集ストの待ち伏せは現在も執拗に繰り返されている。それは人間も車も同じである。そ
のタイミングは時に神業と言ってもいい程緻密である。前回は被害者自身が人や車を引
き寄せるのではないかと書いたが今回は心理学的な面から考えてみようと思う。

ユングの提唱したシンクロニシティーというものがある。これを直訳すると‘共時性原理‘
あるいは‘意味ある偶然の一致‘ということだそうであるがこれは集ストにも取り入れら
れているのではないだろうか。ユングは‘世の中のものは全て繋がっていて互いに連動
している。‘と言っている。‘シンクロシティーを起こそうとするならその繋がりからア
クセスするしかない‘とも言っている。これは次のような解釈がされている。

人間の心の構造は4段階にわかれている。
一番上にあって表面に現れている意識が私たちの普段の意識状態である。
二番目は「個人的無意識」であり表面意識が知っている事よりずっと多くの事を知ってい
て人が眠ると夢などで活動する。
三番目は非常に深いところにあり殆どの人が意識する事がない「集合的無意識」である。
人類は皆ここで意識が繋がっておりそのため連鎖反応がおきる。
そして四番目はもはや心とは呼べないもので、それは自然そのものの領域で人間という
種を超えて、世界にあるあらゆる物が繋がって場所である。それはもしこの状態を完全に
意識できるようになれば私達が想像もつかないような事ができるようになるという事で、
理解できる範囲では千里眼や、テレパシーなどの超能力などである。

集ストに利用されているとしたら三番目の集合的無意識かもしれない。こういう現象に会
いやすい人は偶然などを超自然現象として信じる人に多いと言われる。よって自分の身を
集スト網の中にゆだねてしまい、より奇妙な世界を体験することになるのかもしれない。
先に記した‘意味ある偶然の一致‘というのは加害者にとっても被害者にとってもまさに
意味のあるものである。つまり加害者と被害者がこの事象を意識すればするほど集合的
無意識によってひとつのメカニズムのような構成世界に組み込まれてしまうのではないだ
ろうか。

集団ストーカーを理解しにくい解決しにくいものにしているのはこういった超心理学が応
用されている可能性もあるのである。これらの現象を科学的な見地から解明するとなると
量子力学を考えなければならないかもしれない。

スポンサーサイト
車のアンカリングは非常に多くて緻密である。車で外出してはじめに後ろに付くのが90
パーセントがゾロ目ナンバーである。また走行中に急に脇から目の前に入り込んでくる車
があったり、停まっていた車が私が近ずくと急に発進し始めノロノロと私の車の前を走っ
ていたりすることもあるのだ。被害前には見たこともなかった四桁のゾロ目ナンバーをよく
見るようになったし、変な小細工もしてくる。たとえば77-77ナンバーの車が自分の
車の前にいたとする。その車が右へ曲がるため車線を変更して、いなくなり前の車のすぐ
後ろに詰めたとき、ふとナンバープレートを見ると77-77ナンバーだったなんて事が
2回あった。

これらは人がそうしようと思ってできるものではないと思う。いちいち携帯などで指示を受け
てできるものではないのだ。あまりにも瞬時で正確すぎる。それではどうやっているのか。
これは私の憶測だが生体通信で実行者に指示が送られているのだと思う。ただし指示を送って
いるのは人間ではなくコンピューターではないだろうか。最近のコンピューターは将棋もプロ
並に指すこともでき100手先以上、何十パターンの先を読むそうだ。車の進行方向なども
GPSで俯瞰から見下ろした盤面として見て予測して工作車を配送しているかもしれない。
被害者がフェイントをかけたとしても初めのうちは逃れたと思ってもそのうちまた始まって
しまう。困ったものだ。さらに憶測だが実行している者は意識してやっている者と無意識に踊
らされている者がいるようだ。後者の方が圧倒的に多く、被害者に嫌がらせをしているとは
思ってもいないかもしれない。まさにロボトミー化である。さらに可能性があるのだが被害者
がそうした車を引き寄せてしまう電磁波信号を送ってしまっている事も考えられる。よって
被害者の車にゾロ目車がどんどん集中してまうとも思われる。

こういったコリジョン(遭遇、衝突)は車に限ったことではない。被害者が道を歩いているとき
に人がたくさん現れたり、動物あるいは虫などが現れ、ぶつかってくるなど波長を合わせられて
いる可能性も否定できない。
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 日本の闇と集団ストーカー all rights reserved.
プロフィール

nezuking

Author:nezuking
FC2ブログへようこそ!
集団ストーカー被害者です。集団ストーカー記事の他に
日本の理解し難い闇世界を掘り下げていきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
SOS

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR