kokki

韓国の国旗は他の国のものとは違って、なにかしらの暗示を感じさせるデザインである。
昔から見ているのだがなぜか日本の国旗をベースにしているようにも見える。
日韓併合のなごりから、このような国旗にしたのだろうか。真ん中の日の丸を二つ巴に
して下部を青く塗り、斜め四方向に占いの卦のマークを配している。
最近私はこの国旗が日本の日の丸をベースにしているのならば、周りに配置した卦に
なにか意味があるのかと考え始めた。卦とは易で算木を数えて得たしるしの事で、その
組あわせで吉凶を占う占いである。
ネットでこの卦の意味を調べてみると、周りにある卦のマークは左上から反時計周りに
「ケン」、「カン」、「リ」、「コン」だそうで、意味もいろいろとらえ方があるようだ。順に
「北西」、「南」、「南西」、「北」という方位の意味。また「天」、「地」、「日」、「月」を表す
意味。また「父」、「次女」、「母」、「次男」と家族を表す意味などがあるが、こういった
意味もあるようだ。「恨み」、「悪意」、「憎悪」、「破滅」といったおどろおどろしい情念の
暗示だ。
真ん中の二つ巴の本来の意味は陰陽道の陰と陽を表し白地と黒地の合わさったマーク
なのだが、日の丸の赤を青い巴が侵食したような図柄になっている。
二つ巴の意味は世界は二つの極の要素で成り立っているという意味で例えば、光と影、
善と悪、男と女というような対極の世界観を現しているそうである。なぜわざわざ赤と
青にしたのだろうか。
私はこの国旗が、日本に対してある暗示をしているように見えてならない。陰陽道とは
陰陽師が使う呪術でもあるのだ。憶測であるが日本を呪うという意図があるのではない
だろうか。日の丸の赤を半分病気で青ざめさしたような図にし(半分日本を乗っ取った
ような図にも見えるが)四つの卦という悪の寓意で日の丸をとり囲んでいる。もしこれが
意図されているものであったとしたら、この韓国という国が誕生した時から反日国家とし
て歩んでいこうという強い意志を持っていた事になる。

だが朝鮮半島のすべての人間を反日だと決め付けるわけにもいかない。現に日本統治
下の韓国は良かったという人間もいれば、日本において在日朝鮮人でありながら集スト
被害者になっている人間もいる。少数ではあろうが韓国には親日家もいるらしい。
それらに反して国全体がまるごと反日の道具にされているというのが現状かもしれない。

日本の国旗を陵辱しているような国旗ではあるが、自分たちの国旗でも当然あるのだか
ら、その不吉な影を自らも背負わなければならないだろう。国旗というものはその国のポリ
シー、思想、象徴などを表すのが普通である。宗教的なものや占術的なものを安易に
使用するのは国の存亡にもつながりかねない。
朝鮮半島は今いろいろな問題を抱えている。即、有事となり得る危険性が高いのは日本
より朝鮮半島であろう。現在の韓国国旗の図形は亡国に突き進んで行く船の羅針盤のように
私には見えてならないのだが。
スポンサーサイト
加害者側は被害者に対していろいろな実験を試しているようだ。これは一年前ぐらいに
起こった出来事である。朝起きてみると足元がおぼつかずふらふらして立つことができ
ず、ベットに尻餅をついてしまった。その症状は1分くらいしてから無くなったが、これは
一体なんなのだろうと思い不安になった。
その夜のNHKの番組でギランバレー症候郡という病気をテーマにした番組をやっていた。
ギランバレー症候郡という病気は人体の免疫システムが自らの細胞を攻撃し神経を遮断
して立つ事さえできなくなってしまう病気である。女優の大原麗子がこの病気にかかって
亡くなった事でも広く知られるようになった病気でもある。
その番組の構成は病名をあえて伏せて3名の研修医に症状をビデオで見せてどういう病
気であるか当てさせるというものであった。出題者役の医師は番組が進行し病気の正体と
そのメカニズムを解説してから最後にこうしめくくった。「この病気は不治の病で死を待つ他
はないです。ご家族のかたは患者さんを見守り・・・云々」と、私は自分がギランバレー症
候郡になってしまったのではないかと酷く心配になってしまった。そして次の夜、不安をかか
えて就寝したのだがその4~5時間後に足にビリビリと振動が伝わってくるのがわかったの
である。これはどう考えても作為的なものだと感じられるものだった。
結局これらの正体は下半身に何かしらの電気信号を神経に送り足が痺れて立てないような
状態(正座をした後の痺れ)にし、さらに電磁波か超音波でめまいを起こさせるという複合の
偽装工作だという事がわかった。これならまともに立てるわけがない。
自分でもこの病気をネットで調べてみたがギランバレー症候郡は決して不治の病などでは
なく7、8ヶ月たてば8割の人は自然に治るという事が書かれていたのである。
よくもまあこんな嘘八百の工作をしてきたものであるカラクリがわかればなんと稚拙な脅かし
であろう。大原麗子もこのような集ストの偽装工作の犠牲になったのだと思うと残念だ。
驚くべきはNHKさえも使って病気を信じ込ませようとする加害者集団である。NHKは売国分子
の局員が多いと聞くがその通りかもしれない。またギランバレー症候郡が不治の病だと言った
医師は何者であろうか全く医師として、さらに人間として恥ずかしくないのだろうか。
反日組織はいろいろな手を使って被害者を追い詰める工作を行ってくるが被害者の皆さんは
決して騙されてはいけない。
反日勢力は一枚岩ではない。日本を手中にしようとしている勢力は複数あると私は考えて
いる。先の都知事戦でその縮図を垣間見る事ができるのではないかと思う。主要な立候補
者は4人、自民公明が推す舛添氏、共産党が推す宇都宮氏、小泉元首相が推す細川氏、
そして保守層が支持する田母神氏である。都知事戦は舛添氏の圧勝に終わったが舛添氏
は当選以前から悪い噂が付きまとった。借り入れ金2億5000万円の問題や在日朝鮮人
であるという噂、妻が創価学会員である事などいろいろ言われ、ネットではその事がクローズ
アップされていたのだがマスコミはお約束通り取り上げるところはどこもなかった。
私は前都知事の猪瀬氏は反日側のトラップに引っかかって辞任に追い込まれたと思っている。
反日側はどうしても在日の人間を都知事のポストに据えたかったに違いない。それを知らない
都民は、ただネームバリュウがあるから、ぐらいの感覚で投票したのだろう。無知ほど恐ろし
いものはない。当日の天候が悪すぎたのも組織票を活かせる原因となってしまったようだ。

それはさて置き4人の候補者のバックの団体なのだが鮮やかに各々のスタンスの色あいを
濃く表わしているように思われる。そこで少し乱暴な分析の仕方だがそれぞれ4人の獲得した
票数を現在のそれぞれの勢力指数ということで表して見ることにしてみる。公明、創価学会
の代表である舛添氏(自民本部は推す事に消極的だった。)が210万票、共産党代表の宇
都宮氏が98万票、ユダヤ資本、統一教会代表の細川氏(反日小泉氏に担がれた?)が95
万票、そしてこの中で一番健全だと思われる保守代表の田母神氏が61万票である。他の
候補者の票数は申し訳ないが無視することにして4人の票数を合計して各々の票数が全体
の何%あたるか計算してみると、舛添氏が45%、宇都宮氏が21%、細川氏が20%、田母
神氏が13%である。これがそのまま現在の勢力の大きさと言えるかもしれない。悪天候の
ため浮動票が多く除外されたという事をふまえてである。割合を見た限りでは創価系が半分ぐ
らいあるということか、浮動票が含まれているにしても他を大きく引き離しているだろう。共産、
ユダヤ資本系はこんなところだろうといった感じだが、田母神氏の13%を少ないと見るかそれ
とも健闘したとみるか。つい最近浮上して出馬した田母神氏が13%というのは今後期待でき
るのではないだろうか。ネットの普及により正しい実情を判断できる層が台頭してきたという
表われでもある。
私は早く自民党が公明党と決別して袂を分かち新保守党を立ち上げるであろう田母神氏と連
立する事を願って止まない。これがなされれば日本の反日汚染除去は倍の速さで行わ
れるに違いない。期待したいものだ。

あと本記事にユダヤ金融資本勢力の事をかいたが、ピンとこない人も多いと思う。世界的に見
れば世界各国を窮地に追い込んでいるのはこの勢力だと言ってもいい。リーマンショックも、
この勢力の陰謀だと私は思っている。俗にフリーメイソン、イルミナティーと言われている団体
とイコールなのかも知れない。これらの事はあるサイトで詳しく書かれているので一読されたら
よいと思う。サイト名は”日本人が知らないニッポン”というサイトで、URLは
www.thinker-japan.com/thinkwar.html
これを読むとアメリカもすでにこの勢力に支配されている事がよくわかる。アメリカの1ドル紙幣
にイルミナティの目が印刷されているのはなぜか。国連を実質支配しているのはどこか。
ケネディ大統領暗殺の真相も納得できる理由が書かれている。世界の闇を暴いているサイトと
言っても過言ではない。読むに値する記事が豊富なサイトである。
”ドラマによる仄めかし”の記事が気に入らないようだな。パソコン画面をピンク色にしたり
電源を切ったり、街宣ではかなりきつい攻撃だった。よほど公開されたくないものだという
事がわかる。そんなにこの記事が気に食わないなら一端取り下げることにする。
その代わり、ブログ”集団ストーカーに遭ってから”のkimaririsさんへの執拗な攻撃をやめよ!
もし止めないのであれば再度掲載することにするので覚えておけ。












// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 日本の闇と集団ストーカー all rights reserved.
プロフィール

nezuking

Author:nezuking
FC2ブログへようこそ!
集団ストーカー被害者です。集団ストーカー記事の他に
日本の理解し難い闇世界を掘り下げていきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
SOS

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR