マイクロ波照射装置(思考盗聴)とはいったいどういうものだろうか。ネットで検索
すると、よくメデューサとかV2Kの名が上げられている。メデューサは軍事兵器であり
大掛かりなもので、被害者宅付近に配置するには不向きであろう。かたやもう一つの
V2Kは下図のようなコンパクトなもので、被害者宅の付近に忍ばす事は容易である
ように思われる。海外のネット情報によれば、これはアマチュア無線装置を改造した
ようなもので、高指向性で周波数420~450MHz帯または1.3GHz帯で作動する
らしい。この装置は自動車の価格よりも低いコストでつくる事ができるようだ。脳への
伝達方法は骨伝導(頭蓋骨への直接振動)あるいはフレイ効果(脳内に生じる圧力
波)と言われている。

v2kss
            図1 V2Kと言われている装置

V2K装置の画像を検索すると上図の他に図2のような装置の原理を示した図を目に
する。

v2k2
                      図2

図2で説明しているのはFM電波とAM電波を合成してパルス波をつくろうとしている
という事だ。この図だけでは多分むずかしいと思うので、放送電波の送信方法を説明
したいと思う。AM電波とFM電波の違いを下記に示した。

hhhh3
                      図3

図2で示されている左端の図は、図3で示されているFM波とAM波の事であると思わ
れる。図3で説明されているのは、FMというものは粗密波で信号を送るという事で
AMというのは波の強弱を信号として送るという事である。FMの性質は反射や干渉
などによる雑音が入りにくい長所があるが、波の進行が直線的で障害物を回り込ん
で進む事が不得手という短所がある。またAMは雑音などが入り易いが波が障害物
を回り込んで到達するという長所がある。図2では両方の方式を合成して各々の長
所を生かした電波を発信するという事だ。その波形信号をさらに具体的に図示した
ものが下図である。

パルス複2
             図4

図4は図2の赤い矢印の波形を拡大したものである。合成された波形であるが、図
において波の図の中心線(0基準)における位置を棒状にして表しているが、この
棒同士の間隔が信号になるという事である。
では具体的に、この波が脳にどういう具合に作用するかを説明する。まず、FM方式
とAM方式のいずれか一つ、つまり単独の時の作用を解説したものを抜粋した。

1、無音方式(FM方式)
  安定した音は変調周波数の音声波です。耳はヒスノイズ(サーという音)として
  聞きますが脳は声として聞きます。これはアナログオーディオの形です。これは
  壁を通過しません。
2、パルスマイクロ波方式(AM方式)
  音声波が正から負に行くたびに私たちはマイクロ波パルスを脳の中に生成しま
  す。すべてのパルスをクリック音として脳は聞き取ります。これらのすべてのクリ
  ック音はデジタルオーディオ形態です。これは壁を通過します。

要するにAMの時は脳内にはクリック音しかしないが、壁は通過するということ。
そしてFMの時は耳で”サー”という音が聞こえているが、脳は声として聞いている(?)
という事、壁は通過しないという事である。この両方の長所を生かして脳に送信を
行っているという事であろうか。FM方式で耳でヒスノイズを聞き、脳で声を聞くという
くだりがあるが、他のサイトによると”サー”という音を波長の長い低音に加工すると
声らしきものになるという事も言われている。これは雑音のように思わせておき、実
はサブリミナル効果のように何か催眠暗示の言葉を潜ませているという事だ。
あとFM方式は壁を通過せず、AM方式は壁を通過するとあるが、正確に言うとAM方
式のほうが障害物を避けて回り込んで届きやすいという事なのかもしれない。
以上はネットで知る事が出来るV2Kの情報であるが、不備な点がやはり多い。この
装置が骨伝導なのか、フレイ効果なのかよくわからない事。説明文は送信の事は
説明しているが、脳の情報をどうやって取り出すのかは言及していないという事で
ある。何か情報も錯綜しているようにも思われる。

私の体験から思考盗聴というのは睡眠の浅い時に行われるように思われる。ある
日、昼寝をしていた時、やけに頭が痛くて目が覚めたのだが、その時何か”ジャー”
という映写機を回すような音が聞こえていた。音のする方向を見ると隣家があり、
その方向にあるその家の部屋の明かりがスッと消えたのである。隣家はとにかく
何かをやっているようだ。これは一般に被害者間で言われる生体通信とは違うよう
な気がする。古い記憶と極最近の思考のようなものとでは盗み方が違うのかもしれ
ない。テクノロジー犯罪は思考盗聴、生体通信、身体攻撃といろいろあるが、それ
ぞれ別の方法でやっている可能性が高い。我々はこれらを一緒くたにすることで、
この犯罪を余計にわかりずらいものにしているのではないだろうか。

今回は金属板を、なぜマイクロ波が通過するのかを書こうと思ったが、いろいろ
調べているうちに一筋縄ではいかない事がわかった。私は敵方がスカラー波を
使用して金属を通過させていると考えていたが、二つの同じマイクロ波を逆位相
にして重ねてスカラー波をつくった場合、そのスカラー波は電気的に中性になって
しまうという事である。故にスカラー波が金属板を通過した後に何かの方法で位相
をずらして、もとのマイクロ波に戻す必要があるのだ。その方法が全くわからなか
ったのである。
今後さらに調べて納得のいく説明ができればいいと思う。敵もおいそれと尻尾を
つかまれるような細工はしていないと思うが、それでも探求は続けなければなら
ない。努力して糸口を探りたいと思う次第だ。


スポンサーサイト
本題に入る前に一言。2月21日の記事にブログ”THEターゲット集団ストーカー被害
気晴らし日記のLEMONEさんの安否の事を書いたが、彼女は最近ブログを更新した
ようなので元気であることがわかった。LEMONEさんの身の上に異常がない事がわか
って安心である。あと心配なのは、”さくらんぼの実る頃”のミランダさんの安否であるが、
非常に心配である。何事も起こっていない事を祈るしかない。

さて本題である。我々の被害の原因はよくマイクロ波だと言われている。それでは
マイクロ波とは何かという事であるが、それを見ていきたいと思う。まず下の表である。

電磁波表2
                    表1

マイクロ波と呼ばれているものは三つある。ミリ波、センチ波、極超短波と呼ばれて
いるものだ。表からだと周波数は500MHz~500GHz、波長は1mm~1mという
事であり、被害者の私達が危険に晒されているマイクロ波というのは表でいうUHFの
マイクロ波という事になるだろう。周波数で言えば1GHzあたり、波長で言えば数十cm
という事だ。この周波数帯で使われているものとしてはテレビ、携帯電話、電子レンジ
などが表記されている。電子レンジの電磁波のように人体に危険なものと、テレビ電波
に使われているものが同じものだという事は多少驚きである。電子レンジはアメリカの
軍事研究機関がマイクロ波レーダーを研究中にマイクロ波に発熱作用がある事を発
見したことから誕生したという逸話もあるので用途は違えど同じものなのであろう。
テレビに関しては、テレビ電波がVHFからUHFに変わったのが極最近である。地上デジ
タル化にともない、地上波はすべてUHFというマイクロ波になったわけであるが、我々
被害者を苦しめるマイクロ波がテレビ電波にも使われるようになったという事で何か
キナ臭い気がしてならない。ひょっとしたら、その電波にはサブリミナル効果のような
暗示のワードが忍ばせてあり、何百万という人間に影響を及ぼしているのかもしれな
いのである。という事は、UHFマイクロ波というのは余程人間の脳に信号として送り易い
電磁波に違いない。

次にもし私達が受けているマイクロ波が電子レンジと同じようなものであるとしたら、そ
の電磁波が照射された場合、壁などの障害物でどれぐらい減衰するのか、それを見て
いきたたいと思う。その前にマイクロ波などの電磁波の強さを表すデシベル(dB)を
説明したいと思う。デシベルは下の表のような倍率で表される。

デシベル
             表2

デシベルとは倍率で表示すると桁数が非常に大きくなってしまう数値なので桁数を抑え
て比較的分かりやすい数値にするために考えられた表示方法である。故に上の表から
デシベル同士の引き算(60-40=20デシベル)は、倍率(10倍)を表す事がわかり
、電磁波の強さは20デシベル減れば、10分の1になるという事が分かるのである。

デシベルの単位表示がわかったところで、マイクロ電磁波が壁を通過する際にどれぐら
い減衰するかを見てみよう。以下にその電磁波損失の表を示した。

マイクロ損失2
              表3

私の家はモルタルの壁なのでモルタルを例にとってみようと思う。まず反射損失の
電磁波2.4GHzのモルタル(厚さ7.5cm)を見てみると9.2dBの損失であるという
事がわかる。これは前表のデシベル換算表から損失が10dB程度で1/3に減る事
が分かる。さらに透過損失の表の2.4GHzのモルタルを見てみると6.3dBの損失
であるという事で換算表から1/2に減る事がわかる。
つまり2.4GHzのマイクロ波を7.5cmのモルタルに照射した場合、まず壁の表面
で反射されてしまい、モルタルに進入することができる電磁波は1/3になり、さらに
進入した電磁波が壁を通過しておもてに出てくるものが1/2だという事になる。
故にマイクロ波は壁を通過した後は、壁を通過する前の1/3×1/2=1/6になる
事がわかる。エネルギーの単位で考えるなら500ワットのエネルギーが1/6に減
って80ワットになるという事であろうか。壁一枚だと何となく危険な感じがするのが
お分かりであろう。

マイクロイラ
              Targeted Individuals Canadaより

以上のようにマイクロ波は、ある程度壁を通過することがわかった。しかし被害者
はマイクロ波が金属の板なども通過してやってくる事をわかっている。金属の中に
は、ほとんどマイクロ波をはじき飛ばしてしまう材質のものもあるのだ。それなの
に通過してしまうとはいったいどういう事なのであろう。次回はさらに、その謎を
追求していきたいと思う。


被害者は加害者によって毎日加害行為を受けているが本当にそれは過剰であり
執拗である。何の利害関係もないのに、よくこんなに人を憎むことができるものだ
と思った被害者も少なくないだろう。そんな陰険でしつこい行為をさせる動機はいっ
たいどこからくるのだろう。

私の家は個別指導塾という塾に別棟を貸しているが、そこでは中学生以下の子供
が夕方から毎日勉強している。個別指導塾というのは、文字通り各々の生徒に
個別に勉強を教えるのである。故に個々のエリアを設けるために、つい立ての
仕切り板を立てて仕切るようになっている。これにより各生徒の自分だけのスペー
スができ、勉強に集中できるのだ。つい立ては木製で厚い塗装がしてあるのだが
、このつい立てに生徒が悪ふざけをして落書きをよくするのだ。
卑猥なものや、人の噂、異性への自分のアピールなど、くだらない物が多いが、
ある日、塾の中傷と思われる落書き、それもマジックペンで大きく書かれたものが
見つかった。鉛筆ならまだしも、油性のマジックなのでなかなか消えないのだ。
これは捨て置けず、その落書きを携帯のカメラで撮って印刷して「この落書きを
書いた者は消すように」と添え書きして入り口のドアに貼っておいた。消すことは無
いだろうとは予想していたが、意外にもその落書きの横にさらに文字が書きたされ
てあったのだ。鉛筆書きで「お前は赤だ。」と書かれており、初めは何の事だかわ
からずにいたが、「赤」、つまり共産主義者なのだと塾あるいは、私の家に対して
言っているらしいのである。中学生の生徒だとは思うが、すでに政治的な思想が
頭の中にあるという事が伺える一行だった。私の中学時代は政治だの、右だの左
だのの興味はなく無頓着であったが、この落書き犯には何かしらの政治的なバック
ボーンがあるように思われた。この生徒は他にも奇妙な言葉の落書きをしており
、常習犯であったのだ。 こんな子供が中学生といえども存在するのは不自然で
あろう。親が何か共産主義団体と敵対する団体に所属している事も考えられる。故
に我が家が共産主義者だと吹き込まれて、嫌がらせのために自分の子供を送りこん
で嫌がらせをさせているとも考えられるのだ。子供を集ストの道具に使うとは本当に
汚い連中である。
共産主義といえば共産党であろう、そして共産党と敵対している団体と言えば創価
学会である。この二つの団体は、一昔盗聴事件をきっかけに仲が悪くなったようであり、
現在も表面上は敵対関係にある。故にもし前述の落書き生徒の親が創価学会員で
「あの塾の経営者が赤なのだ」 と学会幹部に吹き込まれて、妨害活動をしろと言われ
たら何かしらの手を使って塾に悪さをするということになるだろう。それが今回の酷い
中傷の落書きであったように思われる。塾は偽りの敵対者に仕立てあげられたのだ。

今回のこの出来事は親が創価に洗脳され、さらにその子供も洗脳されてローテクの
嫌がらせをしたといった感じだ。カルト宗教の信者なら骨の髄までカルト色に染まって
洗脳されてもおかしくない。そして、その子供をそそのかした親のさらにその上の
命令を下した幹部は創価の外部から命を受けて学会に入り込んでいる工作員
に違いない。私の家か塾の指導員が共産主義者だという偽りの情報を流して学会
員に嫌がらせをするように仕向ける。そういった工作をしたのではないだろうか。

創価学会脱会者なら創価から被害を受けるという事は納得できるが、なんのトラブル
の覚えがない人間にとっては、まるで憎まれる理由が理解できない。しかしこう
いった謀り事があるという事であるなら、憎しみの矛先が向けられるという事も納得
できる。創価信者を操っている闇の勢力の大元から派遣されている工作員は正義感
の強い人間ややさしい人間をそのようなトラップに落とし込む事により、反乱分子と
成りうる者を社会的に抹殺しようとしているのだ。嫌がらせに遭っている被害者は、
そういった意味で全く関係のない二つの勢力の争いに巻き込まれ被害を受けている
というバカげた構図になっている可能性も充分ある。

集ストテクノロジー犯罪はアメリカのFBIが確率したコインテルプロが基本であるが、
生活妨害、風評被害、アンカリング、ストリートシアターなど、およそ人が嫌がる事を
これでもか、これでもかとやってくる。アメリカにおいては、共産主義者は悪の権化の
如くの存在で、それ故、監視が非常にきびしい。日本においても共産主義者は公安
などの監視対象であったという事だが、その共産主義者も自分らにやられていた手法
を別の敵対者にやっており、その敵対者も、その手法を取り入れて同じ事をやってい
るのだろう。よく被害者で集ストは公安が、公安がと言っている人がいるが、それは
さしずめ公安にニセの情報を流す者がいて、被害者は共産主義者にし立て上げられ
ているという事ではないだろうか。上の方から命令が下されれば疑いもなく監視工作を
するに違いない。公安の中にも真っ黒な間者がいるという事なのであろう。こいう
工作員がいるお陰で、とどのつまり政府が集ストをやっているという噂ができてしまう
という事なのだ。それにしてもよくこんな陰険な手法を思いついたものだ。こういった
手法は多分、闇勢力の人間が考えついてFBI に持ち込んだのであろうが、サイコパス
がいかにも考えそうな非常にえげつないやり方だ。自分の手を汚さずに、すべての
人間同士に不信感を植え付け、いがみ合わせる。これは集スト、テクノロジー犯罪だけ
ではなく、戦争、紛争、差別争議なども陰で仕組んで工作して煽っているに違いない。
世界のB層と言われている人々は、いつになったらこの世界の異常さに気付くのだろう。

話を元に戻すが闇勢力側の狗組織員の親は自分の子供を自分らの思い通りになるよう
に仕込むに違いない。しかし、もしそれに抵抗しようとした子供が居たらその子供は
いったいどうなるだろう。私の家の近所に、そうだろうと思われる人物が居るが、かなり
悲惨である。歳は私とほぼ同じであるが、大分前に、ある出来事を起こしたせいで、親
に強制的に病院に連れていかれ去勢されてしまった。さらに、その手術のせいかどう
かわからないが、その部分に腫瘍(ガン)ができてしまい現在はゲッソリして、痩せ細り
余命いくばくもないような状態だ。私が察するに親は両方とも何かの団体に所属して
いるのではないかと思う。なぜなら両人とも、いつもうつろな目をしており加害者特有
の操り人形のような挙動をするからだ。かなり何かに洗脳されてしまっている感じがす
る。そんな親を持ってしまった彼は悲劇だとしか言いようがない。彼は親の理不尽な
意見を軽視していたようにも思える。しかしその反面、自分の親が何かしらの団体に
関わっているという事を全くわかっていないようだった。私も彼に集ストの事を忠告し
たいと思った事があるが、理解させる自信もないし彼の精神状態も、もはや少しおか
しくなっていたので憚られた。もし私が集スト関連の事を話そうものなら、とんでもない
事が起こりそうな気がするので、それもできなかったのである。こちらに飛び火する
可能性も大だった。 彼にあともう少しでも考察する力があったならば、あそこもで
酷い状況にはならなかったかもしれない。非常に残念だ。
洗脳されてしまった親というものは子供を犠牲にしてまでも悪魔の命令に従うという事
なのである。集スト、テクノロジー犯罪は強い絆であるはずの親子関係をも破壊してし
まう本当に恐ろしいものなのだ。

簡単に洗脳されてしまう人間というものはいったいどういう人種なのだろうか。前述の
親子のように、親が洗脳されやすく子供がされにくい場合また、その逆もあるようで
一概に血筋だとも言えない。今の所、暗示にかかりやすいかそうでないかは本人の
気の持ちよう、つまり”自我”というものを強く持っているか、いないかの違いぐらい
しか思いつかないが他にも理由があるかもしれない。
もし集スト犯罪者が自我の希薄な人間であるというなら人生を何のために、また誰の
ために生きているのだろう。たとえ報酬が多少入ったとしても、やはり虚しい人生に
違いない。宗教がどうの、政治的思想がどうのと言って自分自身を誤魔化している
人間であり、被害者よりもずっと哀れな人間だと思えて私は仕方がないのである。





テクノロジー犯罪被害者がいつも居る場所、例えば自宅の机であるとか、応接間の
ソファーなどの場所には、いつも異常な磁界が存在しているようだ。それは方位磁石
を複数個その場所に置いてみると分かる。どいうわけか方位磁石の指している方向
がバラバラなのである。明らかに、その場所においては磁界が乱されており、異常な
事になっているのだ。
下の図は自宅の、いつも自分がいる部屋の簡易テーブルであるが、そこに置いてあ
る方位磁石を見ていただきたい。

方位
                         図1


方位2
                         図2

図1は左にAの磁石を置き右にBの磁石を置いてみた。明かに両方とも違う方向を指し
ているのだ。全くおかしな事になっている。また図2はA、Bの磁石の位置を左右反対
に置き直したものであるが、やはりお互いの位置を変えても指す方向は、その位置に
依存していて、おかしな方向を指すことには変わりがない。よって磁石A、Bの性能の
差や誤差ではないという事がわかる。

異常な磁界が発生するという事は、その場所に、いつも何かしらの電磁界が照射されて
いるという事であろうか。この磁界エリアで磁石が指す方向というのは、いつも同じだと
は限らない。磁石A、Bが同じ方向を指している時もあるし、また図1、2のようなパターン
の方向とは別のパターンのバラバラの方向を指す時もある。何かしら、いつも変えている
ようにも思える。与える被害の種類によって変えているのだろうか。

私と同じ方法で磁石の方向性を試している人物がユウチューブに存在していた。その
動画を下に載せた。了承は得ていないが拡散ためだと思って許していただきたい。


     都知事選候補者杉田健電磁波問題訴え

杉田氏はまた都知事選政見放送で電磁波犯罪の事を訴えているのだ。こんな動画が
存在していたとは正直驚いた。下の動画の丁度5分たった時点から見ていただきたい。
電磁波装置が東京の地面の下に数多く埋められているという事を言っている。


         2011都知事選政見放送

彼自身もテクノロジー犯罪被害者という認識があるようだ。ネットによると彼は「電磁
波シールド繊維構造物」という特許の発明者という噂もあり、カネボウ株式会社と関連
があると言われている。これらの動画は2011年のものであり、5年ぐらい前のもので
あるが、彼は現在どうしている事だろう。
当時の都知事選には、いろいろおかしな人物が立候補していた。中でもマック赤坂と
いう過激なパフォーマンスの政見演説をしていた人物がいたが、その挙動はキ○ガイ
のようなものであった。こういった絶対当選をしないような人間を、どこかの勢力が送り
込んで杉田氏も同類のように思わせたかったのだろうか。またその奇抜性によって
杉田氏の奇抜さを霞めさせたかったのか。何か妙に意図を感じぜずにはいられない。
また、もし杉田氏がカネボウの社員で研究者であるという事であるなら2013年のカネ
ボウの花王による吸収合併も相当、胡散くさいものであったように思われる。花王は
創価学会系の企業と言われているからである。丁度その頃は、カネボウ化粧品が白
斑症状問題を起こしており、吸収合併の口実作りの要因にもなっているようにも見える。
白斑問題も創価組織の工作かもしれない。この合併により、杉田氏の立場がどのよう
になったのかは今は知る由もない。

方位磁石の方向性には何か一定の法則があり、部屋のいろいろな所に置いた磁石の
方向を結ぶと図形的なパターンができるかと思ってやってみたが、そういった事はない
ようだ。杉田氏も言っているように二次元的な方向性だけではなく、三次元的な上下
から斜めに来る電磁波もあるかも知れない。故に磁石の針は複雑な方向を指して
いる可能性もあるのだ。この磁界の狂いは指向性の高い電磁波によって作られてい
るのか、また磁界のみを作る装置で被害者に被害を与えやすい環境を作っている
のかとも考えられる。ずっと前の記事にMRIの事を書いたが、その中でMRIの装置の
中に人が入る前にはその人間は化粧を落とさなければならないという事を書いたと
思う。そうしなければMRIの磁界の中で画像を構成するための電磁波を照射した時
に、化粧に含まれる金属分子が反応してしまって赤アザができてしまうということなの
だ。もし、これと同じ原理で被害を起こしているというなら杉田氏の言う通り被害者宅
の周囲には、そういった電磁界発生装置が地中に埋められているとも考えられるだろう。
つまりテクノロジー犯罪は複合技術であるかもしれないのだ。
敵は一般人にはわからないように加害装置を被害者の周囲に張りめぐらせている。
今後もネットで何か被害の原因の究明に繋がるものがないかどうか注視していきたい。



// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 日本の闇と集団ストーカー all rights reserved.
プロフィール

nezuking

Author:nezuking
FC2ブログへようこそ!
集団ストーカー被害者です。集団ストーカー記事の他に
日本の理解し難い闇世界を掘り下げていきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
SOS

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR