もし集団ストーカー、テクノロジー犯罪が世間にその存在を認められて多くの人が
その実態を知り、理解するようになったら、その後の世の中は、いったいどうなる
のだろうか。今回は集団ストーカー、テクノロジー犯罪が公になり暴露されたとき
世界にどういう影響が出るのか予測してみたいと思う。
これは世の中の人々が集スト、テクノロジー犯罪のすべての現象を信じた場合で
ありマスコミも隠蔽しきれなくなった状況になったときの世界のシュミレーション
である。

まず人々は集団ストーカーという言葉から一人の人間を追いかけ回す団体であると
いう事を悟り恐怖感を覚え、さらにその団体とは、いったい何なのだろう考えるよう
になるのではないだろうか。ネット上ではいろいろな団体組織が首謀者として上がっ
ているが一番よく上げられているのが、創価学会であり、真っ先に、やり玉に上げら
れる団体だと思う。この犯罪は国会でも取り上げられて創価学会が支持する
母体の公明党などは、批難の対象となり、国会で事の真偽を問われ紛糾するに
違いない。そして創価学会にも警察の捜査の手が回り、創価学会本部は家宅
捜索が行われると思うが、警察の中にいるカルト警察官も、なすすべがなく、事件
の処理を行わなければならないだろう。そして悲惨なのは、集団ストーカーなど全く
知らなかった創価信者だ。ネットでは創価信者のほぼ全員がやっているようなニュ
アンスになっているので創価信者というだけで迫害される危険性がある。そして個人
だけでなく創価系企業も不買運動という大打撃を受け壊滅するのではないだろうか。
そのとき他の団体にいる集スト工作員は横目で創価学会がスケープゴートになって
くれたかと胸をなで降ろすかもしれない。しかしネット上では疑いがかけられている
以上、その疑いが完全に晴れるというわけでもない。
いずればれるのではないかと酷く不安な気持ちで暮らすのではないだろうか。

次に問題になるのは、被害者の立場である。被害者になった人間は、いったいどうし
て被害対象になったのか、またどういう人間が標的になるかという疑問である。我々
被害者の多くは宗教とも政治思想ともほとんど無縁であり、無作為に標的として選ば
れた人間である。完全な共通点はないので、この犯罪を起こしている団体などと
被害者が何かトラブルを起こしたぐらいの事を考えるかもしれない。被害者のネット
のブログを読んだ人はその壮絶さから、気の毒に思い人権問題だと声を上げる人も
出てきそうだ。そして、この犯罪は毎日連続してテレビで報道されてその実態が白日
のもとにさらされるに違いない。被害者の会などにもマスコミのインタビュアーが殺到
するかもしれない。またネット上にある被害者が出しているブログや動画などは一気
にアクセス数が跳ね上がる事だろう。ネットで被害者を精神病扱いしていた人間は
逆に立場が窮屈になり、批難されたり、工作員認定される事も予想できる。そして
被害者の救済の声も上がり、賠償責任をどこが取るのかという話や募金活動も活発
に行われるかもしれない。

その次に問題になるのは、集団ストーカーの根幹にあるテクノロジー犯罪の存在で
ある。電磁波を使用していろいろな事ができると知った世の中の人々は、これが人
ごとではないと気付くだろう。まずプライバシーというものが無いに等しいという事実
だ。生体通信、盗撮、盗聴により、個人情報は筒抜けになるという事で、かなりの
ショックを受けるに違いない。自らの資産、過去の罪、性癖、習慣、対人関係、嗜好性
など、すべて把握されてしまうという事だ。女性などは自分の裸を盗撮されてしまう
可能性があるので戦々恐々とした気持ちになるのではないだろうか。
しかし人々は、いつも見られているという意識が芽生えるので、陰でこそこそやる
ような犯罪や、不倫などは減るのではないかと思う。
また情報が筒抜けになるという事実は個人の事ばかりではなく、政府の情報、官公庁
の情報なども漏れているという事が懸念されて大問題になるだろう。特に一番漏れ
てはまずい自衛隊や警察などの情報も漏洩するという事で、その対策を至急に考え
なければならない羽目になるのではないだろうか。
情報の漏洩、奪取、悪用はさらに人間社会に大きな影を落とすことが予想でき、
成立が困難になるような業種、職種が出てくるという事だ。株取引などはインサイ
ダー取引めいたものが何の証拠も残さずできる。企業の研究なども盗み放題である。
あと世の中にある勝負事の職業などは、情報を何のリスクも犯さず送受信を脳内で
行えるので、その真偽が問われる事になるだろう。例えば将棋指し、囲碁指し、
麻雀師などは相手が何を考えているかわかるし、また、その対策にも外部のコン
ピュータに情報を供給してもらえばいいわけである。ゆえにこれらの職業は無くなる
運命にあるかもしれない。その他にも学校の試験や受験の試験、資格の試験など、
試験の解答を試験会場においてなんなく、脳内通信で得られるので全く無意味に
なってしまうということだ。

またテクノロジー犯罪は人の身体を乗っ取って動かしたりする事がせきるので、その
操作を利用したりまたは妨害するために使われる危険のある職業も出てこよう。
現在、世の中にはびこっている胡散臭い心霊術師、霊媒師などもその不思議な
施術の信憑性を疑われるのではないだろうか。よく被験者が霊症で気を失って活
を入れられる場面などがあるが、気を失わせたり、気分を悪くさせる事も電磁波で
できるのだし、活を入れた時点で止めていまえばいいわけである。ゆえにお膳立て
の上に成り立っている商売であるという事が言える。また被験者の考えていることも
脳内通信でお見通しだ。なんで私がした行動を言い当てるのだろうと思うだろうが、
テクノロジー犯罪で盗撮済みなのだ。
また身体を操つられてそれが大きく影響してしまう職業といったらスポーツではない
だろうか。 近年のスポーツ界ではスポーツ選手の信じられないようなミスが起きて
いる。記憶に新しいものではフィギュアスケートの浅田真央選手、羽生結弦選手の
身体のコントロールが効かない演技、サッカーワールドカップでの日本チームの選手
のプレイの緩慢さ、決勝戦でのブラジルチームの歴史的大量失点による敗退など。
さらに野球ではベースボールクラッシックでの日本チームの凡ミス敗退などがあり、
こういった事もテクノロジー犯罪でできるという事でスポーツの勝ち負けも、信憑性
が問われ、人々の興味が失せてしまうのではないだろうか。


この犯罪では有名人が数多く死んでいるという事もネット上には流れている。人々は
それにも注目して改めてその惨さを知り、命福を祈るだろう。政治家では、中川昭一
氏松岡利勝氏、永田寿康氏、朝木明代氏など、また芸能人では清水由貴子氏、飯島
愛氏、大原玲麗子氏、桜塚やっくんなど、そして現在集団ストーカー進行中のアスカ氏、
松居一代氏などにもスポットライトが当てられるに違いない。

さらに世間はこの犯罪の頂点に居る闇の支配者らしいものの存在をネットで知り、
想像をめぐらすのではないだろうか。当然ユダヤ資本、フリーメーソンなどは、疑い
の目を向けられるだろう。
人々は集スト、テクノロジー犯罪にとどまらず人工地震、気象兵器、ケムトレイル
ガン疾患、特殊病原体、国同士の戦争誘発、紙幣の発行権、などの陰謀論を話題
にし、それらが日に日に信憑性を増していくことになるだろう。陰謀論も最終目的が
人類家畜家計画という、とんでもないものがあるという事を知ることになり大騒ぎに
なるのではないだろうか。そして国連でもこれらの事は議題にのぼり紛糾するに
違いない。

日本では、この犯罪の危険性を充分理解し、ようやく対策を立て始めるだろう。多分
はじめは電磁波に関するきびしい規制の法律が議論されと思うが、ひょっとしたら、
この犯罪に対する省や庁、研究機関が設けられるかもしれない。さらにこの犯罪に
加担したであろう人物、団体の追跡調査が行われるのではないだろうか。被害者の
証言、ネット上にある加害者らしき人間の言動などを精査して真実にたどり着こうと
いう試みがされるという事だ。底辺から糸をたぐって、ずっと上に昇って行くと信じら
れない真実をみることができるかもしれない。

以上のように集団ストーカー、テクノロジー犯罪が認知された世界というのは混乱
した世界であるという事だ。我々被害者は犯罪を周知させて世の中を変えようとし
ているが、実際は、こういった世の中がひっくり返ったような世界を信じさせる行為
に他ならない。ゆえに相当むずかしいという事が言えるわけである。人々がこの
世の中がとんでもなく危険な世界になっているという事実を理解する日は、はたして
来るのだろうか。それでも被害者は千秋の思いで待ち続けるしかないのである。


スポンサーサイト
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 日本の闇と集団ストーカー all rights reserved.
プロフィール

nezuking

Author:nezuking
FC2ブログへようこそ!
集団ストーカー被害者です。集団ストーカー記事の他に
日本の理解し難い闇世界を掘り下げていきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
SOS

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR