前回の続きである。前回は自分の部屋における電磁波の痕跡を紹介したが、それらの現象
が起こっているのは自分の部屋だけではなかった。私は自分の部屋で寝るとかなり妨害を
受けるので別棟の部屋で寝ている。そこでも妨害を受けるが自分の部屋よりは加害者者宅
より離れているのでましだと思っている。しかし、その場所でも前回と同じような痕跡が残され
ているのに気が付いたのである。私は枕の下のマットレスのさらに下に写真のようなスポンジ
を敷いて頭の位置を高くして寝ている。そうしないとどういうわけか息苦しくてよく眠れないのだ。
そのスポンジの写真なのだが、中央少し左側に白い筋のような線が入っている。前回に紹介
した模様と同じようなものが2本浮き出ているのだ。白い部分は前にも書いたように元のスポン
ジの地の白色である。

      suponn
                    図1

これも一夜にしてできたものであったが、その夜は寝ているのに頭がボーッとして身体全体が
けだるさを感じて気持ち悪くなったのを覚えている。これも何かしらの電磁波の一種と考えられ
るが、なぜ2本なのだろう。右脳と左脳にそれぞれ違う電磁波を与えているという事なのか?
しかし前回もそうだったが、その痕跡が白抜きになっているというのは、本当に不思議なことで
ある。この電磁波は前回と違って頭部へのピンポイントのような攻撃である。何かレンジを変え
る事で収束も可能という事なのだろうか。
日焼けというと一番最初に頭に浮かぶのは紫外線であろう。紹介した二つのスポンジは酷く
日焼けして黄色や茶色に変色している。可視光線に近い周波数の波長帯の紫外線は、物体
を貫通してくるには無理がある。故に何かしらの高度のテクノロジーが使われているという事
なのだろう。それと、これらをずっと浴びていると身体がかなり温度上昇するということがわかる。
私は床の上にスポンジを大小敷いてその上にマットレスを敷いて寝るのだが、朝それをかた
ずけるためスポンジを床から引っ剥がすと、床に結露があるのがしばしば見られる。これは冬
の間中あり、床とスポンジの間の温度差が激しいという事を物語っているようだ。

次は下の写真だが家の庭を写したものである。茶色く写っているのはジンチョウゲの木なのだ
が葉が全て枯れてしまっている。今時分の春の季節には毎年その花特有のいい匂いを楽し
ませてくれるのだが、今年はこんなことになってしまった。

    jinnti
             図2

どういうわけかこのジンチョウゲの木一本だけが、この有様なのだ。葉を触ってみるとカラカラ
に乾燥しているのではなく多少の水分を残して茶色くなってしなびているようだ。これも電磁
波を照射されてこうなったのだろうか。嫌がらせにも程があるというものだ。
以上は目に見えた電磁波の痕跡であるが、痕跡として目に見えない何かしらの被害もいろい
ろあるのかもしれない。それらが何かの拍子でいきなり、現実としてまとまって表出する事も
考えられる。今後も注意して見ていきたいと思う。

これらの過酷な環境の中で被害者は日々の暮らしをしているわけであるが、もしネットで書か
れている様に電磁波というものが被爆するという事なのであれば、被害者は相当量被爆して
いることになるだろう。最近ユーチューブで被害者と思われる人の不思議な動画がアップされ
ているのを知った。動画のタイトルが”【テクノロジー犯罪】LEDショック”というもので、自らが
実験台となって被害者が電気的に帯電しているのを証明している動画であった。 
どういうものかというとLED素子の2本ある足の一方をアースにつなぎもう一方を指で摘んで
LEDを発光させるというものであった。実際指で摘んでみると見事に点灯しているのがわかる。
普通LEDは2.7Vの電圧がかからないと点灯しないそうである。人体は通常そのような電圧
はかかっていないので異常な状態であると言える。また動画作者は電圧チェッカーという物
で自分の身体にどれほどの電圧がかかっているかも測定しており、その数値が75Vという
高いものであった。家庭の電源は100Vであるから、かなり高いものだという事だ。しかしアン
ペア数が0.2mAとか0.3mAと極端に小さいものなので、身体にはあまり感じないという
事なのだろうか。この動画は被害者が長時間電磁波を浴びて帯電しているという事を証明し
てくれている、いい動画だと私は思った。

前に私は自分が体験した心房細動の事を書いたが、ネットで調べてみると、外部からの電気
の影響を受けてそうなる場合もあるようだ。ミクロショックとマクロショックというのがあり、ミク
ロショックというのは心臓に0.1mAを超える電気が流れると心房細動が起きるとされ、マク
ロショックというのは体表面に100mAを超える電流が流れると心房細動が起こるという事な
のだそうだ。また、ミクロショックの場合通常健康体であれば起こらないとされており、マクロ
ショックの場合、電圧がDC40V、AC30V以下なら起こらないと言われている。という事は私
の場合100mA以上の電流で30~40V以上の電圧が体表面に起こってああした状態になっ
たという事なのだろう。人為的なものだという事がよくわかった。

以上の事から被害者の人体はいつも電磁波の影響下にあり、少し危険な状態にあるのかも
しれない。体が熱を帯びて部分的に赤いアザができたり、傷ができたり、アトピーのような湿
疹ができたりするのは、そのせいではないだろうか。心臓なども電気的なショックを受ける事
があるというわけだ。敵方は被害者を生かさず、殺さず実験の対象にしている節がある。
肉体的、精神的にどのようにすれば、おののき、潰れていくのか試しているようにも思える。
それならば我々は、その思惑通りにならぬよう抗するまでの事である。決して屈して自滅して
はならない。






スポンサーサイト
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 日本の闇と集団ストーカー all rights reserved.
プロフィール

nezuking

Author:nezuking
FC2ブログへようこそ!
集団ストーカー被害者です。集団ストーカー記事の他に
日本の理解し難い闇世界を掘り下げていきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
SOS

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR