”さくらんぼの実る頃~テクノロジー犯罪の日記”のミランダさんの話に付随すろもの
であるが、”THEターゲット集団ストーカー被害気晴らし日記”のLEMONEさん(前ネー
ム”くたばれ集スト”さん)の状況も心配である。去年の7/29からブログの更新が途
絶えているのだ。そして彼女の、その最後の記事にはこう書かれている「大事なので、
はっきり書いておきます。犯人が”さくらんぼの実る頃”のミランダさんについて、よく
ないことを言っています。ミランダさんには長期に渡って注意を心掛けて頂きたいです。
書かない方が心配なので、ここに記録しておきました。」と書かれている。いったいど
ういう事を敵方からメッセージとして受け取ったのであろうか。聞くにしてもブログの
コメント欄は閉じられたままなので、それを知る術はない。それにしても彼女は去年の
7月にミランダさんに異変が訪れる事を予見していたという事なのだ。驚くべき事である。
現在”THEターゲット集団ストーカー被害気晴らし日記”のブログ記事はこの記事で
止まったままである。何かあったのかとも思うが、彼女は少し前から、かなり神経質
になっており、仄めかしにかなり鋭敏で怖がっていた。他の被害者のコメントも仄め
かしになるという理由で (他の被害者も悪意はないのだが) 自分のブログのコメント
欄も削除してしまったぐらいだ。それ故、現在連絡を取る手段は彼女の動画にコメント
するぐらいしかない。私の場合は余程仄めかしのNGワードが含まれていたのか
出入り禁止にされたままになっている。よって現状を知る事はできないでいるのだ。
集スト初期に私は彼女とコメント欄で、いろいろやりとりしたが、ついぞメールアドレス
を教えてもらうまでには、いたらなかった。信頼を完全に勝ちとる事はできなかったの
だ。当時私は、集スト被害者成り立てで、失意のどん底であったが、彼女とのコメント
のやり取りは、その時だけ被害の苦しさを忘れさせてくれた。彼女とは被害時期が
ほぼいっしょで同期と言ってもいいだろう。

彼女が普通の被害者と違うところは障害を二つ持っている事だ。一つは対人恐怖症
もう一つは身体的なもののようだ。それらは集ストを自覚する前の十代の頃から
そうなるように敵方から操作されていたようだ。普通の被害者は集スト被害者と自覚
する前は多少変な事はあっても人並みの人生を送って来たと思うが、彼女の場合は
それすらもないのである。その苦しみは想像を絶するものであったに違いない。
彼女とは一年ぐらい彼女のブログ欄を使って文通のようなやり取りをした。励まし合う
事もしたが、意見の食い違いで議論になった事もあった。そして私はコメントを重ねて
いくうちに彼女が段々と敵方の仄めかしの工作に、はまってしまい新聞や、ドラマ
や、広告などの仄めかしに恐怖を感じ、また近親者の死なども仄めかしの通り現実
となって、常軌を失って行く様を見ていく事になったのである。
彼女は特に失明の仄めかしに怯えていたようだ。また去年の最後の記事の頃には
自分は敵方に誘導されて、どこか遠い場所にさまよい行き、拉致されるかもしれな
いとも語っていた。故に外に出る事も完全に出来なくなってしまったに違いない。そし
て自分の目を気つ゛かうためにパソコンなどは極力控えるという事も言っていたので
もう自分のブログさえ見なくなっている可能性がある。何か異変があったという事よ
りも、そういった事でブログ更新がされていないのだと私は信じたい。

彼女は洞察力が鋭く集スト、テクノロジー犯罪のカラクリを動画で解説している。これ
らは私が説明したかったような内容であるが、彼女がイラストを使ってうまく説明して
くれている。そんな彼女に私は一目置いている。ユーチューブにアップされているので
興味のある人は見てほしい。本人の領承はとっていないが許されたい。以下がそれ
である。

”あなたは大丈夫ですか?ハイテク犯罪はすぐそばまで来ています”
          https://www.youtube.com/watch?v=75QoYxp5OaY&feature=youtu.be

”イラスト「脳活動は電気の走り」電磁波で考えを操作する犯罪”
          https://www.youtube.com/watch?v=wairOqdjqE8&feature=youtu.be


見ていただいた方には、わかると思うが、かなり核心をついていると思われる。これ程
の事を洞察できる人が、いざ自分の事になると暗示誘導されて自分を見失ってしまう
ということなのだ。とても残念だ。
最後に彼女にメッセージを送りたい。もうパソコンなど止めてしまって見ることもなく、
さらに私のブログを見つけることもむずかしいと思うので、かなり可能性は低いかもし
れないが。

    LEMONEさんへ
        LEMONEさん最後にコメントを送ってからどれぐらいになるでしょうか。
       もう半年以上ブログは更新されていませんが、ほぼ毎日見ております。
       お元気でしょうか。もしお元気であるならば、週に一度、いや一ヶ月に
       一度でもいいです。短い文章でもいいですから、ブログを更新してくだ
       さい。そうすれば私も安心できます。
       LEMONEさんとコメントをやり取りしていた頃は被害は酷かったですが
       コメント上での会話は楽しかったです。私のコメントでいろいろ傷ついて
       しまった事もあったかと思いますが、そうでしたら許してください。
       敵方は、いろいろな方法で加害の事を仄めかしてくると思いますが、気
       にしすぎてはいけません。思いつめればつめるほど、相手側の思う壺
       です。もし何かしら苦しい状況にあるとしたら、頼っていただいても結構
       です。場合によっては北海道まで足を運んでも構いません。
       もし、私のブログを見て気がむいたならば、ブログのコメント欄か、ある
       いは昔知らせたメールアドレスに連絡をください。
       一人きりでものを考えずに、ブログでも何でもいいですから、窓は開いて
       おいてください。私が嫌なら他の頼れそうな被害者の人とコンタクトをとって
       もいいです。よろしくお願いします。
                                         ネズキン
スポンサーサイト
前回の記事でスライムさんが男性であるかのように文章に書きましたが、
本人からの指摘があり、女性だとわかりました。お詫び訂正いたします。
スライムさん本当にすみませんでした。また記事を読まれた方も誤解
されたと思います。深くお詫びしたいと思います。

                                     ネズキン
私のブログにコメントを寄せていただいた方の中でスライムさんという方がおられる
が、その方が最近酷い被害を受けたようである。自宅の二階から飛びお降り、大怪我
をされたようだ。命には別状ないようだが、ブログには左肩が骨折、左手は麻痺、左目
も手術したと言っている。本当にお気の毒だ。ブログを読むと自殺未遂のようであるが
本人は飛び降りた時の記憶がないと言っている。目が覚めた時には、もうベッドの上に
体が横たわっていたそうである。明らかに誘導されたという感じだ。この事故が起こる
前のブログの記事には、自分が死ななければ家族が殺されるというような脅迫を加害
者から受けていたと言っている。そうした事が無意識に自殺を図る引き金になったのだ
ろうか。
彼女のブログには実家が地主のような事が書いてあり、その土地のためにターゲット
にされているという事を言っている。そして彼女は自分の敵が公安であり創価であると認識
しているようだ。彼女のブログは”全pro市民による集団ストーカー”という名称である。
事故の詳細はそのブログに載っているのでスライムさんの名前だけでも記憶にとどめて
いる人が、おられるならブログに訪問されてみたらいかがだろう。それとスライムさんが
入院しているのを統合失調症で強制入院させられていると誤解されている人も何人か
ネットで見受けられたので、そうではないという事を了解していただきたい。

スライムさんの件は、かなり残酷な被害であるが、もう一人深刻な状況に陥っているので
はないかと思われる被害者の方がおられる。ブログ”さくらんぼの実のる頃~テクノロジー
犯罪被害者の日記~”のミランダさんである。私が初めて彼女の状況が異常で深刻だ
と思ったのが”にほんブログ村”の犯罪カテゴリーランキングの異変を見た時であった。
ミランダさんのブログは犯罪ランキングのランキング表でいつも1位の位置にいたのだが
そのランキングから突然姿を消したのである。その後ランキングから姿が消えたものの
ブログ自体は残っていたのであるが、最近検索してみるとブログ自体も姿が消えてしまっ
たのだ。これは一体どうした事であろう。私はいつも、にほんブログ村のランキングを見て
いるがミランダさんのブログが、なぜか去年の11月で更新が止まっているのを、おか
しいと思っていた。彼女はいつも定期的にブログを更新しており、こういった事は今
までなかったからだ。被害者間でも、この事は噂を呼んでおり、ミランダさんの身に何
か起こったのではないかという心配の声が上がっている。被害者の中には彼女とメー
ルや電話でやりとりしている人もいるようだが、現在連絡がとれない状態になっている
ようだ。敵方に拉致されたのではないかという人も居る程である。大変心配だ。
加害者側が、ミランダさんが犯罪ランキング1位に居る事をよく思っておらず、何かしら
の工作を行ったとも考えられるが不可解だ。ブログ”さくらんぼの実のる頃”のブログを
1位の座から消したいと思っていたのか、あるいは集スト、テクノロジー犯罪被害者の
旗頭のような人物が突然いなくなったら被害者達は酷く不安になるだろうという算段の
上で何かしたのかもしれない。
それと皆さんはご存知だろうか。ミランダさんのブログが犯罪ランキングから消えてから
一時期”皆さん引き寄せていますよ”という、あまり犯罪とは関係のないブログが現れて
ミランダさんの代わりに犯罪ランキングの1位の座に座っていた事を。確かに軽犯罪に
遭ったことは初期の記事の方に少し書かれているが多くは幸福論や恋愛成就の方法
などの事ばかりである。そしてブログの左横には、自分の家の玄関でも撮影したのだ
ろうか。”この扉の向こうには愛と幸福があります”という看板が掲げられており何か宗教
的な匂いのするブログであった。ブログ主は自分の事を伝導師と言っており、かなり胡散
臭いブログであったのだ。
ミランダさんを追い落とした後の後釜として敵が送り込んだ人物ではないだろうか。私は
おかしいと思ったので3回ぐらいブログ主に対して、このブログは犯罪のことについて何
も書かれていないので犯罪ランキングのカテゴリーに居るのはおかしいのではないかと
コメントしたが、返事は返って来なかった。その後相手は、まずいと思ったのだろう。
犯罪に遭った事らしき記事を2回ぐらい掲載した後、ランキングから脱退してしまっ
たのだ。何とも不思議である。その後集スト被害者の人のブログが1位になり、まと
もになったと思いきや、また変な状況になっている。今度は”闇金(ヤミ金)被害対策
相談所”というブログが1位になっているのだ。いったいどうなっているのだろう。
この手のテーマの犯罪ブログは上位に上がってくるのを見た事がない。それがいきなり
1位である。組織票でも使ったのだろうか。それに票のIN、OUT票数がおかしいので
ある。ランキングアクセス数のIN、OUTポイントを説明すると、INポイントとはアクセス
した個人のブログに入りブログ村のロゴマークをクリックしてブログ村のサイトに入る
事により得られる票であり、OUTポイントとは初めにブログ村のサイトに入り自分の
興味のあるブログをクリックして個人のブログに入る事により得られる票である。しかし
その闇金のブログのアクセス数はINが110でOUTが10である。普通アクセス数はOUT
から入る数の方がINからの数よりも断然多いはずであるから、これは異常だと言って
いい。そしてこのブログの記事は最近のもので2016年1月20日であるが、その
前の記事が2015年9月14日、その前がなんと2013年10月1日なのだ。こんなブロ
グが1位なわけがないだろう、と言いたくなるようなブログなのである。とにかく、どんな
ブログでもいいから集ストブログではないものを1位にもってきたいという事であろう。
敵側からその気概が見えていて白けるようなランキングだ。ブログ村もシステム通りIN
のアクセス数が多いからシステム上適合していて1位でいいと思っているのだろうが、
少しは考えてほしいものである。

最後に加害者の連中に言いたい。いろいろな事をして、被害者の士気を低下させようと
しているようだが、無駄である。返って反発心、闘争心を煽るだけだ。そして被害者同士
の団結心を強めるだけだ。被害者は周知運動をしている人、ブログで訴えている人
被害が酷くて何もできない人と様々であるが、皆気持ちは一つである。それは凶悪な
犯罪者のお前らの撲滅である。これ以上被害者に酷い被害を与えるなら皆黙っていな
いだろう。因果応報の業火というものがあるなら、焼きつくされるのはお前らのほうだとい
う事を忘れるな。
これは私が集スト被害が酷くなる前の一年間の話である。集スト、テクノロジー犯罪
で身体の痛みや周りの人々の執拗なアンカリングが起こる前は音の攻撃のみの
被害であった。故に隣の家の嫌がらせで指向性スピーカーなどを使って騒音をだして
いたのだと思っていたのである。しかし、いくら特殊なスピーカーでやっていたにして
も、その音の聞こえ方は独特で普通に空中を伝播をしているようには思えなかった。
隣の住人とは犬の騒音の事で揉めていた時期でもあったので嫌がらせだと思い、証拠
として録音した音声データを音響研究所という所に持って行き解析を依頼したが、何も
得るところはなかった。データ解析料金もバカ高く十数万円の金が消えたのである。
全く役に立たない研究所だと思ったが後の祭りであった。こと集スト、テクノロジー犯罪
の証拠をとる事については、ほとんど無理だと言っていいだろう。もしそれらを誰でも
証拠として、つかむ事ができたなら、とっくに集スト、テクノロジー犯罪は世の中の知れ
る所となっているからである。その当時はまだそんなとこで、自分が集スト被害者だと
思っておらず、ただの騒音被害者だと思っていたのだった。
そして音響研究所に通っていた当時、私の後をつけている人間に気付き何かしらの
団体か組織が動いているという事に気付いたのである。それからが、さらに音の攻撃
で大変であった。特にベッドで眠りにつこうとすると何かしらの音を放ってくるのだ。
また不眠症に陥ってしまった。不眠症の履歴は神奈川に住んでいた頃の住人の深夜
の騒音に始まり、その後実家に帰ってからのカラスの騒音、次に隣家の犬の騒音。
そして、その犬の騒音から端を発した嫌がらせの音の攻撃と、私に休む暇を与えずに
執拗に行われていたのである。

その嫌がらせの騒音攻撃は大分きつかったので、私は昼はスーパーの屋上に自分
の車を駐車し、その中で寝ようとしたり、夜は高速のサービスエリアなどで睡眠をとろうと
したが、やはり何かしらの音の攻撃をされて眠る事ができなかったのであった。それら
の時はいずれも車で移動していたので私は自分の車に何かGPSのようなものを仕掛け
られているのではないかと思った。しかし車底をいくら見ても、そのようなものは発見で
きず、余程人にわかりずらい所に付けられているのかとも思ったが結局何もわからずじ
まいであった。そこで私はある実験をすることにした。周りの誰にも気付かれず、車も
乗らずに、身一つで遠い場所に行ったら私を追尾できるか、というものだ。私は夕方
毎日運動のため、家の近所を散歩していたが、その途中で家には戻らず、そのまま駅
まで歩いて電車に乗り5駅ぐらい先の駅で降りその近辺にあるネットカフェで一夜を過
ごして睡眠をとろうという計画を立てたのだ。いつものように散歩のコースを途中まで
歩き、ある十字路で右に曲がって家に向かう順路を、あえて変えて左に曲がって駅に
向かう事にした。これなら、まく事ができるだろうと思い電車に乗り目的地のネットカ
フェに着き個室に入った。そしてネットを少しやってから睡眠をとろうと思った。 ところ
がである。静かに過ごせるであろうその部屋が突然騒音の鳴り響く奇怪な部屋に変貌
してしまったのだ。何か重い物をドスンと床に落とすような音、壁をドンドン叩くような音
、ドアを思い切り閉めるような音と、散々であった。部屋から廊下に出て何の音か確か
めようと思った。廊下に出て隣の部屋のドアを見て見てみると道具置場と書いてあり、
開けてみても誰もいなかったのである。そして、また自分の居た部屋に戻ると、また大
きな騒音が鳴り響いて、居心地を悪くさせられるということを繰り返され、ウンザリして
しまった。結局そこには30分ほど居て自分の家に帰ることにした。監視の追尾をまく
事に失敗したのだ。
その後どうして失敗したのか考えてみた。この時点では、まだ集スト被害者の自覚
は無かったので、外で行動している私の姿を複数の監視人が見ており、連携して
連絡をとって居場所を逐一特定していたのだと思った。しかし、集スト、テクノロジ
ー被害者として自覚し、数年たった現在では、考え方が一変した。私が考えるに
被害者は敵方に察知される何かをいつも放っているのではないかという事である。
人間というものは、各々特有の波動(電磁波)を発しており、それをキャッチするよう
な特別な装置が存在すれば居場所を特定できると考えた方が理にかなっているとい
う事なのだ。被害者はよく電磁波を受けるアンテナになっていると言われているが、
逆に電磁波を発生させる装置にもなっていると考えられる。多分個人の発する電磁
波は個人個人でその波長、周波数などが指紋のように千差万別で違っており、
個人を特定する事ができるという事なのかもしれない。ただ人間の発する微弱な
電磁波では拾いきれないので、あらかじめ被害者から採取したデータの電磁波数値
を参考にして被害者の周りには、その数値を入力した共鳴装置なるものを仕込んで
いるように思われる。前に音叉の話を書いたが、二つの形の同じ音叉を用意し、
一方を叩いて鳴らすと、何もしていない、もう一方の音叉が鳴り出すといったものが
共鳴だが、これを応用している可能性がある。人間の場合は音ではなく、電磁波の
共鳴である。故に被害者が共鳴ゾーンに来れば、被害者固有の電磁波が共鳴、
増幅され居場所を特定する事ができるということなのではないだろうか。被害者の
行動半径には、いたる所に共鳴装置があり、またエリアをカバーできない所などは
人工衛星などを中継しているとも考えられる。被害者がエリアに進入するとその
存在が炙り出される、そういったシステムになっているのではないかと思うのである。

では人間の放つ波動とは、いったいどういうものなのであろうか。スピリチュアルな
分野では、それは視覚化され、色のついたオーラというものであるようだ。
また量子力学の分野では、こうも言われている。
”質量のある粒子としての性状以外に波動の現象を示す事から、すべての物質は
微弱なエネルギーである波動現象を有するものである。私たち人間にも物質とし
ての身体の波動を受発行する機能が備わっている。波動はまた、音としても感知
できる。”という事である。

実際どんな音であろうか、私は耳の奥に人指し指を突っ込んで耳道の上壁に押し当てる
と”ドドド”という音が聞こえてくるのだが、これがそうだと思っている。下の図にそのやり
方を示してみた。

みみ3
耳の穴に人指し指を突っ込み矢印の方向に指を押しつける。
親指で下の肉部をつまむ。よく聞こえない場合は人指し指の
押し付け方を強くしたり、親指のつまむ位置を少し変えたり
して試みる。

初めはわかりにくいかもしれないが耳をすましていると指の動く音や脈の音以外に
規則正しいような”ドドド”という音が聞こえてくるだろう。本来の自分の波動音か、ま
たは共鳴で増幅された音かわからないが自分の体が発信しているようだ。
皆さんも一度試されたらいかがだろうか。






// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 日本の闇と集団ストーカー all rights reserved.
プロフィール

nezuking

Author:nezuking
FC2ブログへようこそ!
集団ストーカー被害者です。集団ストーカー記事の他に
日本の理解し難い闇世界を掘り下げていきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
SOS

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR