最近ネットのヤフー知恵袋を見ていたら、次のような質問が載っていた。どうやら
集団ストーカー被害者の人らしい。


  ID非公開さん   2015/3/3113:30:16
  
  集団ストーカー被害者の会に入会したのですが、他もこんなもんですか?
  ネットで知り合った方に、被害者の会を勧めてもらい行きました。
  個室に10名ほど集められ、被害者の会が作った1時間ほどのビデオを見ました。
  そのビデオを見てから、ますます周囲、加害者に不信感を持つようになりました。
  内容は、加害者の存在、加害者の目的、加害者の嫌がらせ方法、防衛方法など
  で した。
  会の最後にカウンセリングと言う項目で、個室に入り話をしました。
  個室には会の関係者が3人、私と他の被害者さん3人の計6人で1時間ほど話し
  ました。
  内容は、被害者の会の入会手続きについてでした。
  継続して被害者の会に出席していないと会員として扱われない。
  会員でないと集団ストーカーで裁判をし勝訴した時の賠償金を配当できないと言
  われ、なので毎月会員費を払って欲しいとの事。うちには集団ストーカーを専門
  とした弁護士もいて、証拠も集まってきているの必ず裁判には勝てる。そして
  お金も必ず返ってくる。会員費の額面が大きければその分配当も多いとのこと。
  なんだか、お金の話ばかりだったので入会は考えたいと伝えたのですが、
  もし今後被害にあっても誰も助けてくれませんよ、支払える額面で構いませんので
  記入してください、次の方も待っていますと邪険に扱われ、他の参加者もさっさと
  お金を払い帰ってしまい、ださないと帰れない雰囲気に負け、毎月5000円の会員
   費にサインをして、入会金の1万を払い帰りました。
  月4回ミーティングがあります、参加しているのですがただ被害者が被害を報告す
  るだけの会であまり勉強になりません。被害者の方も訳のわからないことを言っ
  たり、急に怒ったり、おお泣きしたりとなんだか疲れます。
  まだ参加して1ヶ月なので、よくわからない事だらけなのですが被害者の方にお聞
  きしたいです。集団ストーカー被害者の会に在籍、出席してなにかかわりましたか?

このような感じで被害者らしき人は、その被害者の会にかなり、不審感を持っている
ようだ。毎月5000円とは酷いと思う。年会費が5000円ならまだわかるのだが
これではあまりにも、ぼったぐりではないだろうか。そして証拠も集まっているので
裁判に勝てるとか言っているが、その訴訟相手はいったいどこの誰なのであろうか?
国を相手に訴訟を起こそうというのだろうか。本気でそう考えているなら、あまりに
も無謀ではないか。 金の事ばかり言って被害者に対して親身になるような態度はい
っさいないようだ。被害者の気持ちや立場をまるでわかっていないというか、無視し
ているような感じである。私はいくつかの被害者の会のホームページを見たり、被害
者の会に入っている人に聞いてみたが月5000円の会費をとるところはなかった。
この被害者の会は本当に被害者会であろうか。偽の被害者の会なのだろうか。それ
とも、これは被害者の会というものの信用を失墜させるためのミスリードの質問とい
うことなのであろうか。
集スト被害者は、皆経済的に困窮している人が多いはずであるが、それにも関わらず
毎月高額の金を要求するものがあるとは思えないのだが、もし月5000円の会費を
払わさられる被害者の会というのがあるという事を知っている人がいたら、教えてほ
しいと思う。

この知恵袋に回答を寄せている人がいるので見てみた。

      patentcomさん 2015/4/423:05:03
    集団ストーカー被害者の会に入会したことはないのですが、
    回答します。
    まず、この文面を読むと、集団ストーカー被害者の会から
    退会すればよいだけです。
    次に、首謀者の指示のもと、多数の部下が自称被害者を集団で
    ストーカーするという現象は、まず起きていません。
    とはいっても自称被害者の数が膨大なので、
    その1%とか5%では、現実にストーカー被害が起きているかも
    しれませんが、大多数は誤解、勘違いに過ぎません。
    会員のほとんどが統合失調症と推測されるので、発言内容の
    かなりが不確かだったり、妄想レベルの内容があっても不思議
    ではありません。

この回答をしているのは、patentcomという人物である。この人物は”自衛隊の犯罪を
切る”というブログ主で、テクノロジー犯罪はすべて自衛隊がやっていると主張してい
る人物だ。この人物は自分で東大卒で学位があると言っており、、海外の何とか大学
に留学したとか言っている、かなり怪しい人物である。。「首謀者の指示のもと、多数
の部下が自称被害者を集団でストーカーするという現象は、まず起きていません。」
と言っているが、私は「起きてるよ!」と突っ込みをいれたくなるぐらいである。上の
回答によれば集スト被害者の大部分の人は妄想で統合失調者だと言っているようだ。
こういった人間を信用できるだろうか。まるでこの犯罪を理解していない無能者か、
ミスリードをするために活動している工作員といったところだ。しかしこのpatentcomと
いう人物はNPOテクノロジー犯罪被害者の会の会合ににもオブザーバーとして参加
していたような記事を読んだ事があるのだが、いったいどういうつもりであろうか。この
犯罪はテクノロジー犯罪のみで集スト行為はないというのか。集スト被害者をほとんど
精神病扱いしていることからして、おかしな人物である。それにしても、まだこのペテン
師のような人物の記事を信用して、この犯罪のオーソリティーのように祀り上げる被害
者の人が多すぎるというのは困ったものである。少しは疑ってほしいものだ。

また、他にもこんな回答を寄せている人物もあった。

     redpurge2oo9さん 2015/4/500:34:40
   >集団ストーカー被害者の会に入会したことはないのですが、回答します。

   こいつは似たような被害者に「防げる」といってニセ機械を売りつけよう
   としてましたよねぇ?お前、加害者じゃねぇか。

   >集団ストーカー被害者の会に在籍、出席してなにかかわりましたか?

   代表者と弁護士の名前を公表して下さい。

この回答をしているのはredpurgeという人物で、この人物も、ひと癖もふた癖もある
人物である。この人物とは一回、ある女性被害者のブログのコメント欄で、やり合った
事がある。その女性被害者のブログに粘着して、中傷していたので、コメントで注意
したのだ。それに対してかなり毒つ゛いて反論してきた事を覚えている。redpurgeとは
日本語にすると”赤狩り”という意味であるから左翼などとは敵対している人間なのか
もしれない。上記の一つ目の文言はpatentcomに対して言っているのであろう。電磁
波を防御する装置をpatentcomは売っていたのであろうか。また二つ目の文言は、
質問者が言っている団体がどこなのかという事を明らかにしてほしいようである。

他にも回答はあったが、どれも的を得た回答をしていないようであった。集団ストーカ
ーに関する知恵袋の回答は、いつもこういった質問者に親身になって答える回答とい
うより、自称被害者同士の言い争いになったり、工作員の集スト否定や揶揄であったり。
冷やかしであったりするのだ。これらの回答が果たして役にたつのだろうか。ましてや
この質問者自体も本物かという疑問も残るが・・・。
ネット上の集団ストーカーというフィールドは玉石混交で混沌としている。被害者の初
心者の人にとっては本当にどれが真実なのかわからないと思う。それだけ敵方も
必死という事なのであろう。被害者で街宣を行っている人間でさえ、工作員だと怪しま
れている人間もいるのである。故に集ストが始まったばかりの人も、あわてないでネット
記事やブログをじっくり見たり、コメントをして対話したり、メールのやりとりをしたりして、
真贋を見極める力を養ってほしいと思う。

他に日本で一番大きな被害者の会であるNPOテクノロジー犯罪被害者ネットワーク
の事について少し触れたい。この犯罪被害者の会は、現在いろいろ言われているが、
会員の声をもっと聞くべきであろう。聞かないという事であれば、被害者の会を私物
化して自分らのいいようにしていると、捉えられてもしかたがない。例えば会員の人で
安淳徳さんという方がいらっしゃるが、この方は同じNPOの会員の人の集ストに関
する裁判を傍聴して、その様子を写真にしてブログに載せたようであった。しかし石橋
という理事長に削除するように言われたそうだ。その事で反論すると、その後NPOから
嫌がらせを受け、出入り禁止を言い渡されたとブログに書かれていた。なぜこういう
待遇をするのかと問い詰めても筋の通る理由は何も言わなかったという。こういった
隠し立てをして閉鎖的な事をやるから皆から不審な目で見られるのだ。

他のNPOの会員は、一体どういう風に思っているのだろうか。安淳徳さんのブログ内
にあった、NPO会員と思われる人のコメントを見てみたい。

   集団ストーカー被害者の中である程度優秀な人間に対して、加害者側が寝返り
   工作をすることがあります。集スト被害をなくすことを交換条件として、ブログの
   更新停止や情報隠蔽工作などを手伝わせるようなことを加害者はしています。そ
   のためNPOテク犯や石橋さん、川崎さんあたりもそうかもしれませんが、おどされ
   ているだけで、必ずしも悪い人とは限りません。敵に寝返ったと見せかけつつも、
   問題の解決に努力している可能性はあります。
   NPOテク犯への疑惑で一番大きいのは創価学会の実名批判を禁止している点だ
   ろうと思います。批判している相手の名前も出せないのはあまりにも不自然です。
   個人的には、石橋さんが2014年の集スト国際会議、コバートハラスメント・カン
   ファレンスに、せっかく招待されたのに欠席してしまったことや、街頭デモ動画を
   見ると演説を人の少ない場所で行っていることなどを不審に思っていました。

これを見ると理事長は脅されていると言っている。本当であろうか。加害者側に寝返る
という事も本当にあるのだろうか。NPOも一番初めの頃は創価を批判していたという。
それが、いつのころからか、創価を口にする事はタブーとなったようだ。もし石橋理事
長が自公連立与党の人間であったなら、公明党母体の創価擁護も有りうると思うが彼
は民主党の出身なのである。民主党というと党員がほとんど反日のような集団である
事から、私は被害者の会の設立の経緯からして怪しいと思っている。いずれにせよ
公平さを欠いたヘッドというのは退任していただいたほうがいいだろう。被害者に上下
関係など無いという事をNPOの会員の人はもっと自覚するべきだ。連中の言うこと
ばかり聞かないで、おかしいものはおかしいと主張するべきである。

私はNPOは解体するよりも自浄能力のある団体に生まれ変わってほしいものだと
思う。首脳陣も選挙で決めたらいいのだ。一人の人間にいつまでも権力を握らせてい
る組織というのは、そのうち腐敗するというのはよくある話だ。NPOは大きい規模の
団体でありながら今だ、なんの進展もないという事は会員の人は皆わかっているは
ずである。

NPOに関連して次のように言っているNPO会員の人もいる。

   いつか、あと2~3年もすれば被害は終わる。
   来年には被害は終わる。
   疎遠の異性の人と関係が持てる
   多額の慰謝料、お金が手に入るなど
   被害が早く終わるのだろう。と期待感を持たせられ
   ますが被害は、何年でも10年以上でも続くはず
   です。それが現実だと思います。

これは加害者側の思惑だと言っているが、ほぼNPOが言っている言葉と同じではな
いだろうか。こういった洗脳を行って、安心をさせ、不満の解消にしているという事なの
だろう。NPOの会員の人は一回、この団体の行く末を本気で考えてみたらいいと思う。

最後に一言。NPO以外にも多くの被害者の会があると思うが、それらの会の主催者
の方に言いたい。被害者の会を頼りにして、あらたに入会しようとしてやってきた初心
者の人や街宣にやってきた初心者の人をもっと暖かく迎えてあげてほしいのである。
私も四年前に初めて、ある団体の街宣というものに参加した事がある。それはある
被害者の人に勧めらたからであった。その頃は被害初期で攻撃が酷い頃であったの
で、できれば入会したいと思っていた。しかしその期待は見事裏切られたのである。
こちらが被害者だと言っても、ああそうですかというような感じで、代表者にも会わ
せることもなく、しばらくはほったらかしであった。向こうは、「いったい何しに来たんだ」
というような態度にしか見えなかったのだ。そしてその後横断幕を持ったり、ビラを配っ
たのであるが私は何の共感も得られず、その場を後にした。しかし今思えば被害者の
会というのも、その頃から偽被害者が被害者の団体に潜り込んで活動するようになって
いたので疑心暗鬼になっていたのではないかと思う。たしかにそういった危機感もある
かもしれないが代表者の人も、そこを曲げて新参者の対応の心くばりをしてほしいと
思うのだ。被害者の初心者の人は、自分が急に被害の対象になってしまったので心細
く、また攻撃で心身ともにボロボロの状態でやってくるのだ。
もし後日その被害者があやしいと思っても、それはその時の話である。初めの対応
はやはり気を使ってほしいと思うのである。

以上被害者会のことをいろいろ書いたが、純粋に集スト撲滅を考えて活動している人
も多いと思う。そうした人たちには、頭の下がる思いである。まだまだ道は長いと思うが
被害者同士が何かしらの活動で共感もって、世の中に周知を続けていく事が大切だ。
被害者の願いは皆一緒なのである。それ故、被害者は決して孤独ではないのだ。


スポンサーサイト
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 日本の闇と集団ストーカー all rights reserved.
プロフィール

nezuking

Author:nezuking
FC2ブログへようこそ!
集団ストーカー被害者です。集団ストーカー記事の他に
日本の理解し難い闇世界を掘り下げていきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
SOS

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR