被害者の人で視覚障害を体験している人は結構多いと思う。私の知人の被害者の女性は
目に黒いものが映って毎日が憂鬱だと訴えていた。私も最近一日置きぐらいに目に点の様
なものが現れて悪さをしている。これらは飛蚊症という病気であり、眼球のガラス体というもの
に異常が起こっている事だそうだ。また、被害者でない一般の人から聞いた話しであるが、
緑内障という病気はやはり、目に黒い部分が出来て視野が狭くなり、放っておくと失明の
危険がある恐いものだという事である。そいった可能性も考えられるが、私の場合、視野が
狭くなるという程のものではない。目に点のようなものがあり、眼球を動かすと、それに連動
して動くのである。しかし、それも数時間すると消えてしまうようだ。こういったものは、やはり
テクノロジー犯罪の一つであろうか。

最近ネットを見ていると、やたら芸能人が鬱である事やパニック障害である事を告白している
記事を目にする。ある日ネットを見ていると”SMAPの香取慎吾が「黒いウサギ」を描く理由”
という記事を見つけた。その記事の内容は、香取慎吾が自分のサインによく黒いウサギ
の絵を描くというもので、彼は自分の部屋で度々この黒いウサギを目撃しているという事で
あった。そしてある日、絵に描いたら、ぱったりと見なくなったことから、描き続けているらしい。
私が考えるにこれも闇の者の仕業で、絵にしてしまうと公になる可能性が高くなるという事
で、そのような恐がらせをやめたのだろう。しかし結局SMAPの仲間の草薙剛によって暴露
されてしまったのだが。  
香取慎吾を含めSMAPというグループは皆どこか闇の部分があり闇勢力の道具であると
同時に被害者のような側面を持っているように思えてならない。彼らを今だに一線に押し
上げている闇の力、そして服従させようとする脅迫めいた奇妙な事柄。その葛藤が香取
慎吾の今回の”黒いウサギ”の出来事で浮き彫りになっているように思えた。

私自身も黒い影のようなものは2回見た事がある。両方とも大分昔のことであるが、一回目
は墓場で、二回目は父が亡くなった翌日の応接間であった。一回目のときは遠目に存在し
人型をしており、”サッ”と物陰に隠れるような動きをしたのを覚えている。また父が亡くなった
ときはまさに目の前に現れて一瞬にして消えたのである。この時は、形の判別はつかなかっ
たが不思議な感覚であった。父親が会いに来たのかと思ったぐらいであった。今にしてみれ
ば、すべて連中の仕業だったのだろう。意図的なものだと充分わかり得るものである。
この黒い影というのは、いったいどういった原因で起こるものなのだろうか。性質的には飛蚊
障とは違って、距離をおいた存在感というものがあり、眼球に付いたゴミや眼球内の異物や
傷の類だとはどうしても思えない。やはり特殊な電磁波で視神経に影響を与えるような操作
をして脳内にそういったビジョンの信号を送っているのだろうか。それとも空間を歪ませるよう
な電磁波によって光を屈折させて空間の一部に黒い部分をつくっているのだろうか。敵は
被害者が恐がるような事は、どんな事でもやるようだ。

また私は影のような物の他に火の玉のようなものを見せられた事があった。一回目は神奈川
の藤沢で、もう一回は地元の千葉で見たのであるが、それがなんとも変なもので、火の玉とい
うよりは、花火のようなものであった。それが車道の上を横切って行ったのである。どんな感じ
かとういとその速度は鳥がゆっくり滑空するぐらいの早さで地上から10mぐらいの高さを水平
に飛んで行ったのである。見た目には手持ち花火を横にスライドさせて移動しているような感
じであり火花も散っていたのである。そのときは本当の花火を飛ばしているのかもしれないと
も思ったが、速度が遅すぎるのだ。そして思ったのだが何とも、ちゃちな火の玉だと思ったの
だった。高い位置の場所で火花が散って移動しているのであるがショックを受けるようなイン
パクトに欠ける。あまりにも、ちゃちなので人に話した事もない。今回ブログに書いたのが始め
てである。こういった事をやるのは、やはり恐がらせるためであろうか。はたまた、これを人に
話す事によって、おかしな人間だと思わせようという算段なのだろうか。やはり連中のやること
はどこか稚拙である。しかしこれだけは目の錯覚や視神経の操作ではないと言える。実際なん
らかの物理的な現象を起こさせているのだと思った。リアル感が全然違うのだ。
火の玉というと高周波のプラズマによる火の玉を思い起こさせる。大気中の電波の状態によ
ってそういった現象が起こるのだという話だが、ユーチューブに見られる火の玉と私が見た火
の玉とではやはり違うのだ。ユーチューブの方の火の玉は炎が揺らいでいるように見えるので
あるが、私が見たものは、やはり安っぽい花火にしか見えなかったのである。

視覚的な攻撃は他にも夢見せの被害というものもある。レム睡眠中に何かしらの映像を脳に
送って、被害者の嫌がるような不快な映像を見せたりする。事故に巻き込まれたり、気持ちの
悪い虫が群がる場所に居させられたり、非常に高い所に身を置かされたり、変な服装を強いら
れて着せられたりと、やりたい放題である。さらに、それらを現実において雑誌や広告において
仄めかすという事もやってくる。大変ご丁寧な狂人どもである。こんな人間どもが世界を牛耳っ
て君臨したら、いったいどんな馬鹿げた世界になるのだろうか。人類はその下品の極みを地で
行く事にもなりかねない。そんな事になったら、人類そのものも衰退の一途をたどるしかないだ
ろう。闇の勢力というのは人間自体を嫌悪して滅ぼそうとしている一派だと思えてならない。
反社会的なことに加担している人間は人類の滅亡を後押ししているという事に気付いているの
だろうか。本当に馬鹿な連中である。

スポンサーサイト
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 日本の闇と集団ストーカー all rights reserved.
プロフィール

nezuking

Author:nezuking
FC2ブログへようこそ!
集団ストーカー被害者です。集団ストーカー記事の他に
日本の理解し難い闇世界を掘り下げていきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
SOS

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR