前回の記事の選挙に関する追加であるあが、ネットをいろいろ見ていると、ある記事のとこ
ろに、こんな記事が書かれていた。「沖縄衆院選で共産系の候補者が全議席を獲得した
が、これは前の知事選で他県から住民票をうつして一時的に沖縄県民になった住民(プロ
市民)がまだそのままの住民票で沖縄住民としているため、衆院選でも共産系の候補者に
票を盛ることが出来た。」というものであった。こうなると住民票3ヶ月のルールも関係なく
票数を操作できてしまうではないか。
なるほどそれであんな酷い結果になったのかと納得した。共産系反日は前から言っている
ように沖縄を独立させてから中国に売り渡そうとしている。そのシナリオはこんな感じでは
ないだろうか。まず共産系の人間を政治のトップに置き、琉球国として独立国にすれば、アメ
リカを排除できると言って民衆を煽る。(その間故意にアメリカ軍の大きな不祥事を作って
おく)そして勝手に独立宣言してしまう。さらに国家になったのでアメリカ軍を国法をつくって
排除してしまう。独立国になった沖縄は独立国発展のためと言って大量の特アの移民を受
け入れる。移民が大多数を占めたので参政権を与える。共産系の政治家で成り立っている
政府が共産圏に加わろうと言い出す。沖縄の民衆は反対だが、移民のほうが大勢いるから
是非を問う投票になってもその案が通ってしまう。と、いうような感じで事をうまく運ばれて
しまう可能性があるのだ。これらをやるには障害も多く成功率は高くないかもしれないが
可能性がゼロではないのだ。今回の選挙のように不正や画策を多様すれば、もしやという
事も考えられる。

現在はまだ沖縄にアメリカ軍が駐留していて抑止力になっているが、いつ何どき韓国のよう
に撤退してしまうかわからない。アメリカも段々気まぐれになってきたように思える。さて
そんなアメリカであるが、世界中の紛争に首を突っ込んで戦争に参加しているが、その膨大
な軍事費はどこから来ているのだろうか。
アメリカは軍事費を稼ぐために他国に自国の国債を買わせているようである。その主な国は
日本であろう。平和を守れ、9条を死守せよと言っている日本がその裏では結果的に、戦争
の費用をアメリカに貢いでいる事になるのだ。

日本の借金は現在1000兆円に近いと言われているが、その借金は誰からしているかと言え
ば、我々国民からである。国が民間銀行に国債を買わしているということは、その国債には
我々の預金が使われているという事なのである。皆、日本政府がした借金は、いったいどこ
に使われていると思っているだろうか。実はその金でアメリカの国債を買っているのだ。そして
それが一部軍事費として使われており、軍事兵器、兵士の人件費となって消えていっている
のである。さらに加えれば数年前に郵政民営化になった時の郵貯である。この郵政改革は当
時の総理大臣の小泉純一郎によって行われたが、郵政改革の真のネライは郵政を民間会社
にして郵便貯金を自由に運用できるようにし(国営の場合自由に使えない)アメリカに上納する
ためのものだったのである。小泉純一郎という人間はユダヤ資本系の反日朝鮮人だと思われ
る。彼の出自を調べてみると、彼の祖父は小泉又次郎といい土木業の組の長で大臣まで上
りつめた人物だった。そしてその娘婿が純一郎の父純也であったのだ。純也は朝鮮人であり
又次郎の娘とねんごろになって小泉家に潜り込み、その娘に産ませたのが純一郎であった
ようだ。故に純一郎は朝鮮人2世であり、反日系の人間なのである。北朝鮮との国交回復も
拉致被害者奪還ではなく国交を回復して北朝鮮に金を流す事だったと言っているサイトも
ある。終戦直後朝鮮人はアメリカCIAのスパイの役割をしていたが、小泉純一郎も父親の代
からの流れで日本の国力を削ぐためにアメリカの言いなりになっていたと思われる。日本より
もアメリカや北朝鮮を優先させる売国奴といってもいいだろう。

話を本筋に戻すが日本国民の稼いだ金はアメリカに渡っていいように使われている。日本
政府は国民に借金をしており、アメリカはその日本政府に借金をしていて結局日本国民が
アメリカの海外の軍事費用を負担しているという事なのだ。なんとも情けない話である。そし
てアメリカはどういうわけか中国からも借金をしているようである。中国の場合はアメリカ国債
を外交カードにしたいようで、もしアメリカが中国に攻撃をしかけてきた場合アメリカ国債を全て
売り払って暴落させたいようである。もし中国が日本より先にアメリカ国債を全部処分してしま
ったら、日本が持っているアメリカ国債がまるで価値のないものになって借金がチャラになって
しまう可能性があるのだ。
それからその中国であるが日本からODAという形で借金をしており、それらも私達国民の
税金なのである。ゆえにその金が中国を経由してアメリカに行き間接的に軍事費に当てられ
ているという事も言えるのだ。そしてその金で沖縄の米軍基地も運営しているとも言えて、全
く奇妙な構図となっている。中国の金が中国を牽制するための沖縄基地の運営に使われて
いるとしたらお笑いである。(それでも別途に日本が基地の運営費を負担はしているが。)

アメリカは日本などから金を巻き上げて戦争をしている。しかし戦場にはやはり、アメリカ兵が
命をかけて赴いているのだ。その多くはアメリカ底辺にいる若者だという。現在のアメリカは
日本より雇用状況が悪いようで、なかなか職がないようだ。故に安定した収入を得られる軍人
になるのが、金を手っ取り早く手に入れる方法なのだ。それらの兵士が戦地で戦死した場合
アメリカ国はその兵士を英雄として扱うだろうが、その裏のユダヤ資本の黒幕にとっては虫
けらが死んだ程度ぐらいにしか思っていない事は想像にかたくない。冷酷なシステムはアメ
リカ国内にもあって、若者を自分らの都合のよい駒にし戦争というゲームをして軍事産業で
儲け、喜んでいる。そういったユダヤ資本の姿は、まさに悪魔そのものだと言ってもいいだ
ろう。

日本はアメリカや特アなどに金をばら撒いているし、他の東南アジアやアフリカなどにも経済
援助をしている。これらは貸しているのであって、いずれ返してもらえるという事であるが、
世界の経済状況を鑑みるに、そううまく行くのだろうかと思ってしまう。
いったい日本という国はどれだけ金があるというのだろうか。世界各国に金を配って国連の
常任理事国になりたいというのは分かるが、膨らみすぎた借金がどうなってしまうのかが
心配だ。安倍政権は支持するが、この件だけは是正してほしいものだ。
現在日干しになっている日本人も多くいるというのに、外国を優先させるのもおかしな話だ。
日本人が外国人のために働いているようにも思えてならない。日本は世界の財布になるの
を止めるべきだ。

スポンサーサイト
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 日本の闇と集団ストーカー all rights reserved.
プロフィール

nezuking

Author:nezuking
FC2ブログへようこそ!
集団ストーカー被害者です。集団ストーカー記事の他に
日本の理解し難い闇世界を掘り下げていきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
SOS

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR