集団ストーカー、テクノロジー犯罪の被害者だという自覚をもつ前、つまり一般人と
変わりがない普通の生活をしている人間だと思っていた頃というのは現在よりも命
を落とす危険が多かったのだという事をよく思う。前にも書いたが高速道路で危うく
命を落とす所だったのもそうであるが、危険な目に遭わせるために周到に因果律を
操作して誘導するということを敵はやるようだ。これはターゲットが被害者だと自覚
する前のほうが周囲に疑惑をもたれずに消すことができるという事で安心なのであ
ろう。

十四年前の話である。仕事の都合上神奈川の藤沢に三年ぐらい住んで、近くの企業
に通って仕事をしていた。その会社のある部門に配属になったが、その部門は、ある
機械装置の設計者が急に辞めてしまい引き継ぐ者がいなくなってしまったということ
で辛うじて少し内容がわかる人間と私で設計を引き継ぐ事になったのである。その
装置の他にも実験装置を2、3台面倒見なければならなくなり多忙を極めた。一番
酷いピークで月100時間オーバーの残業が3ヶ月続き、いつか身体が壊れるのでは
ないかと思っていたが、その代償はピークが去った一ヶ月後に突然やってきた。ある
夜の1時ごろ寝床についていたのだが、なぜか腰が痛くなりはじめた。しばらくすれば、
やわらぐだろうと思っていたが、一向に収まらず痛みは増すばかりであった。これは
もう我慢できず救急車を呼ぼうかと思ったが腰痛ぐらいで救急車を呼ぶのもどうかと
思い、自分で車を運転して救急指定病院へ出かけようと思ったのである。痛みをこら
えながら病院の門まで来たが、どういうわけか閉じられていたのだった。こんな事が
あるのだろうかと思ったが、どうする事もできず、また車に乗って自分のマンションに
帰り救急車を呼ぼうと思った。車でマンションに帰る途中、信号がいくつかあった。
黄色く点滅するもの。赤く点滅するもの。完全に赤いものもあったが、あまりにも
痛みが酷かったので、それらを全部無視して止まらず直進して家路を急いだのである。
時刻は午前3時頃であったが、もしそれらの信号の交差点の一つでも横切る車があっ
たなら大事故になっていただろう。その後マンションについた私は自分で救急車を呼
び、ある病院に入院した。病名は尿道結石であった。尿道結石は尿管の中を小さな
結石が降りてくるもので激痛をともなう。また尿は血尿になって排出されるのである。
そして尿管および腎臓は背中に近い位置にあり、腰痛と勘違いされやすい。
その後、病院に入院し点滴を受けて4日後無事に退院する事ができた。これらの事は
敵方の綿密な誘導ではなかったかと思う。まず一人暮らしをさせるように誘導する。
これはマンションなどに住まわせ隣接する部屋に工作員を仕込んで電磁波で病気にさ
せるためである。そして会社においては超過勤務をさせて病気になったのは、そのせ
いだと思わせるのである。さらに私の心理を誘導して車で病院に向かわせるようにした
のである。つまり奴らの目的は尿道結石にするのが最終目的ではなく、信号無視によ
る事故死を誘発させたかったという事である。こういった謀り事を敵は仕掛けてターゲ
ットを亡き者にしようと、いつも考えているのだ。恐ろしい事である。
前に私を精神病院送りにしようとした循環器系の医師の場合もそうだ。敵方は私を
心房細動という病気にしたが、それは心房細動にするという事が最終目的ではなく
心房細動という病気にして、その医師のもとに患者として送られ、治療が継続する中
で私が心房細動になったのは、電磁波のせいだと私に言わせるためである。そうする
事により、私の精神がおかしくなったという事にして精神病院送りにできる口実を作ろう
としたのだ。全く、そこまでするものなのかと恐れいる。その医師というのはわざわざ
東京の大病院から私の住んでいる地方都市に赴任して来たのである。また前に不眠
症の話を書いたが、その時、私はカラスがうるさくて眠れなかったので、家の前のカラ
スの巣がある木に登って巣を取り除こうとした。これも私を危険な高所に誘導して事故
を起こさせようとしたのではないだろうか。

以上の事は私が40代以降に起こった事であるが、それ以前から、ずっと危険な環境
にいたのだと思わされるような事を、最近気付いてしまった。私は大学を出てから設計
会社に入社したのだが、その時、同期のある人物と親しくなった。年も同じで趣味もよく
合ったので、彼とはよく旅行に出かけたものだった。彼はその後一流の出版社に転
職したが私との交流はまだ続いていた。親友と言ってもいいだろう。しかし、ある日の
電話を境に音信が途絶えてしまったのである。こちらが、いくら電話をしようと留守番
電話になっていて出ない。しかし年賀状だけは来るのである。年賀状の筆跡を見ると
彼の字に間違いない。全く不思議であった。当時は集スト、テクノロジー犯罪など知ら
なかった頃で、もうあまり会う機会も無くなっていたのでだんだん疎遠になっていくの
かな?ぐらいに考えていたが、敵方の何かの工作であろう。離間の工作をしたに違い
ない。奴らにとってはターゲットのそばに出版者の人間などいたのでは都合が悪いと
いう事なのだろう。
それから彼には特筆すべき点が一つあった。彼はB型肝炎の感染者だったのである。
B型肝炎というのは、肝臓にウイルスが巣をつくっており、他人にも感染する。しかし
エイズと同様に感染者の血液や唾液を体に取り込まなければ感染する事はない。故
に私が彼と過ごしていた時というのは、いつも感染する危険性があったのだ。もし
彼の飲食した食器などに口をつけるような事があったとしたら、可能性がない事では
なかったのである。当時の私は彼がB型肝炎患者だとわかっていたが、あまり気にし
ないで、付き合っていた。しかし最近彼も結局私に遣わされた人間だったのだと思えて
きて、やるせなくなってしまった。  しかし私は決して彼に害意があったとは思わない。
敵方がそうなるように仕向けたと思っている。害意のない無意識の刺客と言ったところ
だろうか。それでも、この考えが頭の中に出来てしまった以上、もう以前のように付き
合う事はできなくなってしまった。たった一つのつながりであった年賀状も、やめる事に
した。悲しい事だが仕方がない。

以上のように敵方はターゲットに対して危険きわまりない環境をいつも作ろうとして
いるのである。しかし被害者意識が芽生えた今は、そうした事よりも被害者を精神的
に追いつめるというやり方のほうに切り換えているようだ。
このブログを読んでいる人の中で、ひょっとしたらターゲットにされているが無自覚の
人がいるかもしれない。(といっても何を基準にして被害者とするかといった定義もな
いが)  その人たちに注意してもらいたいのが事故や交通事故である。よくこんな
ニュースが流される。遮断機の降りた電車の踏み切り内に取り残された老人や自殺
願望者を救出しようとして自分が犠牲になってしまうケースだ。これも奴らの誘導の手
の一つである。犠牲になったのは、いずれも正義感の強い人であったようだ敵方は、
そういう人間を真っ先に始末しようとする鬼畜なのである。踏み切りなどの危険地帯
に誘導して、さらにその中でターゲットの意識を救出対象者に集中させてしまう。
つまり他に意識が回らなくしてしまう事によって、これから来る電車の事など忘れさせ
てしまうという事なのだ。故にもし危険なエリア内に身を置くはめになったら周りのすべ
てに注意を払わなければならない。また危険な場所ではなく、危険な物を扱っている時
(刃物とか)も注意することはもちろんであるが、そういう危険な物を持っている時は
、あわてた素早い動作をしてはならない。敵の動作コントロールによってさらにオーバ
ーアクションに誘導されて酷い事になる可能性があるからである。

とにかく闇の連中というのは世間に騒がれないように、人を始末しよう、始末しよう
とする。世の中の一般の人にこの犯罪を一挙に理解させるというのは現在無理が
ある。しかし私のブログを読んでいる一般の人だけでも信じてくれれば危機を逃
れる事ができるかもしれないのだ。もし不穏な事が身の周りに起こっていると感じて
いる人がいたなら今一度私がブログに書いているような事を当てはめてみてほしい。
こういった事が頭の中にあるのとないのとでは大分差があるのである。
続きを読む
スポンサーサイト
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 日本の闇と集団ストーカー all rights reserved.
プロフィール

nezuking

Author:nezuking
FC2ブログへようこそ!
集団ストーカー被害者です。集団ストーカー記事の他に
日本の理解し難い闇世界を掘り下げていきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
SOS

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR