不思議な映像があったので紹介したいと思う。この映像はEの会の街宣車から偶然撮れた
もので通常ではあり得ないものが映っているのだ。

[広告] VPS


これは東京都内で映されたものであるが、なんとも奇怪なものである。黒い影のようなもの
が右から左へ飛んでいき、真中右寄り上に波紋のようなものが映っている。これはいったい
なんなのだろうか。黒い影は、はじめ黒い鳥かなんかだと思ったが少し飛び方がおかしい。
速度も映像に加工をしているわけではないので、かなり速いスピードのようだ。そして波紋
の形状。これらは私の推測であるが、かなり速いスピードで飛び去っているものは、ノイズに
よる画素欠けではないだろうか。そして波紋なのだが、これは何かの電磁波が別の電磁波
領域の境界面にぶつかったのではないかと思うのだが。
前に書いたスカラー波の記事のところでスカラー波は別名、重力波だという事を言ったと思う
が、重力波であるならば空間が歪んで光が屈折し、視覚でとらえる事ができるという事なの
だ。この波紋の映像はまさにそれを裏つ゛けていると言えるかもしれない。さらに推測をした
いと思うが下の図を見ていただきたい。

スカラーウエーブ2

この図は普通の横波の電磁波の発生装置2台から波長の同じ横波電磁波をそれぞれ放っ
てクロスさせ相殺させ0波のスカラー波(重なり合った部分)をつくりだしている。
この重なりあった部分をスカラーフィールドゾーンまたはボトルゾーンという。そして重なって
いる所とそうでない所の境界はスカラーフィールドゾーンの壁となっているはずだ。今回の
波紋はこの壁にさらに何かがぶつかって同心円状の形の波が起こったのだろう。

下の図は水面に水滴が落ちて波紋が起こった画像であるが水滴が密度の低い空中から
密度のはるか高い水面にぶつかる時に円状の波紋ができる。これと同様な事が電磁波
領域(エーテル空間)で起こっているとは考えられないだろうか。

波紋2

つまりスカラーフィールドゾーン内では媒体(エーテル)が密度の濃い状態になっており、そ
の壁に、やはり密度の濃いスカラー波をぶつけた結果映像のような画像になったのではな
いだろうか。ぶつけるスカラー波は収束された横波の電磁波をクロスさせれば領域のせまい
鋭角で小面積のスカラーフィールドゾーンをつくる事もできるであろう。下の図はそのイメージ
図である。

bb2


以上は私が勝手に考えた推測であるが、一つの可能性でもある。被害者の中には、スカラー
波は方向性をもたない、指向性がない、よってターゲットに照射するのは無理だ。いい加減
なことを言うな。と言ってくる人もいるが、そもそもスカラー波の存在イメージがまるで頭の中
で出来ていないのだ。スカラー波は対象物に照射するというより、ある場所にピンポイントで
出現させると言ったほうがいいだろう。

kousaWAVE-AA.jpg
       スカラー波被害のイメージ図

今まで普通の横波の電磁波が被害の要因だという事で、どの様な波長で、どのくらいの
出力を要して、それがどのような被害をなしえるか体系つ゛けられた人がいただろうか。
いないのである。それゆえに既存の概念にとらわれずに違った可能性も考える事も必要
なのだ。スカラー波を全否定する人もいるかもしれないが、これは可能性の一つだと言って
いるのであり、また全ての被害にスカラー波が使用されていると言っているのでもない。
ただ普通の横波の電磁波が使用されていると仮定しても、それでは全く説明できない被害
も多いのだ。例えば奇跡と言えるような偶然が重なるのはなぜか。なぜ自分が考えている
事が他人に分かるのか。前にも書いたが、波動という量子力学を基本にして因果律の操作
や共鳴による情報のやりとりなどの、離れ業をやっていると考えた方が説明がつきやすい
のである。

我々の知らない闇の世界の科学は、我々の常識をとっくに超えていると考えたほうがいい
だろう。しかしこれらの現象をいつでも確実に起こせるという確率はそれほど高くないかも
しれない。なぜなら完全にこれらを制御できたならば世の中は、もっと酷い事になっている
からである。あと最後に敵方の思考盗聴、生体通信など、被害者の身体状況のモニター
の方法であるが。それは加害者側の人間が自らの肉体でその情報などを再現している
可能性が高い。つまり前にも書いたが二つの同じ形の音叉が共鳴するように、人間同士
を共鳴させれば相手の感覚、痛みも再現できるのだ。またモニター側の人間が自殺願望
を持ったならその感情を被害者に移入できるかもしれない。感情さえも支配できるならば
これは恐ろしい事だ。

これらのテクノジー犯罪はまだまだわからない事が多すぎるが、今後もいろいろ調べてみ
て真実を追究していきたいと思う。



















スポンサーサイト
在特会の桜井氏と大阪市長の橋下氏の会談が先日行われた。在特会は在日朝鮮人に
施行されている特権に意義を唱える団体であり愛国団体の一つである。在日朝鮮人の一
部は生活保護や年金や税金軽減などの待遇を受けている。これを是正せよ、と立ち上が
ったのが在特会という団体なのである。東京の新大久保などの韓国商店街でデモをやり
過激なコールを行ったという事でレイシストと呼ばれて、反勢力の在日しばき隊とは日々し
のぎを削っている。「いい朝鮮人も悪い朝鮮人も殺してしまえ」とか「朝鮮人はゴキブリ」と
か言って、初めのうちは過激なレイシスト集団と見られる事が多かったが最近では、その
存在意義も理解されるようになってきて、支持層も広がってきたようだ。
初めの頃私はそういったヘイトスピーチを叫んでいる者はその団体に紛れこんでいる反日
分子の工作員だと思っていた。事実そうだったかもしれないが、桜井氏はあえて容認した
ようだ。桜井氏の活動の手法は、どうやら多少過激にして世間の注目を集める事だったよう
である。大人しくやっていたのではニュースにならないと言う事なのだろう。
在特会と同様なスタンスをもつ愛国団体で日護会というものがあるが、その代表者の黒田
氏は桜井氏にデモや街宣はこうやった方がいいよとレクチャーを受けたという。結構エンター
ティナーかもしれない。

そんな在特会の桜井氏であるが大阪の橋下市長の招きでヘイトスピーチ問題を話し合うた
め大阪に乗り込んだようである。ネットで会談の模様を見たが驚いた。しょっぱなからほとん
ど罵り合いの状態から会談が始まったのだった。私は初めのうちは理路整然とした、淡々
とした論議の応酬で始まり、そのうち段々と白熱するのではないかと思っていたが、桜井
代表が初めから興奮状態で声を荒げて橋下市長に挑みかかっていったのだ。
そしてそんな桜井代表につられたのか橋下市長も口論口調になり最後まで罵り合いが続
き、7、8分が過ぎた頃怒りが頂点に達した大阪市長の退席という形で会談は終わったの
である。これは会談前の桜井代表とマスコミのやりとりの映像を見てもらえるとわかるが、
桜井代表とマスコミ間でひと悶着あったのだ。そのひと悶着というのは会談の席以外の
映像は撮らないという約束だったはずなのに市長舎のフロアで桜井代表が自分の姿を映
されたというものであった。その時の桜井氏はかなり興奮状態で、橋下市長との会談の時
にはすでに完全にウォーミングアップされた状態だったのだ。会談は始終噛み合わない
感じで進み内容はあまりなかったような気がしたが、両者はだいたいこんな事を言って
いた。初め桜井氏がヘイトスピーチについて橋下市長にどういう考えを持っているか聞いた
のであったが橋下市長は「ぼくの意見を聞くんじゃなくて。」と言い、これに対して桜井氏が
「あんたが言い出した事だろう。」と双方の変な揚げ足取りから始まったのだ。そして橋下
市長は「ヘイトスピーチをやめろ。」「国会議員に言え。」「お前の主張は国会議員になって
から言え。」などと自分で桜井氏を呼んでおきながら自分に関わらないでくれよ言わんばか
りの対応であった。桜井氏も「君は他の政治家に言ってくれと言っているが君は政治家で
はないのか?」「デモも普通にやっているではないか。」とこんな感じである。実際橋下市長
も最近デモは穏やかになったと自分で言ったばかりなのだがこれは本当におかしな物言い
となっているのだ。この会談に対する評価はネットでは様々であるが、いったいどちらに分
があっただろうか。橋下市長の粗野な一面が表出して心象を悪くしたか、または在特会の
代表はやはり過激な人だったとするか、人それぞれだろう。ただ会談の内容よりもむしろ
会談が行われたということ自体が在日特権問題の存在を世に広めたという点でおおいに
評価される事になったのではないだろうか。

これは私の個人的意見なのだが私は橋下市長という人物が恐ろしげに見えて仕方がない。
なぜなら大阪都構想なる気味の悪い野望を持っているからだ。橋下氏は自ら部落民だと言
っているが在日朝鮮人2世か3世ではないだろうか。前にも私はブログで日本列島分割の
の話を書いたが、大阪を第2の都にして独立させて、日本を西と東で分割し、他国に割譲
しようと謀っているのではないかと思えてならない。
橋下氏は慰安婦問題でも在日特権の見直しでも一見正しい事を言っているように見える
が、これは自分を信用させるためのパフォーマンスをやっているに過ぎないのではないか。
彼は反日思想を持っており、彼にとっては大阪都の実現が最優先であってそれを叶えるため
なら他の事は多少目をつぶっても仕方がないと思っているように見えてしかたがない。
橋下氏を愛国者だと思っている人も多いと思うが私は偽善者だと思っている。彼を良く思って
いる人は一回、彼が書いた著書「まっとう勝負!」という本を読んでみたらいいと思う。

最近また在特会のニュースがテレビで流れた。在特会のメンバーが、その反対勢力の人間
に暴力をふるって逮捕されたというものだった。在特会のメンバーがある場所でその反対勢力
とはち合わせになり揉み合いになったのだ。何か計画的な匂いがする。待ち伏せされ挑発
されたのではないだろうか。本当に反日勢力は謀事が好きである。卑劣な事この上ない。
また揉み合ったなら相手も逮捕されたはずであるが、その反対勢力の人間の素性、名前
などはいっさい報道されず、これもまた偏向報道でマスコミもかなり汚染されている事がよく
わかるようなものだった。在特会をどうしても潰したいようだ。

現在日本には愛国団体というものが多数ある。中には右翼団体のような胡散臭いものが
あるが、純粋な団体も多い。しかし街中で街宣をやっていても、少し変わった人たちぐらい
にしか思われていないかもしれない。愛国団体会員の中には集団ストーカーのような被害
ではないが反日勢力から酷い目に合わされて愛国団体に入会した人も多いと聞く。
こういった活動をしている人の主張は、まさに魂の叫びなのだ。そして多くの人が早く世の
中が狂っている事を理解してほしいと思ってやまないごく普通の平凡な人々の叫びなの
である。



前回は韓国の欠点ばかり上げたが、今回は見方の角度を少し変えたい。韓国人の日本
人に対する感情はだいたいわかるだろう。しかし日本にいる在日朝鮮人に対してはどのよ
うな考えでいるのか。在日に対しての韓国人の考えはかなり冷徹のようだ。
韓国人も在日が日本で税金や生活保護費や年金などの特別待遇を受けていることを知って
おり、また兵役にもつかないので苦々しく思っているようである。韓国と北朝鮮は今だに戦時
下にあり、いつ戦闘状態になるかわからない。ゆえに韓国は一般市民にも一回は兵役に
つかせ有事の際には使い物になるように訓練しておく必要があるのだ。ネットでは韓国
政府の在日朝鮮人に対して新しい法案を実施する事が決定したというニュースをよく
目にする。それは在日朝鮮人への兵役推進であり、もし兵役逃れをした場合は財産を没収
するというものだ。さらに韓国政府は在日に対して滞納住民税や所得税を過去50年にさか
のぼりまとめて請求する方針で拒否すれば犯罪者として日本に引渡しを要求するらしい。
在日包囲網は着実にせばめられているようである。

韓国は現在財政が悪化しており、在日の持っている財産が宝の山のように見えているのだ。
日本の戦後の混乱期に潜りこんで、やりたい放題をやってきた在日朝鮮人も、そろそろ粛清
され始めたという事だろう。彼奴らは政界や、警察、マスコミ、司法などに素性を隠して日本
人と偽って埋伏していたが最近では多くの同胞を各機関に送り込んだとして安心したのか
最近では傲慢不遜な態度をあらわにしている。あまりにも露骨なので化けの皮が剥が
れてきたようだ。それでもまだ真実を突きつけるとレイシストだとか何とか言って、言い逃れ
しようとする。韓国においては祖国を捨てた裏切り者、日本においては日本人に仇なす厄
病神のような存在、それが在日朝鮮人なのである。
そんな在日もそろそろ年貢のおさめ時か、資産家や有名人や政治家の在日も新法案の対象
者になっており、韓国政府の本気度が垣間みえるようだ。早く全員本国に送り返してほしい。

現在韓国は北朝鮮と睨み合っているが米軍が来年撤退したらどうなるのだろうか。韓国は後
ろ立てを失うので不利になるのか?北朝鮮の方はどうだろうか。北朝鮮の後ろ立ては中国で
あると思うが、しかしこの関係も不穏である。北朝鮮のナンバー2が最近粛清処刑されたが
この人物は中国と繋がりが強かったようである。よって北朝鮮を中国に売り渡そうとして発覚
し、一族もろとも処刑されたのではないだろうか。そうなると北朝鮮は韓国ばかりか中国も敵
にしなければならず、孤立してしまうので、拠り所を求めて日本に歩みより、拉致被害者捜索
の話を持ちかけてきたのではないだろうか。

さらに特ア、日本、アメリカの動静を冷静に見ている国がある。六ヶ国協議国の一つである
ロシアである。ロシアはは共産主義を捨てユダヤ資本も排除した国である。故に現在ある
意味最も健全な国と言っていいかもしれない。ロシアの大統領はプーチン氏であるが民主化
と同時に入ってきたユダヤ資本を巧みに欺いて駆逐した手腕は、さすが元KGBといった所
だろう。そのプーチン氏と日本の安倍総理は蜜月の関係だというが、安倍総理も・プーチン
氏の政治手法がわかっており、ユダヤ資本の殲滅に賛同しているように見える。逆にアメリ
カのオバマ氏に対しては、ユダヤ資本勢力側の人間だとわかっていて、すげない態度をとっ
ているように見えてならない。
ロシアは今クリミア半島問題をかかえているが、クリミア半島には旧ソ連時代からの軍事基
地や軍需産業工場があり、ウクライナが西側EUと手を組んでしまうとユダヤ資本側に軍事
情報がだだ漏れになってしまうので非常に困るという事のようである。
よってロシアは欧米の動きに敏感であり、陰で操っているユダヤ資本に対する危機感が強い
のである。ロシアは共産主義国ではなくなったが、中国や北朝鮮とは、くされ縁があり第2次
朝鮮戦争が勃発したならば北朝鮮に加担するかもしれない。しかし現在のところ朝鮮戦争
が始まっても介入しないとは言っているようだが。

本当に第2次朝鮮戦争が起こったらどうなるだろうか。同盟と言われている国同士でも不満や
嫌悪感がある中、いったいどういう事になるのか。多分表面的な構図は北朝鮮、中国VS韓国
、アメリカ、日本という事になるだろう。しかし介入同盟国は、この戦争をどこか冷めたような目
で見て、自らの国益に照らし合わせたような行動をとるのではないだろうか。
こうなってみると朝鮮戦争も共産主義VSユダヤ資本という構図なっているようだ。そこで想像
の範囲内でそれぞれの思惑のシナリオを推測してみたいと思う。
まずユダヤ資本の方であるが、ユダヤ資本勢力は韓国内部から操作して諸外国に反感を買
わせるようにして孤立させる。そうすれば、いざ戦争になったとき加勢してくれる国がないとい
う事になり劣勢になるだろう。1950年の朝鮮戦争の時は韓国にはアメリカ、イギリスなどの
他に多数の国が味方した多国籍軍であったようだが今回は世界中に反感を買われているの
でそれは期待できないかもしれない。ユダヤ勢力はそれが、ねらいで韓国と北朝鮮の均衡
を破る事にあり、戦争を起こしたいようである。戦争をおこせば自分らの軍需産業やその関連
産業で大儲けできるという事なのである。
韓国にアメリカなどの援軍がこないとわかれば北朝鮮は南進を開始するのではないだろ
うか。

そして共産主義勢力の方であるが、中国が、均衡がやぶられた北朝鮮半島に援護すると
いう形で軍事進行するだろう。戦争の初めは北朝鮮が有利に事を運ぶが南下するにした
がって補給路が伸び膠着状態になり両国とも疲弊する事となる。そこをすかさず中国軍が
なだれこんで各都市を制圧して共産圏に取り込んでしまえば漁夫の利という事で植民地化
が成功するといったところだろうか。
勝手な想像で各々の思惑を書いてみたが実際こればかりは起こってみなければなんとも
わからない。ひょっとしたら戦争は起こらず平和的な会談で統一される可能性もあるのだ。

それでは朝鮮戦争が起こった場合、日本はどうするのか。二つの選択肢があるようだ。アメ
リカとともに韓国に味方して支援するか、または完全に中立国宣言をしてしまうか、どちらか
であろう。中立宣言すれば日本に流入してくるであろう難民を阻止でき、日本に住んでいる
在日朝鮮人を本国に強制送還できると言っているサイトがある。「防止義務中立国宣言」
というのだそうだ。戦争のドサクサに紛れて在日朝鮮人が反乱を起こさせないようにするた
めのものだと言っているようである。
またどちらが勝つか負けるかわからないが朝鮮戦争が終結すれば在日朝鮮人は特別永
住資格を失い国外へ追放する事もできると言っているものもある。

日本にとっては朝鮮戦争が起こって中立宣言して在日を追い出してしまえばバンバンザイ
である。しかし北朝鮮、中国側が勝つと韓国という防波堤がなくなってしまい日本は共産圏
の脅威にさらされてしまう事にもなるだろう。
共産主義とユダヤ資本勢力、この二つの化け物は、これからもずっとせめぎ合って、人類
を苦しめ続けるに違いない。
お隣の国の韓国であるが近年おかしさがましている。日本に対して従軍慰安婦や竹島の
問題で日本を敵視しているのであるが、最近朝日新聞の従軍慰安婦記事の捏造の発覚
により韓国側も慰安婦問題などないという事がわかっていながら謝罪や賠償を要求してい
る事が鮮明になったのである。日本の反日勢力が勝手に作った捏造記事の尻馬に乗った
という事だろうか。韓国側の反社会勢力と連携しているとも考えられる。
アメリカに、いくつも慰安婦像なるものをつくって日本人を貶めているようだが、ひと昔は韓流
ブームとかいって日本語を覚え込ましたミュージシャンをどんどん送り込んできた。あれは
いったいなんだったのだろうか。下種な手を使って日本にちょっかいばかり出してくるようだ。

また日本ばかりでなく最近では他の国からも批難されまくりである。韓国人は海外でマナー
が悪いようで韓国人に対して非道徳行為を禁止するようなポスターを出す国が現れ
ているようだ。そしてこの間、開幕した仁川アジア大会であるが、これも酷いものだった。
バドミントンの空調操作による他国選手への不正、選手用の弁当からサルモネラ菌
の検出、選手村の設備の不備、競技の疑惑の判定など、まるで世界中を敵に回したいとで
も思っているかのような所業であった。

それから韓国は自国内の政治や設備環境や事故対応でもかなりおかしな事をやっている。
この前起こった遊覧船の沈没事故であるが、事故自体も不自然な起こり方でしかも事故後
の政府の対応もかなりおかしかった。またデパートの崩落事故や原発の放射能もれなど
公共施設の安全性などもないがしろにされているようだ。

いろいろ上げてみると韓国人というのは、人の弱みにつけ込み、プライドが高く傲慢で、
いい加減で、うそつきというようなイメージになるようだ。
朝鮮人の性質、習慣などの国民性であるが、朝鮮半島民族というのは儒教の国であり、
上下関係がきびしく、男尊女卑でもある。また仕事に精を出して働く者は下層のものだと
いう変な概念があり、仕事に対してあまり身を入れないようだ。また他人の弱味を握ると
たたみかけて責めてくるという事である。韓国人は、やさしさを見せる人間を弱い人間とし
て見て、遠慮深い人間など弱い人間だと思いこみバカにして高圧的な態度で接すると
言われている。
そして韓国には次のようなことわざがある「溺れている犬は棒でつついて沈めてしまえ。」
というようなことわざがあるが、人の立場が悪くなったら機を逃さずに追い討ちをかけて叩け
という事なのだろう。このような陰湿なことわざは他のどこの国でも聞いた事がない。
更に朝鮮民族というのは昔から近親相姦が多く遺伝子の一部に異常があるそうだ。
自己中心的で、自己陶酔的、気に入らない事があると火病を起こし、どうにもならないとわ
かると鬱になり、自殺者率も世界でトップクラスだ。
これだけの事を書いてみると相当な民族だという印象を受ける。しかし朝鮮民族がこのよう
な傲慢さと卑屈さという二律背反のジレンマに陥った背景には周辺国との苦い歴史に原因
があると言われている。朝鮮という国は中国の属国だあった時期が長く、また日本からの
圧力も多かったようだ。大国二国にはさまれて、二股外交をする事もあり、いつも窮々とし
ていた。そんな環境で暮らしていた朝鮮民族はいつの日か鬱屈した国民性になっていった
のではないだろうか。

日本で反日活動を行っている朝鮮人は朝鮮戦争時に済州島からの流入した者が多いよう
であるが、これらの人間は朝鮮半島でも蔑視されているような最下層の人間だと言われ
ている。本来のエキセントリックな性質に加えてさらに虐げられて屈折した人間性をもつのが
在日の朝鮮人であり、現在の日本を傾けている連中である。
この連中は日本の政界や公務員、マスコミ、芸能界に潜り込み、暴力団にも多く、また犯罪
者になる率も日本人より高い。本当に恐ろしいのはこの一部のなりすましの朝鮮人なのだ。
嘘や謀り事ににたけており日本人にわからないように自分らだけに有利な社会をつくってきた。
日本人もそろそろ目を覚ますべきだろう。

それにしても現在の韓国はおかしくなっている。仁川のアジア大会の失態にしても、世界に
進出している韓国人の素行にしても、まるで各国に喧嘩でも売っているかのような感じで
ある。まさに自虐的だ。韓国内では反日ならぬ反韓勢力のようなものがあり、内部を引っ
掻き回しているように見えてならない。(ひょっとしたら反日勢力とイコールか?)今は
アメリカ軍が駐留しているがそれももうじき撤退するようだ。そして韓国はアメリカさえも
激怒させるような事をしている。下の写真だが、これは2015年にソウルに完成予定の
高層ツインビルのイメージデザイン図である。明らかにアメリカの9.11同時多発テロを
連想させるものなのだ。

kankoku-ttt
      ソウル竜山ツインビル

ここまで嫌がらせだとわかる露骨なものをつくるという事は国の意志ではなく、何かしら闇
の権力が働いているとしか考えられない。これでは外交もクソもないだろう。
韓国政府はもう末期的な状態だと言っていいかもしれない。今後も韓国政府は他国を貶
めるような事を続けるに違いない。日本もさらに警戒しなければならないようだ。

                             次回に続く




反日勢力は政治家や芸能人などを罠にかけて悪人にし立ててから抹殺するようだ。例え
ば東村山市の市議会議員だった朝木明代議員の転落事故だがS学会が関与していると
言われている。朝木議員はS学会の脱会者の救済活動をしていたと言われているが、
その活動中に命を絶たれた。転落死の前に万引き事件をでっち上げられて悲観の末の
自殺にし立てられたようである。また、元衆議院議員の中川昭一氏は、ローマでの朦朧
記者会見後に自殺したと報道されたが、これはワインに薬を盛られたと言われており
そのあと自殺にみせかけて謀殺されたと言われている。記者会見の映像では酔っ払っ
ているように見え、外国の会見場において非常に不謹慎という事で責められ、それを苦に
しての自殺という事にされたのである。これはどこの組織がやった暗殺かよくわからない
が反日勢力であることには違いないだろう。また芸能人も多くの人間が犠牲になっている。
例えば漫談家の牧伸二氏であるが多摩川の橋からの転落自殺と報道されている。しかし
その自殺の前に牧氏は自分の所属している東京演芸協会の資金の使い込みをしていたと
いう事にされていたのだ。これも冤罪を被せられて謀殺されたと見ていいのではないだろ
うか。牧伸二の兄弟弟子のポール牧氏も自殺している事から何かがあると思われる。

また殺されないまでも窮地に追い込まれる事もある。つい最近あった、みのもんた氏の息子
の事件である。人のキャッシュカードを拾って、そのカードを使用し現金をおろした、というもの
であるが本人が完全否定しないので誘導されて、そのような状況になってしまったとも思わ
れる。父親の、みのもんた氏も女子アナウンサーへのセクハラ映像が問題になっており同時
に窮地に立たされたわけで、タイミング的に画策されている可能性が高い。
みのもんた氏はテレビ番組で”秘密のケンミンSHOW”という番組の司会をやっており、その
サブ司会に創価学会の久本雅美が起用されている。みのもんた氏と久本雅美の間でなにか
あったのではないだろうか。久本雅美と関わると何かしら不幸になるようだ。久本雅美が
司会をやっている”メレンゲの気持ち”という番組に出ていた芦田愛菜は急にテレビから姿が
消えてしまった。恐ろしいことである。

話が少しそれてしまったが、集スト被害者ではない一般の人でも罠にかけられて窮地に追い
込まれる場合がある。私事であるが、集スト被害者になる前に1ヶ月の間に2度落とし物を
拾った事がある一度は財布、もう一度は携帯電話だった。すぐに拾った場所(駐車場)の店
のカウンターに届けたが、もたもたして持ち続けていたらネコババという事で罪を被せられた
かもしれない。へたをすれば、みのもんた氏の息子と同じような事になったかもしれないのだ。
集スト被害者になる直前には、他にもいろいろ、おかしな事がたくさんあったが、このような事
も一つの攻撃のための仕込みだったのかと集スト被害者になってからは考えるようになった。

あとこれも集スト被害者になる前の事であるが、ある日銀行に現金をおろしに行った時の事
である。ディスペンサーを使用して金をおろし明細書が出てきて、それを見て驚いた。残高が
数百万増えているのだ。そのときは記載ミスだろうぐらいに思っていた。そして次に現金をおろ
しに行った時、元の残高になっていたので、ひょっとして何百万かおろしていれば自分のお
金になっていたかなあ、とバカな事を考えたのだが、そんな事はあるはずがないと思い、
あまり気にも留めなかった。しかし最近テレビのニュースを見ていて「あ!」と驚いたのである。
そのニュースはどのようなものかというと、ある主婦が銀行の間違いで自分の預金口座に
振り込まれてしまったお金をおろして着服したというものだった。まさに私が体験した事と似た
ようなものであった。私は金をおろしはしなかったものの、もしあの時入金分を他の口座に移し
変えていたら犯罪者として捕まっていたかもしれない。ニュースでは警察に連行される主婦が
映っており氏名も公表されていた。人の心理の弱点をついた計り事だと私は思った。反日組
織はこんな卑劣な罠もしかけてくるのである。

また敵方は被害者自体を利用して他の人間を抹殺しているようである。それは少し前に
あった踏み切り事故のニュースを見てみると手法がわかる。事故にあったのは女性であっ
たが、この女性も誘導されて事故死にいたったのではないだろうか。女性は踏切内に倒れ
ていた老人を助けようとして自ら閉まっている踏切内に入り電車にはねられたという。この
女性は正義感が強いと言われていたようだ。踏切内に倒れていた老人というのは何かし
らの電磁波を浴びせられて倒れたのではないだろうか。私も普段強制的に心臓の動悸を
起こさせられるので、老人ならなおさら効力があるだろう。この事故は被害者を囮にして反日
どもの気に入らない人間を消そうというそんな匂いがしてならない。

さらにその少し前にはこれも踏切事故であったが踏切内に入った自殺願望の女性を助けよう
とした警察官が犠牲になった。これも、自殺願望の女性というのは集ストの被害者で自殺に
誘導させられ、その女性を囮に警察官も誘導されたのではないだろうか。
この警察官も正義感と使命感にあふれる人物だと言われていたようだ。もしこの推測が本当
ならば、なんと卑劣で残忍な連中であろう。人徳のある人間はどんどん潰していくという事だ
ろうか。

それから命の危険というレベルではないが、被害者の多くの人はヘリコプターの威嚇を何度
も受けていると思う。もしヘリコプターの出動が頻繁に行われているのを人に不審に思われ
たら警察や自衛隊はなんと言い訳するのだろうか。たまたま殺人犯が我々の居住区に逃げ
込んだという事なら捜索という事で納得できるがそれも稀である。ではどういう理由にすれば
いいか。それは認知症の徘徊老人を探索するためだとすればいいのである。それならば何回
でも飛ばす事ができるだろう。事実私の地域では徘徊する痴呆老人が多く、探索のため老人
の容姿などの情報がその都度消防署の拡声器から放送される。その後にヘリコプターが
バタバタとやって来るのである。徘徊する認知症の老人なども、私はテクノロジー犯罪の被害
者ではないかと思っている。よってこれも被害者を囮に使った集スト工作の一つだと言っていい
のではないだろうか。

集ストは人が思っているよりも複雑な因果関係を駆使して成り立っているのかもしれない。人
と人を誘導して不幸の連鎖を生み出している、そんな気がしてならない。
自分が被害者だと自覚している人も、そうでない人も怪しいと思ったら充分注意すべきだろう。
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 日本の闇と集団ストーカー all rights reserved.
プロフィール

nezuking

Author:nezuking
FC2ブログへようこそ!
集団ストーカー被害者です。集団ストーカー記事の他に
日本の理解し難い闇世界を掘り下げていきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
SOS

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR