被害者の人で視覚障害を体験している人は結構多いと思う。私の知人の被害者の女性は
目に黒いものが映って毎日が憂鬱だと訴えていた。私も最近一日置きぐらいに目に点の様
なものが現れて悪さをしている。これらは飛蚊症という病気であり、眼球のガラス体というもの
に異常が起こっている事だそうだ。また、被害者でない一般の人から聞いた話しであるが、
緑内障という病気はやはり、目に黒い部分が出来て視野が狭くなり、放っておくと失明の
危険がある恐いものだという事である。そいった可能性も考えられるが、私の場合、視野が
狭くなるという程のものではない。目に点のようなものがあり、眼球を動かすと、それに連動
して動くのである。しかし、それも数時間すると消えてしまうようだ。こういったものは、やはり
テクノロジー犯罪の一つであろうか。

最近ネットを見ていると、やたら芸能人が鬱である事やパニック障害である事を告白している
記事を目にする。ある日ネットを見ていると”SMAPの香取慎吾が「黒いウサギ」を描く理由”
という記事を見つけた。その記事の内容は、香取慎吾が自分のサインによく黒いウサギ
の絵を描くというもので、彼は自分の部屋で度々この黒いウサギを目撃しているという事で
あった。そしてある日、絵に描いたら、ぱったりと見なくなったことから、描き続けているらしい。
私が考えるにこれも闇の者の仕業で、絵にしてしまうと公になる可能性が高くなるという事
で、そのような恐がらせをやめたのだろう。しかし結局SMAPの仲間の草薙剛によって暴露
されてしまったのだが。  
香取慎吾を含めSMAPというグループは皆どこか闇の部分があり闇勢力の道具であると
同時に被害者のような側面を持っているように思えてならない。彼らを今だに一線に押し
上げている闇の力、そして服従させようとする脅迫めいた奇妙な事柄。その葛藤が香取
慎吾の今回の”黒いウサギ”の出来事で浮き彫りになっているように思えた。

私自身も黒い影のようなものは2回見た事がある。両方とも大分昔のことであるが、一回目
は墓場で、二回目は父が亡くなった翌日の応接間であった。一回目のときは遠目に存在し
人型をしており、”サッ”と物陰に隠れるような動きをしたのを覚えている。また父が亡くなった
ときはまさに目の前に現れて一瞬にして消えたのである。この時は、形の判別はつかなかっ
たが不思議な感覚であった。父親が会いに来たのかと思ったぐらいであった。今にしてみれ
ば、すべて連中の仕業だったのだろう。意図的なものだと充分わかり得るものである。
この黒い影というのは、いったいどういった原因で起こるものなのだろうか。性質的には飛蚊
障とは違って、距離をおいた存在感というものがあり、眼球に付いたゴミや眼球内の異物や
傷の類だとはどうしても思えない。やはり特殊な電磁波で視神経に影響を与えるような操作
をして脳内にそういったビジョンの信号を送っているのだろうか。それとも空間を歪ませるよう
な電磁波によって光を屈折させて空間の一部に黒い部分をつくっているのだろうか。敵は
被害者が恐がるような事は、どんな事でもやるようだ。

また私は影のような物の他に火の玉のようなものを見せられた事があった。一回目は神奈川
の藤沢で、もう一回は地元の千葉で見たのであるが、それがなんとも変なもので、火の玉とい
うよりは、花火のようなものであった。それが車道の上を横切って行ったのである。どんな感じ
かとういとその速度は鳥がゆっくり滑空するぐらいの早さで地上から10mぐらいの高さを水平
に飛んで行ったのである。見た目には手持ち花火を横にスライドさせて移動しているような感
じであり火花も散っていたのである。そのときは本当の花火を飛ばしているのかもしれないと
も思ったが、速度が遅すぎるのだ。そして思ったのだが何とも、ちゃちな火の玉だと思ったの
だった。高い位置の場所で火花が散って移動しているのであるがショックを受けるようなイン
パクトに欠ける。あまりにも、ちゃちなので人に話した事もない。今回ブログに書いたのが始め
てである。こういった事をやるのは、やはり恐がらせるためであろうか。はたまた、これを人に
話す事によって、おかしな人間だと思わせようという算段なのだろうか。やはり連中のやること
はどこか稚拙である。しかしこれだけは目の錯覚や視神経の操作ではないと言える。実際なん
らかの物理的な現象を起こさせているのだと思った。リアル感が全然違うのだ。
火の玉というと高周波のプラズマによる火の玉を思い起こさせる。大気中の電波の状態によ
ってそういった現象が起こるのだという話だが、ユーチューブに見られる火の玉と私が見た火
の玉とではやはり違うのだ。ユーチューブの方の火の玉は炎が揺らいでいるように見えるので
あるが、私が見たものは、やはり安っぽい花火にしか見えなかったのである。

視覚的な攻撃は他にも夢見せの被害というものもある。レム睡眠中に何かしらの映像を脳に
送って、被害者の嫌がるような不快な映像を見せたりする。事故に巻き込まれたり、気持ちの
悪い虫が群がる場所に居させられたり、非常に高い所に身を置かされたり、変な服装を強いら
れて着せられたりと、やりたい放題である。さらに、それらを現実において雑誌や広告において
仄めかすという事もやってくる。大変ご丁寧な狂人どもである。こんな人間どもが世界を牛耳っ
て君臨したら、いったいどんな馬鹿げた世界になるのだろうか。人類はその下品の極みを地で
行く事にもなりかねない。そんな事になったら、人類そのものも衰退の一途をたどるしかないだ
ろう。闇の勢力というのは人間自体を嫌悪して滅ぼそうとしている一派だと思えてならない。
反社会的なことに加担している人間は人類の滅亡を後押ししているという事に気付いているの
だろうか。本当に馬鹿な連中である。

スポンサーサイト
被害者の多くの人は外に出ると変な事に遭遇したり、奇妙な行動をする人間を見かけたり
するだろう。集スト用語では、アンカリング、コリジョン、ガスライティングなどと言われもの
である。私も最近では外で変な人物を見かけることが多くなった。妙に体がこわ張
ったような不自然な歩き方をして片手にはいつもジュースの缶を持っている人物。それが
私の方を何度もチラチラと見て、アピールしているようで気持ちが悪いのだ。そんな事まで
して被害者に不快感を与えたいのだろうか。幼稚である。また薄気味悪い老婆が頭の上に
手を振りかざして、まるで指揮者のようにリズムをとっているのにも遭遇した。自分
でやっていて恥ずかしくないのであろうか。それとも催眠術のような暗示にかかっていて、
私が見ると同時に奇行をするようにタイミングをとらされているのだろうか。私の場
合そういった奇妙な人間に遭遇したのは、集スト被害に会うずっと以前からであり、何十年
も前からの事なのである。要するに長い間集ストターゲットの候補として目をつけられていた
という事なのであろう。その中で特に変わったものを今回紹介してみたいと思う。

ある日会社に出勤するために駅に向かう道を歩いていた。すると前方に、どうやら足に怪我
をしたらしい右足を包帯でぐるぐる巻きにした高校生がびっこをひいて歩いていた。当然遅い
歩き方だったので、私はその高校生を後ろから追い抜こうとしたのである。しかし、その学生
は、それが気に食わないのか、足を速めて追い越させないようにしだしたのだ。私も追い
抜こうとした手前、どうしても前に出ようと思い足を速めたのだが、相手の高校生はさらに加速
して意地でも抜かさせないといった風なのである。そして二人はとうとう競歩のような状態に
なり、駅の登り階段の手前まで来たのであった。私は階段まで来れば、いくらなんでも足が悪
いのだから抜かせるだろうと思った。しかしその瞬間なんとその学生は駆け足で階段を登って
いったのだ。私はあっけにとられてしまった。足に怪我をしているというのはウソだったのだ!
当時は集ストというものを知らなかったので、その学生がなぜそのようなまるで意味のない事
をやるのか見当がつかなかった。人を驚かせるイタズラの趣味でもあるのかぐらいに思ったが
その学生の行為はそれだけでは終わらなかったのである。それ以来その学生とは度々朝に
道で会い、私を追い抜かしてから後ろを振り向き一瞥を食らわしてから速歩きで去っていく、そ
うした様な事が続いたのであった。私はそれらの事が嫌で時間をずらして少し早く家を出たり、
遅く出たりするようにしたのだが、どういうわけか、出会ってしまうのだ。本当に気持ち悪い
奴だと思った。現在はすべてがわかっているので、あの学生も工作員の一人だったのかと
思うが、単に無意識で操られているのではなく、加害の自覚がある人間であるという事な
のだろう。加害の任務をおびて行動している者も少数ではあるが必ずいるのである。

そしてもう一つ変わった出来事なのだが、少し脅迫めいたもので変わっているので紹介したい。
集ストの電磁波被害が最も酷かった時期、ひとつの試みを行うことにしたのだ。集スト
のような無意味な事を止めるよう隣家に向けて、その旨の手紙うを郵送しようとしたのだった。
無論差出人の名前は書かずに、それと分かるような内容にして送ったのだ。このくらいで集
ストは止むとは思わなかったが、もしその手紙を受けとったら、どういう反応や事態になるの
だろうと思ったのである。この事は後に私自身を窮地に追い込む事になるのだが、その
時点ではよもやそんな事になろうとは思いもしなかった。その事はいずれまたの機会に書く
ことにするとして、さてその手紙を書き終えた私は手紙を投函しようと郵便ポストまでの道を
歩いて行ったのだがポストが数メートル先に見えたその時、脇の車道で一台の黒塗りの高級
車が停まった。中から黒スーツの少し893系の感じのする男が真っ白い箱のようなものを両手
に持ちながら降りてきて、私のすぐ目の前を横切って行ったのだ。その箱というのは、真っ白い
絹のような布で覆われており、骨壷を収納している箱のように見えた。無言の脅迫のような
ものであろうか。察するに私が手紙を出そうとした事に勘つ゛き、脅迫めいた演出で、余計な事
をすると、そういうような結末になるのだという脅しであろう。私はただ隣人に抗議文を送ろうと
しただけなのであるが、敵はきっと政府機関か何かに手紙を出すのだと勘違いしたに違いない。
何と大袈裟なことをするのであろうか。ほとんど無害な一般人に対してここまで過剰に反応する
とは。恐怖を感じるどころか、あきれてしまった。奴らのやる事は恐怖というよりは、どこか異常
というか奇行というか、くだらないというか常識を逸脱しているというか、結局キチガイのレベル
なのだ。

この犯罪の底辺に居る工作員というのは、知性をあまり感じない。これは工作者が高学歴でも
関係ない。自分自身のアイデンティティというものがもはや消失してしまった人間の姿だと言って
いいかもしれない。洗脳された操り人形そのものであり、魂が失われた傀儡であろう。そういった
人間が被害者の周辺をいつもウロウロ歩き廻っているのだ。もし悪のシステムが崩壊して、その
工作員の洗脳が解けたら、その時工作員はいったいどんな顔をするのだろうか。間が抜けたよう
な顔になるのか、あるいは悔恨で歪み切ったような顔になるのか。一度見てみたいものである。
前回の続きである。妹の旦那は医療ミスで植物人間になってしまったのである。妹は当然
妻として病院に通って看護するという毎日になり、そんな日々を送っていた。しかしどういう
わけか分からないが妹は病院側の看護士と対立する様になってしまったのだ。妹の話
では看護士の看護の仕方がぞんざいでいい加減だというのだ。それでいつも文句を言って
いたようである。その事は旦那側の家族の知るところとなり、離婚を強いられる事となった。
他にも向こうの家族とはいろいろ摩擦はあったが、あちら側の一族というのは資産家らしいの
だがどこかおかしな感じのする人たちであった。その後子供の処遇はどういう事になったか
というと、親権は当然妹が持つということになったのだが、旦那の子供にわたるべき財産は
旦那側の家族が管理することになった。つまり後見人という事で旦那が死ぬまで管理する
ことになり、死んだ場合に子供に渡るということになったのである。旦那の遺産は司法書士
という事もあって数千万円とかなりのものであったようだ。こんな理不尽な要求を呑んでしまう
妹もおかしいのだが、旦那側の家族の特にその妹というのが、不可解なことを要求するおかし
な人間であった。そして今度は妹が住んでいる旦那のマンションも引き渡せと要求して、とう
とうマンションを出ることとなってしまったのである。お人よしというか何かに操られているという
か。私がそんな必要はない、と言っても言う事を聞く妹ではなかったのだ。その後の旦那の世
話は旦那側の家族が世話をすることになり妹は蚊帳の外となってしまったのである。

マンションを出た妹と甥はC市からF市へ居を移した。F市に転居した妹はシングルマザーと
なって、少しばかりもらった離婚の際の手切れ金と貯蓄でしばらく時を過し、アルバイトもしな
がら、翻訳の勉強を始めた、翻訳家になるためには数年かかるので、私もその間、経済
援助をして、しのぐ事になったのである。そして甥の方は転居した家の近くの小学校に通い
はじめた。その少しまえの話だが甥は前に通っていた小学校で少しいじめを受けていたよう
である。自分の上履きに画鋲を入れられたらしいのだ。被害はそれぐらいで他に目立った嫌
がらせも無かったようだが、妹はこの事もあって、居を移し変える決心をしたのかもしれない。
新しい小学校においては、しばらくの間なにも起こらずに過していたのだが、少したってから
また問題は起こった。今度は甥が他の生徒の上履きに画鋲を入れて意地悪をしたという噂
が広まってしまったのである。そして妹と母と私は前に書いた記事のように真相を確かめる
べくその小学校へ話合いに行ったのだがまったく埒があかなかったのである。

妹はこの事で甥を小学校に行かすのをやめてしまった。小学校に対して不信感が募ったよう
である。さらにその転居先がまずかったのだと考えまた引っ越すことにしたのであった。今
度は千葉から埼玉に引っ越し、生活をする事になったのだ。そして当然その近くの小学校に
甥は行く予定になっていたのだが、酷く嫌がり登校拒否児になってしまった。そして軽い
鬱病になってしまったのだ。そしてさらに酷い事に奇妙な病気を背負込む事になってしまっ
たのである。その病気とは脳髄液減少症という病気で、いつも頭痛がしてやまない病気で
あった。脳髄液減少症という病気を説明すると、脳というのは通常、頭蓋の中の脳髄液とい
う液体の中に浮かんでいるのだという。そしてその脳髄液が何かの理由で減少して脳の
位置が下がり頭蓋と接触する際に頭痛をともなうというものなのである。これは正常な人でも
体験している。酒を飲んだ後の二日酔いがそうなのだそうだ。酒で酔っ払った後に脱水状態
になり脳髄液も減少してしまうという事なのだという。甥の場合は病院に検査したところ、
脊髄に小さな穴があいており、そこから脳髄液が漏れだしているという事であった。病状とし
ては体を横にして寝ているような状態ではそれほど頭痛は酷くないのだが、一旦起き上が
って立つと途端に頭痛が始まる厄介なものであった。妹は甥をともない大学病院に通って
治療をしたが、思わしくなく、他の治療機関をいろいろ探し、ある病院を探しだした。そこの
治療というのはブラッドパッチというもので、自分の血液を脳髄液が漏れだしているところに
注入して塞ぐというものである。これにより、甥の病気は徐々に回復していったのだった。
その闘病に要した期間は4年という歳月であり、その間の小学校の4、5、6年、中1は学校
には全く行ってないのである。  その後甥は学校に通い始め段々普通の生活をとり戻し
ていった。そして今年は大学受験の年になり、長いブランクをものともせず国立の大学に
合格したのだ。しかしそこはあまり気が進まないらしく浪人して上をめざすようである。高望
みしてまた変な事にならなければいいが。

これらの間に、まだいろいろな不幸はあった。リーマンショックによる妹の翻訳家の仕事の
激減、飼い犬のマンションからの転落死、父のすい臓ガンによる死など困難やショッキング
な事ばかりであった。これらすべてを闇の勢力の仕業とするのは無理があるだろうか。私は
そうは思わない。敵は法律に触れない方法で巧妙に人を陥れる罠やテクノロジーを駆使す
るからである。妹の旦那がなぜ殺されずに植物人間になってしまったか。それはもしその時
点で死んでしまったら、彼の遺産は直ぐに甥のものになってしまったからであろう。故に植物
人間で生きている間に甥を何らかの方法で抹殺してしまえば、離婚している妹は権利がな
いので闇の勢力側のものになるという算段だったのだろうと思う。あさまし連中である。旦那
側の妹夫婦は向こう側の人間で筋書きを知っており、その流れを少し誘導していたのではな
いだろうか。闇の勢力に組した者は肉親でさえ犠牲にするようだ。

妹と甥はこれだけの不幸な目に会っていても、これは偶然であり、人為的なものだとは少し
も思っていないようである。普通これだけの事が起こったら集ストだとは思わないにしろ、
何かにとり憑かれていると思うはずなのであるが、電磁波暗示によってそういう事は考えない
ようにされているようだ。妹や甥のような酷い仕打ちを受けていても人為的な被害だとは思わ
ない被害者はかなり多くいる事だろう、自分にはなぜこれだけ不幸が積み重なるのだろうと
思っている人がいたなら、それは闇の勢力の仕業であり、陰謀である。電磁波攻撃を認識し
ていない人はまさか何も悪い事をしていない自分が攻撃の対象になろうとは露ほども思って
いないに違いない。しかし闇の勢力は無差別に人を攻撃するのである。テロと言ってもいい
かもしれない。姿の見えない無言のテロリストが被害者のために書かれた悲劇の台本を今
も着実に実行し続けているのである。この世の中は、はたからはわかりにくいが、恐ろしい
悲劇の戦場と化しているのである。
前にも触れたが私の妹家族も、相当不幸な目に会っている。妹は司法書士の旦那と結婚
したが、それが後の不幸の始まりになろう事など知る由も無かった事だろう。妹は28才に
して司法事務所を経営する男性に嫁いだ。はじめの頃は旦那の事務所を手伝ったりして
うまくやっていたのだが、旦那は金に対する執着心が人より強く、仕事をミスると暴力をふ
るったり深夜まで働かせたりして、妹に重圧をかけているようであった。ある夜に妹が泣い
て私の実家に戻ってきた時があった。深夜4時ごろであったが、父と母と私と妹夫婦で話
し合いをして今後そういう事がないようにするという事でその場は収まったのだった。

その後、妹夫婦は多少の軋轢はあったものの子供ももでき普通の生活を営んで行くように
見えたが、今度は子供に対して暴力を振るうようになり、旦那は妹と子供の脅威となって
しまったのである。それ以来子供(私にとって甥)は旦那を酷く恐がるようになってしまい
親子関係も壊れてしまったようであった。暴力を振るう原因についても甥がそれほど悪い
ことをしたのでもないような話だ。旦那の方も少しおかしくなっていた節もあるようだった。
しかしその後、因果応報とでもいうべき事が旦那の身に起こったのである。旦那が声が出せ
なくなる病気になってしまったのだ。司法書士という仕事柄、始終人に会ったり、電話で
話したりしなければならないので、かなりの打撃を受けたに違いない。私自身も最近人と話
していて、声がしわがれたようになって声がうまく出せなくなる時がある。これも例のテクノロ
ジー犯罪の一つであろう。しかしその頃(12年前)はまだ集スト、テクノロジー犯罪など知ら
ない人間であったので、そういう病気もあるのか、ぐらいに考えていた。

そしてその当時妹の旦那は弁護士の試験を受けて、失敗しておりそれが精神的に影響して
いるのだというふうに人から言われているようだった。
その後その失語症のようなものは改善されることは無く、かなり焦燥を感じていたのであろ
う。これは精神的なものではなく、肉体的なものだろうと判断して、ある手術受ける事にした
のである。その手術とは喉にパイプを埋め込み気道を確保して発声しやすくなるようにする
手術である。それがのちの悲劇になろうとは誰が予想したであろうか。手術はC大学付属
病院で行われた。手術自体は一見成功したように見えた。手術後は首に包帯をぐるぐる巻
きにして痛々しい様子だったという。しかし問題はその数時間後に起こった、首が酷く腫れ
て包帯が締まって苦しいということをしきりに訴えだしたのだ。その事を付き添いの
家族(彼の妹)が看護士に伝えても「大丈夫だ、心配ない」と言ってとりあわなかったという。
そして何の処置も行われぬままさらに時間が過ぎ、そしてとうとうその悲劇は深夜起こった
のだった。旦那の首がパンパンに腫れ上がり包帯で首が絞まり顔が青くなって窒息してい
るのを彼の妹が気付いたのである。そして大慌てで医師を呼び包帯を取ったのだが、すで
に数分経過しており、昏睡状態に陥ってしまったのであった。人は脳に酸素が供給されな
ければ3分で脳細胞が壊死を始めると言われている。妹の旦那の場合正確な時間はわか
らないが、脳のレントゲンをとった限りでは脳細胞の半分以上が壊死してしまったという事で
あった。残酷である。とうとう彼は植物人間になってしまったのだ。

この事故は当然、医療ミスという事で病院側と家族の間で話会いが何度ももたれる事とな
った。妹の旦那も病院がその後の面倒を見るという事で無期で入院をする事となった。私も
見舞いに何度か行ったが、その様子は無残なものである。目は開いているのだが、何か話
しても反応はゼロであり、手や足も一切動かすことはない。まさに植物人間の様相であった
のだ。そして旦那家族と妹は病院側に対して訴訟を起こすことにしたのである。その事故は
当時の新聞の記事にもなっており、医療ミスの恐ろしさを訴えるものの一つの事例として
紙面を割く事になった。
現在集スト被害者になってしまった私は、これら一連の事を改めて考えると、やはり闇の勢
力がいろいろ画策したのではないjかと思う。敵方のやり方は、ターゲットを悪者にしてから
命を奪ったり、世間的に抹殺するという事がわかっている。妹の旦那も金に執着するようにコン
トロールされて、家族と諍いを起こさせ、失語症のようなテクノロジー的な工作を使い、しゃ
べれなくして、手術をするような方向にもって行ったのであろう。手術を行った医師も工作員か
あるいは、手術中にミスをするように無意識で動かされたのかもしれないし、包帯の苦情に
取り合わなかった看護士も同様かもしれない。

ターゲットを抹殺する前になぜ悪者にするかと言えば、いい気味だと思わせ、その後の事件
真相の追及をする気を削ぐためだと思われる。狡猾でいやらしいやり口で心底腐った人間の
やり方だ。妹の旦那は司法書士なので、何かヤバイ案件でも、扱っていたのであろうか。
我々一族はこれを境に急激に不幸の道を走りだしたが、やはりなにかあるんじゃなかろうか
と勘ぐってしまう。しかしそれ以前にもおかしな事はいろいろ起こっているので一概にそうとも
言えない部分はあるのだが。   持ち込んだ仕事が創価学会とのトラブルの件だったり
すればこのような報復にもなる可能性があるのかもしれない。今の世の中はこうした地雷の
ようなものが各所に仕掛けられているような気もする。今まで平和だったと思っていた国が、
その内面は恐ろしい構造になっていたという事がわかってしまった我々は不幸であろうか、
それとも知らなかった方が幸福であったのだろうか。いずれにせよ、理解してしまった以上、
糾弾していかなければならないだろう。いかに小さな力であろうと、頑張るしかないのである。

                                              次回に続く





// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 日本の闇と集団ストーカー all rights reserved.
プロフィール

nezuking

Author:nezuking
FC2ブログへようこそ!
集団ストーカー被害者です。集団ストーカー記事の他に
日本の理解し難い闇世界を掘り下げていきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
SOS

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR