被害者の人はなぜ自分だけが、こんな酷い目に会わされるのだろうかと思うであろう。被害
者の人の中には宗教団体とトラブルになって、被害者になってしまった人もいるが、どこの
団体ともトラブルになった事はないし、他人ともトラブルになった事がないと言っている被害者
も多いのである。多くの人は、なぜ私が狙われる羽目になったのか全然心当たりがない,
どうしてこんな事になったのか皆目見当がつかないといった人も多いのだ。
私自身が集団ストーカーというものを認識したのは、以前にも書いたが隣家との騒音トラブル
があり、毎晩続く奇怪な音のデータを、ある音響研究所に分析をしてもらおうと、その研究所
に向かう道すがら、人につけられている事に気付いた時点からであった。その時点では集団
スーカーという言葉自体知らなかったのだが、何か組織的なものに、付け回されているという
事を肌身に感じた。その後,自宅の部屋の中で電磁波のラップ音のようなものが鳴り響き
始めたので、ネットで調べてみるうちに自分が集団ストーカーおよびテクノロジー犯罪被害の
渦中にいる事に気付いたのである。そしてこう思った。私のような世間的に特別でもなんで
もない人間がなぜ変な組織に狙われるのだろうと。しかしネットで多くの記事を調べて行く
途中でわかったのだ。つまり、被害者としての自分を自覚していない、一般人であっても、
ある程度は低いレベルであるが被害は受けておりそれが組織的なものであると認識した
時点で集スト、テクノロジー犯罪は本格化するのだという事を。ではなぜ一般人を攻撃する
必要があるのかという事であるが、多分被害者意識のない集スト被害者予備軍の人たちは、
善良で悪に対する反骨精神のある人たちだという事だ。ネットでよく工作員が書いたかなん
だかわからないがこういった文をよく見かけると思う。「集スト被害者だと言っている人間は
組織に狙われているようなこと書いているが、自分が狙われるような特別な人間だとでも
思っているのだろうか。(笑)」というような感じのものだ。しかし闇の勢力が一番恐れている
のは、実際善良な正義感の強い人間なのである。金や脅しで懐柔できる政治家や役人、
芸能人などは、むしろ操りやすい稚児の如き人間だと思っているかもしれない。そして
正義感の強い人間は事故のトラップを仕掛けて抹殺されるか、自殺に追い込まれるか、
統合失調症仕立てられて、社会的発言権を奪われるか、いずれかなのであろう。

話は変わるが、最近私は食事中に、思い切り自分の唇を噛ませられるという被害をさせら
ている。その際、酷い時には出血もするのであるが、それと全く同じ事になった芸能人をテレ
ビで見たのである。”さま~ず”という、お笑いコンビの一方の芸人、大竹氏がテレビ番組中、
ある店で食事をしている最中に思い切り唇を噛んでしまったのだ。その後テンションが下
がって、落ち込んでいる様子が映っていたが本人は料理が、うまかったので急いで食べよう
として、つい唇を噛んでしまったと言っていた。私はこれを見て「ああ.....やられているな。」
と思った。大竹氏は芸能人であるが、理不尽な事は嫌いな性格の持ち主ではなかろうか。
私はいつも見ていてそう思うのだが、そういう人間はやはり、ターゲットにされやすいという
事であろう。しかし敵方はちょっとした運動神経も多少コントロールできるらしい。自分は被害
者でないと思っている人でも、よく自分で唇を噛んでしまうという人は、やられている可能性が
非常に高い。
またネットのユウチューバーで毎日保守的なニュースを配信しているチャンネル”KAZUYA
CHANNEL”の運営しているカズヤ氏であるが、ある時期咳が止まらずに困っていたようであっ
た。本人もこれは本当に風邪による咳なのだろうかと言っていて懐疑的であった。人為的な
作為を感じているようなのだ。本人は電磁波的なものだとは思ってはいないだろうが、薬品
や化学物質の散布が行われている、ぐらいには思っているかもしれない。やはり、保守的
な活動家は何かしらやられているようだ。また集スト被害者の中には、工作者がわざと咳をし
て嫌がらせをしているのだと言っている人も多いが、これは咳をしている人も被害を受けていて
咳を嫌がらせだと感じている被害者と、抱き合わせで、両方とも被害を受けている可能性も
高いのである。つまり一石二鳥なのだ。
私も以前、駅のホームでの事であるが、私の近くで、咳をして止らない人がいた。本当に
苦しそうであった。集スト被害初期であったならば、工作と思ったかもしれないが、現在は
逆に私のせいで咳をさせられており、すまないと思っている。悪意のある工作と、それとは
別の無意識の一見加害と思われる行為は判別がつきにくいが、被害者の人達は、いろいろ
経験して、その判断力を養ってもらいたい。そうすれば無用なトラブルを回避する事もできる
だろう。

我々被害者はなぜ狙われるのかという疑問に対して、その反面、ではなぜすぐに殺されな
いのかという事も疑問として残るのであるが、これもまた、むずかしい問題である。実験台
として残しておきたいのか、それとも、どうしても法に触れずに社会的に抹殺したいのか、
はたまた全く別の理由で殺せない理由でもあるのか。
すぐに抹殺されてしまう人間は、政治家や芸能人など公的な発言をしやすい立場にいる
者であろう。前に書いたタレントの今井氏の死はミスインターナショナル恐喝事件の発言
から一年もたっていないのではなかろうか。またそいう著名人でなくとも善良で正義感の
強い普通の人でも犠牲になるようだ、ある女性が踏みきり内で往生している老人を助け
ようとして逆に犠牲者になってしまった事故(画策された)、また同じように踏み切り内に
侵入した自殺願望者を助けようとして犠牲になった男性警官なども人一倍正義感の強い
人間だったと言われている。敵はこういった人間を酷く嫌悪しているようにも感じとれる。

敵方にとって我々自覚のある被害者は、いったいどういう位置付けであるのか。寝ている
子をわざわざ起こして世の中に声を出させるというのは愉快犯的な性質によるものであろう
か。世の中で起こっている出来事がただの自故や自殺などではなく、これは誰かが画策
してやっているのだという事を暗に含みをもたせて知らしめたいのか。だとしたら自己顕示
欲の強い化け物というところだろう。我々はその代弁者として利用されているとでもいうの
だろうか。とにかく、この子供のように幼稚な犯罪創始者は、いっこうに止めようとはしない
のだ。人格が破綻してしまっているサイコパスの教祖であろうか、はたまたマッドサイエン
ティストであろうか。この犯罪の核心にいる人間にたどり着くには、まだまだ時間がかかる
だろう。一体どんな人間(団体)が暴かれるのだろう。ひょっとしたら人間ではないのかもし
れない。いずれにしても邪悪なものには違いない。人類はこの邪悪な化け物を果たして滅
ぼすことができるだろうか。
スポンサーサイト
被害者はいつも思考を読まれていると言われている。その被害者の中でも自分自身の頭
の中で創造したものや、アイデアを盗まれたという人もたまにブログで見る。ある被害者は
自分の描いたイラストが、他の人の名前で、そっくりそのものが雑誌で賞をとっていて驚い
たという人や、自分が作曲した物とそっくりのものが、ラジオで流れていたという人も中には
いるのである。
私も作曲というものが一つの趣味であり、何曲か作曲したものがある。作曲というものは
インスピレーションであるが、既存の曲をベースにして作られる事が多い。特に日本の歌謡
曲などは洋楽の焼き直しが結構多いのである。例えば”四季の歌”というのがある。どうい
う曲かというと、「春を愛する人は、....」で始まる有名な曲であるが、これはカントリーロックの
シンガーソングライターの二ール・ヤングの”ライク ア ハリケーン(like a hurricane)"とい
う曲にそっくりである。また、近頃反日という事が有名になったサザンオールスターズの
桑田佳祐作曲の”勝手にシンドバッド”は、サビの「今何時? そうねだいたいね....」が、イギ
リスのロックバンドのウィッシュボーンアッシュの"レスト イン ピース(rest in peace)”と
いう曲にそっくりなのである。しかしこれらは、盗作には当たらず参考の範囲内という事で
あるようだ。確かに非常によく似ているが、自分なりのスタイルに変えているいった感じで
ある。作曲というものは、ある程度何かの曲をリニューアルして、自分の個性を付加して、
つくり上げるといった側面を持っている。完全な無から作り上げるのは無理というもので、私
もある程度は仕方がないと思っている。それでも自分の作曲した曲のフレーズが、ラジオや
テレビで流れると”ギクッ”としてしまう。私の場合も、実はそういう事があるのだ。曲名や
アーチスト名は少し憚られるので、控えるが、確かに似ていると思ったものが3曲ぐらいある。
何を妄想を言っているのだ、と言われるかもしれないが、思考盗聴を信じている被害者な
らば、あり得る事だと思ってもらえる事だろう。私はこういった事が起きるたびに、いつも、い
ったいどっちが先に思いついたのだろうと考えてしまう。相手の方が先に思いついて、私の
方へ、その情報データを焼き付けているのか、逆に私の思考や記憶を読んで盗んでいるのか、
判断がつきにくいのである。しかしその曲がラジオやテレビで流れた時期が私の作曲した
時期より5年ほど遅れているので、やはり、私の頭の中を読んで使っている可能性が高い。
ミュージシャンが五年も曲を温めているとは考えにくいのだ。  それにしても頭の中にある
曲が、その人間の作ったオリジナルであるという事がなぜ分かるのであろうか。パソコンに
作曲ソフトで入力する際に探っていたというのか、あるいは、その時の記憶さえも呼び起こし
て盗んだという事であろうか。どちらにしても流出してしまった事には変わりはない。非常に
歯がゆい思いだ。

また盗まれるのは、自分の創作物だけではなく、ちょっとしたアイデアも盗まれる場合もある。
例えば数年前の話であるが、その頃は、まだ集スト被害者でもなんでもなかったのだが、
テレビを見ていて、木曜日というのは、いい番組が全然ないなと思い、もしこの曜日のゴール
デンタイム枠に何曜日かの人気番組が引越してくれば視聴率を取れるだろうと思っていた。
ところが、一ヶ月後ぐらいにどういうわけか、木曜日のゴールデンタイムに三つぐらいの人気
番組が、違う曜日から引っ越して来たのだ。本当に不思議だと思った。私は自分の考え
を他人に実現化させる事ができる超能力でもあるのかと思ってしまった。またあるコント番組
を見ていて、このギャグをCMに取り入れたら面白いだろうに、と思ったところ本当に、そういっ
たCMが放送されて驚いた。そのCMは一回見ただけでその後二度と見る事がなかった。
その頃から変な事はいろいろやられていたという事のようだ。仄めかしも兼ねているという事
であるが、大掛かりである。これらは制作者側が悪意の意図をもって、やる必要はない、闇
の勢力の人間が一般の人間に暗示として送りこめば、自分のアイデアだと思い込んで制作を
実行するだろう。

またこれは盗作というわけではないのだが、一種の仄めかしのようなもので、自分の体験を
マンガで表された事もあった。数年前私の甥が将棋に懲りだして、私もつき合わされる事にな
った。そしていろんな将棋の本やソフトを買い勉強する事になったのだがそれらの将棋の戦法
の解説の一つに序盤角切り戦法というものがあったので興味深く読んでみた。これは序盤に
わざと自分の角駒を相手の陣中に突っ込ませて、捕らせ、囲いを切り崩すといった戦法で
あった。将棋を知らない人は、角を捨てる事がどれ位大きな賭けかわからないだろうが、飛車
と角のような、大駒は陣形両翼の主要な攻撃の要であり、序盤にそれを失うという事は大き
なリスクを伴うのである。その角切りを、ある日甥との勝負に使ってみる事にしたが、うまく当
たって敵陣を破る事ができた。そして、その数週間後である。将棋を始めた事もあって将棋
マンガの”ハチワンダイバー”というマンガをその頃購読していたのであるが、その本を買って
家で読み進めていると、その中で角切り戦法が出て来たのである。駒の配置も私が甥とやっ
た時の配置とほぼ同じで驚いてしまった。その時は偶然かと思ったが、今となっては、・・・・で
ある。  単行本のマンガは、連載雑誌の掲載よりも遅いので私が先に思いついたのか、作者
が先に思いついたのかは微妙であるが、とにかくシンクロさせられたのは、事実であろう。

仄めかしのみで、大掛かりな物はまだいくつかあるが、それはまたの機会に書きたいと思う。
作曲の話をしたので、私が以前にジャムマンさんに曲を提供して作った集スト動画を、まだ
知らない方に紹介したいと思う。この動画も、今や9000アクセスと、もうすぐ一万アクセス
に達する勢いである。見ていただいた方にはお礼を申しあげたい。


       集団ストーカー被害者の世界


      集団ストーカー被害者の世界・完全版






科学者が探求して止まない研究課題は次の三つだろう。核融合、バイオテクノロジー、量子
コンピュータで、どれも現在先進国では、研究が進められているようだ。まず、核融合だが、
これは、次世代のエネルギー源として注目されており、現在の原発の数倍の電気エネル
ギーをまかなえる事ができる。核融合とはそもそも何か。核分裂という言葉を聞いた事が
あるだろうが、つまりそれの逆である。原子同士を結合させる事であり、その際、莫大な
エネルギーを放出するという物理現象なのでである。兵器で言えば水爆の事である。原爆
はウランやプルトニウムなどの核分裂しやすい物質を使って核分裂の際に放出するエネル
ギーを殺傷に使用しているが、水爆は、さらにその原爆の猛烈な爆発を利用して水素原子
をぶつかり合わせて、重水素、三重水素をつくり出し、その際に放出されるエネルギーを
殺傷に使用しているという事だ。核融合は核分裂よりも、さらに制御が、難しいとされており、
その研究は各国でしのぎを削っているようである。

次はバイオテクノロジーである。バイオテクノロジー研究の最終目的は、不老不死てあろう。
不老不死の研究にともない。論議されるのが、老化とは何かという事である。諸説あるが、
細胞は常に分裂を繰り返しているが、その回数にも限界があり、ある回数を迎えると分裂
できなくなるという説。また、エラー説という説があり、細胞分裂の際に少しずつ発生する
突然変異が徐々に蓄積されていき最終的に破綻するという説。そして活性酸素説というのも
あり、活性酸素により身体がダメージを受け、老化が発生するというものである。現在DNAの
研究が盛んに行われており、染色体の中にある、"テロメア”という部分が注目を浴びている。
これに人間の寿命を決める仕掛けがあるという事で細工して不老不死を実現しようという研究
もされているのである。

最後に、量子コンピュータである。特有のアルゴリズム(算法)によって、スーパーコンピゅータ
が、数千年かかってもできない計算でも数十秒といった短い時間でこなす事ができるというも
のである。この量子コンピュータというのが、我々テクノロジー犯罪を受けている者として、一番
関連があるのではないだろうか。神がかった偶然の出来事、人や車に絶妙なタイミングで遭遇
する事などは、人間がコントロールする事は不可能である。量子コンピュータが人の行動を何
百、何千だかのパターンを予測して、被害者の行動軌道上に最も誘導されやすいものを配置
する、そういった事をやってのける、いわば謀術者なのだ。
人は他人や物事との因果関係でその運命が成り立っている。いわゆる因果律というものである。
因果律とはどういったものか。ちょっとした出来事が発端で最後には、大騒ぎになったり、全く
予期しなかった結末になったりする事も世の中には結構多い。”風が吹けば桶屋が儲かる”と
いうことわざや、昔話しの”わらしべ長者”などは、因果律の起承転結をうまく語っているいい
見本であろう。小さな事でも、あるいは、平凡な事でも、それを起点にして、全く関係がないと
思われる最終結果が導かれる。そういった運命の綾というものが、目には見えないが実在して
いるという事なのだ。敵方はうまく因果律の誘導を行っていると思われるし、、また、前段階
では、それに利用する人間に無意識の暗示をかけていると思われる。敵は万全の体制をひい
ていると言ってもいいだろう。恐ろしい狂人どもである。
最近Kさんという方からコメントをもらったが、Kさんの言うところによると、「これらは、無限大の
確立の波から望むべき一つの結果に収束させられる様。」と言われており「偶然に見せかけた、
完璧な必然である。」と言われている。その必然までもっていく過程がまた大変だと思うのだが、
どうやら結構すんなりできてしまうようだ。車の運転中に遭遇するゾロ目ナンバーなどは、その
代表であろう。通勤などの移動は毎日同じ経路で同じ時間であるので、遭遇させるのは比較
的容易であろう。しかし普通にどこかに出かける時はそうはいかない。もしこれに合わせようと
するならば、まず、被害者の予定している思考を読んでいなければならないのと、ゾロ目車
の所有者の行動をも、その時間に合わせなければならないのだ。そしてゾロ目車の所有者
をいくら誘導しようとしても、目的がなければ動かないという事で目的をつくるための原因を
つくらなければならない。しかも被害者が行動する同時刻にである。故にある事柄からある
事柄にもっていく過程で複数の人間の行動要素や出来事の要素を土台にしていると思われ
る。たとえば被害者にゾロ目ナンバーを見せるため、ゾロ目車所有者を利用しようと敵方が
考えた場合。次のような事をやっているかもしれない。ゾロ目車所有のAという人が買いたい
物を思いつたので出かけようとする。でも敵方は、それでは被害者と遭遇させる時間と合
わないと考える。そして時間調整をするためにAのところに誰かが電話をして足止めをさせ
時間をかせがせる。 そんな事をやっている可能性があるのだ。また電話してきた人間も何
かの原因につきうごかされてそういう行動を起こさせたかもしれないのだ。そして、さらに....と。
元をたどっていくといろいろな要素が絡んでいるのだろう。これらの時間調整を同時性の原理
をふまえて行っているのが、量子コンピュータではないだろうか。故にもう量子コンピュータ
は完成か、もしくはそれに近いレベルで存在していると考えてもいいのではないだろうか。

以上の三つのテクノロジーは、いずれも人間が考えだした究極のテクノロジーであるが、これ
らは本当に必要なのだろうか。私はこの三つは自然の摂理に反しているとしか思えない。
核融合などは人間が制御できる代物ではないだろう。人間の科学はニュートンレベルの古典
物理学で終結していればよかったのだがアインシュタインの登場によって、この世の構成要素
の核心に触れる事になってしまった。つまりニュートンがこの世の成り立ちを表舞台として科学
的に表してた研究者であるなら、アインシュタインはこの世の成り立ちの裏側を暴いて舞台裏
を見せてしまった研究者だという事だ。
またバイオテクノロジーによる不老不死の研究などは、自然の摂理に敢然とはむかうものであ
り人間のおごりとしか思えない。不老長寿により、人の上に立つ資格のない者が永久的に
権力の座に君臨し続けたら一体どういう事になるのか。そういう事のために自然死という法則
があるのではないのか。
そして量子コンピュータだが、これは複雑化した現代社会を管理するのに非常に適している。
SFのように、コンピュータが人間を監視して管理する世の中も決して夢物語ではないような気
がする。
これらの他にもう一つ付け加えるならば、テクノロジー犯罪に使用されている電磁波の分野
であろう。このテクノロジーをもし平和的に使用するならば、フリーエネルギーという研究課題
になったはずであるが、闇の勢力は、この技術を隠蔽し、自分らの悪事の道具として使用す
る事になってしまった。フリーエネルギー研究者の多くは極秘に抹殺されてしまったという話
も、たまにネットで見るが、やはり石油などの利権や犯罪使用のためにフリーエネルギーの
存在が無かった事にしたいという事だろうか。

これらのテクノロジーは人間が開けてしまった、または、これから開けてしまうかもしれない
パンドラの箱であろう。どれもこれも、この世を構成している要素(規則性)を破棄する行為
であり、人類を滅亡に導くものであるに相違ない。人間は自らを滅亡させるために科学を発展
させているという事にいつ気がつくのであろう。それとも闇の勢力が気が付かせないように
暗示をかけているのだろうか。我々被害者はその科学の研究の被験者となり日々暮らして
いる。科学のテクノロジーが無かったならば少なくとも身体の痛みや病気は無かったはず
である。世の中が電磁波の犯罪を認知して、法整備化されるのはいったいいつの日になる
事だろう。
複数の被害者の方から当ブログにコメントをしようとしたが、コメントできない。
という指摘を受けました。私自身そのような操作は行っておらず、外部からの
工作がなされていると思われます。現在コメントできる方とできない方、両方
いらっしゃいますが、コメントされたい方で、できないという方は拍手のほうに
載せていただければ幸いに存じます。
基本的に酷く悪質な内容のコメントでなければブロックも消去もいたしません。
以上の事、ご了承いただけますよう御願いします。

                                        管理人
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 日本の闇と集団ストーカー all rights reserved.
プロフィール

nezuking

Author:nezuking
FC2ブログへようこそ!
集団ストーカー被害者です。集団ストーカー記事の他に
日本の理解し難い闇世界を掘り下げていきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
SOS

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR