最近都知事の舛添が辞任した。政治資金の流用、公用車の私物化など様々な問題
を追求され、ついに都庁を追われる身となったようだ。都民が選んだ人物であったが
都民はあまりにも安直に選び過ぎたという感が否めない。選挙に行く前にネットでいろ
いろ調べれば、どのような人物か把握できたと思うが、結局選挙に行くのは、年配の
人が多いのでネットを見るような人は少なかったという事なのかもしれない。しかし
人口にしたら高齢者が圧倒的に多いのだからもっと情報に強くなってもらわないと困
るのだが、本当に残念だ。高齢化社会の現況を垣間見るような気がする。テレビなど
の知名度だけで選ぶととんでもない事になるといういい見本ではないだろうか。舛添は
在日朝鮮人だと言われている。彼の父が一度何かの選挙に出馬したときのポスター
画像がネット上にあった。そのポスターには舛添という名前の横にハングル文字の
ルビがふってあったので、まず在日2世で間違いないだろう。こういうものがネット上
にあったり、在日だという事をほのめかすような挙動のせいでネット民の攻撃のネタ
になっているという事も本人は知っていたのではないだろうか。それゆえにその報復
としてわざと日本人が嫌がるような事をしたというふうにも見える。韓国学校をつくろう
としたり。海外出張して、目が飛び出るほどの旅費を使って権威を誇示したり、公用
車を私用に使い別荘に行き、日本人の一般庶民を見下すような行動をしたりいささか
調子に乗り過ぎたようだ。彼がもし日本人であったならこんな見栄張りのよな事もしな
かっただろう。朝鮮人ならではの失脚劇だったと言えよう。しかし私は舛添要一が辞任
する事を知った時少し恐怖を感じ初めたのである。彼が辞めた後釜に来る人物がもっ
と反日的な人物であったならどうしようという事だ。舛添は金にセコイということだが、
得てしてこういう人物は大悪党には成りにくい。せいぜい小悪党止まりであろう。本当
の悪人というのは表面上は全くいい人間にしか見えず、しかしその裏では恐ろしい事
を平気でやるものだ。一難去ってまた一難である。今度の都知事選では、そういった
人物が選ばれないことを祈るしかない。私も舛添の辞任を待望していた口であるが、
いざ現実になると少しおよび腰になってしまった。舛添のあの激し過ぎる批難で降ろさ
れた様を見ると何かしらの勢力の力が加わっており、世論を煽っているようにも見える
のだ。とにかく私は都民ではないので成り行きを見守るしかない。轍を踏まない事を願っ
ている。

集ストテクノロジー犯罪被害者の場合、その多くの人は保守を支持していると思う。
なぜなら集ストを実行している人間は日本を陥れようとする左翼系の在日朝鮮人
だと思っている人が多いからである。しかし現在保守与党として自民党と手を組んで
いるのは公明党であり、その母体は集スト被害者の仇敵という事になっている創価
学会なのだ。故にどちらを支持したらいいかという矛盾に表面上はなってしまうだろ
う。集ストの加害者は右にも左にもいるのだから始末が悪い。それほど日本という
国は汚染されてしまっているのだ。また安倍総理は集団自衛権の法案をつくったが
この法案は同盟国に危機が訪れたら軍事介入するというものである。つまりアメリカ
のためのものだと言ってもいいだろう。アメリカはユダヤ資本とその上にある闇組織
に支配されている国である。軍事軍需産業大国で、戦争で成り立っている闇の国
と言ってもいい国なのだ。故に本来アメリカに加担するような法案を支持するという
事は闇組織を支持することになるのだが法案を取り入れて軍事活動の範囲を広げ
ないと反日特アの三国に侵攻を許す事にも成り兼ねない。ここでもまた我々は矛盾
に落ち入る。法案によって戦争を助長しようとするアメリカの闇組織は被害者の最終
的な黒幕という事であり、また日本国内で平和、反戦の声を上げて日本の軍事を骨
抜きにしようとしている在日左翼は集ストの実行犯なのだ。戦争と平和どちらを選ん
でも闇の勢力に加担するという形になってしまい、矛盾を生じるという事になるのだ。

ならば平和をスローガンにかかげている国連はどうだろうか。国連の成り立ちは、そ
の資金をユダヤ資本としており、本部もアメリカのニューヨークにある。国連は元々
闇側がつくった機関である。故にアメリカの発言権は絶大なものがあり、戦争をやろう
と言い出せばその通りになる可能性が高い。イラク戦争を見ればそれも当然だと思え
るのではないだろうか。平和を願い飢餓、貧困の撲滅を提言している機関が実は闇
資本の上に成り立っているとしたら、こんな馬鹿げた世界というものもないだろう。世の
中の真実を知らない人は目を覚ますべきなのだ。国連は表向きは善の顔をもって平和
を唱え人々の信頼を得ているが、その資金は戦争のために軍需産業によってつくり出
されたものである。そして闇のユダヤ資本は他にもテクノロジー兵器などで人を殺し
まくっている。一部の狂人たちのおかげで人類そのものまで危うく成り始めているのだ。

私はアメリカなどに依存しない国際的な査察機関ができて苦情や窮状、不審な団体
の調査などを行わなければ本当に世界を変えることができないと思う。それには世界
中の人が世界を支配しようとしている者が居るという事を理解すること。それが第一歩
なのだ。それにはまずマスコミをどうにかすべきであろう。世界中のマスコミにはすべて
闇の人間が入り込んでいて闇側に都合の悪いものはすべて隠蔽するという体質があ
る。日本を例にとれば朝鮮学校を卒業した者がマスコミに多く入り込んでいると言われ
ている。反日教育を受けた人間が現在はマスコミの中で高い地位に登りつめている
という事で、現在だいぶおかしな事になっているというのも分かろうというものだ。
昔からマスコミは放送規制というものがあり、タブーとされている団体の事については
何も報道しなかったが現在は隠蔽どころか、偏向報道はもちろんの事、捏造に近い
もの、視聴者に憎悪をもたらすように誘導する映像編集など、あからさまにやるように
なってきている。これらは絶対改めさせなければならない。

私はインターネットとまではいかなくとも、ある程度自由で、公正な放送ができるテレビ
局があってもいいと思う。右派、左派、宗教、政治団体などすべてに平等に門戸を開放
する放送局。善悪を判断するのは視聴者に任せればいい。日本には保守団体がいくつ
もあるがそれらが結集して、我々に発言権の場を与えよと政府に対して活動すれば
道は開けるかもしれない。保守団体の中にはお互いに仲の悪いところもあるようだし
意見も合わないだろうが、自分らの主張を発言する場を設けるためだけの集結だと割り
切ればいい。目的達成までの仮の同盟である。そして我々集スト被害者も参加すれば
放送枠を獲得する事ができるのだ。
こういった事は夢物語であるかいもしれない。しかしやってみる価値は充分にあると思う
がいかがなものであろうか。
スポンサーサイト
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 日本の闇と集団ストーカー all rights reserved.
プロフィール

nezuking

Author:nezuking
FC2ブログへようこそ!
集団ストーカー被害者です。集団ストーカー記事の他に
日本の理解し難い闇世界を掘り下げていきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
SOS

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR