集スト、テクノロジー犯罪の被害者は皆、体や頭の中をモニタリングされていると言
われている。この犯罪は試行的な実験でもあるので、データを取りたいという事なの
だろう。それではどうやって頭の中をのぞいているのか。そういった事が可能だと思
われる方法の一つを今回は推測してみた。

私は被害の初期の頃は、ほとんど毎日頭痛がしていた。他にもいろいろやられてい
たが、頭痛が一番ネックとなって日常の生活をきたしていた。母親はこの犯罪
には全く理解がなかったので私の頭痛が脳腫瘍か何かだったら大変だという事で
しきりに病院へ行ってMRIの検査を受けるように勧めた。私はその時はもう、この
症状が電磁波のせいである事をわかっていたので無駄なことだと思い拒否していた
のだった。しかし長い間頭痛を訴えていて、しかもそれが電磁波でやられているという
事を言っていたので母親はしびれを切らせたのであろう。もし脳のMRI検査を受けて
その結果が何でもなかったら、信じてやろうという事を言い出したのだ。それならば
私も受けようと思い何の悪い所も発見される事もないだろうと思いながらも病院に行っ
て検査をしたのだった。(結局何も発見されなかったが、信んじもされなかった)
MRIの装置は初めて現物を見たのだが、やはりテレビなどで見た通りで筒のような
形をしており寝台が入るようになっていた。私は仰向けに寝てその筒の中に入ったの
である。筒の中には別段何があるわけではなかったが何かしら変な音が始終聴こえて
来る。初めはドッドッドッという何かを圧縮するような音で、その後カーンという少し高い
金属音のようなもの。そして最後にブーンという低周波音のようなものが続いた。その
三つの音の繰り返しを複数回行って検査終了となる。
MRIの原理を説明すると、少しむずかしくなるが、こんなような感じだ。
披見者に高周波の磁場を与え、人体内の水素原子に共鳴現象を起こさせて反応する
信号を撮影、画像化する仕組み。水分量が多い脳や血管などの部位を診断する事
に長けている。MRI装置のガンとリー(筒)の中にはコイルや磁石が搭載されている。
被験者の体内の水素原子のスピン軸を磁力によって方向をある程度同じ方向にもって
いき、さらに特定のラジオ波(マイクロ波)を照射するとスピン軸は歳差運動(軸ぶれ)
を行う。このラジオ波の照射を止めると徐々に元に戻るが重要なのは定常に戻るまで
の速さがそれぞれの組織の水素原子によって異なるので、この違いの情報のデータ
を視覚データに変換するという事である。これにより体内の映像化が可能になるという
ことだ。 要するに体内の水分子中の水素原子が磁力によって、ある挙動を起こす
のでその動きをデータ化して体内の組織を認識、識別して映像化するということである。
さらにMRIの仕組みであるが、MRIのガントリーの周りには磁石が埋め込まれていて
いる。それはニ種類あり永久磁石方式か電磁石方式である。電磁石方式の場合は
磁場を起こす所を液体ヘリウムで冷却して電流を流しやすくしている。(超伝導) 故に
電磁石方式のほうが音の種類が多いようだ。ヘリウムを圧縮する音、循環させる音と
いったものが騒音となる。また電磁石に流す電流を短時間で急激に変化させると、この
変化によって装置本体に大きな力が加わり音がするというものもある。そして被験者に
照射されるラジオ波の音も加わってガントリーの中は音のオンパレードと化するようだ。

ずっとMRIの話をしてきたが何を言いたいかというと、私は自分の家の中に居るときでも
これらと似た音をいつも聞いているという事である。自宅のトイレに入るといつも隣の家
からドッドッドッという何か圧縮している音、MRIで言えばヘリウムを圧縮する音が聴こ
えてくるのだ。また被害者がよく聴くブーンというあの低周波音のような音であるが、そ
れも私は決まった時間、夕方と就寝前によく聴かされる。まるで病院の検温の時間の
時のようなスケジュール性を最近感じるのだ。この音はMRIでいうと被験者にラジオ波
(マイクロ波)を照射して共鳴させデータをとっている時の音と同じではないかと思うのだ。
つまり自宅の近くにMRIのような装置があり、私の体をスキャンしているという事である。
もし私の体の中に悪いものでもできていたなら、加害者大喜びといったところであろう。
それを楽しみに毎日決まった時間にブーンとやっているのだろうか。全く外道の馬鹿共
である。またMRIは体の病巣などの発見の他に、その性能を生かして夢を可視化する
という脳情報のデコーディング研究がされているという話だ。その動画を転載したので見
ていただきたい。



この動画では夢を見ている人の脳活動の状態をMRIで解析、映像化しようとしている
試みのようだ。動画の実験では被験者が体験した夢を話してもらい、いくつものパタ
ーンをサンプリングして、より映像に近いものをつくっていこうという事なのであろう。
現在はまだ大まかな分類のパターンしか表現できないようである。

動画に見られるような研究は闇側の研究機関においては、ずっと進んでいるように思
われる。もはや映像化は完成しており、私達の体や頭の中の情報は筒抜けとなって
いると思われるのだ。さらに言えば加害者側がつくった映像を被害者の脳に送信する
事も、ある程度可能だと思われる。いわゆる夢見せ被害や幻覚というものだ。
私は思考盗聴なるものは他に、ダミー人間と被害者とを電磁波で共鳴させてその
媒介役の人間に記憶や思考を共有させているものだとも考えている。とにかく実験
やら研究をいろいろな角度の方法でやっているのではないだろうか。

世の中の表側の研究機関と裏側の研究機関とでは裏側のそれのほうが四半世紀ば
かり先に進んでいるという事が言われている。闇の25年先のテクノロジーに通常の
研究機関が追いつく前に闇側の世界支配が完了するかしないかという話である。
いずれにせよ、これらの研究は行き過ぎているものであって人間の尊厳を冒涜する
ものであろう。人の思考を読んで監視する人口知能とやらに世界を支配させる
下準備というところであろうか。そうだったら本当に恐ろしいことだ。





スポンサーサイト
日本ブログ村のランキングカテゴリーの中には私達がよく訪れる犯罪被害という
カテゴリーがあり、その中に集スト被害者の多くのブログが存在している。集スト
テクノロジー犯罪という単独の名称のカテゴリーは存在しない。では統合失調症
というカテゴリーはあるだろうか。ランキングカテゴリーの中には、メンタルヘルス
のブログのカテゴリーがあり、さらにその中には強迫性障害、対人恐怖症、うつ病
過食症、心身症、解離性障害、パニック障害などのカテゴリー郡がある。統合失調
症というカテゴリーもこの中に含まれており、単独のランキング順位表が存在する。
統合失調症のランキング表の1位のブログアクセス数を見てみると一週間で一万
アクセスというかなり多いアクセス数がある事がわかる。犯罪ランキングで集スト
ブログ1位の人のブログのアクセス数が多くて500~700ぐらい(週間で)なのに
比べると一桁違うというような感じだ。私は統合失調症というのはほとんどテクノロ
ジー犯罪で起こされていると思うので、この差を見ると矛盾を感じて仕方がないの
である。統合失調症だと自認している人の偽りの意見の方が、これをテクノロジー
犯罪として看破している正論よりも支持されているという事実に、やるせなさを感じ
てしまうわけである。しかし統合失調症のブログを見る人はやはり統合失調症の人
が多いと思うので、かなりの統合失調者がアクセス数を増やすという事なのだろう。
厚生労働省の調査によると全国の患者数は70万人だそうである。
統合失調症患者=テクノロジー犯罪被害者という事であるならばテクノロジー犯罪
被害者は70万人という事になる。集スト、テクノロジー犯罪被害認識者というのは
その中で症状や現象が外的人為的なものだと自覚する事ができた人間ではないか
という事だ。それではこの二極に分かれた人間の差は、どこから生まれたのだろう
か。考えられるのは普通の統合失調症者の場合、集スト被害者のようなキッカケ
が無かったのではないだろうか。つまり宗教の勧誘で揉めたとか、近所のトラブル
で揉めたとかいう事が一切なかったという事である。逆に言えば集スト被害者は人
とのトラブルというキッカケがあったからこそ人為的なものだと思ったのだという事が
言えるのではないだろうか。それとも、普通の統合失調症者はトラブルがあっても、
それを被害と結び付けようとしなかったという事も考えられないではない。
あと集スト被害者と違う所は痛みや傷がほとんど無いというところである。どのブログ
を読んでも、そいった事を書いているものは無かった。それも一つの要因だと思う。
いずれにせよ、テクノロジー犯罪認識者のほうが圧倒的に少数派だという事であろう。
被害にあっていると思われる人間すべての中の0.3%ぐらいが我々集ストテクノロ
ジー犯罪の自覚者という事になる。

統合失調症者のブログを見てみると幻聴が聴こえるといったものが最も多いようだ。
あとは、幻覚や誰かに追いかけられているとか、監視されているとかの不安感を訴え
ているものがある。そして何もやりたくないという無気力感や脱力感、それに記憶力
や注意力、理解力の低下などがある。また統合失調症の薬に関する話題が非常
に多い。どの薬がいいとか、あの薬は効かなかったとか皆かなり依存しているようだ。
外敵にやられているのだから薬など全く関係ないと思うのだが、楽になると思ってい
るのだろう。自殺誘導の成分が混じっている薬もあるのだから飲まないほうがいいと
思うのだが。 そしてブログの内容によく見られのが、悲観的になったブログ主が書い
たメランコリックな詩的な文章。または統合失調症という病気から逃避したいかのよ
うな静かに流れる平凡な日常の風景の記録といったものである。
彼らは全てが自分自身のせいだと思っているようだ。ある意味では集スト、テクノロ
ジー被害者よりも悲劇的かもしれない。

そんなブログの中にも統合失調症を一度はテクノロジー犯罪かもしれないと考えた
人もいたようだ。ある統合失調症のブログのコメント欄で統合失調症のブログ主と
集スト、テクノロジー犯罪被害者がコメントをやりとりしているのを見た事がある。
被害者と思われる人が統合失調症はテクノロジー犯罪により引き起こされている
という事を説いているようだった。しかし統合失調症のブログ主の返答はこんな感じ
であった。  犯人が居るとしたら数人居るとして、何を糧にしているのか、またそん
なヒマがあるのか、そしてなぜ自分が選ばれたのかわからない。一度はこれが犯罪
かもしれないという事も考えたが、真実を深く知ったら、もっと恐くなるような気がする。
というような事が書かれていたのだ。これは至極当然な感想であろう。集ストテクノ
ロジー犯罪を認めるという事は大きな組織に命に関わる脅しや画策をされていると
いう事を認める事になるのだから。しかし集ストテクノロジー犯罪被害者はそんな中
にいても犯罪と認めて戦っているのである。
統合失調症の人でもこういった半信半疑の人が居るという事は意外であった。
もし統合失調症の人の多くがテクノロジー犯罪を理解してくれて賛同してくれれば
一大勢力になるかもしれないと思う。しかしその道のりはかなり険しいものがあるだ
ろう。

最近ネットを見ていると統合失調症の女性の人の悲劇的事件が目に止まった。
下記はその抜粋である。

  被害妄想や幻聴などに襲われる統合失調症をめぐり、患者だった40代の
  三女を絞殺したとして、殺人罪に問われた老夫婦の公判が3月、大阪地裁
  で開かれた。 深夜の大声、隣近所への迷惑行為…。20年以上にわたる
  家庭内暴力に困り果て、行政にも医療機関にも相談したが、三女を受け入
  れる場所は結局 家庭しかなかった。「もう私たちの手では、どうにも解決で
  きんかった」。80代の父親は法廷で、救いの手はどこにもなかったと訴えた。
  裁判員の結論は執行猶予付きの?温情判決?だった。
  「ごめんね。母さんを許して」  「引っ越しは嫌や!」 昨年7月12日夜。
  大阪市平野区の自宅で、三女が甲高い声で駄々をこねた。
  賃貸住宅の管理会社からは月末に退去するよう迫られていた。父親と70
  代の母親は老身にむち打ち、三女が夜中に大声を出しても近所迷惑に
  ならない物件をようやく探し当てたところだった。
  「これ以上ええとこないんやから」 母親はそう言って三女をなだめた。
  「お母さんを困らして。他に行く場所ないんやで」 父親も説得したが、
  三女は聞く耳を持たなかった。 父親からすると、突然の出来事だった。
  母親が無言で、近くにあった白いノースリーブシャツを手に取った。そして
  背後から三女の首に巻き付けたのだ。
  「死んでくれ。仕方ないんや、許してくれ…」
  三女は抵抗した。その間、母親は三女の頬に自分の頬をすりつけ、泣き
  崩れていた。「ごめんね。母さんを許して…」
  三女の体から力が抜けた。 「110番して」
  13歳から異変…ひきこもり 20歳を過ぎると、三女は「家の中に盗聴器
  がある」と妄想におびえるようになった。業者を呼んで盗聴器がないこと
  を確かめても 「嘘ついてるやろ!」と暴れた。隣の家の郵便受けに卵を
  投げ込んだり、夜中に大声で騒いだりするようになったという。
  (この記事は大元のニュースブログでは、ほとんど削除されていた)

こんな残酷な話があるだろうか。何の罪のない一人の人間を家族にあやめさせる
など悪魔の所業であろう。こんな事ができる奴らはもはや人間ではないし、生きる
資格もない。 
多くの人は本人が病気だから仕方がないと思っているかもしれないが、本人の言っ
てることはほぼ正論なのだ。集ストテクノロジー犯罪被害者は、これが犯罪だとわか
っているので余計に悲しい気持ちになり、憤りを感じえずにはいられない。こういった
事が起こらないようにするにはこの犯罪が、犯罪組織によってつくり出された誘導
自滅型の犯罪であるという事、そして日本の精神医療業界が闇勢力に汚染されて
いるという事をすべての人々が認識し理解する事が必要なのである。
このブログを読んでいる人の中で統合失調症だと思い込んでいる人、または被害の
全くない普通の人もどうか信じてほしい。統合失調症などという病気が本当は存在し
ないという事を。

    
集スト被害者または保守団体の中には、安倍総理を敵視する人が見受けられる。
果たして安倍総理は我々にとって信用が置けるのかどうか、私自身も一度心の内
を白紙に戻して検証してみたいと思う。
今回は架空の二人の人物の会話形式で話を進めてみたい。仮の名をA君(安倍
総理肯定派)、B君(安倍総理否定派)とする。

 B: これから消費税が10%になるそうじゃないか。まだ景気も低迷しているのに
    安倍総理はいったい何を考えているんだろう。

 A: 安倍総理も現在においては消費税増税は得策ではないと思っているよ。どん
    どん先延ばしにしているように見える。ただ外野がうるさいだけなのさ。

 B: 安倍総理は本当に信用できるの?安倍総理のおじいさんの元首相って統一
    教会とズブズブだったって話じゃないか。それに安倍総理は週刊ポストに「黒い
    交際」という山口組の金庫番という人物と一緒に写っている写真を載せられて
    いるよね。

 A: 確かに元岸首相はGHQや統一教会とは関係があったよ。だけど今の安倍総理
    を見ていると統一教会とは距離をとっているように見える。具体的に統一教会
    と何か話し合いをしたという事実は聞かないし、祖父の代からの腐れ縁がある
    だけじゃないのかな。それと「黒い交際」という写真だけど、本当にバレルと危険
    だと思う人物と接触するのにわざわざ自分の事務所に呼んでしかも写真まで
    撮らせるなんて、間抜けな事は普通やらないよ。あけっぴろ過ぎる。安部総理
    はその人物の仔細を知らなかったか、紹介者に騙されて偽りの経歴の人物を
    紹介されたんじゃないのかな。

 B: その他にも、自民党は、カルト宗教創価学会を支持母体にもつ公明党と組んで
    いるじゃないか。自民はカルト宗教ばかりだな。

 A: 自民の中にも創価票を頼みとしている反日政治家がいるからね。反日の住処に
    は右翼、左翼、宗教などの区別はない。自民だって売国奴の小泉が総理だった
    時があって酷い事になってしまったじゃないか。と言っても民主も酷かったし、
    結局、政党で政治家を選ぶんじゃなくて、個人で選ぶというのが正しいと思うね。

 B: 小泉というと田布施システムを思い出すね。山口県の田布施は在日朝鮮人が
    多くて日本の多くの政治家を輩出しているという事だ。小泉や安倍総理のルー
    ツもそこだと言われている。
 
 A: 確かに安倍総理は山口県に本籍があるね。幕末の尊王の志士が長州には数
    あまた居たから、その経緯から政治家も多く生まれているという事。それと田布
    施システムを語ると、明治天皇の替え玉説が浮上するよね。ユダヤと田布施
    一味が天皇を朝鮮人にすげ替えたという話だけど、そんな事したら、いくらなん
    でも皇室の親戚、縁者が気付くよね。

 B: 何んかよくわからんね。それとは別に安倍総理の政策面で腑に落ちない所が
    あるんだが。まず外国人労働者の大量受け入れ。そんな事したら日本人の職
    が無くなってしまうし、移民が増えれば必ず差別問題が起こり、犯罪は増える
    し、参政権などの権利を主張する。今後増大したら日本人のほうが少数民族
    になっていたなんて事になり兼ねないね。

 A: この問題は僕も承服し兼ねるよ。しかし、これを強硬に主張しているのは、経団
    連だから献金などで頭が上がらない自民党にしてみれば従わざるを得ない所
    なのかも。安い労働力だから経済効果があるとか言っているけど、反日が
    トップに就いている企業が主張しているのかもね。

 B: それと安倍総理は道州制を推進しているというじゃないか。日本を9分割か11
    分割するそうだが大きく分割して権限など渡してしまったら外国勢力に乗っ取ら
    れて独立宣言などされたら大きな領土を失う事になるんじゃないの。これは
    絵空事ではなく、沖縄を見てみればわかる事だよね。

 A: この道州制の導入の意図の一つに各県の自治労の解体という目論見がある。
    公務員改革が全く進まないのは自治労が頑と居座るおかげ。これがあったの
    では公務員の特権などはなくならないという事だね。

 B: 外国人労働者受け入れ政策にしろ道州制にしろ何か元大阪市長の橋下と政策
    が似ているよな。そこらへんが気色悪い所なんだが。

 A: 橋下とは根本的に政策の意図が違うんじゃないの。もし思想が同じだったら、
    連合を組んでいただろうね。安倍総理は一度失脚しているから慎重になって
    行動しているんだよ。表面的に反日勢力と戦う事を避けて遠謀深慮で反日の
    勢力を奪っていこうとしているように見えるね。それと反日側から身体的に
    攻撃を受けているみたいじゃないか。飲料水に薬を仕込まれて腹痛を起こ
    させられたり公用車で移動中、どこかのトラックに幅寄せされたり、危ない事
    が多いよね。反日側の人間だったらこんな目に合うかね。

 B: 公用車の件は過激派のただの威嚇だろう。腹痛も本人の病気じゃないの?

 A: 安倍総理は日本人のためのスローガンをかかげているよ。”戦後レジューム
    からの脱却”はGHQや統一教会のしがらみからの脱却。”日本を取り戻す”
    は反日、在日から日本を取り戻すという事を言っているんだよ。これは愛国者
    の宣言と受けとっていいんじゃないの。

 B: ”戦後レジュームからの脱却はアメリカから一人だちして、日本の軍拡を進める
    ためじゃないの?それと”日本を取り戻す”は単に昔の経済大国に戻したいと
    いう事じゃない?それと自民党が民主党から政権を取り戻して与党に復帰した
    とき、なぜか安倍さんが総理大臣に返り咲いたよね。一度失脚したのに、また
    首相になれたのは何か大きな力が働いているんじゃないのかな。
 
 A: 闇側に後押しされたと言いたいの?元々闇側の工作で退陣させられたと思うよ。
    僕は自民党の中には反日もいるけど愛国者も多いと思う。前回与党だった
    民主党があまりにも売国の挙動が、めだったため自民党の中に保守の炎が燃
    え上がって誰に旗頭を任すかという話になり前回屈辱を舐めた安倍さんが命
    がけで取り組む事になったんじゃないのかな。

 B: まあ、どうとでも取れるけど僕は、いまいち安倍総理は信用できないな。

 A: 僕は信用するよ。他に誰が総理になるって言うんだい。

以上はA君、B君の安倍総理に対する感想や意見である。安倍総理に関しては負の
要素も結構多いが真実は本人に直に聞かなくてはわからないだろう。それでは何を
もってして信用に値するかという事である。少し理由としては弱いかもしれないが、
人柄という事であろうか、安倍総理は政治家の家系なので本当はもっといい大学に
推薦入学できたはずである。実際入学したのは成蹊大学でCランクといった所だが
あえて自力で大学に入る事を潔しとしたように思う。売国奴の小泉純一郎が相当
バカだったのに慶応大学に合格してしまったのに比べれば余程高潔だと思う。また
外交に関してはアメリカのオバマなどは、ユダヤ傀儡だと見抜いる事と、ロシアの
プーチン大統領とは思想が合うのか仲がいい事。なぜプーチンと考え方が同じなのか。
それはプーチン大統領が元KGBでスパイ工作など熟知しており、ロシアが民主化され
たおりにユダヤ資本勢力が入ってきてロシアを骨抜きにしようと計画したのだが、それ
を察知し迎合したふりをして、殲滅した。そういった遠謀の手腕を買っているのだと思わ
れる。安倍総理は一次内閣で苦渋を舐めたので今回はしたたかさを備えて臨んでいる
ということではないだろうか。そういった意味で私は今の安倍総理がプーチン大統領
と多少重なって見えるのだ。安倍総理の胸中、推して測るべしといったところだろうか。
私は安倍総理を信じるというよりは信じたい。もし安倍総理が闇側であったなら日本
は真っ暗闇である。皆さんは果たして安倍総理を信じるだろうか、それとも信じる事
ができないだろうか。
人を洗脳するにはどういった事が必要であろうか。つまりきっかけや条件付けである。
人にはそれぞれの嗜好性や劣等感や野心などがあるが、それにつけ込んで暗示を
何回もかけて洗脳していけば以前とは違った人格をつくり出す事も可能なのかもし
ない。例えばマイケルジャクソンの場合を見てみよう。彼は黒人であることにコンプレ
ックスを持っていたようで整形をして自らの肌の色を不自然なほどに白色にしていた。
そして鼻も西洋人のように高くしてコンプレックスを払拭しようとしていたようだ。
マイケルは幼い頃から父親に鼻の事をけなされて、それが大分コンプレックスになって
いたようなのである。その劣等感がいつしか大きくなって奇異にも見えるような整形行
為になったのだろう。しかしもしこれが洗脳という誘導であったとしたならばどうであろう。
父親が何度も顔の欠点を言って、マイケルに刷り込みを行ったという事だ。まさかと
思う人もいるだろうが、集スト被害者の中には自分の親はどうして自分に嫌な事ば
かり言うのだろうと思っている人も多いはずである。つまり親も暗示誘導されて子供
に対して傷つけるような事を言うように仕向けられているという事である。そして繰り
返し与えられた暗示は時が経つにつれて本人自身に照射された幻聴暗示もともな
って大きくなり、限界を越えて爆発し奇行に走らせるという事になるのではないだろ
うか。
さらにマイケルジャクソンはマイケルムーアという映画監督に色々な奇行シーンと言
われている映像を撮られており、これらの編集映像がさらにマイケルジャクソン
を奇人に見せるという演出になっている。マイケル自身も電磁波誘導でオーバーアク
ションになっているように見えるが、この監督はさらにマイケルを貶めようとそういう
場面ばかりを継ぎ足してつくっているように見える。悪意に満ちた誘導だ。マイケルム
ーアという人物は、かなり胡散臭い人物でネット上では、イルミナティーの一員だと言
われている。そしてマイケルジャクソンに対するさらなる追い討ちは少年愛好者とい
う事にされてしまい信用を失わされ、最後は薬物事故という事にされて殺されてしま
ったのだった。マイケルジャクソンは生前こんな事を言っていた。「ユダヤ人は最低の
連中、人の生き血を吸う蛭のような奴ら。」だと。マイケルにユダヤ=イルミナティー
という概念があったかどうかわからないが闇の勢力を糾弾していたようである。こうし
た事が闇勢力の怒りを買ったのだろう。マイケルは残酷な悲劇に見舞われる結果に
なってしまった。

マイケルジャクソンの場合は劣等感に奇行の端を発しているが、この人物の場合はど
うであろう。オウム真理教の教祖の麻原彰晃である。この人物も目が不自由であった
せいか酷いコンプレックスを持っており、そのせいで世の中から蔑まれていると思って
いたようだ。邪教を設立してサリン事件などの冷酷非道の事件を起こすまでの外道な
人間になっている。また政府を転覆させ、政権をも手に入れようという野心を持ってい
たようだ。麻原という人間はオームをつくる前は一度インチキ商法か何かで逮捕歴が
あるようで、何ともチンケな小者的な感じがする。しかしこのような人間が世の中を恐怖
のどん底につき落とすような教団をつくり上げ、のし上がるまでになるには、どのような
経緯があったのだろうか。サリン事件でオーム真理教が大々的にクローズアップされ
ネットなどでは創価学会の人間がオーム内に潜り込んでいたというような噂があるが
ひょっとしたら、麻原を使ってオーム教団をつくらせる過程自体が闇勢力のプロジェクト
ではなかったかという事である。私は麻原自身に教団運営や商売の才など無かったと
考えている。つまり麻原は祭り上げられた人間で、持っていた邪心に付け込まれ電磁波
誘導により洗脳され宗教にのめり込まされた人間だということだ。また入信した人間
も入会までの経緯が誘導され、教団内部に入ってからはさらに電磁波洗脳されたに違い
ない。そして闇勢力の最終的な狙いは教団にサリン事件を起こさせる事に集約されて
いたという事である。事件のあった地下鉄日比谷線周辺は官公庁が多いので、サリン
事件を起こせば、それらの公務員が犠牲になるわけだ。そしてそれらの公務員が居なく
なれば、各官公庁に空白のポストが多く生まれるはずである。そうした空きポストに闇
勢力側の人間をつかすというのが目的ではなかっただろうか。またオーム真理教を拡
大するためのパソコン販売事業なども闇の勢力が陰からバックアップしていたとも考
えられる。結局、麻原は逮捕されオーム真理教は解散したが麻原は今だに死刑にも
ならずに拘置されているようだ。麻原は拘置所内で精神がおかしくなり、奇声や奇行
が多いという事だ。ネットでは拘置所には闇側の刑務官がおり、食事に何か薬物を
混入させて気をおかしくさせて口封じをしているという事を言っているサイトもある。
しかし元々闇側に洗脳されているので、そのような精神異常のような状態にもっていく
のも電磁波の生体通信で幻覚、幻聴を起こせば充分であろう。
前のブログ記事のMKウルトラ計画のところにも書いたが、アメリカでは刑務所も実験
に加担しているという事だ。私は他の人のブログで、日本のある刑務所が受刑者の
部屋の天井に何かの装置を取り付けて実験をしているという事を読んだ記憶がある。
もし本当ならこういった事を政府は知っているのであろうか。もし知っているのであれば、
日本の機構の奥深い所まで闇の権力が浸透している事になるだろう。恐ろしい事だ。

マイケルや麻原は劣等感あるいは野心などが洗脳に好都合なファクターであったが、
それでは自らの嗜好性が高じて言動がおかしくなってしまった著名人はどのような人物
がいるだろうか。オーム事件関連では漫画家の小林よしのりが、それのように思われる。
小林よしのりは、漫画 「東大一直線」 「おぼっちゃまくん」 「ゴーマニズム宣言」など
をヒットさせたベテラン漫画家である。特に「ゴーマ二ズム宣言」は社会問題や日本の
近代史に切り込んでおり、漫画の中でのそれらの検証や考察には定評がある。小林よし
のりはオーム事件の事も漫画の題材にしておりオームに命を狙われたという話もある
ようで、脅しに屈しない漫画家という印象であった。漫画家というよりは一論客家と言っ
てもいい理論的な自論を展開する人物だと思っていた。しかし最近の彼を見ていると、
当時の面影はなく、完全なAKBオタクなってしまったようだ。ネットで取り上げられて
いる言動と言えばAKBの誰の行動がどうの、誰が好きで嫌いなどと、どうでもいい話
ばかりであきれてしまう。頭がどうかしてしまったとしか思えないのだ。こういった闇の
関連事項に触れようとする人間は途中から何かおかしくなってしまうようだ。常軌を逸
している事を本人もわかっていないのかもしれない。彼もやはり電磁波誘導でそうなっ
ているのだろうか。それとも闇の勢力に脅されているのだろうか。また彼の現在の
思想はよくわからない所が多い。まず安倍政権を否定していること。ネトウヨを蔑視
しており、数年前のフジテレビ抗議デモを揶揄していること。そして極めつけは
SEALDsという安保法に反対する学生団体に好意を持っているという事だ。この
団体は共産党や極左のしばき隊がバックについているという事が言われている団体
なのだ。彼は左寄りだろうか。ゴーマニズム宣言を書いていた頃は多少右寄りだと
思っていたが。結局彼も物事の表面しか見る事のできない人間であった。これならば
我々被害者のほうが、よっぽど世の中の虚構の図式をわかっていると言えるのでは
ないだろうか。いくら思考力や観察力があっても向かう方向が間違っていたら愚者に
等しいということなのだ。非常に残念だ。

他にも最近ネットの画像で衝撃を受けた人物がいる。一昔、布団叩き騒音事件で有名
になったおばさんである。現在パンク衣装で全身を装い原宿を練り歩いているようだ。
ネットの画像を見ると、だいぶ派手な格好で肩にラジカセを担いで映っている。本当に
本人なのであろうか。よく似た別人という事もあるかもしれないが、もし本当ならなぜ
このような事になってしまったのだろうか。(画像を見てみたい人は「まとめでぃあ」
騒音おばさん進化  http://totalmatomedia.blog.fc2.com/blog-entry-6269.html )
一般の中年女性をよくここまで錯乱させる事が出来たと思う。彼女に対して何度も
幻聴暗示で「自己を開放しなさい」とでも諭したのだろうか。その画像を見るとおばさん
がピエロに見えて不憫でしょうがない。
闇側の意図は明白だ。今後おばさんを担ぎ出して創価学会を糾弾する者が現れない
ようにするために布石を打ったのだろう。おばさんを旗頭にして創価の正体を世の
中に知らしめる事ができるんじゃないかという事を私は考えていたが、おばさんがこ
んな状態では仕方がない。敵方はおばさんの命を奪う事ができないので、こういった
方法を取ったという事だ。もしおばさんが死ぬような事があったら、ネットでは、皆こぞ
って創価の暗殺説を流して騒ぐだろう。 考えてみればふとん叩き事件当初から彼女
の言動は過剰であり、オーバーアクションであった。嫌がらせで怒っていたのもあるだ
ろうが、感情操作や暗示もかけられて、あんな奇異な行動を取ったとも思える。もとも
と暗示にかけられやすいタイプであったのだろう。

電磁波誘導によって善人は世の中の信用を失わされ、悪人は、その邪念を増大さ
せられて、世の中に禍をもたらす。これらを見ていると人は容易にマリオネットにな
ってしまうように思える。もしこれを回避しようというなら、この悪のシステムの存在を
人々が各自認めて理解することが必要だ。こういった概念が頭の中にあれば自分
を客観的に見る事ができ、少し方向性が違ってきた場合、修正する事が可能なので
ある。被害者でないと思っている人も最近自分の趣味嗜好が変わってきたと思った
ら自問自答してみたほうがいいだろう。
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 日本の闇と集団ストーカー all rights reserved.
プロフィール

nezuking

Author:nezuking
FC2ブログへようこそ!
集団ストーカー被害者です。集団ストーカー記事の他に
日本の理解し難い闇世界を掘り下げていきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
SOS

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR