兵庫県の淡路島洲本町という所で殺人事件が起きたようだ。民家の住人計5人が殺害され
平野達彦という容疑者が逮捕されたと報道されている。犯人はかなり長い間、家に引き篭
っていたようで警察は精神疾患の疑いがあるという事を発表している。犯人は殺害した住民
に集団ストーカー被害を受けていたという事をツイッターで批判していたようだ。
私はこの事件を読んだ後に少し前の事件を思い出した。山口県周南市で起きた、これも5人
の殺害事件である。両事件とも5人の殺害とは奇遇である。二つの事件で大きく違うと思われ
るのは犯人の素性と集団ストーカー被害を自覚しているかいないかの違いではないだろうか。
今回の淡路島の犯人はネット上では在日朝鮮人だと噂されている。なぜならツイッター上で
ジャップが、ジャップがと連呼して日本人を犯人呼ばわりしているからである。日本人がジャッ
プが、とかいう言い方はしないだろうというのが、ネット民の判断らしい。
そして問題なのは、殺害前にツイッターで集団ストーカーの被害にあっているという書き込み
をしている事だ。どういう事を書いているかというと、「日本に来訪の外国人や日本国民全員
をスパイとして使用するために、日本政府は何十年も前から各地で電磁波犯罪とギャング
ストーカーを行っています。日本政府は米軍ユダヤと共謀しています。」とある。我々集団スト
ーカー被害者から見ても少し偏った思考をしているように取れるような内容だ。ネット上で
犯人は在日と推測されているようだが、もしそれが本当ならば在日でもやはり集スト被害者
は居るという事であり、犯人が集スト首謀者を日本政府や日本人と思い込み憎むのにも納
得がいく。さらに犯人は殺害前のツイッターで殺害された被害者の家の地図と実名を載せて
その家族が”長生の家”の信者だったとも言っているようだ。ツィッター自体もハンドルネーム
ではなく、”平野達彦”という実名を晒している。少し危険とも思われるような、ツイートの仕方
である。あとこの人物は集スト首謀者を特定しているようだが、それがネット右翼であったり
自民党であったり、右派議員であったりと保守系の勢力を糾弾しているようだ。普通の集スト
被害者なら、どちらかというと左翼系勢力を批判するのだが、これは少し変わっている。犯人
は共産党に安倍幾太郎という人物が書いた集団ストーカー関連の本を贈っており、左派勢力
の賛同を得たいと思っているような節がある。
ネットと保守速報やNEWS U.Sなどのブログニュースのスレッドには日本共産党がその背
後に居るのだという事で批難が殺到している。犯人はツイッターに、やりとりがある共産党
員の顔写真を幾人も貼っているのだ。またツイッターに出て来ない創価などの事もやり玉に
上がっていて混沌としているようだ。さらに犯人は他の集団ストーカー被害者のブログもツイ
ッターで紹介しており、ひょっとしたら、それらのブログにも飛び火する可能性があるかもしれ
ない。そのブログの中には例のNPO被害者団体幹部が書いている”自衛隊の犯罪を切る”
というブログが含まれている。このブログはすべてのテクノロジー犯罪を自衛隊のせい
にして、押しつけているようなブログであり、胡散臭いブログであるが、今回の事件に巻き込
まれているという事はなんと皮肉な事であろうか。とにかく載せられた人たちは迷惑に思っ
ているに違いない。

さて今回の殺人事件は今までの殺人事件と違い集団ストーカー被害者にとって大きく影響を
もたらすもののようだ。この事件によって集団ストーカーというワードが広く拡散するという効果
も期待できるかもしれないが、反面私達の首を絞めるような事になる危険性も含んでいるので
ある。つまり集団ストーカー被害者は、殺人を起こすような要素を内に秘めているといったよう
な事を世間が考え始める危険性である。もしこの考えが多くの人に誤った認識でとらえられ
てしまったならば、弾圧される可能性もあるのだ。故に我々被害者は暴力的な行為や突飛な
行為は極力避けなければならないのである。今の所、集スト被害者に対する警戒心や憎悪
などはネット上ではあまり見られない。少し工作員と思われる人間の書き込みがあり、糖質
(統失)はヤバイとか書いている奴らはいるが、他は創価が犯人だとか、左翼がどうのとか、
在日は日本人を目の敵にしているといったような事を書いている人が大多数である。故にそ
れほど切迫感を感じる事はないかもしれないが用心にこしたことはないだろう。

今回の殺人事件の犯人はツイッターで本名を名乗って集団ストーカー被害者である事を告示
した後に犯行に及んでいる。これがハンドルネームであったなら集スト被害者だという事もわか
らず、世の中をスルーしていたかもしれない。もし犯人がネット上で言われているように在日
の人間であったならば、やはり闇の勢力側にうまく利用されたという事だろうか。在日朝鮮人
は、すぐに火病を起こすとか、犯罪者が多いとか言われており、何か事件を起こさせるのには
うって付けの素材だという事か。在日であるが故に日本を恨んで日本政府が集ストを行っている
という刷り込みを行いプロパガンダに使おうとしたとも考えられるし、また集団ストーカー自体の
電磁波被害や敵側の人間が一部潜りこんでいる機関の加害も、妄想としてうやむやにしようと
いう魂胆があったとも考えられる。犯人が在日であるという事だけで、全てを出鱈目だと決め付
けてしまう風潮が現在あるのだ。

いずれにしても、この集スト被害者の犯人は思慮が浅かったようである。ネット上の情報を参考
にして集スト犯人の全体像を思い描いたのだろうが、本当のこの犯罪のカラクリにたどり着く事
はなかった。偏った見方をせずにもっといろいろなブログや記事を読んで真偽の拾捨選択を重ね
自制する知恵を身につけたらこんな悲劇は起こさなかったかもしれない。残念である。
我々は彼のような悲しい結末の轍を絶対踏んではいけない。
スポンサーサイト
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 日本の闇と集団ストーカー all rights reserved.
プロフィール

nezuking

Author:nezuking
FC2ブログへようこそ!
集団ストーカー被害者です。集団ストーカー記事の他に
日本の理解し難い闇世界を掘り下げていきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
SOS

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR