安全保障関連法案が衆院および参院でも可決された。国会はだいぶ紛糾したよう
だが成立とあいなった。与党以外の政党は皆これに反対し、憤っているようだ。
国会前でも反対団体が抗議活動をしていて過激な反対活動を繰り返している。彼
らは本当に日本人なのだろうか。この法案は自衛隊の海外での武力行使に道を
開く法案という事で反対デモ活動家は、この法案を戦争法案と言っている。あまりに
も激しい主張をしているシーンをテレビで流しているので、何も知らない、お年寄り
などは本当に危ない法案だと信じてしまうかもしれない。反対主張を繰り返している
連中は反日に違いない。日本が戦争を始めるだの、日本で徴兵制度が実施される
だの、とプロパガンダを吹き込んで安保法案を潰そうとしたようだ。しかしそれは叶わ
なかったようである。沖縄のデモもそうであるが、こと軍事的な政策を実施しようと
すると必ずこのような特アの人間が日本人に成りすまして反対運動を始めるのであ
る。さらにテレビ局はこれらを好んで撮影報道しており、あたかも多くの市民が反対
しているかのような印象を国民に植え付けようとしているのだ。ほとんどのテレビ局
は、もはや在日などにかなり汚染されているのだろう。そういった事に気がついてい
る日本人はこの国でどれほどいるのだろう。もっと多くの人が気付いてくれないと、
日本という国が解体されてしまうか、実質在日に乗っとられてしまうか、どちらかに
なってしまう。
戦争というのは、はっきり言ってみんな嫌であろう。戦争になるという事は人と人が
殺し合うということなのだ。しかし、だからと言って無抵抗で、なすがままに侵略され
支配されるというのも馬鹿げた考えである。この法案は抑止力のためのものであり、
積極的に他国に攻め入ろうとするものではないという事なのだ。

ここからは自分なりの集スト被害者の目線で書きたいと思う。もし私が集スト被害者で
なかったら、この法案のドタバタ劇をどう見ていただろうか。反対運動のデモをしてい
る人間は過敏になり過ぎていると思い、法案を通そうとしている与党も外国に攻めら
れるという危機感で少し神経質になっているのではないかと思っただろう。しかし、集
スト被害者になってしまった現在ではこれらの真意、対立の構造などが明白になって
裏に隠れている様々な勢力の思惑を理解することができるようになったのである。
やはり、人間は何かの危機感を背負わなければ真実を知ろうとしない生き物であると
いう事であろうか。
戦争はどういうものから起こるのか、その原因は様々であろうが、大きく分けて三つで
あろう。思想、宗教、人種差別である。思想といえば共産主義と民主主義の対立であり
宗教で言えば、キリスト教とイスラム教、もしくは同じ宗教で派閥の違う国同士の戦い。
イスラエル問題など。そして、人種問題などは先の太平洋戦争において東南アジア諸
国がヨーロッパ強豪の国に植民地化された事により日本が戦争に突入した経緯がある。
またアフリカの数国も同じような経験をしているのだ。これらの戦争はいったい誰が起こ
したのであろうか。私は思想だの宗教などは一種の洗脳の道具だと思っている。
国のトップの人間がそれらに左右されれば大変危険だ。反社会的な思想を持っていな
くても、テクノロジー犯罪の技術で暗示誘導されれば、戦争にもっていく事は可能かも
しれないのだ。

闇の勢力の暗躍による工作は様々である。国が戦争を始めるには国のトップの意志だ
けでは叶わない。国民の理解と賛同も必要なのである。それには、きっかけのようなもの
が必要であり、国民を煽る工作も必要だと思われる。人を活性化させ動かすには、その
原動力を怒りに求めよ、というのはよくいわれるが、まさにその通りで群集心理も取り入
れて戦争へのお膳立てを巧みに仕掛けているようだ。戦争勃発前にいつも”某国に制裁
を”と叫んで先導している輩は闇の手の側の工作員ではあるまいか。戦争で一番得をする
のは誰であろうか。武器商人のユダヤ資本勢力であろう。これらの手の者が間者の
ように世界に散らばり、連携をとって工作を実行しているという事だ。

日本においては在日朝鮮人がそれを担っているのだろう。そして安保法案が廃案に
なって喜ぶのはどこであろうか。中国、韓国、北朝鮮であろう。韓国は民主々義であ
るかもしれないが、最近の異常とも言える挙動はかなり闇の影響を受けており、毒
されている感じがする。韓国はもう汚染が完了して、日本と敵国となってしまった感
が強い。闇の勢力にによってつくられた韓国国旗は日本を貶めるために暗示され、
つくられた物であったようだが、その表現と国の実質が現在一致したように思える。

安保法案に反対したのは民主党、共産党、維新の会、社民党などであるが
これらの政党がより所としているのはどこの国であろうか。共産、社民などは、やはり
共産主義の中国であろう。また韓国とつながりが深そうなのは民主党、維新なので
はないだろうか。しかし反日でありながら賛成側にまわった政党も一つある。与党の
公明党である。なぜ公明党は反対側に居るのだろうか。もし公明党の支持母体の
創価学会に在日朝鮮人が多くいるというなら、だいたい察しがつく。日本がもし戦争
をするとしたら中国であり、中国と戦争になって、もし中国が勝ってしまったら、日本
を裏から乗っとろうとしている在日の勢力は駆逐され、中国人主導の国になってしま
うからだ。
日本にまぎれ込んでいる反日分子の思想はそれぞれ違うが経済大国の日本を手
に入れたい思惑はどうやら一致するらしい。

現在世界中がおかしくなってカオス(混沌)状態になりつつある。それを実現化してい
るものとして闇の勢力のイルミナティーだのフリーメーソンだのの名前が上がってい
るが今の所、特定することは困難なようだ。しかし何かがいろいろな陰謀をめぐら
しているのは事実である。最近のニュースでシリアの紛争難民が大挙してヨーロッパ
に移民しようとしているというのを見たが、これは大変危険なことだと思う。人道的
な事を言う人もいるだろうが、いずれ人種問題が発生して酷い事になるだろう。
それは日本にも言えることで隣の韓国と北朝鮮が戦争を始めたら、難民と称して
大勢の朝鮮人が押し寄せてくるかもしれないのだ。闇の勢力は戦争による二次災害
も巧みに誘導してくるのだ。やつらは主義だの宗教だの、人種問題だのを道具に使
って人間同士を憎み合わせて、殺し合いをさせて嬉々としている。俯瞰から悲喜劇
でも見ているような感じで笑っているのだろう。早くこのことにみんな気がついてほ
しいと思う。そして声を上げてほしい。世界が崩れゆく瓦解の音が聴こえる前に・・・・・・。
スポンサーサイト
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 日本の闇と集団ストーカー all rights reserved.
プロフィール

nezuking

Author:nezuking
FC2ブログへようこそ!
集団ストーカー被害者です。集団ストーカー記事の他に
日本の理解し難い闇世界を掘り下げていきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
SOS

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR