある。やはり夜中の睡眠中に何かやっているのだろうか。あと睡眠中に起こる被害
と言えば人工夢を見せられるという事だろう。仄めかしの夢やら恐い夢、奇妙キテレツ
な夢なども多いがやはり睡眠中に何かしらの操作をされていると思われる。ある日、テク
ノロジー犯罪の事をネットで調べていると電磁波犯罪の情報サイトがあったので見てみた。
その中に夢と視覚に関する記事があったので読んでみると、人間の脳が目で見た画像の
データを処理する部位は後頭部の視覚野という部位だそうである。

視覚野4

最近の研究によると後頭部に電極を付けて脳の活動電位を拾い、画像イメージをモニ
ターに再現するという事も行っているようだ。後頭部から送られてくる画像データ採取が
可能ならば、後頭部に画像を送り込む事も可能なのではないだろうか。という事は夢
見せ被害も可能なのかもしれない。私の場合、後頭部にいつも3、4箇所に小豆大ぐらい
の、できものができるのである。後頭部狙って電磁波を集中させているのではないだろ
うか。また後頭部に関しては頭を動かすとパキパキと音が鳴る時があるのだ。さらに頭
の周りにモヤモヤとした感じがあり、髪に何かが覆い被さっているような感じもたまにする。
電磁波を身体の特定の部位に集中させるテクノロジーがあるのかもしれない。ひょっとし
たら思考盗聴どころか記憶の映像盗撮も行っているかもしれないのだ。また今では少なく
なったが、被害初期の酷かった時期は朝、眠りから覚めると頭痛が酷かった。過剰な
電磁波を使って頭の中の情報を収集しまくっていたという事も考えられる。

ニューロフォンの原理はテクノロジー犯罪に応用されているような気がする。このニュー
ロフォンという言葉を自分のブログのブログ名に入れている被害者もいるくらいである。
被害者の知覚を混乱させ、コントロールし、情報も収集する生体通信は必ず存在して
いる。それを証明するには電磁波の事をもっと知る必要があるだろう。電磁波の性質と
実際、私達が体験している現象の何かしらの共通項を見つけて精査すれば、その正体
もわかるかもしれないのである。

// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2019 日本の闇と集団ストーカー all rights reserved.
プロフィール

nezuking

Author:nezuking
FC2ブログへようこそ!
集団ストーカー被害者です。集団ストーカー記事の他に
日本の理解し難い闇世界を掘り下げていきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
SOS

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR