アンケートのお願い

被害者の皆様は日ごろ被害を受けていると思いますが、被害認識初期の頃
はやはり相当酷い被害の連続だったと思います。
先日被害者の方からメールをいただき、現在被害認識して一ヶ月で
被害激化の真っ只中にあるという事を言われていました。
そしてその被害者の方が言われるには、普通集スト被害は半年経つとその後
弱まるという事だが、賃貸の部屋に住んでいるので弱まらないのではない
のか。つまり一戸建てに住んでいるとずっと一人の加害者がリスクを背負っ
てしまって長く続けられないので被害は減るが、賃貸だと加害者一家が出て
行っても、また新しい加害者を送り込めば、延々とターゲットを攻撃できる
のではないか。という事を言われています。こういった考え方が合っている
なら一戸建てに引越すことも視野に入れるということだそうです。
被害者方は介護要のお母さんと二人暮らしで攻撃されており現在切実な状況
です。

そこで、被害者の皆さんにアンケートを取りたいと思います。支障の無い方
はコメント欄に被害初期の激化していた期間とお住いが一戸建てか団地、
マンション、アパートなどの集合住宅か教えていただきたいのです。

コメントは無記名でも結構です。

例: 激化期間6ヶ月 一戸建て
   
   激化期間一年  マンション

などのように書いてください。この通りでなくともいいですし
またさらに意見などを付け加えていただいても結構です。

より多くの被害者の方に回答いただければ参考になり、これからの指針にも
なると思いますのでよろしくお願いいたします。

                       ネズキン
スポンサーサイト
11月だというのに雪が降っている。今まで11月に雪が降ったという記憶がないが、
おかしな気象だ。やはり闇勢力が気象兵器で操作しているのだろうか。

最近、私のブログのコメント欄やメールにも肉体的な苦痛を訴えている被害者の方
が多く、皆、知恵を絞って防御法を模索している状況である。
我々被害者は毎日のように肉体にチクチクと嫌がらせを受けており加害者がいる
ことを念頭においていつも対処方などを考えているがネット上を見てみると、自分
は電磁波過敏症になってしまって、そのために頭痛やアトピーになっていると思い
込んでいる人も多いのである。集スト、テクノロジー犯罪被害者のように大きな
きっかけがなかったり、変な仄めかしがなかったり、居住空間に幻聴、幻覚が無け
ればそれは自分がなにかしらの病気になったのだと考えるのは至極当然の事であ
ろう。

ネットのYou Tubeの動画で、そういった電磁波過敏症の特集をした動画がある、それ
が下のものだ。




この動画で初めのほうに女の子が出てきて自分の机に取り付けられている蛍光灯
から電磁波が来て頭痛がすると言っている。明らかにテクノロジー犯罪被害者だと
言っていいだろう。動画では、この症状を電磁波過敏症というアレルギーだという事
で本人の体質だと言っている。多分蛍光灯から過剰な電磁波が作為的に放出され
ているのだろうが、そんな事は考えもしないだろう。
さらに動画の解説は続き、特に人体に影響するのは超低周波とマイクロ波だと言っ
ている。家電製品や送電線から放出される超低周波は強い磁場を作るため、体内
に誘導電流を起こしやすく電子レンジや携帯電話から放出されるマイクロ波は体を
過熱する事がわかっていると言っている。超低周波の誘導電流というものだが、それ
は強い電磁波のそばに電線などがあればその電線に電流が発生して流れるという
ものである。我々被害者は常に超低周波の電磁波の電磁界の中にいて体が帯電
しておりマイクロ波などの電磁波を受け入れやすい下地ができているのではないだ
ろうか。故に体にマイクロ波が当たると火傷のようなものができるのかもしれない。
そして次に年配の男性の電磁波過敏症だという人が動画に出てくるが、この人は
集ストテクノロジー被害者と同じような電磁波対策をしているので驚いた。帽子の
中にアルミ箔を敷き詰めているのだ。この人は税理士のようだが、パソコンやコピー
機などを全て処分して電卓だけで仕事をしているという。そしてこの人の診断に
あたった医師は電磁波によって脳血流低下が起きていると言っている。また実験
も行っていて、携帯電話を使用した前と後とでの目の奥の動脈血流速度を測定し
ている。携帯使用後の血流速度が1/4に落ちるというショッキングな結果が出てい
るのだ。私の母もしょっちゅう目の奥が痛いと言っているが原因はこれだろうか。
携帯電話の受信電波を高出力にされているのかもしれない。こうなると頭の近くに
もっていく携帯電話の長電話というのも危険だ。
動画では、その年配の人は医者に電磁波の事を言っても気のせいだと言われて、
行く所がなくなったと言っており、また奥さんからも精神的におかしくなったのでは
ないかと疑われたという。この辺のくだりは我々被害者と全く同じだ。この老夫婦
は電磁波の少ない場所、電柱や電線のないような場所に引越しをしようと各地を
訪ね歩いているようだが、これはテクノロジー犯罪なのでどこへ行っても良くなる事
はないだろう。本当に気の毒である。この動画のしめくくりには電磁波過敏症が
何をきっかけに発生するかはまだ明らかにはなっていないと言っているが、そんな
事はわかりきった事だ。電磁波攻撃が始まったという事なのだ。いったいいつに
なったらマスコミは集団ストーカーやテクノロジー犯罪という言葉を口にするのだ
ろう。いつまでも無視はできないと思うが。

またこの動画の他にもYou Tubeに電磁波過敏症の事を言っている動画がある。
その中で5歳の女の子で酷いアトピーでかぶれていて、かいただけでも皮膚が
やぶれるような症状の子がおり、よくよく調べてみると子供部屋の勉強机の壁の
裏側に配電盤があったという事で、それが悪さをしているとわかったようだ。その
後、机を移動して、その場から離れたら、症状が改善されたという。家の中にある
配電盤などは敵方が異常電流を流しやすいのだろうか。私の家の風呂場の脱衣
所にはブレーカーがあり、その近くに蛍光灯があるが、その蛍光灯がブーンと
大きな音をたてて鳴るときがある。これは、その時にブレーカーの配電盤に異常
電流が流れているという事なのであろうか。

あと電磁波過敏症の動画で変わったものがあった。”電磁波対策アルミシート体験談”
というものでやはりYou Tubeにアップされていたものである。
前述と同じで子供のアトピーが、ある電磁波対策で治っていると言っている。アルミシ
ートというアルミ断熱シートを部屋の壁四隅に貼り、コンセントとブレーカーにブラック
アイを貼る事によりアトピーが改善されたという事を言っていた。ここで言っている
ブラックアイというものだがネットで調べてみた。すると、丸山式コイルブラックアイ
という名称のもので、コイルを渦巻き状に巻いたものを貼り付けるようにしたものだ
という事がわかった。これは、身体に貼り付けたり、またコンセントやブレーカーなど
に貼り付けて電気を相殺するもののようだ。印象としてはピップエレキ盤のような
ものの感じがするが、コンセントやブレーカーにも貼るという事で電磁波対策のもの
なのであろう。1セット6個入りで4000円と少しお高いようである。本当に効果が
あるかどうかはわからないが、お金に余裕があれば試してみるのもいいかもしれない。

最後に”「電磁波に近付いてはいけない」船瀬俊介の船瀬塾”という動画がYou Tube
にあったので紹介したい。前に私のブログで本の紹介をした船瀬氏である。この中
で船瀬氏は高圧線の近くに住んでいる人は自殺が4割ほど多いという事を言って
いる。高圧線の下では自殺者や精神異常者が多いという事で、なぜ、そういう事が起
こるかという事だが、セロトニンという神経ホルモンが激減するそうである。セロトニン
というのは理性のホルモンであり、すなわち心の安定と安心を促すために出るもの
だそうだ。これが減少する事により人間は狂気に走るということだ。それとメラトニン
というものもあり免疫力と成長のホルモンだそうであるが、それも激減すると言って
いる。その結果発ガンの可能性も出てくるという事だそうだ。
ひょっとして私の家の隣の加害者宅に住んでいる子供の成長が止まったままにな
っているのも成長ホルモンの激減が原因しているのかもしれない。
船瀬氏はさらに高架線の下で日本刀を振り回したり、奥さんの首を絞めたりする人間
が多いのは、そういったホルモンの減少によるためだとも言っている。凶悪犯罪者は
こういった環境で作り出されるのだろうか。確かに電磁波の影響によりそれらの激減
が原因で理性はかなり失われるだろうが、犯行に及ぶ引き金は感情操作であり、暗示
誘導だろう。闇側のささやきで人間を悪魔に変える事ができるという事なのだ。

電磁波過敏症だと自分で思っている人はすべてテクノロジー犯罪被害者と言って
いいだろう。私も集スト認識前に酷いアトピー性皮膚炎に悩まされた事があった。
右腕に火傷のようなケロイド状の腫れができて病院で治療したことがあったのだ。
当然外部からやられているなどとは夢にも思わなかった。しかし今はもうすべて
理解しているので今まであった変な傷やアザは電磁波被害だったと断言できる。
アトピー患者などはあきらかにテクノロジー犯罪被害者で、この被害はもはや集スト、
テクノロジー犯罪認知被害者だけの工作被害ではないのだ。もしこの犯罪が公に
なればアトピー患者も激減するだろう。そのためにも我々被害者はこの犯罪を周知、
糾弾していかなければならないという事だ。


先日アメリカ大統領選挙行われ、トランプ氏が大統領に就任する事が決まった。下馬
評ではヒラリークリントン候補が圧倒的に有利であるという事だったがフタを開けて
みるとトランプ氏に軍配が挙がったようだ。これはアメリカのみならず日本にも意外
な驚きであり、トランプ氏とコンタクトを取っていなかった日本政府は急遽トランプ
氏と安倍総理の会談を設定したようだ。そして会談は実現され、意気投合しているよ
うな映像が報道されている。案外馬が合うのかもしれない。

なぜトランプ氏が選挙に勝利したかという事だが、評論家が言うには、やはりトラン
プ氏のほうがアメリカを大きく変えてくれるとアメリカ国民が思ったからではないか
という事である。それとトランプ氏自身も支持層を増やす戦略をねったようである。
アメリカでは選挙を行う際自分に選挙権があるという事を申告してから投票にいかな
ければならない面倒な制度があるので選挙に行かない人間も多いそうである。今回
そういったアメリカに不満を持っている普段は選挙に行かない中間層に呼びかけ積極
的に掘り起こしたという事なのだ。浮動票の獲得はやはり大きいという事だろう。

トランプ氏の人物像であるが世間では毒舌で暴言が多く女性に対するセクハラ言動
などが取りざたされている。マスコミは一斉にトランプ氏を品性のない下品な人格だ
と人々に印象付けているようだ。マスコミというのは、どの国でも同じで闇の勢力の
息がかかっているものだという事がよくわかる。黒い噂という点ならヒラリークリン
トンのほうがはるかに上なのであるがマスコミはあまり語りたがらないようだ。
ヒラリークリントンは中国と密約して賄賂をもらったという話がある。アメリカが
中国政府のやっている政治犯の虐待などの人権侵害に目をつぶる事の見返りに金を
得ているという事だ。他にもクリントン家とヒラリーに関わっていた人間が十名程
不慮の死をとげている。これも汚職の隠蔽だという事が噂されており、かなりドス
黒い一族だと言われているのである。

かたやトランプ氏は政治経験は一切ないようだ。政治経験がないので不安であり、そ
の実力は未知数なのだが、実業家なので、その手腕に期待が持たれる所だ。トランプ
氏は不動産会社の経営者であるがいままで4回会社を潰している。しかし現在は復活
して繁盛しているようだ。こういう不幸が何度も訪れている人を見ると闇側の工作を
受けていると思ってしまうが考え過ぎだろうか。それにしても不屈の魂というか不死
鳥の如きである。こういったスピリッツがアメリカ人に受けたとも言えるのではない
だろうか。 二人の候補の公約の違いを下に表した。

     クリントン候補                 トランプ候補
                   税制
  ・富裕層の課税強化             ・所得税の税率区分を簡素化
                          し最高税率を引き下げ
  ・海外への租税回避を抑制          
                         ・連邦法人税率を35%から
  ・海外移転企業にはこれまでの         15%に引き下げ
   優遇措置を返上させ出国税を
   課す                    ・海外留保利益に対しては一度
                         に限り10%の課税で米国内
                         への還元を認める
                   
                  通商政策
  ・TPPを含め、雇用創出や賃金         ・TPPから撤退、NTFTAについて
   上昇につながらない貿易協定          再交渉
   に反対

  ・中国による為替操作やダンピ        ・中国を為替操作国に認定
   ングに対抗

                  エネルギー
  ・石油、ガス産業に対する補助        ・エネルギーコストを抑制、石炭
   は削減                   産業を保護

  ・地球温暖化対策やクリーン         ・2020年以降の地球温暖化対
   エネルギーの推進              策を定めたパリ協定脱退


                  その他
  ・オバマケアを継承し,低所得         ・オバマケアを廃止、新制度に
   者向けの公的支援を拡充 置き換え
                       
  ・高騰する薬価の抑制            ・インフラ投資拡大

  ・インフラ投資に5年間で          ・ビジネスや雇用創出を阻害す
   2750億ドルを拠出            る規制の廃止や見直し 
      
  ・最低賃金引き上げ

政策の公約を見てみると両者ともTPPなどの扱いは同じで反対だと主張している。
大きな違いはオバマケアの取り扱いであろうか。ヒラリークリントンは継承する
と言っているが、トランプ氏は撤廃すると言っている。オバマケアというのは、
私のブログでも一度記事にしたが、医療保険制度改革の事である。このオバマケア
というのが、またとんでもないもので、アメリカ国民にマイクロチップを埋め込む
という文言が法案項目に載っているのである。ゆえにトランプ氏が当選した事に
より、このマイクロチップの危機が回避される事になったのだ。この事を知って
いる一部の国民はきっと胸をなで降ろしたに違いない。いつも闇の思うとおりに
なると思ったら大間違いなのだ。

他にトランプ氏が大統領に就任したら日本におけるアメリカ軍の扱いがどうなるか
という問題がある。トランプ氏は現在日本に駐留している軍隊を撤退させるか、あ
るいは現在折半している軍事費を日本が全額負担するか、どちらかだと言っている。
もし撤退に決まれば日本の自衛隊を軍隊に昇格させる事ができるが、軍事費がかさ
むだろう。また全額日本が負担するなら、同じように軍事費がかさむが軍事に関す
る権限が日本側に大きく増えるという事だ。個人的には日本は独立して正規の軍隊
を持ったほうがいいと思うがどうであろうか。とにかくアメリカはもう世界の警察
という役割を止めたいという事だ。これは軍需産業を裏で支配している闇の武器商
人たちの勢力が衰えているという事であろうか。そうであったら喜ばしいことだが。

ある評論家が言うにはアメリカにとって日本は地球の裏側にある前線基地という
位置付けだそうだ。戦後70年間は日本を利用した世界支配の歴史だったとも言
っている。日本はそういった意味で番犬のようなものであり、また軍事費を献上し
てくれる財布のような存在であったという事である。トランプ氏がアメリカ大統
領になったという事は日本も大きく変わるチャンスかもしれない。今後のアメリカ
との交渉が楽しみである。

今回の選挙はヒラリークリントンとトランプ氏の醜い泥仕合だという事をメディア
は報じている。ヒラリークリントンはトランプ氏の移民者に対する過酷な対応、
セクハラ言動など取り上げいるようだ。またトランプ氏もヒラリークリントンに対
し辛らつな事を言っており、オバマとヒラリーがISをつくったと演壇上で言い切
っている動画もある。米国がシリアの反政府勢力に武器を供給していると言ってい
るのだ。闇勢力の匂いのする二人なら、さもありなんと言ったところだ。
さらに今回の選挙は投票自体にもトラブルが発生していた。投票所の数ヶ所で誤
開票が起こって混乱したようだ。自動投票機もヒラリークリントンと繋がりの深い
企業が供給しているという事でかなり疑念を持たれているようである。

トランプ氏はいろいろ物議を醸し出しているが結構一本気で腹黒さはないように感
じられる。今まで政治経験がないという事で政治家同士のしがらみが無く、金銭的
にも富豪なので金に動かされる事もないように思われるのだ。心配なのは敵を多く
つくりやすいという事であろう。陰謀論的な事を言えば、トランプ氏はイスラム教
徒などに対する政策がきびしいので闇側に洗脳されたイスラム信者に命を狙われる
可能性があるという事だ。警備は万全にされるだろうが、気をつけてほしいと思う。

ひょっとしたらこの人物が、今の狂った世界を大きく変える舵を切ってくれるかも
しれない。どこまでやってくれるか大いに期待したいところだ。

集スト被害者は、いろいろな暗示をかけられ誘導されてしまう場合があるだろう。
そういったものを全て拒絶しているつもりでも、何かしらの生理的現象や仕草など
を誘導されておこなってしまう場合があるのだ。私の場合、そのような行動をさせ
られているものが二つほどある。一つは冷蔵庫を開ける時の取手を掴むときの指の
形状である。下の写真のような手の指の形状で、つい最近まで開け閉めをしていた。
中指と薬指を曲げて人指し指と小指を立てて何とも不自然な指の形で開けていたの
である。これは初めからこうして開けていたのではなく、一年前ぐらいから始まり
つい最近までやっていた。なぜそんな指の形になってしまったかというと、成り始
めの当初、なぜか冷蔵庫の取手を掴もうとするのだが、どういうわけか中指と薬指
だけが、掴み損なってしまい、自然とこうなってしまったのだった。この現象は
何回も続いてすっかり、クセになってしまった。しかし別に何かの悪影響があるわ
けでもないので放っておき、なるがままにして、ずっとこの開け方をしていた
のである。

れいぞうこ

しかし最近、この指の形がとんでもないサインだという事に気が付いた。”コルナ
サイン”というもので悪魔サタンやその崇拝と関係があるものと同様なのだという
事に気付かされたのだった。このサインは前から知っていたが、自分がそれを無意
識にやっていたということに驚かされた。それがわかった時点で直そうとしたが
結局完全に普通に戻すのに一週間ぐらいかかったのだった。冷蔵庫など、それほど
意識して開けるものではないのでクセがついているとつい無意識に変な開け方をし
てしまうのだ。しかし今では矯正して普通に開けられるようにはなったのである。

こるな
              コルナサイン

こういった事をやらせて闇側は喜んでいるのでいるのだろうか。やはり頭のいかれ
た連中だ。さらに最近、もう一つ生理的な誘導をさせられていたものがある。
それは頻尿でトイレに行く回数が多くなったという事だ。しかし、もよおしてトイ
レに行ってもそれ程量が出るわけではない。これは母親も同じで水道水の蛇口から
水が流れ落ちるのを見る度にトイレに行きたくなると言う。そして一回だけ間
に合わず漏らしてしまったようだ。私の場合も同じで水道の水を見る度にトイレに
行きたくなっていた。しかし、これが暗示の一種だとわかったので極力これは違う
んだと自分に言い聞かせて、今は何とか治りつつある。こういった暗示を敵方は、
被害者の睡眠中にかけているのだろうか。潜在意識にそういった暗示の種を撒か
れると厄介だという事がよくわかる。
最近自分に変なクセができてしまったという人はいないだろうか。もしそういう人
がいたならば、それは暗示工作による可能性が大である。一度我が身を振り返り
考えてみた方がいいかもしれない。

次は工作の面で気付かされた事がある。車のカルトナンバーの話である。私は、現在
徳島に在住されている女性被害者の方とメールや手紙のやりとりをしているが、その
方のメールの中に自分の車のナンバーが不吉な数字にされていると言われている。
車は現金で買ったにもかかわらず初めから所有者がディーラーになっていたという事
で加害者側の指示でナンバーを付けられたと憂いておられた。これを読んで私は成程
と思った。ディーラーの販売員が意図をもって陸運局にゾロ目がほしいと申請す
れば、その車は勝手にゾロ目ナンバーになってしまうのだ。私の車の場合も実はおか
しな数字が付けられている。三桁の数字であるが、ゼロをはさんで両脇の数字が同じ
さらに、上の千葉○○の○の数字も同じで、四つの数字がすべて同じなのである。
また私の車は形式上ディーラーの所有物になっている。こういった事はよくあるよう
で、ローン購入などで車両引渡し時に支払いが済まない場合で支払いが済むまでの
登録方法だという事だそうだ。完済するまで勝手に車を処分できなくするのが主目的
だという事である。そういった事で所有権が違うという事であれば、カルトナンバー
などをあてがう機会は加害者側にいくらでもできるという事だ。それならば私の居住区
にカルトナンバーがすごく多いというのも理解できる。今では出会う車の4割ぐらいが
ゾロ目や不吉な数や自分関連の数字のカルトナンバーなのだ。本当にここまでするか
というぐらいである。
以上のようにゾロ目ナンバーは誰の車にも容易に付けられてしまう可能性があるので
そういった車がすべて工作員の車だと思い込むのも考えものだという事なのである。
付けられてしまった人も迷惑しているかもしれないのだ。

最後に、最近隣に住んでいる加害者のオヤジが喘息で会社を一ヶ月休んでいるという
事を母親から聞かされた。もし本当ならば胸のすく話であるが、闇側による工作だろ
うか。考えられる事はいろいろあるが、私に対する加害成果が滞っているので闇側が
制裁しているようにも思われるし、また喘息という無理やりな理由をつくり(電磁波
で喉をやられているのだろう)それを言い訳にずっと家に居て私に対する工作を始終
して被害を大きくしているようにも思われる。最近被害が激化したのもこのためだっ
たとも考えられるのだ。加害者のオヤジは、まったくろくな者ではない。どこまでロボ
トミー化して操り人形になっているのかわからないが、闇側の言いなりになっている。
アンカリングしている時の顔は眉間にしわを寄せて目を少し吊り上げドスを効かせた
目で睨みつけるような感じだ。感情操作もされているのだろうが、もともと悪の素質
を持っているのだろう。それにしても異様な雰囲気の人間だ。

以上のように自分のちょっとしたクセ、また周囲の状況被害の強弱などは何かしらの
原因があると思っていいだろう。被害者はこれからも何かしらの被害を受けていくと
思うが決して悲観しないことだ。加害者もだいぶ疲れてきているような感じがしない
でもない。希望を持って生きる気概だけは失わないようにしよう。

とまとさん、メールいただきました。ありがとうございます。返事のメールを
送付しましたが届いていますでしょうか。たまに妨害を受けて届かない場合
もありますので、もし届いていない場合は私のブログのコメント欄か拍手の
コメント欄にお知らせください。よろしくお願いします。
被害者の方の中で酷いめまいを起こしている人はいないだろうか。私も毎日のように
中程度のめまいを起こしてふらふら歩かなければならない生活が続いている。この
めまいの正体は何なのだろう。電磁波であろうか、超音波であろうか。めまいを起こす
身体の部分は耳の奥の三半規管だ。これは人間の平衡感覚を司っているので、これ
をやられると普通に立っている事ができなくなる。これは私の場合、家の中に居るとき
もそうだが、ショッピングモールやホームセンターの屋内でもそういった操作が行われ
めまいに襲われるのだ。 道を歩いている時でも、ある場所を通りがかると突然めまい
に襲われて真直ぐに歩くのに骨が折れる時もある。散歩の時に、ある家の前を通るたび
に、めまいを起こしていたが、その家は陰鬱な感じのする家で夕方暗くなるまで庭に
洗濯物を干してありその服が変な柄の気味の悪い配色の物ばかりであった。これも
アンカリングで、私が夕方散歩をする事を知っているのか、目を引くような物を庭先に
さらしてアピールしているようだ。工作意識のある家に違いない。そういった家が私の
家の少し離れたところにも点在しているという事なのだ。
また五年前ぐらい前に私は東京の新小岩の会社に通っていたが、そのときも通勤経路
で必ずめまいを感じる場所があった。それは京成船橋駅からJR船橋駅につながって
いる渡り通路のショッピングモール。そして新小岩駅の北口の商店街である。これら
のどこかの店が工作員としてやっているのだろうか。それとも、その通りの電気設備
に何かしらの工作が施されているのだろうか。当時はまだ集スト被害者という自覚は
なかったので自分は電気の過敏症になったのかと思っていた。集ストなど知らない頃
であったのにも関わらず、なぜかめまいは外的なものが原因で電気的なものだと感じ
ていたのである。

ネットで”めまい電磁波”というキーワードで検索すると何とかクリニックとか電磁波
過敏症対策グッズなどが出てくる。社会的にも電磁波は、めまいや体の不調を誘発する
事は認知しているようであるが、しかしその原因が人為的なものだという考えは一切
ない。電磁波を故意に犯罪の手段として使われているという事を説いている所はテクノ
ロジー犯罪被害者のブログ以外は皆無に等しい。しかし実際世の中が家電が危険だと
感じているのもそれほど間違いではない。家電も闇側が工作を施した加害ツールになっ
ている可能性も充分あると思われるからだ。家電にもPLC(電力線通信)によって
工作パルスが送られている可能性がある。家電の発する音が妙に大きかったり、何か
しらの変なリズムでうなっている時など加害が行われている可能性が大だ。さらに家電
だけではなく、被害者の人体にも何かしらのリズムのあるパルスを送られていると思わ
れる。最近私は睡眠中に枕に右耳を当てるとボソッ、ボソッという音を聞かされている。
初めは枕自体に問題があるのかと思ったが、枕をはずして敷布団に耳を当てても聴こえ
ところから私自身の体が何かしらの電磁波で共鳴して体表上に振動音として表れている
ものだという事がわかった。つまり体の反響を耳が聴いているわけだ。これを大きな
音でやられると睡眠を妨害されるわけである。

あと昔やられたのが、めまいと足の痺れの複合被害であった。朝、寝床から起き上がろ
うとした時に、ふらふらして再び寝床に尻もちをついてしまったのである。昔の記事
にこの事を書いたが、敵方はこれをギランバレー症候群という病気に思わせたかった
ようだ。丁度その頃NHKで「足腰が立たなくなる奇病ギランバレー症候群」という
特集をやっていて、それを私に見せたのである。ギランバレーという病気だと思わせ
たかったのだろうが、それはいつものめまいに足のしびれを付け加えたものだという
事に気付いたので、その後起こる事はなかった。敵方は実際に身体を傷付けたりする事
もあるが、こうした虚と実を織り交ぜて人を欺く事も多いのである。ひょっとしたら
大した病気でもないのに病院で重病だと言われ、体を悪くする治療や検査、薬などを
強いられている人間も多いのではないだろうか。すべてがそうだとは言わないが、そう
いった所に誘導されたら、たまったものではないだろう。

あと最近は、めっきり無くなったのだが、被害認識初期は、睡眠中に腕がバン!と跳
ね上がるという奇妙な行動をよくさせられた。これは運動神経を操っていると思われ
るが脳にそういった指示パルスを送っているのか、それとも途中の腕の神経にパル
スを侵入させているのかどちらかだろう。人の手足もある程度本人の意志に関係な
くコントロールできるようだ。この事は前に書いた「世界に見られる奇病を装ったテク
ノロジー犯罪」という記事でも触れている。アメリカのニューヨーク郊外のリロイという
町に住む女学生が奇病に取り付かれ自分の意志でもない行動をとらされているとい
うものだ。拍手のように激しく手を叩いたり、首を激しく振っている動画が写されてい
る。私のように腕が跳ね上がるどころのさわぎではない。本人も辛そうで疲れてい
る状態だった。日本でもこれらの現象が表れている人間が存在している。”トゥレット
症候群"というものだ。この病気も概要は次のように定義されている。

”トゥレット症候群は、多様性の運動チックと一つ以上の音声チックが長期間に渡って
続くチック障害である。一過性チック障害からトゥレット症候群までがチック障害として
まとめられているが、重症度に大きな開きがあり、連続性があるかどうか議論がある。”

この症候群を紹介している動画がある。9歳の女の子が身震いをした後に「ミャー」と
声を発している奇妙な映像だ。これは決してふざけてやっているのではないらしい。
興味のある人は見ていただきたい。

https://www.youtube.com/watch?v=JYQxL84Use0  
”「トゥレット症候群」という病気を知ってください。”

動画では皆この病気をチックと呼んでいるようだ。チック症というものを聞いた事がある
と思う。貧乏ゆすり、目の過剰な瞬きなど、くせとも言っていいような感じのものだが
それの延長線上の過剰になったものがトゥレット障害という認識になっているようだ。
(精神学会や病理の学会は理解できないものは何でも適当な理屈をつけてそれらし
い原因を押し通す。私には愚鈍に見えてし方がない。)

この障害は人前でやるとかなり違和感を持たれて、嫌悪され馬鹿にされる。故に他人
と接する事さえむずかしい状態になってしまうという事だ。幼い頃から大人になるまで、
ずっとこの障害に苦しんでいる人もいるようだ。人生がすべて台無しであろう。これら
は電磁波被害に間違いない。こういった障害は統合失調症の人も同じであろう。普通
の人生を歩めなくさせられている人々なのだ。

このように電磁波操作によってテクノロジー犯罪被害者や奇病と言われる人達は身体を
コントロールされたり、奇妙な挙動をさせられたりしている。闇の勢力は世界中の人々を
ロボットのように操りたいのだろう。個人の意志というものが一種の波動であるという考
えなら、電磁波よりその強さが勝っていれば、これを拒む事ができるかもしれない。その
強化法が見つかれば一つの強力な対抗手段になるに違いない。簡単には見つける事は
できないだろうが希望だけは持ちたいものである。
   
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 日本の闇と集団ストーカー all rights reserved.
プロフィール

nezuking

Author:nezuking
FC2ブログへようこそ!
集団ストーカー被害者です。集団ストーカー記事の他に
日本の理解し難い闇世界を掘り下げていきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
SOS

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR