先日、田母神氏が公職選挙法違反で逮捕された。逮捕の事由は以下の通りである。

   東京地検特捜部は2016年4月14日午前、2014年2月の東京都知事
   選で落選した、元航空幕僚長、田母神俊雄容疑者ら二人を公職選挙法
   違反(運動員買収)容疑で逮捕した。田母神容疑者は都知事選後に運動
   員に報酬を配った疑いが持たれている。また田母神容疑者の資金管理
   団体「田母神としおの会」で5000万円の使途不明金が発覚し、会計担当
   者の3人が業務上横領の疑いがあるとして東京地検に刑事告訴されて
   いた。

というような内容である。5000万円の使途不明金であるが、田母神氏は会見で
都知事選後は資金管理団体に約6000万円の残金があったが衆院選前には約
1000万円に減少していた事を明らかにし、調査の結果、会計責任者の50代の
男が横領を認めたと説明していた。これに対して都知事選で選対本部長を務めて
いた「日本文化チャンネル桜」の水島社長らは2015年12月田母神氏自身と選対
事務局長も横領に関与していたなどとして業務上横領罪で東京地検特捜部に
告発していた。
ここで”チャンンル桜”というテレビ局の名が出てくるが、どういったテレビ局なのか
説明したい。このテレビ局は保守色を前面に押し出しているテレビ局であり、スカ
パーで有料放送を行っている。局のスローガンは「日本の歴史、伝統文化の再
検証を通じ独自の視点で日本の未来を考える。」という事で日本初の歴史文化衛
星放送局と銘打って自らの存在をアピールしているようだ。放送内容は討論番組
が中心であり保守的な議論が多い。皇室、靖国神社、大東亜戦争、自衛隊、核
憲法、在日米軍、原発、経済、政治、マスコミ、などが討論のテーマであり、また
思想において否定的である対象は左翼、新興宗教、左寄りのマスコミ、TPP、人権
擁護法案、外国人参政権などがある。番組の内容からして、疑念を抱くような所は
一つもないように感じる。しかしこのテレビ局の社長の水島という人物は、なぜか
田母神氏の選挙の件では、不可解な言動が多いのだ。田母神氏を都知事選に担ぎ
だしたのは、この水島という人物で選挙資金も一部提供しているらしい。5000万円
の使途不明金は会計係の二人の人間が使い込んでいるようだが、水島という人物
は田母神氏が自分の家のお墓を直したり、200万のスーツを買ったとか言っている。
これから世直しで政界に出ようとする人がそんな事をするだろうか。私はこの水島と
いう男は非常に胡散臭いと思う。ひょっとして、選挙に担ぎ出したこと自体が罠だった
のかもしれない。水島という人物は田母神氏の選対部長だったそうだが、何か問題
が起こったなら自分にも責任があるはずである。そして選対の責任者であるなら、田
母神氏を擁護する立場の人間ではないのか。私はこの逮捕劇の時点からチャンネル
桜に対する考え方が変わった。極左や宗教などとは違った権力と繋がっている集団
ではないかと思い始めている。
他にこの水島という人物の選挙中のエピソードに、選挙活動のボランティアの人達に
対する横柄な態度というものがある。その事を支持者のある会社の社長が怒ってい
た「水島君ボランティアの人は君の部下でも何でもないんだ。善意で協力してくれて
いるのだから高圧的な態度を取るんじゃない。」と注意したという。そこらへんからし
てもう印象を悪くして選挙事務所を撹乱しようという意図が見えて非常に嫌悪を感じる。
結局田母神氏は、この人間に嵌められて社会的信用を失わせられてしまったという事
だ。これは、あの都知事だった猪瀬氏の場合と非常によく似ていると思う。
田母神氏を支持しているネットの人達も、政治的に脇が甘かったという事を指摘して
いるが、それもあるだろう。本当に残念だ。田母神氏も自分が相手にしているのが
殺人もいとわない反日勢力であるという事をもっと自覚してほしい。
現内閣の安倍総理は一回失脚して捲土重来、再び総理大臣に返り咲いたが、政治の
一線から退いていた間、安倍さんはいろいろ考えたに違いない。反日にすきを見せな
い、したたかや、わたり合うノウハウ、遠謀深慮を学んだという事だ。田母神氏も是非
見習ってほしい。こういったことは田母神氏だけではなく、次世代の党(現在は日本の
こころを大切にする党)にも言える事である。在日特権周知のCMをつくったり、国会
会議中に与野党に反日分子の議員がいる事を指摘していたりしていた。それ自体は
決して悪くないのであるが、時期尚早であったように思われる。あっという間に反日勢
力に潰されてしまった。こういう重大な事を暴露するのは、もう少し政党が大きくなって
からするべきであろう。次世代の党も反日側の勢力の本当の恐ろしさを、わかってい
なかった。田母神氏は結局逮捕されてしまったので、次の政界入りのチャンスがある
のか、どうかわからなくなってしまったが、もし政界に入らなくとも政治的な活動や、後
身の人材の育成などに力を入れてほしいと思う。

あと余談であるが田母神氏の選挙応援をしていた人物で一人腑に落ちない人物が
いる。それはデウ゛ィ夫人である。彼女は田母神氏の選挙街宣にかけつけ街宣車に
乗って、田母神氏を強く推薦していた。そして田母神氏と対抗していた舛添候補に
ついてこう言っていた。「舛添候補の奥さんは創価学会で信用なりません。」と。この
とき私はカルト宗教を糾弾しているのだと思って保守的な考えを持っている人なの
だなと思い見直したのであった。しかしである。のちに北朝鮮の拉致被害者の問題
について彼女はこう言っていたのだ。「拉致被害者の家族の人達には気の毒だが
問題解決はあきらめてもらうしかない。」と。これには本当に驚いた。このオバサン
はいったいどういうポリシーの持ち主なのであろう。北朝鮮を支持する芸能人など
反日らしきタレントでもいなかったと思うが。彼女はインドネシア王室在籍当時、
北朝鮮の中枢とも外交パイプを持っており親交があったようにも聞く。本当によくわ
からない人物だ。また創価を拒絶して、北朝鮮を擁護するという事は創価と北朝鮮
は互いに何の繋がりも持たない事になるということをデウ゛ィ夫人は示唆している
ことになるがどうであろう。
また創価は公明党の支持母体なので創価を攻撃すれば自公与党を批判すること
になる、故に自民を敵に回すことになるので、田母神氏と自民の袂を分かつため
に、わざとどこかの勢力がデウ゛ィ夫人に依頼したとも考えられるが少し考え過ぎだ
ろうか。

政治の世界は正邪入り乱れて混沌としていて非常に分かりずらい。このブログを
読んでいる被害者以外の一般の人も日本が売国奴の闇の勢力が政界に浸透し
ているということを理解してほしい。そしてネットでよく調べてから選挙で政治家を
選んでほしい。この日本が闇勢力に食われるか否かは我々国民の一票にかかっ
ているのである。


スポンサーサイト
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 日本の闇と集団ストーカー all rights reserved.
プロフィール

nezuking

Author:nezuking
FC2ブログへようこそ!
集団ストーカー被害者です。集団ストーカー記事の他に
日本の理解し難い闇世界を掘り下げていきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
SOS

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR