fc2ブログ
闇勢力による犯罪の一要素としてマインドコント
ロールがある。これは集団ストーカーにも使われて
いるものである。このマインドコントロールに
よって、人は精神が操られて、操り人形になったり
極度の鬱になったり、自殺などをしたり、犯罪を
起こしたりしているのではないかと考えられる。
今回はそのマインドコントロールを再度、考えて
みたい。

闇勢力のマインドコントロールのルーツは1950
年台のCIAの「MKウルトラ計画」であったと
言われている。実験をしていたのはCIAの科学
技術本部というところで、多くの人間が実験材料に
されたと言われている。表むきは軍事作戦のため
の実験であるということであるが、真の目的は米国
民の洗脳である。無意識な奴隷を生産し自分たちの
計画に利用しようとしたのだ。LSDなどの薬物を
投与したり悪魔的な映像を見せたり電気ショック
などの拷問まがいのことをしたという。被験
者は甚大なトラウマと傷を負ったようだ。その実験
が人間に及ぼす影響だが、受けた人間の中には精神
が壊れ現実から乖離してしまう者もいたということ
である。乖離状態になると、その人間とは別の人格
を注入することが可能になるそうだ。これによって
結果、多重人格者になった被験者は催眠術のような
手法でさらに具体的な命令に従う傀儡になりそれ
ぞれ奇異な行動を起こすということになる。彼らは
洗脳プログラミングの犠牲者でもあるという事な
のだ。実験で生産されたこれらの奴隷は世の中に
放出されて数々の問題を引き起こすという事になる
のである。現在は薬物や拷問などの手法は取らず
とも、電磁波照射の手法で人格改変ができるよう
になったと推測できる。近頃のびっくりするような
殺人事件や自殺などは、本人が知らぬうちに人格を
いじくられて気がおかしくなってしまった者なので
はないだろうか。これはテクノロジー犯罪を知って
いる被害者だけが理解できる事なのだと思う。集団
ストーカー、テクノロジー犯罪の被害者はよく気持
ちの悪い夢を見させられたり、また電磁波で体に
ビリッ電気ショックをやられたりしているが、これ
らは昔の「MKウルトラ計画」のなごりなのでは
ないかと思えないこともない。

MKウルトラ計画の実験項目を書いてあるサイト
があったので転載させていただいた。つぎのよう
なことが行われたようである。

    MKウルトラ計画の洗脳実験方法

    ・自白剤を使用した尋問

    ・妊婦への投薬、赤ちゃんへの影響実験
 
    ・超音波を利用した記憶の消去実験

    ・LSDという麻薬を投与し続ける実験

    ・電気ショックを与える記憶消去実験

上記の超音波や電気ショックで記憶が消去できる
という項目は初めて知った。記憶が無くなって
しまったら、自分が何者かもわからずに、闇側に
いいように利用されてしまうだろう。ちなみに
MKウルトラ計画のMKはマインドコントロール
のドイツ語読みの略であるのと、超音波という
単語を英語に翻訳するとウルトラサウンドという
ものになるようだ。電磁波だけでなく超音波も
大いに加害に活用されている可能性が大である。
超音波兵器というのは実際に現存しているよう
であり、キューバの首都ハバナに駐在していた
アメリカとカナダの外交官が「超音波兵器」による
攻撃を受けたという報告がある。いわゆるハバ
ナシンドロームというものである。その被害は
ひどい場合は「軽度外傷性脳傷害や、中枢神経系
の損傷を伴う可能性」まであるという。
二人の当事者は報道陣に対し、この攻撃は「耳を
つんざくような大きな音で、昆虫の羽音や鉄で床中
をこするのに似た」音であったと述べている。
私も初期の被害の酷い時期に似たような体験を
している。頭の中で突然、バリバリバリという
雷鳴のような音が鳴る時があったのだ。あれは
酷かった。長時間やられていたら発狂していた
かもしれない。私の場合も超音波攻撃だったの
であろうか。その後、大きな音の攻撃は現在
まで皆無となっている。


あと上記の”LSDという麻薬を投与し続ける実験”
という項目では詳しい詳細が載っていた。下記の
ようなものである。

    
    1、理性や記憶、人格、判断能力をす
      べて破壊して、植物状態にする。
    
    2、その後、別の洗脳された別人格を
      植え付ける。

     1つ目の植物状態にする際に、LSDを
     使用して、強烈な電気ショックを与
     える事を、3週間ほど繰り返すそう
     です。
     麻薬の効果と、電気ショックによって、
     脳が白紙状態にする事ができるとの事。
     歩き方を忘れてしまった被験者や、
     家族の顔も思い出せない被験者もいた
     ようです。
     強靭な精神力を持つ兵士も、繰り返し
     行われる事によって、自我をなくし、
     赤ちゃんのようになるようです。
     LSDと電気ショックを使い、脳をリセ
     ットし、次に、洗脳状態を作り出し
     ます。
     具体的には、人物の刷り込みをする
     ための、映像をエンドレスで見せる
     ようです。この映像を見続けている
     うちに、自分が洗脳されていると
     いう事実も忘れ、別人格に置き換わっ
     てしまうのです。

以上のことから世の中の常軌から酷く逸脱した
事件を起こす人間はLSDの作用のある何かしらの
飲料水やガスなどを仕込まれている可能性
も否定できないのではないかと思う。また闇側の
テクノロジーにかかれば脳内に電磁波でLSDの
ような分泌成分を促すことが可能なのかもしれ
ない。それとも二つの併用であろうか。いずれに
してもロボットのような人間が作られていると
いうのは事実なのである。

現在、世の中はロボット化された人間が凶悪な
殺人を犯したり、また自我を失ったかのように
突然自殺してしまう人間が非常に多くなってきて
いる。また性的に異常な人間のスクープなども
多い。これらの人間は、人格をおかしくされて
しまった成れの果てなのかもしれないのだ。
殺人の容疑者がよく、パトカーで護送される際に
薄笑いをしている様子が映るがこれは、その人間
の本来の姿ではなく、魂を抜かれて悪魔が入り
込んだ姿ではないだろうか。
本記事のように人間の人格を別人格に入れ代える
ことができるなら、世界の要人を暗殺する人間
なども、いくらでもつくる事ができるだろう。
日本でも安倍元総理大臣が、洗脳されたかもしれ
ない人間に暗殺されたばかりである。
洗脳は、誰でも電磁波でされてしまう可能性が
ある。特に例のワクチンを打った人は、その中身
に何が入っているかわからないので要注意だ。

これからも、洗脳された人間が増え続けるに違い
ない。不条理であるが世の中はだんだんカオス化
しているようだ。しかし多くの人間は、悲しい
かな、その原因については無頓着で、真相を考え
ようともしないのである。

にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村

集団ストーカー被害者は、工作員に加害を受けて
精神的にも身体的にも、つらい思いをしていると
思う。私ももう10年以上、この気味の悪い
事象に翻弄されているのである。闇側の元組織は
大規模なものであるとは思うが、よくまあ、一人
の一般人に対して、これだけの手間隙をかけ、金
を使って嫌がらせをし続けることができると思う。
これは精神異常者でなくてはできないのではない
だろうか。 科学がまだ未発達な時代から闇勢力
は存在したと思うが、その頃から年を数えれば、
代替わりして一代分は、とっくに入れ替わって
いると思われる。創設者はもう存命していないの
に、悪の思想だけは連綿として受け継がれている
のだ。これはもう洗脳のレベルで受け継がれて
いるとしか思えないのである。この気が狂った
システムが世界中に暗黒の影を落としていると
いうことであるが、人間である以上、何かしらの
倫理のストッパーは働くはずなのである。しかし
それもとっぱわれているようだ。よくカルト宗教
の信者が狂信に走るように、闇側の人間たちも。
結局、何かしらのモノに取り憑かれているように
思えないこともない。となると人間の根本的な
サガというものにも疑惑が生じるということに
なる。けだし不可解である。

さて以前に工作員の種類などの記事をブログに書
いたことがあると思うが、今回は改めて気づいた
工作員たちの特徴などを記していきたい。特に
底辺の工作員たちである。

工作員のような仕草をする、作為のない身体のみ
を大袈裟に動かす人間も多くいるが(被害者の
目の前で足首をぐるぐる回す、こちらにケイタイ
を向けて操作しているなど)これらは電磁波で動
かされているだけで、被害者を意識しているもの
ではないと思う。 だがもう一歩進んだ、何か
しらの指示を受けて行動している人間も存在して
いるというのも事実だ。
そういった人物たちの私の体験例をあげていくと
次のようなものがある。

・他の被害者さんと喫茶店などで話していると
 必ず二人組みの人間がやってきて、お互い話
 もせずに、ひたすらこっちを伺っているよう
 な感じで、ずっと黙して座っている。

・映画観で座っていると二人組みの人間がきて
 横にドスンと座る。二人同士の会話は、一切
 なし。

・東京の妹のマンションに車で出かけた際に車
 を近くのコインパーキングから出そうとした
 際に7~8人の、とび職風の人間たちがそこ
 ら中に、たむろしており視線をこちらに投げ
 かけていた。

・ある日、車を運転していると、ずっと横を自転
 車で並走している若い人間がいた。その後に、
 ひと悶着。

・国道を車で走っていると暴走族のような連中が
 やってきて、少し追尾された。その後追い抜い
 て去っていった。

・電車の中で私の周りをウロチョロする人間がい
 た。(前にこのブログに動画をアップした)

と、こんな感じであろうか。これらの人間は、決
して、こちらにコンタクトを取ろうとはしない。
どちらかというと監視を仄めかしたり、威圧をして
いるだけのようである。

さらに中には、こちらにコンタクトをしてくる工作
員も存在する。次のような人間だ。

・自転車に乗って移動している際に、若い女の
 工作員らしい人間に呼びとめられる。ある店の
 道を聞いてきたのだが、私の言葉を解さないよ
 うで、黙ってずっと変な顔をしている。少し
 すると走り去って行った。集スト認識以前の
 出来事である。

・車である店の駐車場に停めようとして徐行して
 いたら、わきに停まっていた車が急に動き出し
 てぶつけられた。警察を呼んで対処したが、そ
 の間のその人間の態度からしてわざとやったよ
 うだ。当たり屋であると思われる。
 
これらの、工作員は、底辺の人間のようであり、
アルバイト感覚でストーカー行為をしているように
思われる。雇い主に集スト被害者は悪者だから、少
し嫌がらせをしてほしいと頼まれているのではない
だろうか。初めの6例の人間たちは憎しみだとか
敵意だとかをあまり感じなかった。ゆえに遊び感覚
でやっているということも推測できる。あるいは
債務者が断ることができずに嫌々、やらされている
可能性もある。
しかし安易にこの集団ストーカーの世界に片足を突
っ込むと自分にもその毒牙が襲ってくるという場合
もある。前々回のブログ記事で大阪のホテルから
集ストのビラをばら撒いた人物がもとは工作員で
あったというようなツイートがあったが、これなど
本当であるなら、自業自得ということになるだろう。
推測ではあるが、気軽にできて、お金がもらえると
いうことで若者は、つい話しに乗ってしまうのでは
ないだろうか。やる事は被害者の周りをうろつく
だけのものであり、工作員にとっては犯罪という
意識は低いだろう。しかし、この世界の裏を知って
しまい退こうとしても、内情を知ってしまったから
には、ずっと嫌がらせ要員として飼われなければ
ならないという悲惨な末路なのかもしれない。もし
抜けると言ったならば、それそう応の報復が待ち受
けているだろう。

上記のアルバイト感覚の人間たちのさらにグレード
アップしたのが反日系の団体、カルト宗教、左翼
系の団体などに所属している人間たちであろうか。
これらの人間は精神的にも、もうマインドコント
ロールされており、金の問題など関係なく、被害者
に加害してくると思われる。犯罪をやっているとい
う意識は持っており、被害者のことをよく知らない
にも関わらず憎悪さえもって、加害を続けている
ように思われる。そのわりには被害者の面前に現れ
て、露骨な悪さはしないような感じだ。裏から被害
者の悪い風評を流したり、立場を悪くするように
誘導したりと狡猾に動き回るのである。また被害者
の近くに住んでいて、騒音やら、電磁波などを、
ばら撒いている者もいる。どこかの悪しき団体に
所属して内部の暗号文書なども読める教育された者
もいるようだ。そういった人物を電車内で見たこと
がある。しかしこれらの人物も時がだいぶ経てば、
おはらい箱になるという運命だ。私の家の一代目の
隣家の加害者は自殺しており、その次に引っ越して
きた加害者は死んでこそないが、脳梗塞になって
救急車で運ばれているのである。悪に加担した者の
末路は悲惨だ。それでも、こういった人間も絶える
ことはないのかもしれない。不幸な人間を作り出し
て、宗教団体にでも入らせればいいのである。方法
はいくらでもあるだろう。家族の不幸でも、借金
でも、冤罪でも、いろいろできるので、どんどん
補充することができると思われる。負の連鎖は続い
ていくことになるのだ。

最近X(ツイッター)でこんなことを言っている
人物がいた。集団ストーカー被害者のツイートで
あるようだが、被害が無くなったというような事
を言っている。よく読んでみると、どうやら
宗教団体の”幸福の科学”に入会したようである。
もし被害者が創価学会から被害を受けていたとする
ならば、対抗策と言えないこともないかもしれな
いが、危険を感じる。私はカルト宗教はすべて同
じ穴のムジナだと思っている。仮に初めは、無害
の団体だとしても、すぐに他団体の工作員に潜入
されて闇側に落ちているかもしれないからだ。
いずれにせよその宗教に入って洗脳されなければ
いいのであるが、されてしまった場合、今度は
その人間が加害者側になって行動せざるを得なく
なってしまうことも考えられる。ゆえに安易に
宗教団体には入会はしないほうがいい。しかし、
被害者の中には被害がいまだに重い人もいて、藁
にもすがりたい人もいるだろう。なので完全に否定
することもできない。これは難しい問題なのだ。

私の場合は、被害が酷かろうが、死のうが宗教
には決して関わらない決意である。なぜならこの
集ストを含むすべての闇側の犯罪は宗教の上に成り
立っているように思うからである。ユダヤ教、創価
学会、統一教会、共産主義でさえ思想の宗教だと
言っていいだろう。一部のカルト宗教のおかげで
この人間の世界は腐り果てていると言っても過言で
はない。結局、人間の精神の弱さが宗教を生み出し
て増長させていくというなら、人間の精神が成長し
ない限り、歪な世界は延々と続いていくのだと思わ
れる。宗教に頼らない、神に頼らない世界。また
権力にもすがらない人の魂。それが理想の世界だと
私は信じたい。


にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村

日本は前々からアメリカのポチだということ
が言われてきた。しかし実際はそういった
親分子分のような関係ではなく、もっと悲惨
な奴隷に近い関係であったということがわか
ってきた。ネットのおかげで日本や世界の
裏側が明らかになってきたという事である。
今回は、闇勢力がどういったやり方で日本を
蹂躙して貶めているのかという話をすすめて
いきたい。

元自衛隊が日米関係の実態について次のように
証言している。日本という国は実際にはないと
言っているのである。

    日本の状況というのはですね。実際に
    は米軍が仕切ってるんですね。
    毎月2回、日米合同委員会というのが
    開かれております。それは外務省北米
    局長を中心とした官僚の最も上の人
    たちが、米軍の指示を仰ぐという、そ
    ういうものです。それによってこの国
    は動いています。この構造を実は元
    鳩山総理大臣も今年になって初めて知っ
    たというような状態で政治家も本当に
    何もわかってなかったわけですよ。で、
    そういった日米合同委員会が裁判所も
    動かしていると、日銀も動かしている
    と、すべての省庁を操っているわけ
    です。いつも悪い方について手先にな
    っているという事は知っていると思い
    ますよ。私、自衛隊におりましたけれ
    ども、敵味方識別装置ってありますね。
    あれはアメリカが作ってそして、その
    コードを変える、そのコードまでアメ
    リカの指図です。つまり自衛隊という
    のは日本軍じゃなくて米軍のポチと言
    いますか、そういう状態なんですよ。
    日本政府もそうなんですよ。日本とい
    うような国は実際「ない」んです。
    スタートからそうだし、今も存在しな
    いんですよ、本当は。だから日本人が
    自分の国なんて言っているのは何の事
    なのか本当はわかってないんですね。
    ユダヤマフィヤの道具に過ぎないんで
    すよ、実際。で、そのことをまず国民
    が知らなきゃいかんわけですね。

ということであるが、酷い話である。太平洋
戦争に敗戦して以来、日本の中枢である政府や
省庁は、裏においてはもはやアメリカに隷属
させられていたということなのだ。戦争に負け
て侵略されなかっただけ良かったということ
も言われそうであるが実質上はアメリカの植民
地である。ずっと以前から日米合同委員会と
いうものの存在は知っていたが、要するに、
その会合ではアメリカの、いや白人ユダヤ
勢力の指図を日本人が受ける場であったとい
う事だったのだと思う。現在もそれが続いるの
だろう。そこで話された受け入れ難い内容の
ものを岸田首相はハイハイと聞いて実践して
いるに違いない。またその岸田首相の周りにい
る大臣たちも同じであろう。この人間たちは、
アメリカユダヤの意のままにものごとを遂行
しているように思われる。例をあげれば特に
河野太郎大臣などは毒ワクチンに奨励、コオ
ロギ食の推奨など、悪の手先かと思われるもの
を推進している。またLGBT法の推進は岸田首相
の意向が強く、反対意見多数にも関わらず
強引に法案化してしまった。また政府はムー
ンショットなる奇怪な政策を実施しようとして
いるのだ。人間とAIを電気的に接続して新次元
の世界をつくろうと模索しているのである。
このような気味の悪い立案は闇勢力が絡んで
いなければ話しさえ出なかったはずである。
日本という国の元首は自身の意志などまったく
問題にされない情けない立場であるということ
なのだ。本当に悔しい限りである。

上記の元自衛隊員の話の中に元鳩山首相がアメ
リカ主導の政府だという事を知らなかったとい
うものがあるが、本当にそうであるならば、
民主党が政権をとってみて初めて政権の裏事情
がわかったということであろうか。
また少し前の話になるが、、平成6年に社会党
の党首が総理大臣になった事があった。自民党
が下野して日本新党が政権の座についたその後
自民、社会、さきがけの党が連立して政権を奪
い返し、その時に総理大臣に選出されたのが、
社会党の村山氏であった。当時、自民党は思想の
全く異なる社会党に連立の打診をしたのだが、
その条件として、社会党の中から総理大臣を
出すという確約を提示したのだ。これはいわゆる
「毒まんじゅう」と言われるものである。社会
党は政権の座につくと自民党が今まで縛られて
いた政治の裏側というものを見てしまったようだ。
日米安保条約、非核三原則、在日米軍の存在、
政府が被告となっている様々な裁判の状態、それ
らの裏を知ってしまったのである。大蔵省も同様
で予算というものの裏を知ってしまった。様々な
不明確な支出が「何に使われているのか」を知っ
てしまい、そのために社会党は、連立解消後も、
政府の方針に反対することが困難になったという
事である。その当時、私は、それほど政治に関心
が無かったので,これらの話はアメリカが少し優位
に立つぐらいの、しばりだと思っていたが、内容は
現在のネット情報によれば、ほぼ隷属のような惨
めなものである。
国民の多くはこういった事を知らないので、まっ
たく危機感がなく、自分らの稼いだ金が税金とし
てどこに、ばら撒かれているのかということも
知らないという有様だ。特別会計という全く不透
明な闇は現在も継続しているし、海外への怪しい
金のばら撒き。意義が薄い軍事費の増額、効きも
しないどころか毒のワクチンの大量の買占め、そ
して廃棄。など不審感がつのるものばかりである。
ワクチンなどは12兆円ぐらいの使途不明金が
あるというから驚く。こちらのほうが自民の裏金
などより、よっぽど問題なのではないだろうか。

この国の与党の幹部連中が、世襲制なのは、やは
りこのシステムを存続させるためではないかと
思われる。そうでないとカラクリの情報がリーク
してしまうからだろう。またこの連中は、省庁の
トップクラスの任命にも口を挟むようである。
故にすべての省庁の高官は与党自民の息のかかっ
た人物がなっていると思われる。要するに与党
政治家も省庁高官も白人ユダヤ勢力の傀儡である
という事なのだ。

しかし与党の中にも、また野党の中にも、いろい
ろな不条理な問題を疑問にもって闘っている人間
もいるのである。たぶんカラクリを知らない正義
感の強い人物なのだろうが少数であるが存在はし
ている。この人たちは純粋な大和魂を持った日本
人だはないだろうか。逆にユダヤ勢力に反抗心
も見せずに傀儡になっている連中は、本当に
日本人なのかという疑問が生じてくる。とにか
く日本の危機に対して、問題意識が低くて、感情
も希薄なのである。例えば岸田首相を見てみると
なんとなく国民の窮状をよそ事のように見ている
ような感じがしてならない。本当に純粋な日本人
の家系なのだろうかと疑いたくなる。

ユウチュブにグローバル勢力の認知度という動画
があった。アメリカでは約40%の人がこのグロー
バル勢力に蹂躙されている事を理解していると
いう。日本においては1~2%だというからかなり
開きがあるようだ。日本の主権は国民でもなく天皇
でもなく、政府でもないのだ。日本はユダヤの闇勢
力の手中にあると言っていいだろう。そのこと
に日本人がどれだけ気づくかで日本の未来は決す
るように思われる。無知な羊の群れが覚醒するのは
いったい、いつの事になるのだろうか。



にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村

今回は最近の気になったニュースをいくつか
取り上げてみたい。まず一つ目は創価学会
関連である。
近頃は芸能界の闇も、いろいろ暴かれるよう
になったようだ。今までは、週刊誌ネタで終わ
っていたものが、真剣に取り上げられるように
なったのだ。よく今まで警察、司法、マスコミ、
行政はほったらかしにしていたものだと思う。
前々から知っていたと思うが今更という感が
否めない。それだけ闇側の裏の権力が強かっ
たのだろう。ジャニーズの性加害問題なども、
以前から言われてきたことであるが、海外の
メディアに指摘されて、ようやく気がついたフリ
をして問題視し始めたのである。
また極最近のニュースでは、芸人のダウンタウン
松本人志が強姦の常習者として週刊誌の文春に
取りざたされているようだ。一泊30万円の
ホテルに女性を連れ込み猥褻を繰り返していた
という。現在、その元記事の文春と揉めている
ようであるが複数の被害女性が名乗り出ており
修羅場化しているようだ。
松本人志は両親が創価学会である。当然その
子供は創価学会のリストに学会員として名を連ね
るということになる。こういった話は昔からあり、
親は子供の意志とは関係なく、勝手に信者にして
しまうのである。強制的に信者にされた子供は
たまったものではないだろう。しかし松本はその
創価を踏み台して芸能界で成り上がったという
ことなのであろう。創価の後ろ盾によって現在
世の中のご意見番のような地位を得ているようだ。
また松本人志の出自は本当に日本人なのかとい
う疑念が湧く。妻が在日韓国人であるという事。
それと彼の出身高校は兵庫県立尼崎工業高等
学校であるが、生徒に在日の人間が多いという
ことも言われている。 故に松本人志は半島人で
ある可能性が高い。松本は女性の性行為強要の
時に「俺の子供を産め」とかおかしな事を言って
いるようである。これは日本女性に対して陵辱し
たい気持ちを顕しているようにも思える。いずれ
にしても傲慢で性格も歪んでいるようだ。今後ど
のような展開になるのか注目である。
それと創価が関連している事件がもう一つある。
宝塚歌劇団の劇団員の一人の女性がいじめに
よって自殺したという事件である。先輩団員が
被害者である後輩団員にヘアアイロンを額に当
てて火傷を負わせたそうだ。やはり大きな劇団の
ような所はそういった事が起きるのであろうか。
当の宝塚歌劇団は、いじめは無かったと言って
いるが遺族の家族は信じられないとして係争中で
ある。宝塚歌劇団もどこぞの学校や教育委員会
と同じで、誠意など皆無なのだという事がよく
わかる。そしてまた極最近のニュースであるが、
宝塚歌劇団は創価学会と蜜月であったという
事実が発覚した。劇団内にいる創価信者の団員
が新人などを勧誘するということだ。宝塚歌劇団
には新人などがチケットを知人などに売さばく
ノルマというものがあるらしい。そこで創価信者
の団員がこう言うそうである。「創価学会に入る
とチケットが沢山さばけるよ」 こういった勧誘
文句が常套手段として横行しているようなのだ。
これによって宝塚歌劇団の中に創価学会員が増
えてしまったようである。自殺した団員はひょっと
したら、その勧誘を断ったのかもしれない。それ
によって、いじめが激化したということも充分考
えられる。創価学会というのはどこの組織にも入
ってきて寄生植物のように根をおろすようだ。
この団体が撲滅されない限り日本は浄化はされ
ないだろう。

二つ目の話はケイタイ電波の5Gについてである。
前々から5Gという電波は危険であるという事が言
われている。ところで5Gとは何であろう。これ
は単純に5ギガの周波数の電磁波だと思っていた
が、第5世代通信(5th genaration)の略名だ
そうである。使っている周波数は3つあり
3.7GHz帯、4.5GHz帯、28GHz帯だそうだ。3.7と
4.5は前の4Gのそれとそう変わりがないようで
あるが28GHzというのが危険のように思われる。
以下はネットにあった5Gが危険であるという主旨
の記事である。

    5Gの魅力は4Gの100倍という通信
    速度。例えば2時間程度の映画をスマホ
    にダウンロードする場合、現在、5分
    程度かかるものが、わずか3秒。また
    大量のデータを瞬時に必要とする車の
    自動運転の精度を高めることも期待さ
    れています。しかし5Gには大きな問題
    があります。使用している電波の波長
    が4Gより短く電波が短い距離しか届か
    ないということ。スマホの電波として
    使用するには小型基地アンテナを20~
    100メートルおきに設置しないと実現
    できません。(現在の4Gは2~3キロ
    に1基)これにより生活空間のいたる
    ところにアンテナが隙間なく設置され
    ることになり常に電磁波に照射される
    ことになるのです。人体に与える影響は
    10倍とも言われています。
    昨年10月、オランダのハーグで駅前
    に設置した5Gのアンテナ塔から実験
    電波を飛ばしたところ、隣接する公園
    の木にとまっていたムクドリが次々に
    墜落し297羽が突然死しました。
    鳥を解剖したが、伝染病といった疾患
    は見つからず、5Gのマイクロ波が鳥
    たちの心臓を止めたのではないかと
    言われています。

こういった事であるなら私達の生活圏に強い
電磁波のアンテナが乱立することになるのでは
ないだろうか。28GHzは、もはやマイクロ波の
範囲ではなくミリ波の領域であると言われて
いる。このような高周波を使用する必要性が
あるのか疑問だ。専門家などはミリ波の人体に
対する影響を次のように言っている。

    ミリ波については「人間の皮膚の
    数ミリ以内及び角膜の表面層で
    ほとんど吸収され、末梢神経系、
    免疫系、心血管系などに有害な
    生理学的影響をもたらす」「生殖
    能力、脳、心臓機能、遺伝子にも
    作用を与える」と警鐘を鳴らす
    専門家が少なくない。 電磁波に
    よる発がん性の恐れも指摘されて
    いる。

ということである。多くの専門家が指摘して
いるのだから、危険なものには相違ないだろう。
このようなものを認可して使用許可する国は
もはや国民のことなど考えていないのではない
だろうか。英国などでは何者かの仕業で5Gの
基地局の破壊が200件ほど発生していると
いう事であるというから凄まじい。どこの
政府も危険ではないと言っているがはたして、
安全なのだろうか。私は5Gも闇側が仕掛けた
罠である気がしてならない。

三つ目の話であるが、集団ストーカー関連の
記事である。大阪の梅田の阪急ホテルから
集団ストーカーのビラが2800枚,高層階から
バラ撒かれたという話だ。私がこの事件を
知ったのはツイッターであるが、それによると
そのバラ撒いた人物はもと加害者で突然被害
を受ける身になったということを言っていた。
そういったことの真偽はわからないが大胆な事
をしたと思う。31歳の男性が警察に逮捕され
たようである。この件に関してはその容疑者の
友人という人物が謝罪の動画をユウチュに
アップしている。 これも本当に友人なのか
どうかもわからないが平謝りに謝っていると
いう動画だ。またあるブログではツイッターなど
から容疑者を特定しているようである。そして
容疑者の話ではなんでそういう事をしたのか
覚えていないということも言っているらしい。
私は集団ストーカー被害者の事件が起こる
たびに思うのだが、確かに集団ストーカーの
周知には繋がるだろう。しかしその反面、頭
のおかしい人物だと思われる危険性もあるのだ。
一長一短の難があるのが否めないのである。
しかしこういった事件が起こっても世間は
すぐに忘れてしまうのだろう。やはり一度で
も集団ストーカーを体験しない限りその恐怖
と切実な境遇は理解はできないように思わ
れる。どのみち被害者にとっては歯がゆい立場
なのだ。


以上は最近の気になったニュースであるが
このブログを書いている最中に能登半島の大
地震のニュースが入ってきた。テレビでその
画像を見ると酷いものである。戦争で破壊で
もされたような有様だ。ツイッターなどでは
これは人工地震だという噂が絶えないようだ。
何か地震の波形が東日本大震災の時に似てい
ると言ったような話もある。これも闇勢力が起
こした災害の可能性が高いように思う。闇勢
力は一体どこまで人を苦しめれば気が済むの
であろうか。



にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村

最近の日本の政治は全くバカげたものになって
いると思う。自民党の統一教会との癒着、岸田
総理大臣が進める意味不明の増税、そして、
自民の政治資金の裏金問題である。
その中の自民党の統一教会と裏金問題であるが、
これらはいずれも安倍元総理に関連している
事案のようだ。統一教会は言わずもがなである
が、裏金の問題も自民の安倍派が、やりだまに
上がっているのだ。闇勢力は統一教会を犠牲に
してまで、安倍元総理を亡きものにしたし、
今回の突然の裏金問題もひょっとしたら安倍元
総理の遺志をついだ者が派閥に存在している
可能性を危ぶんだゆえの情報リークであるよう
にも思える。とにかく闇勢力は安倍元総理に関
するすべてを抹消したいのではないだろうか。 
そうだとしたら、安倍元総理は、闇側の目の上
の、たんこぶだったということになるだろう。
今後は現総理大臣が交代するのか、自民党が
下野するのかわからないが、政局はカオス化す
るような様相である。 注視しなければならな
いだろう。

さて本題であるが、生体通信についてもう一度
いろいろ考えてみたい。この生体通信の不思議な
点は、まずどんな遮蔽物を置いても音声らしき
ものが聞こえるということ。それと被害者の頭の
中の考えが読まれるという常識的には不可能と
思われる現象、いわゆる思考盗聴というものが
存在するということである。これらは一体どの
ようにやっているのであろうか。

まず統合失調症と銘打たれる症状の音声の被害で
あるが、これは電波暗室の中にいても聞こえる
ということが言われている。ゆえにこれは、スカ
ラー波ではないかとも言われている。スカラー波
は二つの電磁波と電磁波の波を重ねて相殺して、
縦波を形成して物体を貫通させるといったもので
ある。スカラー波はどんな物体でも通り抜ける
ことができると言われているのだ。だが電磁波は
横波で縦波は存在しないという科学的な証明も
あるようなので、このスカラー波も存在自体が
曖昧だ。はたしてこのスカラー波は存在していて
音声情報を送る事ができるのであろうか。
また他の手法にはフレイ効果(マイクロ波聴覚
効果)というものもあるが、これはで普通にマイ
クロ波なので、遮蔽物で遮蔽ができるのである。
それでは、他に可能性があるものとして何がある
だろうか、ということで今まで忘れていた指向性
スピーカーというものを考えてみることにした。
この指向性スピーカーというのは、可聴空間を
狭めることができ、特定の人間だけに音声を聞か
せることができるといったものである。
原理は超音波を使用しているということであり
原音に超音波の変調をかけることで可聴音にする
ことができるらしい。
超音波だと鉄筋コンクリートでも貫通することが
できる。非破壊試験装置という構造物の内部の
亀裂などを探す試験装置を知っているだろうか。
これには超音波が使われている。試験するコンク
リートや鉄材に超音波を流して亀裂などの損傷に
当たると反射して存在も大きさも特定できるとい
うものである。エコーといったレーダーのような
仕組みなのだ。この事からしても超音波が物体を
貫通していくということがわかるだろう。
音というのは一種の物理的な振動なので物体に
当たれば全体に波及するということなのだ。もっ
と簡単に例えるなら、お寺の鐘を棒で叩くと鐘
全体がビリビリと振動して全体に振動が行き渡る
ということで、そういった事が原理である。
ゆえに超音波を利用している指向性スピーカーも
出力を上げれば遮蔽物をどんどん貫通していき
聴取者に届くという事だ。どんな物体でも何度も
力を外部から加えれば振動が伝わっていくので
その振動なる音からは逃れられなくなるという
ことである。この指向性スピーカーもひとつの
可能性として考えられるのではないだろうか。

次に頭の中を読まれる思考盗聴について考えて
みたいと思う。これもかなり難解な現象であるが
実際、起きているのだから特別なテクノロジーが
あるには間違いないということだ。
最近のネットでAIが人間の頭の中の思考を読み
取る事ができるテクノロジーが開発されたという
記事を目にした。それが下記のものである。

    機能的磁気共鳴画像(fMRI)という手法で
    脳をスキャンしAIに解析させることで、
    人の思考を正確に読み取ることができた
    との論文が発表されました。この技術に
    より、病気やけがで話したり体を動かし
    たりすることができない人のコミュニケ
    ーションを支援する技術が大きく前進
    すると期待されています。
    脳をスキャンして思考を読み取る技術は
    これまでにも登場していますが、それら
    の多くは手術により頭に電極やインプラ
    ントを埋め込む必要がある侵襲的なデバ
    イスを用いるものがほとんどでした。
    今回、テキサス大学オースティン校の
    神経科学者であるアレキサンダー・フー
    ト氏らの研究チームは、2022年9月29日
    にプレプリントサーバー・bioRxivに
    掲載した論文の中で、fMRIを使って
    非侵襲的に思考を読み取ることに成功
    したことを発表しました。
    そもそもfMRIとは、電磁波を当てて脳の
    血流を測定することで脳の働きを読み取
    る技術です。そのため、頭に電極を埋め
    込む必要がない代わりに、ニューロンの
    信号を直接読み取るデバイスと比べると
    どうしても解析に時間がかかり、リアル
    タイム性に欠けるという難点がありま
    した。しかし、研究チームは対象者が
    考えている言葉を一語一語解読していく
    代わりに、機械学習を用いたAIモデルで
    脳の高度な思考の意味を読み取ることで
    この問題を解決しました。
    この技術を開発するにあたり、研究チー
    ムはまず20~30代の男性2人、女性1人の
    合計3人にfMRIの装置を使用した状態で
    オーディオドラマやポッドキャストを
    聴いてもらいました。そして、何回かに
    分けて合計16時間計測したfMRIのスキャ
    ンデータと元となった文章でトレーニ
    ングを行って、fMRIのデータから思考を
    解析するアルゴリズムである「デコーダ
    ー」を作りました。こうして作ったデコ
    ーダーに改めて被験者の脳のデータを読
    み込ませると、被験者が聞いたストーリ
    ーをかなり正確に再現することができた
    とのこと。

ということであるが、よく一般に病気の診断に
使用されているMRIを使っているようである。
その機能で頭の中のニューロンの信号の読み取り
などが行われて、それをAIが解読するという
ことらしい。そういった手法を使用している
ならば思考盗聴被害者は磁気共鳴装置の中の
ような環境下にいるのではないだろうか。
私は一度、MRIの検査を受けたことがあるが
そのMRIの内部で聞いた音が初め何かを圧縮
しているドッドッドッという音であり、その
後、ブーンという何かを放出するような音であっ
た。それに似た音を自宅の自分の部屋でもよく
聴くのである。ひょっとしたら、この時に頭の
中を覗かれているのかもしれない。
さてこの磁気共鳴とAIを使うにしても実際に
は人体にケーブルで繋がれているわけではない
ので、何かしらの方法で情報を取り出さなけれ
ばならない。それにはどんな方法がとられている
のであろうか。
まずMRIの仕組みは次のようなものらしい。

    MRIの原理は、強い磁場の中で外から
    電磁波を体に与えます。 すると体内
    の水素原子が共鳴し、振動した水素
    原子からは電磁波が発生します。 この
    微弱な電磁波を受信して電気信号に
    変換して画像にします。 検査中は大き
    な磁石のトンネルの中に入ります。

ということなので、共鳴によって頭部の思考を
司る前頭葉からその電磁波の電気信号を捕らえ
ればいいわけである。これはラジオの同調回路
のようなものを使えばいいと考えられる。しかも
かなりの精度が要求されるものになるのではない
だろうか。MRIは画像だけを映し出す装置で
あるが、思考盗聴はリアルタイムで連続して脳内
のニューロンの電気信号の活動を解析しなければ
ならないので、もの凄いスピードで高度の解析を
しなければならない。それを可能にするのはやは
り最新鋭のAI(人工知能)で行う必要がある
ということなのではないだろうか。
このような手法によって我々の頭の中の考えは
読み取られているのかもしれないのである。


以上は生体通信のカラクリを想像したものである
が本当にこの通りなのかは、まだ判然としない。
しかしこういったこともできるのではないかと
いう可能性はあるように思われる。
これらの犯罪手法はさらなる凶悪な犯罪を引き起
こす可能性もあるので、その解明が急がれるとこ
ろである。今後もテクノロジー犯罪の手法につい
て考えていきたいと思う。



にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村

Powered By FC2ブログ. copyright © 2024 日本の闇と集団ストーカー all rights reserved.
プロフィール

nezuking

Author:nezuking
FC2ブログへようこそ!
集団ストーカー被害者です。集団ストーカー記事の他に
日本の理解し難い闇世界を掘り下げていきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
SOS

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR